三毛猫はどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!

ペット
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

日本の猫と言われて、どんな猫が思い浮かぶでしょうか?白・黒・茶色の3色の毛色をした三毛猫を思い浮かべる人がほとんどだと思います。

日本の猫の代表ともいえる三毛猫ですが、実は私たちが目にする三毛猫のほとんどすべては外国の猫の血が混ざった猫なんです。たしかに、よく見ると毛の模様や色の濃さなど様々ですよね。

それでは、どのような歴史の中で三毛猫は生まれ今のような状況に至るのか、詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

三毛猫って、どんな猫?

三毛猫とは、その名の通り毛の色が3色の猫です。日本猫、マンチカン、アメリカンショートヘアなど猫には様々な品種がありますが、毛の色が3色であればどんな猫でも三毛猫と呼ばれます。

3色の毛色が独特でかわいらしい三毛猫ですが、実は他の猫にはない特徴があるんです。そもそも他の猫たちは毛色が1色か2色しかないのに、どうして三毛猫だけは3色もあるのでしょうか?

猫の毛色は遺伝子によって決まります。実はこの遺伝子に秘密があるんです。

遺伝子の関係上私たちが目にする三毛猫のほとんどはメスなんです。オスで三毛になるのは染色体の異常が発生したときだけ。だからオスの三毛猫に出会える確率は、なんと1/30000ともいわれているんですよ。驚きですよね。

そんな三毛猫の秘密についての記事をご紹介しておきますね。オスの三毛猫はその希少性から、出会うと幸運をもたらすと言われています。また、中には数千万円もの価値がある三毛猫もいるようです。他にも三毛猫の特徴などについても詳しく書いているので、ぜひ読んでみてください。

参考 三毛猫のオスに会えたら奇跡?少ない理由を遺伝子レベルで徹底解説!

 

三毛猫のルーツは紀元前にまでさかのぼる

毛の色が3色であればどんな猫でも三毛猫と呼ばれます。しかし、私たちが普段目にする三毛猫は、そのほとんどが”日本猫という品種の猫で、毛の色が3色のもの”なんです。そこで、ここでは三毛猫の代表格ともいえる日本猫の歴史について少し詳しくみていきましょう。

日本では縄文時代にはすでに犬が家畜として飼育され、弥生時代になると豚や鶏も家畜化されました。縄文時代というと、今から1万年以上も前のことなので、人間と犬はものすごく長い時間をともに過ごしてきたことになります。

現在、人気のペットと言えば犬と並んであげられるのが猫ですよね。そんな猫ですが、昔はペットとして可愛がるというよりも、人間の生活の役に立つからという理由で飼われていたようです。人間と猫の関係はどのようにして変化してきたのでしょうか?

弥生時代

日本では長崎県壱岐市勝本町の弥生時代の遺跡である、カラカミ遺跡から猫の骨格が発見されています。紀元前1世紀の骨などがみつかっているので、少なくと今から2000年以上前には日本に猫がいたことになります。

日本猫の中で毛色が3色になるような遺伝子を持った猫は三毛猫となるので、この頃にはすでに三毛猫も存在していたと考えられます。

奈良時代

奈良時代頃には、ネズミの害から守るという目的で猫が飼われるようになりました。この頃には、農耕が広まり始め穀物が保管されるようになったり、様々な書物が書かれるようになりました。大切な穀物や経典などを守るために、猫が番人役として飼われるようになりました。

まめこ
まめこ

奈良時代には、ペットとしての猫はまだいなかったんだね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

昔は猫も家畜のような存在だったんだよ

平安時代

平安時代になると、ペットとして飼われる猫が増えてきます。『枕草子』や『源氏物語』のような平安時代を代表する書物にも愛玩動物としての記述がみられます。

鎌倉時代

鎌倉時代の絵巻物には、紐でつながれて逃げないように飼育されている猫の様子がたくさん描かれています。このことから、ペットとして飼われている猫が増えていたということがわかります。

一方で、猫が自由に外を歩いている様子が記述された書物などもあるため、ネズミの害から守るために飼われていた猫もいたと考えられています。

いずれにしても、この頃は猫の繁殖がなかなかうまくいかなかったようです。数を増やすのが難しかったので、猫は貴重な動物として扱われていました。

まめこ
まめこ

多頭飼育崩壊が問題になっている今とは真逆の時代だね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

日本固有の猫って、実はそこまで繁殖力が高いわけじゃないんだ。なぜ多頭飼育崩壊が起こっているのかというと、繁殖力の高い外国産の猫が大量に放し飼いにされていたことなどが原因と考えられているんだよ。

まめこ
まめこ

なるほど

江戸時代

江戸時代初期には、猫の数が非常に少なかったため、とても貴重な存在とされていました。ネズミを駆除するためのいわゆる”お守り”のようなものとして、猫の絵を描いてそれを売り歩く人もいたようです。

蚕を養殖している地方では、ネズミの被害が大きな問題となるため、ネズミ捕りが得意な猫は高額で取引されていました。中には、馬の5倍の値段で取引される猫もいたようです。

旦那
旦那

馬の5倍!?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

今の日本でいうと数百万円の猫ということになるね

まめこ
まめこ

ひぇーすごいな!高級猫ちゃんだ

しかし江戸時代後期には、猫が繁殖によって数を増やし一般の庶民にも広がったため、特別な存在として扱われることは少なくなりました。

 

20世紀後半には絶滅の危機に

江戸時代以降は、猫の数は特に大きく増減することもなく、安定していました。ところが第二次世界大戦が終わる頃から、外国人の手により多くの外来種が持ち込まれるようになりました。

もともと日本では、ネズミを捕るために放し飼いにされている猫が多く、外来種もそのような飼い方をされていました。そのため、人間の知らないところで外来種との混血が急速に進んでしまったのです。

猫は犬などと比べても繁殖力が高い動物で、1回の出産で平均1~9匹ほど産みます。そのため、純粋な日本猫はあっという間に減少してしまいました。

現在では、外国の猫の血が混ざった三毛猫が増えており、縞三毛キジ三毛パステル三毛など模様・毛色が様々な三毛猫がみられます。

まめこ
まめこ

たしかに、それぞれの三毛猫によって模様が違うね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

模様が違うのは、実は外国の猫との雑種だったんだよ

 

まとめ

  • 三毛猫とは、毛色が3色の猫である。
  • 外国から猫の輸入が増えたため、三毛猫の模様も様々になってきた。
  • 縞三毛キジ三毛パステル三毛など、外来種の遺伝子を持つ三毛猫が増えている。

三毛猫の歴史とは日本の猫の歴史そのものでしたね。縞三毛やパステル三毛など、いろんな模様の三毛猫が増えてきて面白いと思う反面、純粋な日本古来の猫が減ってきているというのはどこか寂しい気もします。

一度失ったものを取り戻すのは難しいことですが、今あるものを守るのはそれほど難しいことではありません。三毛猫に限らず、新しいものと古いものが上手く共存していけたら素晴らしいなと思いました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント