三毛猫の理想体重は?素敵体型を維持するための秘訣を大公開!

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



まるまるとした三毛猫の姿は福々しくて、リアル招き猫っぽくてかわいいですよね。看板猫として活躍する三毛猫もたくさんいます。見かけると思わず微笑んでしまいますね。

三毛猫は痩せているよりもどちらかというとコロコロ丸いイメージがあるのですが、太っている方がいいのでしょうか?適正な体重はどうなっているのでしょう?

三毛猫の理想体重について調べてみました!

 

スポンサーリンク

三毛猫の平均体重はどれぐらい?

三毛猫として、品種は独立していません。実は毛色が三色ならどんな品種も三毛猫なんですね!ですので、よく見られる雑種の三毛猫の体重を、一般的な猫の平均体重から調べてみました。

雑種の猫として、平均体重は

オス猫:4.5㎏~5.5㎏くらい
メス猫:3.5㎏~4.5㎏くらい

となります。三毛猫はほとんどがメス猫なので、4㎏前後が平均体重となりますね。

適正な体重となると、雑種は個体差がかなりあります。たま駅長は大柄な品種が混じっていたようで、体重は4.8㎏だったそうです。ですので、体重の数字だけでなく、体つきも併せて考えます。

スコティッシュフォールド、ノルウェージャンフォレストキャット、マンチカン、メインクーンなどの比較的新しい品種の三毛猫は、それぞれの品種によって体格が異なり、適正な体重が違います。

詳しくはそれぞれの体重に関する記事をご覧ください。あなたの気になる三毛猫の品種が、

ノルウェージャンフォレストキャットなら? → ノルウェージャンフォレストキャットの理想体重は?素敵体系を維持するための秘訣を大公開!

マンチカンなら? → マンチカンの理想体重は?素敵体型を維持するための秘訣を大公開!

メインクーンなら? → メインクーンの理想体重は?素敵体型を維持するための秘訣を大公開!

 

体重を測ってみましょう!

まずはきちんとした体重を測ってみたいところです。毛並みに左右されない、実際の体重を測ることができると、それによって体調の管理がしやすくなりますね。

三毛猫は純血種も雑種もあり、それぞれ個体差があります。ですので、適正体重も、まず現在の体重と体調を把握することがスタートになります。

必要なのは体重計。人間用の体重計があるなら、飼い主さんが抱っこした状態で測り、その後に飼い主さんだけの体重を測って差し引くことで猫の体重が分かります。抱っこでコミュニケーションをとるのもいいですね。

子猫時代から成猫にかけては体重が増えていきます。1歳頃から体重の増加が落ち着いてくると、その猫の適正体重が定まってくるでしょう。

まめこ
まめこ

抱っこさせてくれない場合はどうしたら?あと自分の体重を直視するのが辛い時は…

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

猫だけで測れる体重計を用意するといいですね。自分の体重は現実と戦うしかないです。頑張ってください。

旦那
旦那

現実は厳しい

人間用よりももっと細かい数字を測ろうとすると、他に、猫だけで体重を測れるものもあります。ですが、なかなか体重計の上でじっとしてくれるとは限らないですよね。そんな時には、キャリーバッグやバスケットごと測れる体重計はどうでしょうか。

こちらは、風袋機能がついているので、差し引いた体重も測りやすくなっています。

 

体つきから太りすぎ、痩せすぎを見る

体重を把握したところで、体つきを見てみましょう。

三毛猫は雑種も多く、個体差が大きくなっています。体格が大柄な猫と小柄な猫では、ひとくくりに適正体重をこれぐらい!と定められません。その猫その猫の適正体重を見極め、日々の管理で維持することで健康で長生きをめざしましょう。

体つきを見て判断する

三毛猫には長毛種、短毛種が混在しています。同じようにできるとは限りませんが、まず丁寧に体つきを見てみましょう。

上から見た時に、胴体の部分が頭、肩、腰よりも膨らんでいませんか?

同じ大きさでコロンとしている寸胴はいいのですが、おなかの部分がぱんぱんに膨らんで張っているとちょっと太りすぎです。上から見た時に、おなかから腰に掛けて少しくびれていると適正体重です。

手足や肩の太さはもともとの骨格だと思われますが、お腹周りに太りすぎははっきり表れるようですね。

まめこ
まめこ

三毛猫はメスだからやっぱりおなかに…

旦那
旦那

人間は毛のモフモフでごまかしがきかないよね

触って判断する

短毛種は見て分かることがほとんどですが、長毛種はなかなか毛のモフモフと太りすぎの見分けがつきにくいですよね。被毛の長さや、品種によって見かけだけでは実際の体つきはわかりにくくなっています。

実際に体に触れてみて、骨の感触を感じられるかどうか、皮膚の余り具合も探ってみましょう。背中を撫でてみてください。そっと背中からお腹にかけて、両手で触れてみてください。

背中を撫でた時に背骨の感触を感じますか?長毛の間をかき分けて、指が肋骨に触れますか?背骨や肋骨の凸凹を感じますか?それとも骨の感触を感じませんか?

骨の感触がうっすらとわかるなら適正体重です。肉の感触だけで骨を感じないと太りすぎです。

でも骨がごつごつしているのがはっきりわかる、皮膚が垂れているとなると痩せすぎとなっています。

猫の体重の変化を体重計と、見たり触れたりして管理しましょう。太りすぎは病気や関節を痛めたりして健康を損ねますし、痩せすぎが病気の症状の現れのこともあります。

 

適正体重を保つには

個体差のある三毛猫ですが、体つきで適正体重をつかめたら、今度はそれを保ちましょう。

太りすぎを調節

活動量の多い成長期はフードの適量が刻々と変わります。また、体型維持にはフードの種類選びやあげかたの工夫は欠かせません。

どうしても欲しがるとフードをあげたくなるし、美味しそうに食べてもっとおかわり!とねだられるとついついたくさんあげてしまいがちですよね。おやつの種類もたくさんあり、喜ぶ顔見たさにほしいままに食べさせてしまったりします。

となると、どうしても太りすぎになりがちです。食べすぎはフードを調節してみましょう。まずはダイエットフード。たくさんの種類があります。好みのうるさい猫ちゃんもいるので、現在食べているフードから少しずつ切り替えてみてはどうでしょうか。

ダイエット目的のフードは各社様々な特徴のものが出ています。これは特に太りやすくなる避妊手術後の猫に配慮したものです。

味もサーモンやチキンなど様々です。猫ちゃんの好みに合わせられるといいですね。

フードと並んで運動も効果的です。

キャットタワーで楽しく運動をできるようにしたり、飼い主さんができるだけ遊んであげると猫の体重も適正に落ち着いてくるでしょう。

大型のキャットタワーが難しい場合、こういった遊び場兼用爪とぎなどはどうでしょう。爪とぎしているところを褒めてあげると、猫って喜びますよね。

 痩せすぎを調節

基本的に猫は運動量が多すぎて痩せすぎていくことはありません。フードをしっかりあげても痩せすぎが解消されない場合、一度獣医さんに調べてもらうことをお勧めします。

急激に体重が減少し、痩せたり元気がない時は病気の症状の現れということがあります。飼い主さんの管理では調節が難しいので、ぜひ獣医さんに相談してみてください。もし病気が見つかったとしても、配慮した療法食や投薬など、最近はいろいろな対処が出来るようになってきています。できるだけ早くに相談してみてはいかがでしょうか。

三毛猫は雑種も多く、比較的元気に長生きが多いのですが、飼い主さんならではの気付きでより健康に、より長生きを目指してくださいね。

 

まとめ

  • 三毛猫は毛色なので、純血種はその品種に準じ、雑種の場合は4kg前後が平均体重
  • 三毛猫は個体差が大きいので、体重を体重計で測り、体つきを観察して適正体重をつかむ
  • 適正体重を保つにはダイエットフードや運動で太りすぎを防ぎ、痩せすぎは獣医さんに受診する

福々しくも適正体重を保つことで、飼い主さんの管理で健康で長生きを目指しましょう!

最後までお読みくださり、どうもありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント