トイプードルに洋服を着せる理由は?選び方やオシャレ服も徹底調査

トイプードル
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ペットショップなどでトイプードル用のや犬用の服ってたくさん見かけますよね。トイプードルを飼っていない方は、「犬なのになんで服を着せてるのかな?飼い主がおしゃれをさせたいから?」といった疑問を持たれるかもしれません。

しかし、トイプードルに服を着せるのには単なるおしゃれ以上の理由があるんです。今回はトイプードルに服を着せる理由や、その選び方をご紹介します!

これを読めばトイプードルにどんな服が必要なのかがわかります。後半はせっかく着せるなら似合う物を…ということで、おすすめコーデもご紹介しますのでトイプードルを飼っているあなたもお楽しみに!

 

スポンサーリンク

トイプードルに服を着せる理由

寒さ対策

トイプードルに服を着せる理由のひとつ目は、気温が低いときの寒さ対策です。あんなにくるくるふわふわの毛におおわれたトイプードルに、わざわざ寒さ対策で服を着せる必要があるの?と疑問に思われるかもしれません。しかし、見た目に反してトイプードルは寒さが苦手な犬種なんです。

犬の毛には、毛の密度が高くて寒さに強い「ダブルコート」というタイプと、毛の密度が少なくて寒さに弱い「シングルコート」というタイプの二種類があります。トイプードルはシングルコートタイプの犬です。見た目はくるくるふわふわですが、毛の密度が少ないので風通しがよい生え方をしています

例えるなら、私たちが素肌にざっくり編みニット一枚を着て冬に外出するようなもの。そんな格好だったら、ニット自体は暖かなウールに見えても、編み目の隙間から冷たい外気が肌を直撃してすごく寒いですよね。

トイプードルの毛も巻き毛でくるくるして暖かげに見えますが、実際は密度が少なくて風を通し寒さを感じます。ですから、気温が低い日の散歩の時などに服を着せる必要があります

暑さ対策

続いての理由は、寒さ対策とは逆に気温が高い夏の日などの暑さ対策です。「いやいや、暑いのにさらに服を着せたら余計に暑いじゃん!」と思われるかもしれません。しかし、服を着せることは暑さへの対策になるんです。

トイプードルに限らず、犬は暑さに弱い動物です。私たち人間は暑いと全身から汗をかきますよね。人間は、汗を出すことで体内の熱を外に放出し、体温があがりすぎないように調節することができます。

しかし、犬は人間のように汗を全身から出すことができません。体温調節のための汗をかける場所が足の裏の肉球や鼻の先など体の一部にしかなく、体温調節が苦手な動物なのです。そんな犬にとって夏の暑い日の散歩は大変なもの。そこで服の出番です。

服を着ることで、まず日光が直接体にあたることを防ぐことができます。これは私たちと同じですね。夏の暑い日、直射日光をあびるより日傘をさして日光をよけたほうが涼しかったり、半袖の服で腕の肌を日光にさらすより、あえて通気性のよい涼しい素材の長袖のカーディガンを羽織っていたほうが暑くなかったりするようなものです。

犬も同様で、服を着せて直射日光をさけることで、暑さをやわらげ体温の上昇を防ぐことができます。特に黒いトイプードルだと直射日光を避けることはとても大切です。黒は日光を吸収する色で、さらに熱まで蓄えてしまい、体温も上昇しやすくなります。

また、アスファルトの道路では、人が感じる温度より犬の感じる温度のほうが高いことにも注意が必要です。たとえば、気温が35℃という夏の日でも、アスファルトの道路は日光で熱せられて50℃近い温度になっています。50℃というと、ミストサウナの中にいるよりももっと熱い温度です。

そんな道路から立ち上る熱気を、散歩をするトイプードルはダイレクトに受けてしまいます。人の場合は、道路に近いのは足だけです。しかし、トイプードルは全身がアスファルト道路からわずか10cm、人間の手のひらの幅程度しか離れていないところにあり、人よりずっと道路の熱を感じてしまいます。この暑さ対策としても、夏用の涼しい素材の服を着ることで、熱が体に直接あたることを防ぐことができます。

皮膚の保護

トイプードルに服を着せることは、皮膚の保護にも役立ちます。夏に、いつの間にか蚊に手足を刺されてかゆくなることがありますよね。蚊は、人間だけでなく犬などの動物も刺します。そして、蚊に刺されることでアレルギーを起こしたり、感染症にかかったりする危険があるのです

散歩のときに草木の生えた場所を歩くこともあると思います。そういったと所を歩くときに服を着せておいて肌の露出を少なくしておくことは、蚊に刺されることの予防になります。その他にもノミやダニにかまれることの予防にもなりますよ。

また、服は、皮膚に炎症がおきているときに犬がその場所や塗った薬をなめたりして悪化するのを防ぐのにも役立ちます。炎症が起きているときは、そこがかゆかったりします。私たちが蚊に刺されたとき、かゆくてついついかいてしまったり、怪我をしてかさぶたになったところをつい触ってしまったり、そんな感じで犬も炎症が起きている場所をなめ続けてしまうんですよね。それを防ぐのに、服が役立ちます。

毛が飛び散るのを防ぐ

トイプードルは毛の密度が少ない「シングルコート」というタイプの毛の生え方をしていて、シングルコートの犬は抜け毛が少ないです。しかし、少ないというだけで、まったく毛が抜けないわけではありません

そして、抜けてしまった毛が散らばるのを防ぎたいときにも、服が役にたちます。車に乗せるときや、ドッグカフェや知人の家に遊びに行くときなど、犬の毛が散らばらないように周囲に配慮したいときに着せるといいですね。

 

トイプードルに服を着せる時の注意点

ここまで、トイプードルに服を着せる理由についてご紹介してきました。「じゃあ服を着せていいんだね」というと、実はそう簡単な話でもありません。犬に服をさせるにあたっては注意したい点がいくつかあります。ここではその注意点をご紹介します。

だんだんと服を着ることに慣らせる

犬はもともと服を着る動物ではありません。ですから、服を着せるのは飼い主の判断によることになります。そして、服を着せることにメリットがあるとしても、やはり「犬が嫌がったら着せない、無理には着せない」ということが大前提になるのではないかと思います。

無理に着せても犬のストレスになりますし、犬も人間と同じでストレスが原因で体調不良になったりします。メリットがあって服を着せるのに、愛犬の健康を害してしまっては元も子もないですよね。どうしても無理に服を着せるべき場合があるとしたら、医療目的、病気治療のために獣医さんから服を着せるように指示があった場合ぐらいではないかと私は思います。

とはいえ、暑さ対策、寒さ対策など、愛犬に服を着せてあげたい場面というのはやはりあります。そこで大切になるのが、いきなり犬に服を着せるのでなく、練習をしながらだんだんと服を着ることに慣らしていくことです。

もともと服を着る習慣がないのに突然全身を布で覆われたら、犬もビックリして混乱してしまいますよね。そうなると服に対して怖いという思いを持ってしまいます。だんだんと少しずつ慣らしていく、というのが大切です。

★ワンちゃんに服に慣れてもらうためのポイント★

  • 袖のない服など体に接する範囲が少なく、マントタイプなど着させるのが楽な服から練習する。全身をおおうような服は慣れてからにする。
  • 上手に服が着れたら、ごほうびのフードやおやつをあげたりして、しっかりほめる。
  • 服の練習をしたら散歩につれていき、犬に「服を着る=散歩に行ける」と服に対して良いイメージを持ってもらう。

装飾品の誤飲に注意する

犬用の服にも、私たちが着ている服と同じようにボタンといった基本的な部品や、リボンやビジュー(キラキラしたプラスチックの宝石みたいな飾り)などの装飾品がついている物があります。服を着せる際には、そういった装飾品を犬が誤って飲みこまないように注意が必要です。

人の赤ちゃんがなんでも口に入れてしまうのと同じで、犬は食べられない物であっても小さなものは口に入れてしまい、誤って飲み込んでしまうことがあります。そして、食道や胃を傷つけてしまうおそれがあります。

日常的に着させる普段着は、装飾品が少なく動きやすさや機能性を重視して選び、着させる前にボタンなどの部品がはずれそうになっていないか毎回確認してから着させましょう。また、特別な日などに装飾品が多い服を着させるときは、愛犬から常に目を離さないようにするといいですね。

服は清潔に保つ

私たちが日々服を洗濯するのと同じで、犬の服もこまめに洗濯して清潔に保つようにしましょう。洗濯する頻度は一週間に一回程度になります。犬の服の素材を確認してから、適切な洗い方をしてあげましょう。

人と犬では体からでる皮脂(服に付く汚れ)の構成が違うので、人間用の洗剤だと汚れが落ちなかったり、また洗剤の香りが犬にとっては心地よいものではなかったりするので、ペット衣類用の洗剤を使うのがおすすめです

服を脱がせた後はブラッシングをする

トイプードルに服を着せると、毛が毛玉になりやすくなります。トイプードルは巻き毛でもともと毛がからまりやすい犬種ですし、服を脱がせた後はかならずブラッシングをして毛並みを整えてあげましょう。

また、服を着せると服と毛がすれて、毛が切れたり傷んだりしてしまいます。服を着せる主な理由が寒さ暑さ対策であったことを考えると、空調で室温が管理された自宅の中にいる時など、特に服を着せる理由がないときは着させすぎないほうがいいのかなと思います。

 

トイプードルの服の選び方のポイント

サイズ確認が重要

犬の服を選ぶときに重要なことは、まずはサイズ選びです。小さいサイズはそもそも着れない、どうにか着れるサイズでも窮屈だと犬にとってはストレスです。大きすぎるサイズも、私たち人間だとあえてのオーバーサイズでおしゃれになんてこともありますが、犬にとっては動きにくくてストレスになったりします。

きつすぎず、ゆるすぎずのちょうどいいサイズ感がいいのですが、既製品の服だとすべてのサイズがぴったりというわけにはなかなかいきません。その場合でも、小さいサイズを選ぶよりは、大きめの物を選んでボタンで調節するなどするのがいいでしょう。

服を買う前に愛犬のサイズを測りましょう。犬服のサイズを見るときに測るのは次の三ヶ所です。

 

首回り…首の付け根を一周した長さ。首輪の位置よりも少し胴体に近い、首の一番太いところです。

胸囲…前足の付け根周辺の胴体の一番太い部分を一周した長さ。

着丈…首の付け根からしっぽの付け根までの長さ。

サイズを測るときは、トイプードルの毛をあまり押さえつけすぎないようにして測りましょう。また、メーカーによって測る位置が違ったりもするので、測り方などをメーカーのホームページなどで確認してみるのをおすすめします。

季節にあわせた機能性の服を選ぶ

私たちが春夏秋冬の季節にあわせて衣がえをするように、愛犬にも季節にあった服を選んであげましょう。

春や秋は日差しが強くなく、すごしやすい気温の日もありますよね。ですから、散歩のときに服を着せるも目的も防寒や暑さ対策よりも、防虫がメインになります。その日の気温にあわせて着せられるよう、厚手の服や薄手の服を用意しておくといいでしょう。

普通の服を着せてあげるだけでも体の露出部分が少なくなるので防虫には少なからず効果がありますが、服自体に防虫の機能を持たせた物もありますよ。

夏の服は暑さ対策に通気性のよいメッシュ素材や、涼感素材の服がおすすめです。夏に通気性が悪い服を着てしまうと、中が蒸れてサウナスーツ状態になってしまいますよね。服の中が蒸れると皮膚炎を引き起こすおそれもあります。夏は夏用の服を選んであげましょう。

冬は防寒、保温機能重視で選んであげましょう。また、サイズもなるべくちょうどいい物を選びましょう。大きすぎると、体と服のすき間から冷気が入ってしまい、防寒の効果を発揮できなくなってしまいます。

トイプードルはシングルコートという密度の低い毛の生え方をしていて、薄着一枚のような状態です。その上から着せるので、ダウンなどしっかり防寒できる服がおすすめです。

旦那
旦那

サイズ選びはほんと大事…っ!!

まめこ
まめこ

ずいぶん力が入ってるけど、どうしたの。

旦那
旦那

この前買ったズボン、やっぱりきつくてさ…。

まめこ
まめこ

…あのズボン、けっこう高かったよね。

旦那
旦那

ダイエットして、着れるようにがんばるよ…。

 

トイプードルのカラー別!服のおすすめカラー!

さて、ここまでトイプードルに服を着せる理由や注意点、選び方をご紹介してきました。それらをふまえて「よし、服を着せよう!」となったとき、実際に服を選ぼうと思うと世の中にはたくさんのワンちゃん用の服があふれていて、どれにしようか悩んでしまうんですよね

でもせっかく着せるんだから、機能性は考慮しつつもやっぱり似合う服を選んで可愛く着てほしいですよね。ここからは、トイプードルのカラー別に似合う服の色を紹介したいと思います!私の独断も入っていますが、服を選ぶときの参考になればうれしいです。

ブラックのトイプードルにおすすめ!

ブラックの毛色のトイプードルには、正直何色の服でも似合うと思います。私たちのファッションコーディネートと同様に考えていただくとわかりやすいと思うのですが、黒のトップスやボトムスは、何色の服を合わせてもピシッと決まりませんか?そのおかげで私は黒のトップスをいったい何枚持っているのかな、という感じになっているのですが…。

とはいえ、黒は合わせる色によって印象がガラッと変わってくるので、どんな印象にしたいかで服の色を選ぶのもいいですね

黒に似合いそうな色をざっと並べてみました。

黒×赤は情熱的なイメージ。フラメンコのダンサーとか、そんな感じですね。黒×黄色は線路の遮断機に使われる組み合わせでもあるように、とにかく色が映えて目立つ組み合わせです。

黒×ブルー系はブルーの色合いによっても印象が違いますね。明るいブルーだとクールな印象。濃いめのブルーやパープル系だとちょっと大人っぽい、高貴な印象を受けます。

黒×ピンクはかわいいですね!ちょっと小悪魔的なかわいさ。ピンクが引き立ちます。黒×白、黒×アイボリー系は定番カラー同士で、似合いますね。

私の好きな組み合わせは黒×ピンク、黒×ブルー!そんなわけで、かわいいなと思う服を見つけてきました!アーガイル柄がかわいいです。

ホワイトのトイプードルにおすすめ!

ホワイトカラーのトイプードルも、ブラックと同じく白は定番カラーになるので何色の服でも似合うと思います。

白×黒は定番モノトーンコーデ。白×ブルー系は鮮やかで爽やかなマリンテイストな組み合わせ。白×ピンクは文句なしのかわいさ。お姫さまスタイルな色合いですね。

白×緑、黄色、赤は元気いっぱいハツラツという印象で、季節でいうと夏!なイメージの組み合わせですね。一方で白×緑×赤にするとクリスマスコーデのできあがり。

色と柄でマリンテイストを極めるボーダー柄のこんな服も似合いますね。夏に着せたい。

レッド、アプリコット、ブラウンのトイプードルにおすすめ!

レッド、アプリコット、ブラウン、茶色系統の三種類をひとまとめにしてしまいましたが、正直この子たちも何色でも似合うと思うのです。ブラックとホワイトの子たちはそのカラーから何色でも似合うなと思ったんですが、レッド、アプリコット、ブラウンの子たちはその見た目からそう思います。

思い浮かべてください、あのぬいぐるみのような見た目。テディベアカットにするとまさにテディベア!そして、テディベアって何色でも似合うんじゃない?と思ったわけです。

とはいえ、やっぱり紹介したいおすすめな色の組み合わせはこちら!

ブラウン系×赤、ブラウン系×オレンジは暖かみのある色どうしの組み合わせです。くまのプーさんも赤い服着ていますね。

ブラウン系×紺色もシックでカッコいい組み合わせです。鮮やかな水色もいいですね!くまのパディントンは赤い帽子にブルーのコートを着ていましたね。

ブラウン×ピンクもかわいいです。なんというか、イチゴチョコのようで美味しそうな色の組み合わせです。

チェック柄も似合うの間違いなしなのでおすすめです!

旦那
旦那

色の組み合わせって、考え出すと奥が深いな~。

まめこ
まめこ

ブラックカラーのトイプーちゃんにピンクの服を着せる日は自分も黒×ピンクのコーデにしたり、おそろいコーデを楽しむのも良さそう!

旦那
旦那

それで散歩したり旅行に行ったりも楽しそうだね。

 

まとめ

  • トイプードルに服を着せるのは、寒さ対策、暑さ対策、皮膚の保護などの理由がある。
  • トイプードルに服を着せるにあたっては、徐々に服に慣らせる、嫌がったら無理には着させない、装飾品の誤飲に気を付ける、服を清潔に保つ、脱いだらブラッシングをするといった注意が必要。
  • 服を選ぶときは、サイズ確認や季節にあわせた服の機能、素材選びが重要。
  • トイプードルに服を着せる目的、服の機能性をふまえた上で、愛犬に似合う服選びを楽しもう。

今回はトイプードルの服についてご紹介しました。あなたの愛犬にはどんな機能を持った服が必要で、どんな服を選べばいいのか、その参考になればうれしいです。

トイプードはもともと服を着る動物ではありませんが、服に慣らせて目的にあった服を選べば、あなたの愛犬も快適にすごすことができますよ。ワンちゃんと一緒に素敵なペットライフを楽しんでくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント