トイプードルの飼育にかかる1ヶ月の費用は?生涯かかる費用も解説!

トイプードル
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



トイプードルは日本で人気の犬種で、飼育数も犬の中ではトップです。街で散歩している可愛いトイプードルを見かけると、「自分もトイプードルを飼いたい!」と考え始める方も多いのではないでしょうか。

そのときに気になるのはやはりお金のこと。トイプードルも人間と同じ動物で、飼うとなると日々の生活にはもちろんお金がかかります。今回はトイプードルの飼育にかかる費用をご紹介します。トイプードルと生活するにはどんな物が必要で、どんな費用がかかるのか…それを知ることで、トイプードルを飼ったときの生活のイメージもふくらみますよ。

 

スポンサーリンク

トイプードルの飼育にかかる1ヶ月の費用

トイプードルの飼育にかかる1ヶ月の費用は1万5千円~2万円程度です。毎月必要になるものは次の4つですが、用意する物によって金額は高くも安くもなります。今回は、だいたいの相場で算出しています。

  • ドッグフード 約3,000円
  • ペットシーツその他消耗品 約2,000円
  • トリミング代 約6,500円
  • ペット保険(加入は任意) 約1,500円

これらはトイプードルを飼い始めて毎月必要になる物ですが、トイプードルを飼うにあたって準備が必要な物はこれだけに限りません。ここからは、トイプードルを飼うにあたって必要になってくる物と、それにかかる費用を詳しくみていきましょう。

 

トイプードルの生活の基本にかかる費用

「衣食住」という言葉がありますよね。これは、人が生活するにあたって基本となる三つの要素を表した言葉です。

「衣」は、つまり服。寒い冬は体温を保持するために服を着込む、というように体温保持のために必要なものです。「食」は食事。生存に必要なエネルギーの確保のために、食べることは生き物には欠かせません。そして「住」、これは安全な寝床ということです。睡眠も生きていく上で重要なことです。

人間と同じく動物である犬にとっても、衣食住の基本はあてはまります。まずは、トイプードルを家に迎えるときに整えたい生活の基本となる飼育環境と、それをかかる費用について見ていきましょう。

トイプードルの「住」

トイプードルの住環境として用意したいのは、次の3つです。

  • ケージ、サークル
  • ベッド
  • トイレ、ペットシーツ

ケージ、サークル

トイプードルを飼う場合、たいてい室内犬として飼うことを想定していると思います。「それなら『住』は私の家ということになるので、特別な用意はいらないのでは?」と思われるかもしれませんが、家の中でトイプードルが安心してすごせる場所としてぜひ用意したいのがケージやサークルです。

いわば、あなたの家の中にトイプードルの専用のお部屋を用意してあげるようなものです。犬は元々縄張り意識を持つ動物で、その縄張りを守ろうとする習性があります。トイプードルがあなたの家の中すべてを自由に動けるようにしておくと、家の中全体がその子の縄張りになってしまいます。

そして、その縄張りを守ろうにも広すぎて犬にとってはストレスになるのです。そこで、トイプードルに専用のスペースを用意してあげて、そこが自分の縄張りで、安心して過ごせる場所だと認識させてあげることが必要になってきます

私たちも、家族と同居している場合でも一人になりたいなという時がありますよね。そんな時、家に自分の部屋があればその部屋ですごしたり、部屋がなくても例えば外に出掛けたりして一人の時間を持ったりしないでしょうか。ワンちゃんにも、そんなふうにゆっくりすごせる場所として専用の場所を用意してあげましょう。

サイズはトイプードルの場合、幅90cmは必要になります。寝床とトイレをケージの中に一緒に設置するのであれば、寝床とトイレをなるべく離して設置したいので幅120cmほどあるといいですね。

ワンちゃんひとりで留守番をさせることが多いなら、囲いだけのサークルよりも屋根つきのケージがおすすめです。トイプードルは運動能力が高く、ジャンプ力があるため、サークルだと飛び越えようとすることがあります。

サイズによって金額も変わってきますが、5千円~1万5千円くらいになります。こちらの商品は幅120cmあるケージなので、ベッドとトイレをケージ内に設置するときにおすすめです。

ベッド

ワンちゃんが寝る場所としてベッドも用意しましょう。お値段は形や素材、ブランドによって、2,000円程度のものから1万円超えの物まで様々です。

トイプードルは暑さ、寒さが苦手なので、夏は涼しい物、冬は暖かい素材の物というように季節に合わせて違うものを用意するといいでしょう。また、使い続けると劣化もするので、一度買って終わりではなく買い換えも必要になるでしょう。

トイレ、ペットシーツ

室内飼いの場合は、家の中でトイレをすることになります。愛犬が落ち着いて排泄できる場所にトイレを設置してあげましょう

ワンちゃんひとりで留守番をさせることが多い場合はケージやサークル内にトイレを設置することになりますが、その場合は寝床となるべく離して設置してあげましょう。犬は元々寝床の近くでは排泄しない習性を持っていて、ベッドとトイレがあまりにも近すぎると、うまく排泄しない場合があります。

トイレのサイズは、排泄前にくるくる回って排泄する体勢を整えるので、動けるだけの広さがあるといいですね。トイレは2,000円程度で用意できます。

こちらの商品は幅が60cmあるので、トイプードルの体の大きさからもちょうどよいサイズ感です。

トイレにセットするのが、排泄した尿を吸収するペットシーツです。これは消耗品ですね。物によって金額も変わってきますが、100枚入りで1,500円程度です。

どのくらいの頻度で取り替えるかによっても消耗の速さは変わってきますが、仮に1日2回の交換とすると、1ヶ月約1,000円といったところです。サイズや吸水力などを確認して、愛犬にぴったりのものを選びましょう。

エアコンの電気代

これは用意する物ではないのですが、トイプードルを飼うにあたって大切になってくるのが室温管理です。トイプードルにとって理想の室温は20℃以上です。夏は26~28℃、冬は20℃~23℃程度の室温になるようにエアコンで室温を管理しましょう。

ワンちゃんひとりで留守番をさせるときもエアコンはつけた状態にします。エアコンをつけっぱなしにすることになるので、人だけで生活をしているときに比べれば電気代もかかることになります。

トイプードルの「食」

トイプードルの食環境を整えるために用意したいのは、次の3つです。

  • ドッグフード
  • 食器
  • 給水器

ドッグフード

生きていく上で欠かせない食事ですが、ドッグフードは多種多様な物が販売されていて、お値段も5kgで1,500円のものもあれば、1kgで2,000円くらいのものなど安いものから高いものまで様々です。このように値段に差が出てくるのは、主に原材料の違いです。

値段が安いものは犬が消化を苦手とする穀物を多く使っていたり、質のよくない肉を使っていることがあります。どのフードを選ぶか、結局はワンちゃんが美味しく食べるフードであることが一番なのですが、ワンちゃんの健康に気をつけたフードの選び方を参考にご紹介します。

  • 犬は植物性たんぱく質より動物性たんぱく質のほうが消化が得意なので、動物性たんぱく質がメインのフードを選びましょう。
  • 犬は穀物の消化が苦手なので、フードの中の穀物含有量に気をつけてみましょう。
  • 愛犬の体質や年齢にあったフードを選びましょう。フードを与えたときの愛犬の様子をよく観察して、好みをチェックしましょう

食事の量は、選んだフードの推奨量を目安に食べさせるのが基本になります。また、犬が飽きないように、数種類のフードをローテーションするのもおすすめです。選ぶフードにもよりますが、フード代は1ヶ月で3,000円~5,000円程度になります。

食器

フードを食べる時にかかせない食器。素材などによって値段も変わり、500円程度から2,000円程度など色々です。

プラスチック製は安い物が多いですが、劣化も早いので買い換えが頻繁に必要になるでしょう。ステンレス製は洗いやすくて、耐久性もあります。陶器製は重量感があり安定性があるので、犬もフードを食べやすいですね。

うちの子もそうでしたが、食器によって結構食いつきが変わってきます。用意した食器でワンちゃんが食べにくそうにしていないかなどをよく観察して、ぴったりのものを選んであげましょう。

こちらの商品は陶器製で、滑り止めもついていて食べるときの安定感がある食器です。

こちらはなんと、ル・クルーゼのペット用食器。陶器の鍋や食器で有名なブランドで、料理をされる方はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。自分の食器とおそろいにもできるので、ワンちゃんの食器にもこだわりたいあなたに。

給水器

水は24時間ワンちゃんがいつでも飲めるようにしておきましょう。お皿だとひっくり返してしまう可能性があるので、ケージやサークルに取り付けるタイプの給水器がおすすめです。千円くらいで用意できます。

トイプードルの「衣」

トイプードルの「衣」にかかわる部分として、トリミングと犬の服の二つについて紹介します。

トリミング

トリミング、つまり犬の体をおおっている毛のカットです。おそらくトイプードルを飼育していて一番お金がかかるのがトリミングになるでしょう。トイプードルは、色々なカットをして可愛らしくなっている姿で散歩しているところを見かけることも多いですよね。

「トリミングって単なるおしゃれでしょ?お金をかけてまでする必要はあるの?」と思われるかもしれません。しかし、トリミングは単にトイプードルを可愛くするためだけのものではなく、トイプードルの健康のためにも欠かせないものなのです。

トイプードルの毛は、人と同じように伸び続けます。ですから、私たちが定期的に美容院や理髪店で髪をカットしてさっぱりするように、トイプードルもカットしてあげる必要があります。

また、トイプードルのふわふわの毛は、伸びるとからまって毛玉になってしまいます。毛玉になると、ワンちゃんも毛が引っ張られて痛い思いをしますし、皮膚に影響が出て、皮膚炎などの病気につながることもあります

トリミングの代金の相場は、地域によって様々のようですが、カットとシャンプーで6500円~8000円程度、これにさらに爪切り、耳掃除といったケアのオプションをつけていくことで料金もあがっていきます。どのくらいの頻度でトリミングにいくかによっても年間にかかるトリミング代金は変わってきますが、基本的には1ヶ月に1回は連れていくのがよいですね。

トリミングは、「回数を減らせば節約できる部分なのでは…」と考えがちなところですが、毛が伸びすぎると毛玉ができて皮膚炎に繋がったり、目の周りの毛が目にあたると結膜炎になったり、足まわりの毛が伸びると滑りやすくなって関節を痛めたり…と病気につながり、結局医療費の負担が多くなることにもなります。

節約を意識してワンちゃんの健康を害してしまっては元も子もないですよね。トイプードルを飼おうと考えているのであれば、トリミングも食事などと同じく生活に必須と考えておきましょう。

トイプードルのカットについては関連記事『気になるトイプードルのカットについて自宅でのケアの仕方も徹底解説』でも詳しく紹介しているので、あわせてご覧になってみてください。

犬の服

「犬に服って必要なのかな?飼い主のたんなる趣味では…」と思われるかもしれませんが、トリミングと同様に、トイプードルに服を着せるのにもおしゃれ以上の理由があります。トイプードルは体温調節が苦手な犬種です。そのため、冬は体温保持のために着せてあげたり、夏は散歩の時に体に直接日光があたるのを防いだり、地面からの照り返しを防いだり、という理由で服を着せる必要があります。

また、ドッグカフェや知人の家に行くといった外出時にも、抜け毛が付着するのを防ぐためにも服を着せてあげるのがよいですね。社会の中で色々な人や犬がお互いが気持ちよく過ごすためのマナーでもあります。

服もお値段は様々です。100円ショップでも売っていますし、4,000円くらいする物もあります。ワンちゃんの体にあったサイズのものを、季節ごとに用意するといいですね。

まめこ
まめこ

トリミングもワンちゃんの服も、おしゃれ以上に大切な理由があるのよ~。

旦那
旦那

いや、それはわかるんだけど、まめこ、またトイプーちゃんの服買ってきたの?

まめこ
まめこ

だって可愛かったんだも~ん。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ワンちゃんの服も1回買って終わりということにはならないでしょうね。人のファッションと同じで、カットも服もこだわろうと思えばとことんこだわれる部分です。可愛い愛犬のために色々な素敵な服を選ぶのも、トイプードルの飼い主の喜びのひとつでしょう。

その他飼育環境を整えるために用意したいもの

首輪、ハーネス、リードなどの散歩グッズ

お値段は物によって色々ですが、首輪は500円から、ハーネスは1,000円から、リードは1,000円程度から揃えることができます。お好みのものを使いましょう。夕暮れ時以降の散歩が多いなら、安全に散歩するために反射材つきのものがおすすめです。

クレート(キャリーバッグ)

動物病院に連れていくときや、災害発生時に避難するとき時、または日常の寝床として使います。値段は3,000円程度になります。トイプードルが伏せできる長さ、立つことができる高さがあるといいでしょう。

ブラッシング用品

トイプードルは抜け毛が少ない犬種ですが、ブラッシングは毎日してあげましょう。ブラッシングをしないと毛がからまって毛玉がすぐにできてしまいます。放置すると病気につながることもありますし、トリミングでも毛の絡まり具合によって料金が加算されることもあります

ブラッシングしてもらうとワンちゃんも気持ちいいですし、飼い主にとってもワンちゃんとの大事なスキンシップの時間になります。ブラシを用意して毎日ブラッシングをしましょう。ブラシは1,000円程度で用意できます。

 

犬の飼い始めに必ずかかる費用

ここまで、トイプードルの生活にかかる費用について説明してきましたが、続いては、犬の飼い始めに必ずかかる費用について紹介します。

日本では、「狂犬病予防法」という法律によって、犬の飼い主は①住んでいる市区町村に飼い犬の登録をすること、②飼い犬に年1回狂犬病予防注射を受けさせること、③飼い犬に鑑札と狂犬病予防注射の注射済票を装着することが義務付けられています。

住んでいる自治体によって手数料も違いがありますが、だいたい登録手数料が3000円、狂犬病の予防注射が3000円、注射済票の交付が500円です。住んでいる自治体に金額を確認しましょう。

狂犬病予防注射は毎年必要ですが、飼い犬の登録は基本1回登録すれば大丈夫です。引っ越したり、飼い主が変わったときには再登録が必要です。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

飼い犬の登録や狂犬病の予防注射は、狂犬病という動物から動物、または人へ感染する病気を防ぐために定められたルールなんですよ。

まめこ
まめこ

狂犬病って、治療法も確立されていないし、命にもかかわる大変な病気なんですよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

日本でも、かつては狂犬病によって多くの犬や人が命を落としていたんです。でも、こうしたルールを定めたことで、近年は日本では狂犬病の発生が確認されていないんですよ。

まめこ
まめこ

ワンちゃんと人間が一緒に幸せに生活できる社会であるためにも、飼い主の責任としてしっかり守りたいルールなんですね。

 

その他にかかる費用

医療費

ワクチン

狂犬病は年1回の予防接種が義務となっていますが、任意で犬を病気から守るためのワクチン接種も推奨されています。これは、5種混合ワクチンや8種混合ワクチンというようにワクチンの種類も様々で、それによって料金も変わってきます。

接種回数は子犬の時期に4回、その後は年に1回というのが一般的です。料金は1回6000円~10000円程度。ワクチンの種類や動物病院によっても変わってくるので、かかりつけの動物病院に確認しましょう。

ワクチン接種については関連記事『犬のワクチンは毎年打つの?その理由についても徹底解説!!』でも詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

その他の医療費

私たちが生活していく中でまったく病院のお世話にならないことがないのと同様に、ワンちゃんもまったく動物病院にかからずに生涯を終えることはありません。普段の健康診断や、病気、ケガ、そんな事情で医療費の支払いが発生します。

病気やその治療法、病院によって治療費は変わりますが、例えばトイプードルがなりやすい脱臼の整復が約3万5千円、手術が10万~30万円、骨折治療が1日約6万円といった額になります。

この金額にぎょっとされるかもしれません。ペットの医療費は人間に比べて高いということはぜひ知っておいてください。

人の場合は、国民皆保険といって国民全員が何かしらの健康保険に加入することが義務付けられています。毎月の保険料を支払う代わりに、病院の窓口での負担額が2割か3割におさえられているので、支払い額が少なくすんでいます。

一方、ペットにはこうした健康保険がないので、病院窓口での支払いは10割全額飼い主がしなければならず、高額になるのです。医療費はいつ必要になるかわかりません。毎月ペット用に貯金をしておくなど、備えをしておくと安心ですね。

ペット保険

人のように加入は義務ではありませんが、最近は医療費の負担をおさえるため、民間の保険会社によるペット保険も増えてきました。月々の保険料を支払って、いざ動物病院にかかるようになったときの医療費の負担を減らすことができるので、最近は加入する飼い主さんも多いです。保険会社や保険の補償内容によって金額は変わってきますが、保険料は月々1,500円~3,000円程度になります。

ペット保険については、関連記事『ペット保険に入る?入らない?愛犬の医療費への備え方を見直そう』でも紹介しています。ご覧になってみてください。

その他臨時でかかる費用

避妊、去勢手術

犬の繁殖を考えていない場合や、ホルモン関連の病気を予防したい場合は、避妊、去勢手術を受けさせるかどうかを検討しましょう。金額は動物病院によりますが、避妊手術が3万円~5万円去勢手術が2万円~3万円程度が相場です。

ペットホテル、ペットシッターの利用

家族全員が旅行などで家を長期不在にする時にペットホテルを利用したり、一人暮らしで飼っていて留守中の世話をしてほしい時にペットシッターの利用をすることもあると思います。

ペットホテルは1泊3,000円~4,000円、ペットシッターは1時間あたり2,000円~3,000円程度が相場のようですが、地域やサービス内容によって変わってきます。自分の住んでいる近くではどういったサービスがあるか、飼い始める前に確認しておくことをおすすめします。

 

トイプードルの生涯にかかる飼育費用

ここまでトイプードルを飼うにあたって必要になってくる費用を紹介してきましたが、それではトイプードルの生涯でみるとどのくらいの金額になるのでしょうか。トイプードルの平均寿命は14~17歳と、犬の中でも寿命が長い犬種です。ですから、フードや予防注射、トリミングといったものの費用はその年数分必要になります。

そこから金額を出してみると、少なく見ても250万円はかかることになります。病気やケガなどで医療費が加わればもっと必要になるでしょう。もちろんこの額は、人の一生にかかる金額に比べれば少ないのですが、それでも安い金額ではないですよね。

それは、トイプードルもひとつの命であり、その生涯に飼い主として責任を持つためには相応の支出も求められるということです。トイプードルを実際に飼い始める前に、ぜひ知っておいていただきたいことです。

 

まとめ

  • トイプードルの1ヶ月の飼育費用は約1万5千円。内訳は、ドッグフード、ペットシーツ、トリミング、ペット保険など。
  • 月々にかかる費用ではないが、トイプードルを飼うにあたって用意しなければならないものがある。
  • トイプードルの平均寿命は14~17歳。生涯にかかる飼育費用は250万円を超える。

今回は、金額の面から、トイプードルを飼うにあたって必要になることを見てきました。実際のところ、いざ飼い始めると、フードなどの支出は普段の必要費として正直あまり金額も気にならなかったりするのですが、それでも医療費の高さにはびっくりすることもあります。

飼い始めてから、こんなにかかるなんて!とご自分の生活まで苦しくなることがないように、あらかじめ飼育の費用を知って準備を整えてから、トイプードルとの素敵なペットライフを始めていただけたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント