トイプードルはどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査

トイプードル
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

クルクルした被毛とその中に隠れた垂れた目がとっても魅力的な、トイプードル。そんなトイプードルってどうやって生まれたか気になりませんか?

実は始めから今のサイズじゃなくて品種改良を重ねて今のトイプードルのサイズがあったり、祖先は水猟犬であったりと、その可愛さからは考えられない有能さ。実は筋肉質だったりして。知らない人からしたら目からウロコの話だらけです。今回はそんな、トイプードルの歴史に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

トイプードルの祖先

所説あるのですが、トイプードルの祖先で一番古い話は、紀元前30年頃のローマ皇帝の記念碑に、ツ原産のバーべットと言う犬が彫刻されているのですが、その姿がプードルの特徴の、クルクルとした被毛が描かれており、これがのちのプードルの祖先ではないかと言われております。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

紀元前?!今から2000年以上もさかのぼっちゃうんだね。

まめこ
まめこ

ひえ――!想像つかないわね!!

紀元前の話は時代が古すぎてピンときませんでしたが、プードルが脚光を浴び、トイプードルに品種改良が進められていったのは16世紀のフランスです。

プードルはfrench poodle(フランスの国犬)とも呼ばれていて、フランスの貴族の間で人気の犬だったようです。なぜ。人気になったかと言いますと独特のトリミングです。写真でもあるように体と関節の部分だけ、被毛を残してカットしていますよね。

実はこれって、意味のあるカットだったんです。元々、プードルはドイツ語のプーデル(pfudel)の語源から来ていると言う説があります。プーデルは、水が跳ねる 水溜まり という意味があります。プードルは泳ぎが得意な水猟犬で猟で仕留めた、鴨や、水鳥を運ぶお手伝いをしていました。

それを見た貴族が興味を示し一気に人気が広まり、プードルはfrench poodle(フランスの国犬)とまで言われるようになります。

 

プードルの歴史

フランスの貴族のあいだで爆発的な人気になってからは、そのトリミングと小型化に拍車がかかります。どんどん、小さな犬になって行きスタンダードプードルからミディアムプードル、ミニチュアプードル、そして現在のトイプードルまでにまで小さくなっています。

このプードルの判断基準ですが体高の高さで判別するようです。

・スタンダードプードル  体高45~60cm

・ミディアムプードル   体高38~45cm

・ミニチュアプードル  体高28~38cm

・トイプードル     体高28cm以下

体高とは、犬が立った状態で、地面から背中までの高さのことです。ジャパンケネルクラブでは、トイプードルの登録がダントツになっていますが、これは登録時、子犬の時が多く、どの分類のプードルかわからない為、一番人気のあるトイプードルの血統書で取得してそのままになっていると言うケースが多いようです。

1500年代から約500年の歳月を経ていまのトイプードルがいます。今では飼いたいペットランキング、日本でもNo.1になっていますがこれだけの歴史があったなんて調べてみたら色々あるものですね。

 

プードルの特徴

プードルは賢い犬です。元々が水猟犬だったと言うこともあり、活発で泳ぐのが得意だったりします。クルクルとした被毛も特徴の一つです。シングルコートと言われ、生え変わりの換毛期がなく、抜け毛が少ないことも人気の理由です。

聞き分けがいいのでペットとしても飼いやすく、体臭が少ないのも特徴です。最近では、プードルのシングルコートと臭いが少ないという特徴と他の犬のいい面を掛け合わせた「プードルハイブリット」なんて犬も増えています。

アメリカンコッカースパニエルとプードルのハイブリッドであるコッカプー、チワワとプードルのハイブリッドであるチワプーなどが有名ですね。ただ、この被毛の手入れを怠ると、毛が抜け落ちないので、毛玉まみれになってしまいます。

ブラッシングやトリミングは定期的にしてあげましょう。普段からのブラッシングは、犬が愛情を感じる大事な作業です。そして、トイプードルは様々なカットスタイルが楽しめるワンちゃんでもあります。

愛犬とのおしゃれも楽しみながら、愛情いっぱい可愛がってくださいね。こちらの記事では定番から個性的なカットスタイルまでご紹介してます。よかったらご覧になってくださいね。

気になるトイプードルのカットについて自宅でのケアの仕方も徹底解説

 

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

!!!!!・・・なんて最高の特徴をもっているんだ。毛がなくならないだと!?

まめこ
まめこ

はい。来ました。。・・言っとくけど抜けてるのは抜けてますよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

あっ!・・そうか。カツラと一緒か。

まめこ
まめこ

それは違います!

 

まとめ

  • 祖先は所説あるが、紀元前30年前のドイツ原産のバーべットではないかと言われている。
  • もともとは水猟犬だった。泳ぐのが得意である。
  • 独特なトリミングからフランスの貴族に人気でプードルはfrench poodle(フランスの国犬)と呼ばれるようになる。
  • トイプードルは体高28cm以下のプードルを言う。
  • 被毛は換毛期のないシングルコートと言われており、体臭も少なく飼いやすい。

トイプードルは500年の歳月を経て今の大きさにまでなってきました。まだ改良が重ねられてもう一段階小さい犬種ができるかもしません。新しい犬種ができるのはいいことですが、健康との両立を忘れてはいけないと思います。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント