シャム猫の理想体重は?素敵体型を維持するための秘訣を大公開!

シャム猫
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



シャム猫(サイアミーズ)と言えば!猫に詳しくない方でも、スレンダーで筋肉質なイメージがパッと出てくるのではないでしょうか。

小さい顔に細長いスラリとした手足。あのモデルさんのようなスタイル、素敵ですよね。そんなシャム猫の理想的な体重はどれくらい?スレンダーな体型はどう維持するの?シャム猫の体重、体型について詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

シャム猫の平均体重はどのくらい?

シャム猫の平均体重は2.5〜4.5㎏ほどとされています。オスとメスでも違いがあります。

  • オス約3㎏〜4㎏
  • メス約2㎏〜4㎏

やはりオスの方が少し大きくなるんですね。

一般的な猫の平均体重が3〜5㎏ほどなので、シャム猫は他の猫種よりも平均体重が軽いんですね。

ただし、個体によって違いがありますから、体重だけで判断して、軽すぎる!重すぎる!と悩む必要はありませんよ。

猫の適正体重

猫の場合は一般的に、1歳の頃の体重が適正体重とされています。猫の1歳は人間の年齢に換算するとおよそ20歳と、丁度成人の年齢です。猫もこの時期に成猫になるんですね。

この適正体重より15%〜20%体重が越えてしまうと肥満になってしまうので注意しましょう。

例えば、適正体重が3㎏のねこちゃんの場合、単純計算で約3.5㎏〜3.6㎏以上になると肥満だという事になります。

適正体重が5㎏だと約5.8㎏〜6㎏以上は肥満という計算になりますね。これは標準的な猫の体重を元に計算しています。

シャム猫の場合、平均体重が一般的な猫よりも軽いので更に肥満に注意!ですね。

同じ品種でも、ねこちゃんの体の大きさによって適正体重が変わるので、病院で獣医さんに聞いて見るといいですよ。それぞれの適正体重を計算して見ましょう。

子猫期の体重の変化

成猫になるまでは、まだまだ欲しがるだけご飯やおやつをあげても大丈夫!だって成長期だもん…。そう思っていませんか?

まめこ
まめこ

沢山遊んで沢山食べるっていいことじゃないの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

子猫の間はいいことかもしれませんが、好きなだけ食べる習慣がついてしまうとよくないですよ。子猫のうちからきちんと体重管理を!

では、平均的な子猫期の体重の変化を月齢ごとに確認していきましょう。

生後0週〜1ヶ月

  • 生後0週〜 約70g〜120g
  • 生後1週〜 約120g〜250g
  • 生後2週〜 約250g〜300g
  • 生後3週〜 約300g〜400g
  • 生後1ヶ月〜 約400g〜500g

産まれたばかりの子猫は約100g前後で、パソコンのマウスと同じくらいなんです。とっても小さいんですね。

その後生後1ヶ月ごろまで、1週間ごとに約50g〜100gほど体重が増加していくのがわかります。

この時期は体重の変化が大きいので、最低でも1週間に一度は体重を計りましょう。

生後2ヶ月〜生後1年

  • 生後2ヶ月〜 約950g〜1㎏
  • 生後3ヶ月〜 約1㎏〜1.5㎏
  • 生後6ヶ月〜 約2.5㎏〜3㎏
  • 生後9ヶ月〜 約3㎏〜3.5㎏
  • 生後1年〜 約3.5㎏〜5㎏

生後すぐの頃とは違い、少しずつ体重の増加が緩やかになってきます。体重が落ち着いてくれば、いよいよねこちゃんも立派な成猫になってきたということですね。

生後1年を過ぎてからは、まだ成長を続ける猫もいるので、1歳の頃から1年のあいだに約15%ほど体重が増えるのは問題ありませんよ。

シャム猫は特に活発で食欲も旺盛なので食べ過ぎには注意しましょう。

成長期といっても油断はしたくないところですね。

 

猫の体重ってどう計る?

猫の体重ってどう計ればいいのでしょうか?動物病院で計ってもらうだけでなく、日頃からお家で体重を計れたらいいですよね。

実は、猫の体重の計り方にもいくつかの方法があります。

今まで体重を計ったことがなくても大丈夫です。とっても簡単な方法もあるので、順番にご紹介します。

飼い主さんと体重計で

一番簡単な体重の計り方です。ご家庭にある体重計で計ることができます。

まずは飼い主さんがねこちゃんを抱っこして、ゆっくり体重計に乗ります。この時に出た体重は忘れないようにメモをしておくと良いでしょう。

その後ねこちゃんを放し、飼い主さんだけがもう一度体重計に乗って計測します。飼い主さんの体重と先程ねこちゃんと一緒に計った体重の差が、ねこちゃんの体重ということですね。

旦那
旦那

簡単だね!

まめこ
まめこ

でも「自分の体重」っていう現実が……

旦那
旦那

自分の体重管理もできていいんじゃない?

まめこ
まめこ

じゃああなたがやってね

旦那
旦那

あ、はい…

抱っこに慣れているねこちゃんにはオススメの計り方です。抱っこが苦手なねこちゃんにとっては、ストレスになるかもしれないので気をつけましょう。

ペット専用の体重計で

ペットの体重を計る為のスケールを用意するのも選択肢の一つです。抱っこが苦手なねこちゃんの負担を減らしてくれます。

ペット用のものなので、乗り心地も良く作られています。5gや10g単位で計測できるので、より正確に体重を計ることができます。

少し滑りやすくなっていたり、冬場などは体重計の表面が冷たくなる場合もあるので、ねこちゃんのお気に入りの毛布やタオルなどを敷いてあげるなど工夫してあげましょう。

見慣れないものに対して警戒心の強いタイプのねこちゃんは、うまく体重計に乗ってくれないこともあり得ます。

ねこちゃんの性格に合わせて購入を検討してみてください。

吊り下げ式で

吊り下げ式と聞いて少し驚かれた方もいらっしゃるかも知れませんね。でも、安心してください!ねこちゃんを直接吊り下げる訳ではないんです。

荷物計りを使って計測する方法です。簡単で場所も取らず、10g単位で計測できるものを使えば比較的に正確です。

近頃、試してみる飼い主さんも多いようですよ。

まずねこちゃんにビニール袋や紙袋に入って貰って、そのままぶらーんと袋ごと荷物計りで計測して終わりです。袋に入るのが好きなねこちゃんにはオススメですね。

まめこ
まめこ

ほんとだ、すごい簡単!

もし袋を嫌がるなら、ペットキャリーでもこの方法で体重を計ることができます。この場合は風袋機能のついた荷物計りを使うことをオススメします。

最初にペットキャリーだけを計測します。その後風袋機能で表示をゼロに切り替えたら、ねこちゃんをペットキャリーに入れてもう一度計れば終了です。

ねこちゃんが動くと誤差は出ますが、大きな誤差ではないので心配は要りません。

キャリーケースに入れて

抱っこが苦手…、じっとしてられない…そんなねこちゃんには、キャリーケースに入って貰って体重を計りましょう。

日頃からキャリーに入れて計ることに慣れていると、動物病院でもスムーズに対応できます。

キャリーケースの重さを把握していれば病院でねこちゃんをキャリーから出さなくても、そのまま体重を測定することも可能ですね。

お家にある体重計やペット用の体重計でも、吊り下げ式の計り方でもキャリーケースを利用できますよ。

定期的に測定しましょう

定期的に体重を計ってねこちゃんの体重を把握する事は大切です。

更に、計った体重を記録することもオススメです。肥満にならないように意識できますし、ダイエット中なら体重の増減があったかどうかなどの確認にもなります。

体重の管理と同時に、その他の健康管理にも役に立つこと間違いなしです。

猫にとっての体重の増減

私たちにとってはたったの数百グラムの増減でも。体の小さな猫にとっては大きな違いです。人の数キログラムほどの増減にもなるんです!

うちの子少し太ったかな…?なんて思ったら、少しなら大丈夫!と考えるのではなく、しっかりと管理をしてあげないといけませんね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

急激な体重の増減はねこちゃんの体に大きな負担になるんですよ。

まめこ
まめこ

可愛いからっておやつあげすぎちゃダメね…

旦那
旦那

ご飯の量も気をつけないとだね!

シャム猫の体型

シャム猫の体型はオリエンタルタイプに分類されます。これは6種類ある猫のボディタイプの中で一番スリムな体型です。

頭部は逆三角形の小さな顔大きな耳が印象的ですね!

胴体は丸い筒状をしており、細くて手足が長いのが特徴です。尻尾もムチのようにしなやかで細長いので、美しいスタイルがより際立ちます。

オリエンタルタイプの体型をした猫は数種類ありますが、その中でもシャム猫は理想的な体型をしているんです。

体高は25〜27㎝くらいと一般的な猫とあまり変わりはありません。

細い見た目ですが、抱っこすると意外にズッシリとしています。いかにシャム猫が筋肉質でスリムな体をしているかがわかりますね。

 

素敵な体型を維持したい!

スレンダーでモデルのような美しいシャム猫ですが、気をつけなければ太ってしまうこともあります。逆に痩せすぎてしまうことも心配です。

もともと運動量の多い品種のため食欲も旺盛です。ご飯の量や運動量のバランスが悪いと体型維持が難しくなることもしばしば…。

せっかく生まれながらにスリムで美しい体型をしているのですから、肥満や痩せすぎには注意したいところですね。

適切な食事が大事

まずはなんと言っても食事が大切です。体重の増減や筋肉量の変化に直接影響するため、シャム猫にきちんと合った食事をあげたいところですよね。

主食として与えるのは、栄養バランスの考えられている総合栄養食を選びましょう。

フードを食べて、水を飲むだけで必要な栄養のバランスを保つことができます。必要以上の量をあげないように注意しましょう。

シャム猫は早食いや丸呑みをしやすい傾向があります。そのため吐き戻しも多くなります。

シャム猫専用に作られたフードなら丸呑みなどを防止するために、大きくて噛み砕きやすい形をしているのでオススメですよ。

筋肉質な体型の維持に必要なこと

良質な動物性タンパク質
シャム猫のしなやかで発達した筋肉を維持するためには、日々の食事の中でしっかりと良質なタンパク質を取ることが大切です。
そのためシャム猫専用のフードには、チキンや七面鳥を主な原料として使っているフードが多く見られます。
また、消化のしやすいタンパク質であることも重要です。
低カロリー
運動量の多いシャム猫は、食事の取りすぎで肥満になってしまうこともあります。
そうならないためにも、普段主食として与えるものには、カロリーの高すぎないフードを選んであげましょう。

年齢や目的に合った食事を選びましょう

ねこちゃんの成長具合や年齢、体調ごとに必要となる栄養素とその量も変わってきます。

子猫には「子猫用」のフードを与え、成猫になったら「成猫用」、年齢を重ねれば「シニア猫用」という選択肢も出てきますね。

年齢の他にも「体重管理用」のフードや「病気の予防」のできるフードもありますので、必要に応じて食事の内容を変えて行きましょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

最近はいろんな種類のフードが増えて、選択肢が多くなりましたね。

やっぱり運動不足は大敵

ほっそりとして華奢な見た目のシャム猫ですが、とっても体育会系なんです。活動的でいつも元気いっぱいです!

運動不足は肥満に繋がり易くなる上に、シャム猫の美しい筋肉が衰えてしまいます。

活発なのでお部屋中を走りまわることも大好きなため、室内でも広いスペースを用意してあげられたらベストだと思います。

高いところへの登り降りも得意です。上下運動が充分にできる様に、家具の配置を工夫したり背の高いキャットタワーを設置しましょう。

ねこちゃんだけでの運動では足りないこともあるので、おもちゃなどで一緒に遊んであげてください。

一日30分くらい一緒に遊んであげたら、ねこちゃんも満足してくれると思いますよ。

見た目で理想体型がわかる!

猫の理想的な体型は見た目、触った感触などでも確認することができます。飼い主さんでも日頃からセルフチェックができるんです!

ボディコンディションスコア(BCS)という指標を使ってチェックしていきます。このBCSは5つの段階に評価基準が分かれています。

[チェックの仕方]

  1. ねこちゃんが真っ直ぐに立っている状態で、体を真上と横側から観察します。
  2. ウエストのくびれがどれくらいあるか、見た目•感触で確認します。
  3. 肋骨はどれくらい浮き出ているか、直接触って確認します。

以上の3つのチェックポイントを踏まえて、早速チェックしてみましょう。

BCS1=痩せすぎ
  • 極端なくびれが目立つ
  • 骨盤や背骨、ゴツゴツとした肋骨がわかる
  • 筋肉や脂肪が少ない

上から見たときに、ウエストが砂時計の様にへこんで極端にくびれていると痩せすぎています。

肋骨の部分には薄い皮下脂肪も無くゴツゴツとしていて、見た目にも感触的にもかなり肋骨が目立ちます。脚や胸周りの筋肉量も少ない状態です。

理想的な体重の85%以下の体重しかありません。
BCS2=痩せている
  • くびれがはっきりとわかる
  • 少し肋骨が浮き出て見える
  • 脂肪が少ない

極端ではないものの、くびれはしっかりあります。背骨や肋骨もまだ目立ちます。見た目にも触ってみても骨を確認できるくらいです。

横から確認するとお腹が少し上に吊り上って見えます。

理想的な体重の86%〜94%くらいの体重があります。

BCS3=理想的な体型
  • 適度なくびれがある
  • 肋骨は触ると確認できるが、見た目には目立たない
  • 全体的にわずかに皮下脂肪に覆われている

見た目にくびれは確認できますが、緩やかな曲線をしています。ウエストを触ってみても薄い脂肪が付いているので、柔らかい感触がします。

肋骨も適度に薄く脂肪に覆われています。触れば肋骨の存在を感じることができますが、見た目からは確認できません。脇腹にはひだがあります。

理想的な体重の95%〜106%の体重があります。
BCS4=太り気味
  • くびれを確認するのが難しい
  • 触ると少しだけ肋骨を感じる
  • 脂肪が多め

触ってみても、観察してもくびれを確認するのは難しくなっています。横から見た時に、お腹が少し垂れ下がっています。

触ってみるとわずかに肋骨を確認することができますが、胴体まわりは脂肪で覆われています。

理想的な体重の107%〜122%もの体重があります。

BCS5=太りすぎ
  • くびれがない
  • 触っても肋骨がほとんどわからない
  • 脂肪がかなり多い

上から見て明らかに丸く、アーモンド型をしています。触れても腰にくびれは確認できません。

厚い脂肪に覆われているので、肋骨は見た目からはもちろん感触的にも触ることが難しくなります。

理想的な体重の123%以上も体重があります。

旦那
旦那

丸くて柔らかいからかわいい!って訳にもいかないね

BCS3に当てはまれば理想的な体型をしていると考えて大丈夫です。

毎日一緒に過ごしていると体型の変化に気づかなかった!なんてこともあるので、ひと月に一度くらいの頻度で、コミュニケーションがてらチェックするのがオススメですよ。

まめこ
まめこ

そういえば私の友達も、動物病院で「太ったね」って言われて気づいたって言ってたよ!

 

猫にも体脂肪率がある⁉︎

実は猫にも体脂肪率の測定方法があるんです。体脂肪率がわかれば、明確にねこちゃんが理想の体型をしているか判断することができますね。

まめこ
まめこ

知らなかった!どうやって測るの?

まず、猫の平均的な体脂肪率ですが、15%〜20%とされています。これは、人間の男性の体脂肪率の平均値と一緒なんです。

旦那
旦那

俺と一緒か〜

まめこ
まめこ

あなた絶対もっとあるでしょ。

体脂肪率を測ってみましょう

猫の体脂肪率の計算の仕方は、私たち人間の体脂肪率の計算方法とは少し違います。実際に自分で計算するのはちょっと難しいんです。

でも強い味方があるので大丈夫です!

誰でも簡単にねこちゃんの体脂肪率を測ることができるガイドラインが用意されています。とっても便利ですね。次の表を参考にして計測していきましょう。

引用:ロイヤルカナンホームページ

まずメジャーを用意しましょう。測るのは二箇所だけです。

  1. 胴回り(A) 第9肋骨の周りを測ります。
  2. 脚の長さ(B) 膝からかかとまでを測ります。

胴回りの計測は、第9肋骨の周囲の長さを計測するとより正確に測れますが、肋骨がわかりにくい場合などは、胴体の真ん中を測ればOKですよ。

脚の長さを測るときは、しっかりと脚の骨の位置を指で確認しながら計測しましょう。

胴回り(A)と脚の長さ(B)を測れたら、表に当てはめてねこちゃんの体脂肪率を確認しましょう。

ねこちゃんが動いて上手く測れないこともあるので、計測するときは2人以上で行う方が良いでしょう。ねこちゃんがリラックスしているときに計測するのが理想ですね。

一般的には体脂肪率が30%以上になると太りすぎとされています。明確な数字としてねこちゃんの体型が分かれば、より体型維持の役に立ちますね。

 

痩せすぎ?太りすぎ?総合的に判断しましょう

うちの子は痩せてるのかな?太ってるのかな?とちょっと気になりますよね。

猫には様々な体重の目安や体型の測り方があります。ですが全てのねこちゃんに「平均」が当てはまるわけではありません。

品種によっても違いますし、個体によっても違います。例えば、脚の長い子も短い子もいますよね。

まめこ
まめこ

この間知り合いの家に行ったら、すごく大きい猫がいたよ!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

同じ品種でも大きさが違ったりします。これもそれぞれの個性なんですね。

シャム猫の場合は特に一般的な猫と体型が大きく違います。平均的な数字に当てはまらないことがあっても大丈夫です。

大切なのは、バランスが取れているかどうかです。

体重は軽いけど、ボディコンディションスコア(BCS)では理想的な体型に当てはまる、というような場合は、痩せすぎているといった心配は特にないでしょう。

シャム猫は特に筋肉質なため、体脂肪率などに関しても一般的な猫よりも低い可能性があります。

体重、体型、体脂肪率、食事の量、運動量。全てをバランスよく管理し総合的に判断することが、理想の体型の維持に繋がりますよ。

自分で判断するのが難しいと感じたり、太りやすい、痩せやすいなどの特徴を持ったねこちゃんなら、しっかりと獣医さんに相談するのが良いと思います。

 

まとめ

  • シャム猫の体重は一般的な猫よりも軽い
  • 定期的に体重測定をしましょう
  • 食事は高タンパク、低カロリーな総合栄養食を主食に
  • 運動不足に気をつけましょう
  • ボディコンディションスコア(BCS)で理想の体型かチェック
  • 体脂肪率なども参考にして、総合的に理想の体重、体型か判断していきましょう

美しい体型を維持するのは、猫も人も同じように、日頃の管理が大切なんですね。

それぞれの個性に合わせて、ねこちゃんにも飼い主さんにもストレスにならないようにしていけたらとても良いと思います。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント