一人暮らしでチワワを飼いたい方必見!!飼い方や注意点など徹底解説

チワワ
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

小さくて可愛くて、そのウルウルしたその瞳で見つめられたら絶対幸せにしてやる!って思っちゃいますよね。でも一人暮らしだし。。ってな理由で迷っているあなた。チワワの生態をきちんと把握する事、そして幸せにしてあげる!という思いがあるならきっと大丈夫です。

チワワとの出会いであなたの生活は今よりも、より充実したものになると思います。では最低限、理解しておかなければならないことを確認して行きましょう。

スポンサーリンク

チワワの特徴

チワワは世界で一番小さな犬と言われていて、その性格は活発で好奇心旺盛、甘えたがりで臆病、そして飼い主には忠誠心が強い。そして用心深いと、番犬としても優秀な一面を持ちます。

小さな時に病気がちで見た目も弱々しい為、甘やかして、しつけをおろそかにしてしまったりかまってあげないなどの行為をしていると攻撃的な性格になりやすい為、注意する必要があります。

また人見知りがあり、知らない人にはなつきません。嫉妬心もあり他の犬の相手などをしていると拗ねてしまったりと、とても可愛い性格の持ち主です。

飼い主に対してはとても甘えん坊なので、一人暮らしで飼う場合には上手にお留守番が出来るようにトレーニングしてあげる必要もあります。

チワワを飼うにあたっての確認事項

住んでいる所はペット可か?

これは何よりも先に確認していなければなりません。チワワだけではなく生き物全般に言える事ですが、ペット不可のマンションでチワワを飼うなど行為をすると近隣とのトラブルなど、犬にとっても悲しいことになってしまいます。

ペット可ではないけど飼いたい場合は、まずはペット可の場所へのお引っ越しが大前提。安心して堂々と住まわせてあげる事が出来る環境づくりは絶対の条件となります。

ペット可住宅と大々的にアピールしていない物件でも大家さんや不動産会社さんとの相談で、例えば室内外の子犬一匹限定とか制限付きでOKが出る場合もあるので今住んでいるところでも相談してみるのも一つの方法かもしれませんね。

時間の確保はできるか?

しつけの時間、散歩の時間、チワワと遊んであげられる時間を1日の内どの位取ることができるか。一度シミュレーションしておくことをおすすめします。

チワワは基本的にはお留守番があまり得意ではない犬です。そのため長期の出張や旅行が多い方にも残念ながら不向きです。ライフスタイルと併せて、本当に飼えるかどうかもよく検討しましょう。

費用面での理解

病院代、トリミング代、食費などある程度生活に余裕はあるかどうかもしっかり確認しましょう。自分の生活もままならないのにチワワの面倒を見るのはお互いに大変ですよね。しっかり余裕をもって用意しましょうね。

大まかな費用については、以下の記事を参考にしてみてください。
犬の飼育にかかる1ヶ月の費用は?また生涯かかる費用徹底解説

費用がどの程度かかるか確認できたら、いよいよチワワちゃんの入手方法です。

 

チワワの入手の仕方

ペットショップで購入

金額的な相場

これは一般的な買い方ですね。実際に犬を見て状態の確認ができますから安心です。毛色や年齢によっても多少の違いはありますが、血統書付きチワワの平均的な相場は15~25万円前後と言われているようです。

飼う時に気を付けたいこと

ペットショップ選びで気を付けたいことは、ペットショップでの住環境、そしてショップの方が親身になって情報を教えてくれるかどうかです。

ペットショップにも色々なお店があり、中にはとても残念な事ですが収益優先でペットの事は大事に考えていないお店もあるのが現実です。

良いペットショップの見分け方を簡単にまとめてみます。

  • 子犬の住環境がきれいに整っており生後56日未満の子犬を売っていない生後56日未満の赤ちゃんの販売は法律で禁じられています
  • 営業時間が必要以上に長すぎない(営業時間が長く夜遅くまで営業しているお店のペットはその分激しいストレスに晒されています)
  • 仕入れルートのブリーダーの名前を教えてくれる、もしくは自家繁殖で母犬に会わせてくれる(ペットオークションや良くない業者経由の場合、こういった質問をしてもきちんと答えてくれません)
  • ワクチンをいつ接種したか聞いてみる(ペットの事をきちんと考えているお店は生後50日より前に接種をすることはありません。また、ワクチン接種をしないまま店頭に並べているのは論外です)

これらをお店の方に質問してみて大丈夫と確認してみるのが良いでしょう。

ブリーダーから購入

ブリーダーとは特定の犬種を専門に、繁殖させて販売することを生業としている、犬の飼育のプロフェッショナルです。

ブリーダー自体の検索はインターネットでできるのですが、インターネット上のみでの取引は禁止されていて購入する人がブリーダーさんの所に行き、直接購入する犬と対面してからの取引になります。

金額的な相場

より専門的で良質なわんちゃんもいる関係でペットショップより相場が高くなる場合があります。だいたい20~30万が相場といわれているようです。

よいブリーダーさんの見分け方

ブリーダーにも残念ながら悪徳と言われる人が一部、います。そのため本当に良いブリーダーさんかどうかを確認する事が大事。

ブリーダーさんの場合の見分け方も知っておきましょう。

  • 犬の住環境の見学をさせてくれる(悪徳ブリーダーと呼ばれる人の場合、住環境の見学を嫌がります。清潔な環境で大事に育てている場合には気軽に応じてくれますので必須質問と言っても良いでしょう)
  • 子犬をいつ頃渡してもらえるかを確認する(ペットショップと同様で、生後56日未満での引き渡しは法律で禁止されているため法令順守しているかどうか確認できます)
  • ワクチンの接種時期と証明書をもらう(証明書の提出を拒否する場合、適切な時期に摂取していなかったり接種していない可能性があるのでこの確認も重要です)

本当に良いブリーダーさんとご縁出来れば、購入後も何か不安な事があった時、安心していろんな相談に乗ってもらう事が出来ます。ペット初心者の力強い相談役となってくれるはずです。

動物保護団体から譲り受ける

里親を募集している保護団体から譲り受けるという方法があります。

こちらは基本無償譲渡なので費用の負担はほぼありませんが、一人暮らしでチワワを飼いたい場合には難しいかもしれません。

理由としては譲渡条件がとても厳しいのです。特に一人暮らしの男性の場合には断られる可能性がかなり高い事を知っておきましょう。一人暮らしの方が譲渡を希望する場合、年収の確認や親族からの身元保証を必須とされる事が多いようですので、それでも大丈夫という方だけにしておいた方が良いかもしれません。

保健所から譲り受ける

保健所でも殺処分を減らすため、譲渡が積極的に行われるようになってきています。地元保健所などで定期的に譲渡会を行っている事も多いので、チェックしてみると良いでしょう。

ただし、保健所経由の場合は成犬が大半である事や虐待などを経験していたりとナイーブな状態の犬も多いため、犬の初心者さんの場合には難しいかもしれません。

それでも是非、という方は保健所に問い合わせてみると良いでしょう。環境省の公式サイトでは全国の保健所で譲渡OKな場所のリストや条件が一覧になっているのでチェックしてみてくださいね。

収容動物検索情報サイト(環境省)

チワワを迎え入れる準備

ここまで来たら後はチワワを迎え入れる最低限の準備です。用意しておくモノを見ていきましょう。

ゲージ(寝床)

これはチワワを普段入れておくお家ですね。お留守番させる時など、広い空間ににただ置いておくだけでは不安だと思います。チワワが安心している場所としてゲージがあるととても便利です。ぜひ、迎え入れる前に用意しておいて上げて下さい。

チワワのような超小型犬の場合におススメなゲージを紹介します

トイレ、ペットシート

始めの内はトイレのしつけが必要です。できればゲージの中にトイレスペースを確保して上げることをおすすめします。普段からそこにするクセを付けておけばお留守番の時も安心ですね。

ペットシートは慣れてきたらまとめ買いがお得ですよ

 

散歩用品

リード、首輪、またはハーネスなど大好きなチワワと一緒に散歩する時に着用します。

お散歩が慣れてない内は首輪をすることをおすすめします。お散歩が慣れてきたら首輪からハーネスにしてあげるとチワワも気持ちよく開放感溢れる散歩ができるのではないでしょうか。

 

クレート(キャリーバッグ)

動物病院に連れて行ったり普段移動させる際に必要になります。基本的には掃除しやすく軽いモノがいいと思います。

ドッグフード

チワワに合ったモノを選んであげて下さい。食事ですがその子によっての好みがあるので初めは少量で色々試してみて食い付きがいいモノを選ぶといいでしょう。

チワワのおすすめドッグフードについてはこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

チワワおすすめドッグフード!安心安全おいしいごはんを愛犬に

ブラシ

普段からのブラッシングは犬の健康状態、コミュニケーションを取る上でもとても大事です。ブラッシングをすることで犬は愛情を感じリラックスもでき忠誠心も高まります。

 

超重要!お留守番のためのしつけ

チワワは飼い主さんに対してはとても甘えん坊で、実はお留守番が苦手な犬種の一つです。そのため一人暮らしでチワワを飼う場合にはお留守番がきちんとできるようしつけをしてあげる事がとても大切ですね。

会社勤めで一人暮らしの方の場合、チワワはおうちで毎日10時間前後の時間、留守宅で過ごす事になるわけですから、お留守番が出来るようになってくれないと生活が出来なくなってしまいます。

お留守番が上手にできる訓練をせずにいきなりチワワ1匹だけにしてしまうとチワワは突然飼い主さんが消えた事でパニック状態になり、部屋の中を荒らしたり激しく吠えるといった問題行動を起こす事があります。これを分離不安といいます。

ここではお留守番をさせるためのポイントを紹介していきましょう。

飼い主が出かけるパターンを覚えさせない

お出かけするときにはカバンやスマホをもって、電気を消してカギを持って…と、一定のパターンがあると思います。しかしこれをチワワが覚えてしまうと、この行動を飼い主さんがしただけでパニックを起こしてしまう事があります。

そのため、お出かけパターンをこなした後にトイレに行くだけとか、お出かけパターンをしたけれどそのまま家にいる、といったようにお出かけパターンをしたからといってお出かけするわけではない事を見せると、そのパターンだけでパニックに陥る事を防ぐことが出来ます。

お出かけ前後は無視する

ちょっと意外と思うかもしれませんがこれは実はとても大切な事。犬にとっては吠えても近寄っても無視される時間に、これから飼い主さんがお出かけしてお留守番なんだという心の準備をする時間になります。また、吠えても飛びついても無駄なんだと諦める事を覚えさせます。

外出から帰って来た時にも嬉しくて飛びついたり吠えてきても無視し、犬が落ち着いてから初めて相手をしてあげることで、「大人しくしたら喜んでもらえる」事を覚えさせることが出来ます。

リラックスできる環境づくり

お留守番させる場合のエリアを作り、ここにいればリラックスして心地よく過ごせる、という条件付けをします。

最初は飼い主さんから見える場所に特定のエリア(ゲージなど)を置き、飼い主さんが見える事でリラックスし、お気に入りのおもちゃやコングなどを使い、この場所は心地よいと覚えさせます。

すっかり慣れてきたら飼い主さんとエリアの間に仕切りをし、飼い主さんが見えていなくても安心できる場所だと覚えさせましょう。

室温に注意

日本は四季がある国ですから、真夏の暑さや冬の寒さなど、犬にとっては人間同様に辛いものがあります。そのためエアコンは基本的に年間稼働するものと覚悟しましょう。

お留守番しているわんちゃんのために冷房や暖房を上手に使い、わんちゃんが熱中症などにかかる事のないよう注意してあげましょう。留守中の飲み水の確保も忘れないでくださいね。

 

まとめ

  • チワワは活発で好奇心旺盛、甘えたがりで臆病、忠誠心が強く用心深い。
  • 小さい時の躾が重要、ほったらかしにしていたら攻撃的な性格になる可能性有り。
  • 住んでいる所がペット可か確認。時間、費用に余裕はあるか?
  • 購入できる場所の確認。できれば評判のいいブリーダーから飼うのが健康状態、血統など細かくわかるのでおススメ。
  • ゲージ、ペットシート、散歩用品、クレート、ドッグフード、ブラシなど必要な物を準備する。
  • お留守番がきちんと出来るようにしつけする

一人暮らしの心の癒しに、ぜひチワワを迎え入れて上げて下さい。人生がより豊かになること間違いなしですよ!最後まで読んで頂きありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント