トイプードルの寿命をのばしたい!飼い主が知っておきたいことを解説

トイプードル
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



大切な家族のトイプードルとすごす幸せな時間。この時間が一日でも長く続いてほしい。私もそうですが、ペットの飼い主は皆さんそう思うのではないでしょうか。

人と同じくトイプードルの寿命も日々の健康への気づかいで変わってきます。しかし、犬は人と違って自分で健康維持のための行動ができません。そこで大切になってくるのが、飼い主の愛犬の健康への意識。

今回は、トイプードルの寿命をのばすために飼い主が知っておきたいことをまとめました。あなたが愛犬と一日でも長く一緒にすごせるように、それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

トイプードルの寿命は何年?

トイプードルの寿命

トイプードルの寿命は14~17歳程度と言われています。他で調べて見たところ2014年度のトイプードルの平均寿命は15.3歳で、他の犬種と比べても長い平均寿命という結果が出ていました。トイプードルは犬の中でも寿命が長い方なんですね。

小型犬であるトイプードルの14~17歳という年齢は、人の年齢に当てはめるとおよそ72~84歳になります。2018年の厚生労働省の発表によると、日本人の平均寿命は男性が81.09歳、女性が87.26歳なので、人の年齢に当てはめてみてもトイプードルは比較的長生きなんだということがわかるのではないでしょうか。

犬の長寿化傾向

近年、人と同じく犬の平均寿命も伸びています。アニコムの「家庭どうぶつ白書2016」によれば、1980年始めの犬の平均寿命は8.3歳だったのに対して、2014年度は13.7歳になっています。なんと5年ものびています。

この長寿化の傾向はもちろんトイプードルにもあてはまります。これは、医療技術の向上や、良質なドッグフードが増えて、犬の年齢や体調に合わせたフードをあげられるようになったことが理由のようです。

また、犬が単なるペットではなく家族であるとの飼い主の意識の変化により、飼育環境がより整えられるようになったことも理由です。ペットを家族として大切に思うようになったからこそ、その家族と一緒にすごせる時間ものびてきたなんて、素敵な話ですよね。

トイプードルと人の年齢の比較

続いて、トイプードルと人の年齢を比較してみましょう。人の年齢と比べてみることで、トイプードルはいつ頃が子どもで、何歳頃からシニアになるのかといったことがより分かりやすくなりますよ。

トイプードルは最初の1年目で人の年齢で17歳、2年目で人の年齢で24歳にまで成長します。2年で身体が成長しきるということですね。2年目以降は、1歳で人の年齢にすると4歳ずつ年をとっていきます犬の何歳頃が人でいう何歳なのかということをわかっていると、年齢に合わせた生活環境を意識しやすくなるので、ぜひ知っておいてほしいです。

トイプードルの年齢 人の年齢に換算した場合
1ヵ月 1歳
6ヵ月 9歳
1歳 17歳
2歳 24歳
4歳 32歳
6歳 40歳
8歳 48歳
10歳 56歳
12歳 64歳
14歳 72歳
16歳 80歳
18歳 88歳
20歳 96歳
まめこ
まめこ

トイプードルの平均年齢といわれる14~17歳は、人の年齢にあてはめると72~84歳ってことになるのね。

旦那
旦那

14年っていう年月は、人だと中学生になったくらいなんだけどね。わかってはいたけど、犬と人では年をとるスピードが違うってことだね。

まめこ
まめこ

人の年齢の感覚でなくて、ワンちゃんの年齢を意識して、その年齢に合った生活環境を整えてあげたいわね。

トイプードルの健康を守るためのポイント

愛犬と一日でも長く一緒にすごしたい…大事な家族だからこそそう願いますよね。愛犬に長く健康に生きてもらうために、飼い主として気をつけたいことは次の4つです。
  • ストレスを与えないようにする。
  • 適度な運動をさせる。
  • 食事管理をする。
  • 日頃の健康管理、定期的な健康診断

ストレスを与えないようにする

ストレスは健康や寿命に影響を与える

トイプードルは小型犬の中でもナンバーワンのかしこさを持っています。一方で、そのかしこさゆえに周囲の状況に敏感で繊細な面を持っていて、ストレスを感じやすい面があります

ストレスとは、体やこころに過剰な負担がかかった状態のこと。ストレス社会と言われる現代、ストレスが人の健康に影響を与えることは知られてきたことだと思います。実は、犬も人と同じようにストレスによって健康に影響が出るんです。

私も人前で話すときなど、緊張する場面で胃が痛くなることがよくありますが、犬も同じようにストレスで胃に影響が出て、胃腸炎になったり、下痢、嘔吐、血便血尿、食欲不振、脱毛といった症状がでます。人は、自分がストレスを感じていることに気づいたら、ストレス解消法を試したりするなどストレスを減らすための行動をとることができます。

しかし、ペットである犬はそうもいきません。なにかしらのストレスを感じていても、自分から周りの環境を変えたり、自由に運動しに出かけたりすることはできません。そこで、飼い主が愛犬に極力ストレスを与えないような環境を整えてあげたり、ストレスを発散させてあげるよう対処してあげる必要がでてくるのです。

トイプードルがストレスを感じやすい状況

運動不足、退屈

トイプードルは明るく活発な性格をしていて、運動をするのも大好きです。ですから、運動や遊びの量が十分でないと、その状況にストレスを感じてしまいます

ひとりで過ごす時間が長い

トイプードルは人懐こい性格をしていて、とにかく飼い主が大好きでたくさんかまってもらいたい、そんな子が多いのですが、飼い主とのコミュニケーション、スキンシップが不足すると、寂しさからストレスを感じてしまいます

温度、音、匂い、明るさなどの部屋の環境

私たち人間も、暑すぎたり、寒すぎたり、不快な音が聞こえたり、そんな状況が続くといらいらしてしまいますよね。それは犬にとっても同じです。いつも暮らしている部屋の環境が犬にとって不快な状況だと、ストレスがたまってしまいます

犬のストレスサイン

犬は言葉でつらさやストレスを感じていることを飼い主に伝えることができませんし、自分からストレスの発生源を取り除くこともできません。ですから、飼い主が犬のしぐさから察知して、対処する必要があります。犬がストレスを感じている時に発するサインには、次のようなものがあります。
  • からだの一部をなめ続ける。
  • 自分のしっぽをくるくると追いかける。
  • あくびをする。
  • 鼻先をなめる。
  • からだをぶるぶるっと震わせる。
  • 目的もなく無駄吠えをしている。
  • 落ち着きなく同じ場所をうろうろする。
  • 運動後でもないのに口をあけてハアハアしている。
犬のこうした行動は、恐怖心や不安感を感じていたり、その恐怖心や不安感を和らげようとしてとるものです。普段から愛犬の様子をよく観察して、こうしたサインが見られたらストレスの原因をみつけてその解消につとめてあげましょう。

ストレス解消のためにできること

運動大好きなトイプードルにとって、やはり散歩や飼い主と一緒に遊んでスキンシップをとることは一番のストレス解消になります。体を動かすと、汗はかいたけどなんだか気分がすっきりしたー!!ってこと、ありますよね。

また、犬ひとりでのお留守番もなるべく長時間はさせないことや、留守番中も心地のよい寝床、お気に入りのおもちゃを用意するなど、リラックスできる環境を整えてあげることが大切です。お留守番ができたら、しっかりほめてあげ、一緒にいるときはしっかり遊んであげましょう。

部屋の環境のチェックも大切です。トイプードルにとって、室温は20℃以上が理想です。冬は20~23℃、夏は26~28℃程度の室温になるよう、エアコンなどを利用して室温を管理しましょう。寒暖の差が激しいと、身体に負担がかかってしまいます。

また、犬が嫌がる素振りをみせる音、匂いは出さないようにしましょう。飼い主にとっては心地よくても、犬にとっては不快な場合があります。例えば、部屋でかけている音楽の音をいやがっていないかや、いつも置いてある芳香剤を無くしてみるなど確認してみるといいですね。

明るすぎる照明も犬は好みません。クレート(キャリーバッグ)に常に入れるようにしておくなど、照明から身を隠せる場所などを用意してあげましょう。

視覚、聴覚、嗅覚が犬と人とでは違うということを知っておいて、犬のしぐさをよく観察して嫌がっていないか確認してあげることが大切です

まめこ
まめこ

先生のストレス解消法ってなんですか?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ずばり、一人カラオケです。

まめこ
まめこ

わかります。私も好きです!大きな声を出すのって、ストレス発散にいいらしいですよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

最近はもっぱらアナ雪の「Let it go」を歌っています。ほんと、気分がすっきりしますね。

まめこ
まめこ

先生、アナ雪歌うんだ…。

適度な運動をさせる

適度な運動は長寿の秘訣。これは犬でも人でも変わらないようです。トイプードルはもともと猟犬として人間と一緒に働いていたプードルをルーツに持ち、小柄な見た目に反して運動能力が高くて体力が豊富です。

運動すること自体大好きなので、散歩や遊びなどでよく運動をさせてあげましょう。運動不足は、ストレスがたまったり、肥満を引き起こしたりして、病気につながることもあります

散歩は1日に30分~60分程度必要と言われていますが、一度に長時間の散歩をすると、小型犬のトイプードルにとっては足腰への負担にもなります。ですから、1回15分程度の散歩を1日に数回に分けて行くのがオススメです

散歩や遊びをすることで、飼い主と犬のコミュニケーションがとれ、それもまた犬のストレス解消につながります。運動のしすぎも逆にストレスになるので、疲れていないか、休憩したがっていないかなど、愛犬の様子を観察し、年齢や体力に合わせて運動をさせてあげたいですね。

食事管理をする

塩分の取り過ぎはよくない、脂肪分も少なく、たんぱく質はしっかりと…私たち人間の食事でも、健康維持に関する情報があふれていますよね。私たち動物のからだは食べた物をもとに作られ、食事の内容によって健康や寿命が左右されます。それは犬にとっても同じです。

ここでは、愛犬の健康のために気をつけたい食事のポイントをご紹介します。

  • 犬は植物性たんぱく質より動物性たんぱく質のほうが消化が得意です。たんぱく質はしっかりしたからだ作りにはかかせませんので、動物性たんぱく質がメインのフードを選びましょう。
  • 犬は穀物の消化が苦手です。すべての穀物が合わないというわけではありませんが、フードの中の穀物含有量に気をつけてみましょう。
  • 愛犬の体質や年齢にあったフードを選びましょう。与えたフードをよく食べているか、便秘になったり、便が柔らかすぎたりしないか、アレルギー症状は出ていないかなど、愛犬をよく観察して、好みをチェックしましょう。
  • 飽きないように、数種類のフードをローテーションするのがオススメです。私たちも、毎日同じメニューが続くといくら美味しくても飽きてしまいますよね。
  • 肥満にならないように食事管理をしましょう。肥満は、膝に負担がかかったり、心臓病、糖尿病など病気の原因になったりします。また、人間の食べ物は犬にとっては塩分が多いので、健康にいいとは言えません。欲しがっても犬用のフードをあげましょう。

日頃の健康管理、定期的な健康診断

病気の予防、早期発見、早期治療も健康と長生きのためには大切なことです。命に直接かかわらない軽度の病気でも、不快な状態が続けば犬にとってはストレスにもなります。かかりつけの動物病院で定期的な健康診断を受けて、病気の早期発見、早期治療につなげましょう。

また、飼い主自身もトイプードルがかかりやすい病気について知っておくことで、病気の予防や、症状に気づいて早期発見につなげることができます。犬は自分から痛い、と言葉で伝えることはできないません。愛犬の様子を観察して、いつもと違う様子に飼い主が気づくことが重要になってきます

ここからは、トイプードルがかかりやすいといわれる病気とその症状についてご紹介します。

膝蓋骨脱臼(しがいこつだっきゅう)

犬の後ろ足の関節にある膝蓋骨という骨が、正常な位置からずれてしまった状態のことで、足の細い小型犬に多い病気です。スキップするように歩いていたり、遊んでいるときに急に鳴いて痛がるなどの症状が出ます。

フローリングの床は滑りやすいのでカーペットやマットを敷く、散歩のときに足場の悪い道は通らない、ソファや階段など高いところからの飛び降りができないようにするなど、普段からひざに負担のかからない生活を心がけましょう。

外耳炎

たれ耳で、耳の中にも毛が生えているトイプードルがかかりやすい病気です。耳をかく、頭をふるなど、かゆみを訴えるしぐさをする、耳がいつもと違う匂いがする、ただれなどの症状がでます

定期的に耳掃除をする、トリミングの際に耳の中も一緒にケアしてもらうなど、耳の中を清潔に保つようにしてあげましょう

流涙症(涙やけ)

何らかの原因で目の涙腺がつまって涙の量が増え、目の周りが湿って毛色が変色してしまう症状がでる病気です。湿っているので細菌が繁殖しやすい状態になってしまい、皮膚炎につながることもあります。

流涙症自体の予防はできませんが、涙を拭き取ったり、目周りの毛をカットしたりするなど、目の周りを清潔にすることで症状を軽減することができます。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

心臓病のひとつで、心臓にある僧帽弁という弁に異常が起きて血液がうまく流れなくなる病気です。咳をする、呼吸の仕方がいつもと違う、運動時に疲れやすい、などの症状がでます

予防自体は難しい病気なので、普段から犬の様子をよく観察してあげて、いつもと違う様子が見られたら動物病院に相談して早期発見早期治療につなげましょう

気管虚脱(きかんきょだつ)

のどから肺までの空気の通り道である気管がつぶれてしまい、呼吸が困難になる病気です。苦しそうに呼吸をしたり、「ガーガー」と乾いた咳をするといった症状がでます。

予防が難しい病気ですが、散歩の時はハーネスを使う、部屋の空調管理、肥満にならないよう体重管理をするなど、普段からのどに負担をかけない生活を心がけましょう。

てんかん

身体がぶるぶると震えて、固まってしまう現象です。脳から身体に送られる電気信号に異常あって起きます。

たいていは数分続いたあと、何事もなかったこのようにもとに戻りますが、症状が出た場合は動物病院に相談をしましょう。

レッグペルテス

股関節に異常が起きる病気で、若い小型犬に多いです。股関節が痛くなるので、足を引きずるように歩いたり、ぴょこぴょこ歩くしぐさをみせます。いつもと違う歩き方をしていたら動物病院に相談しましょう。

クッシング症候群

副腎皮質ホルモンという体内の分泌物の分泌量が過剰になる病気です。水をたくさん飲む、尿が増える、脱毛、食欲不振、食欲増加などの症状がでます。予防は難しいので、様子を観察して早期発見、早期治療につなげましょう。

愛犬が年をとってきたと感じたら

小柄で可愛いトイプードルはもともと元気いっぱいな犬種なので、年をとってきたことがなかなかわかりにくいところがあるのですが、それでもやはり年はとりますし、いつまでも若い頃と同じような生活はできません。老化のサインが見られるようになったら、生活環境もそれに合わせて変えていってあげましょう。

人の場合も、学生の頃は徹夜して勉強したとか、とんかつを山盛り食べたとか…そんなふうに出来ていたことも年を重ねるとだんだんとできなくなってきます。年齢にあわせた無理のない生活、これも長寿の秘訣です。トイプードルは一般的に7〜8歳頃から老化傾向が見られます。人の年齢に当てはめると、40代後半頃ですね。

老化のサインとしては、次のようなものがあります。

  • ご飯を食べる量が減った。
  • 寝ている時間が増えた。
  • 動きがゆっくりになってきた。
  • 毛のツヤがなくなってきた。
  • 散歩に行きたがらなくなった。
  • 目が曇ってきた。
こうした老化のサインが見られるようになったら、食事内容を見直したり、運動量を調整したりするなど生活環境を見直してあげましょう。食事は若いころと同じものだと、胃に負担をかけてしまいます。低カロリー、高たんぱくで消化の良いフードに変更することで、食べる量が減っても必要な栄養を確保しましょう。

散歩も、若い時と同じ距離、時間は疲れてしまいます。愛犬の様子を見ながら、無理のないコースで、無理のない運動をさせてあげましょう。また、年をとるとがんや肥満、糖尿病などの生活習慣病のリスクも高まるので、動物病院での定期検診の頻度を増やすのもいいですね。

旦那
旦那

俺はまだまだ学生のときみたいに、唐揚げ、ラーメン、油っこいものもモリモリ食べられるぜ!!

まめこ
まめこ

と、思ってるんでしょうけど、最近おなかが出てきたんじゃない?

旦那
旦那

えっ、そういえば…そうかも。

まめこ
まめこ

年をとると代謝も変わるから、若いころと同じように食べてたらすぐ脂肪がつくわよ~。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ワンちゃんも同じですね。年齢に合わせた生活が大切です。

まとめ

  • トイプードルの寿命は14~17歳。
  • 寿命をのばすには、愛犬にストレスを与えない、適度な運動、食事の管理、日頃の健康管理が重要。
  • 老化のサインがみられたら、年齢に合わせて生活環境を見直す。

愛犬とすごせる約15年という月日は長いようでいて、あっという間にすぎてしまうものです。しかし、私たちはその限られた時間の中で、たくさんの喜びや思い出を愛犬と一緒につくっていくことができます。

愛犬との日々が一日でも長く続いてほしい…この記事が、あなたのその願いを叶える助けとなればうれしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント