トイプードルのおすすめのケージは?ケージとサークルどちらがいいの?

トイプードル
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



始めに皆さんはトイプードルケージサークルは必要だと思いますか?ワンちゃんを伸び伸びとさせたい。狭い所に入れておくのは可哀そう。ストレスを与えたくないから、ケージやサークルはない方がいい。とか思っている人もいるかもしれません。でも、実はそれって逆なんです。ワンちゃんは広い所でほっておかれる方がストレスになります。自分専用の場所というのが必要なんですね。私達も自分の空間が欲しい!せまい方が落ち着く。ってありますよね?それと同じなんです。今回は、そんなワンちゃんにおすすすめなのは、ケージなのか?サークルなのか?というテーマで書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク

ケージとサークルの違い

そもそも、ケージとサークルって違いなんなの?って方の為に、ざっくりと説明させて頂きますと、ケージは床面と屋根があります。サークルは床面と、屋根がなく囲いだけです。それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

ケージのメリット

 

・完全に閉ざされた空間にできるので、お留守番などでの飼い主の不安がなくなる。

・床面もある為、床を直接汚すことがない。

・災害時のワンちゃんのストレス軽減。

・上から物が落ちて来ても安全。

閉ざされた空間にできるので、お留守番などでの飼い主の不安がなくなる。

ワンちゃんを放し飼いにして、お留守番させていると、コンセントを噛んだり、机の上に置いてある物を誤飲してしまったり、置いてある花瓶を倒して割ってケガをしている。など予想外の事態が起こる可能性は高まります。電気が通っているコンセントを噛んで漏電してしまって、家事になった。なんてことになったら悔やんでも悔やみきれません。お出かけの際のケージの利用は必須条件だと思います。

犬の習性として、自分のテリトリーを作るってありますよね?よく散歩なんかしてても匂い付けしてると思うんですけど、家全体を自分のテリトリーにしてしまうと常に気を張ってないといけないので、ワンちゃんが疲れてしまいます。犬は狼の時代から群れて暮らす動物です。自分の縄張り意識を持ち、そこを守ろうとします。その、習性を利用して、ケージを守ってもらうように促していきましょう。始めは入るのに嫌がる可能性があります。なので、しつけでケージ内におやつを置いてあげて、この中にいると、おやつが貰えると教えてあげるといいかと思います。

吠えるかもしれませんが、それで出してしまうとプードルは賢いので、吠えたら出してもらえる場所、と認識してしまいますので、吠えてもそこは優しく見守ってあげて下さい。

ケージに普段から慣らしていると、災害で、避難しないと行けなくなった時でも、ワンちゃんのストレスを軽減してあげれます。ケージに入れないといけないのに入ってくれない。。。なんてことになると飼い主さんのストレスにもなります。普段から訓練していることが大切です。

ケージのデメリット

続いてケージのデメリットですが

 

・天井がある為、掃除や餌の出し入れがしにくい。

・トイレを一緒にしていると食糞や、糞を踏んで糞まみれになる可能性もある。

・部屋に犬の場所が決まってあるので圧迫感ができる。

天井がある為、餌の出し入れがしにくい

天井があるのでしゃがんで掃除をしないといけないと言う結構しんどい体勢になります。

ケージの大きさにもよりますが、シツケ出来ていても、不意にうんちを踏んでしまって、そのまま動き回っている。とかなると結構悲惨ですよね。

部屋に圧迫感を感じてしまう

これは致し方ないことですが、部屋が狭く見えてしまいます。でも、ワンちゃんの習性もわかってあげてワンちゃんの場所を作ってあげましょう。

 

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

私は放し飼いにされてます。

まめこ
まめこ

そうなんだ。シツケの方は大丈夫ですか?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

トイレも決まった所でしかしません。

性格的にもあんまり動かないので安心されてます。

まめこ
まめこ

ただの年齢でしょ。。

旦那
旦那

もう、ほったらかしにされてる可能性もあるな。

サークルのメリット

続いてサークルのメリットですが

・側面だけなので掃除や餌の出し入れがしやすい。移動が楽。

・高さにもよりますが、留守番時でも安全である。

・犬の成長にしたがっての大きさの変更や自由度がきく。

天井がないので掃除などが楽

側面だけの囲いの為、上から掃除や餌の出し入れができます。ケージと比べると体勢は大幅に楽になります。

囲いがあるので留守番時でも安心

サークルの柵をワンちゃんが飛び越えることができないなら留守番時、も安心して入れていられると思います。あくまでもトイプードルについてのサークルのメリットです。

成長や使い勝手に応じて、大きさの調整ができる

サークルは形を変えたり柵を増やしたりでき、自由度がききます。なのでもう少し広くしてあげたい!などのワンちゃんが快適に過ごせる空間を作りやすいのが特徴です。飼い主目線でも上から様子がわかるのは大きいのではないでしょうか。パッと見てワンちゃんが目に入るので、何をしてるか、わかると安心できますよね。

サークルのデメリット

 

・あくまでも側面の囲いの為、元気のいいワンちゃんだとサークルごと移動する。

・囲いのみの為、強度がない。天井がない為、天井からの落下物などの不安がある。

・犬が中の物を踏み台にして飛び越えてしまう可能性がある。

サークルごと移動する心配がある

テンションの上がっているワンちゃんだとサークルにガンガン当たってそのまま移動する可能性があります。それが楽しくなってワザとし出す、ワンちゃんもいるので、そこはしっかりシツケが必要です。

天井がないことによる不安

サークルの置き場所ですが、上からの落下物がない所に置いた方がいいと思います。棚のすぐ真横などワンちゃんがサークルにぶつかって棚にあたって、その落下物でケガをした!なんてことになったらシャレになりません打ち所によっては笑い話にもなりませんでのサークルを置いた際は、そこまで考えて置いてあげましょう。

次にサークルの柵を飛び越えようをするケースですが、こちらも危ないです。失敗して足を怪我したり、下に置いてある物をひっくり返したり、と好奇心旺盛なのはいいことなのですが、サークルの中は踏み台にできそうな物はおかないのが無難でしょう。

こういう風に足をかけてこっちを見ているととても可愛いですよね。でも立ち癖がついてしまうと腰を痛めてしまいやすくなったり、脱走癖がつきやすくなってしまうのでワンちゃんにいけないことだと教えてあげましょう。

おすすめのケージ

続いて上記を踏まえた上でのおススメのケージです。

ケージの値段ですが3000~30000円位で値幅は多きいです。

やはりお手頃の安い物が売れているようです。買う際は購入者のレビューや高評価などを参にすると失敗は少なくなると思います。

↑こちらは値段もお安くケージ自体も小さいのでそのまま、持ち運ぶこともできます。

評価も高くこちらを寝る所、トイレ用にと別々に分けて使っている方も多いです。トイプードルは小さいのでお留守番はこの大きさでいいのかもしれません。

↑こちらはソフト素材の為、檻のイメージが弱いです。クレートとしても活躍しています。

評価も高いですが普段使いでワンちゃんの姿がはっきり見えないのが、どうでしょう。トイレとして使っている方もいるようです。

↑こちらはキャスター付きでカバーも付いています。こちらも評価が高く、側面がカバーに覆われている為、犬にとっての空間と言う面で非常に落ちつけるんじゃないかと思います。

↑こちらは少し大きめのケージです。評価も高く、お値段はそこそこですが、長く使う物ですからそれなりの物をおススメします。

おすすめのサークル

こちらは評価が高いです。ただ元気なトイプードルだと上を飛び越える難点があるようです。自分の家のワンちゃんの性格との相談になるかと思います。

こちらは天井付きのサークルです。サークルのいい面とケージのいい面が合わさったハイブリットタイプですね。個人的にはこちらをおすすめします。使い勝手がよくコスパも抜群です。

こちらトイレのシツケにおすすめのサークルです。トイレと分離してあるのでトイレトレーニングがスムーズに行くようです。

 

View this post on Instagram

・ 寝る前にこれもやろうね〜😆 ・ ・ お返事できないことがあるかもしれませんが、 いただいたコメントは大切に読ませていただきます🙏 どうぞお気遣いなくお願いいたします🙏🙇‍♀️ ・ #トイプードル #トイプードルレッド #トイプー #といぷーどる #チワワ部 #ふわもこ部 #わんこ #犬 #愛犬 #ペット #いぬすたぐらむ #犬バカ部 #いぬばか部 #癒しわんこ #いぬのきもち #わんこなしでは生きていけません会 #いぬのいる暮らし#toypoodlered #toypoodle #poodle #dog #dogs #instadog #cutedog #ilovemydog #dogstagram #あずしょこぱん

A post shared by ショコラ❤︎あずき❤︎パンナ (@azchpn) on

先ほどの写真のサークルよりも高さがあるので、足を挟んだり脱走する危険性は少ないですね。こういう風にお留守番の時や寝るときだけサークルを使うのもいいですね。

まめこ
まめこ

3匹一緒にお部屋に入ったらさみしくないわね。

ちなみにこちらはケージの実際の写真です。ケージには屋根があるので、上に荷物が置けるのも利点ですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

やっぱり屋根があるところで寝るのは安心ですよね。

私も、もう二度と公園で段ボール生活はしたくない…

ああっ思い出しただけでも…

旦那
旦那

先生…

その気持ち、わかるぜ

まめこ
まめこ

ええ!?

分かっちゃうの!?

まとめ

ケージのメリット

  • 完全に閉ざされた空間にできるので、お留守番などでの、飼い主の不安がなくなる。
  • 落下物をあっても天井があるので安心
  • 普段から箱の中に入っているので災害時などのワンちゃんのストレスがない。

ケージのデメリット

  • 天井がある為、掃除や餌の出し入れがしにくい。
  • 部屋に箱が増えるので圧迫感ができる。

サークルのメリット

  • 側面だけなので掃除や餌の出し入れがしやすい。
  • 犬の成長にしたがっての大きさの調整や自由度がある。

サークルのデメリット

  • サークルごと動く可能性がある。囲いの為、強度がない。
  • 天井からの落下物などの不安がある。
  • ワンちゃんが柵を飛び越える心配がある。

いかがでしたでしょうか?物事にはそれぞれメリットデメリットがあります。自分の生活や使い勝手を考えて、選択の参考にしてもらえたら幸いです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント