新型コロナウイルスはペットに感染する?予防法は?最新情報を解説!

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

昨年末から突然大騒ぎになっている新型コロナウイルス。テレビでも毎日コロナの怖い情報ばかりで心配が尽きませんね。
ペットを飼っている人は自分自身の注意もさることながら、ペットへの感染も心配な点の一つではないでしょうか。
そこで、ペットを飼っている方のためのコロナ対策を調べてみました。

 

スポンサーリンク

新型コロナウイルスはペットに感染するの?

日本獣医師会では、ペットへの感染は今のところ報告されていないと発表していますが、一方で新型のウイルスに関しては変異の可能性があるため、今後も絶対に感染しないとは言いきれないとも書かれています。

とても曖昧な表現に聞こえてしまいますが、これは今回のコロナウイルスが新型であるために今の段階では誰にもまだわからないというのが実際のところのようです。

なお、香港では2月28日、コロナウイルスに感染した患者さんが飼っていたペットから、弱い陽性反応が出たというニュースがありましたが、これも患者さんから感染したのかどうかはまだ分からない状態との事でした。

旦那
旦那

なんかハッキリしないなぁ

もっとこう、安心できる情報ってないのかな?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ペットを飼っている人は心配ですよね。

ただ、お医者さんも今までにないウイルスだから

これ以上の事が今は言い切れないんですよ。

まめこ
まめこ

香港のニュースも心配ですよね。

でも、ほんとに感染しないって言いきれるのかな?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

気になるよね。

じゃあそれを簡単に解説してみましょう。

何故感染しないと言えるのか

まず、コロナウイルスという名前がつくウイルスは実は沢山あるのです。犬にも猫にも鳥にもネズミにも、それぞれの種類にだけ感染するようなコロナウイルスが沢山あります。
しかしそれらはいくつかのグループに分類が分かれていて、違うグループのウイルスが感染することはあまり考えられないといいます。

しかしその中でごく一部のコロナウイルスが動物から人へ、人から動物へという感染を起こす事がわかっており、今回の新型ウイルスも中国・武漢市の海鮮市場(マーケット)で販売されていたコウモリなどの野生動物から人へ感染したものではないか、と言われています。

これまでの他のコロナウイルスの状況などから考えた時に、例えばコウモリ→人→犬 といったような感染が見られたことはありません。
そのため、現時点では人からペットへの感染の危険は少ないものと考えられています。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ちなみに、犬や猫のコロナはアルファグループ、人はベータグループで違うグループのウイルスなんです。

まめこ
まめこ

なるほど。

だから犬や猫にうつる心配は

少ないんですね。

旦那
旦那

他の小動物とかも大丈夫なのかな?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そのあたりも含めて順番にみていきましょうか。

犬を飼っている人の注意点

犬を飼っている人の場合基本的に毎日お散歩をするため、そこが一番の心配点になるのではないかと思います。
犬にマスクをするわけにもいかないし、犬にうがいをさせるわけにもいかないからかなり心配ですよね。

まず、今回の新型ウイルスは飛沫感染と接触感染が確認されていますが、空気感染は今のところ考えられません。
エアロゾル感染の可能性がある、といったニュースもありましたが、エアロゾル感染というのは空気感染ではありませんので、それも特に心配はしなくていいでしょう。

分かりにくいと思いますので、少し話がズレますが、それぞれの感染経路についてここで簡単に違いを説明しましょう。

それぞれの感染の違い

  • 飛沫感染
    すでに感染している患者さんのくしゃみ等を吸い込んでしまった場合に、唾液などからウイルスが感染すること
  • 接触感染
    患者さんの体液などに直接ふれたり、不特定多数の方が触るドアノブや電車のつり革などからウイルスが感染すること
  • エアロゾル感染
    せまい空間の中で患者さんが吐いたつばなどがあった場合に水分と一緒にウイルスが飛散し、他の人に感染する
  • 空気感染
    ウイルスが直接空間を飛散して感染する
まめこ
まめこ

たまーに、道路とかに痰をはく

おじいちゃんとかいるよね。

あれのことか。
でも、狭い空間とかでそんな事する人いる?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

まず、日本ではありえないですよね。

なので日本ではあまり気にしなくていいといわれています。

旦那
旦那

ゴホッゴホッ

…カーッぺッ!

まめこ
まめこ

ここにおったー!

もう! 家の中でも禁止ね!

旦那
旦那

ごめんなさい。

では、ワンちゃんの場合何に気を付ければよいでしょうか?注意点を書いてみましょう。

  • 散歩時拾い食いをしないよう注意する
  • 草むらなどは避ける(唾を吐く人などがいる可能性がある為)
  • 帰宅後被毛や洋服、足を清潔にする
  • 現状ではコロナウイルスの感染は基本的に心配しなくていい
まめこ
まめこ

散歩の時はできるだけ犬から目を離さないように

帰ったら清潔に、これが基本ですね。

猫を飼っている人の注意点

猫の場合は犬のように散歩をする人はごくわずかだと思いますが、一番心配なのは脱走ですね。まず、状況が落ち着くまでの間は脱走しないよう特に注意が必要です。

脱走してしまえば外で猫が何を食べるか何に触るか当然わからないですから、猫の安全や衛生のためにも脱走させないよう気を付けましょう

猫が外に出る事はコロナ以外の別の病気を貰ってきたり、去勢前だと望まない妊娠、交通事故など、たくさんのリスクが伴います。
これまでは猫が外に出ても気にしなかった人も当面は脱出防止策を考えてみるいい機会かもしれませんね。
猫ちゃんを外に出すリスクについては、こちらの記事も参考にしてみて下さいね。

猫にケージは必要か?!その必要性やメリットに迫る!

猫の場合の注意点もまとめてみましょう。

  • 家から脱走すると外での状況が不明になるため脱走要注意
  • キッチンなどのつまみ食いに要注意(別の感染症がうつるリスクが発生)
  • 犬同様、コロナウイルスの感染はあまり心配ない

猫ちゃんの場合にもコロナウイルスの感染はあまり心配は必要ありませんが、外に行かれてしまうと外で何を食べたりするかわからないため、そこが最大のポイントですね。あと、人間が食べるものを先に猫につまみ食いされるなど、食品が一緒にならないよう気を付けましょう。

その他小動物を飼っている人の注意点

ペットを飼っている人といっても犬や猫以外のペットを飼っている方も多いですよね。ウサギや鳥、ハムスターなどなど、いろんなペットを飼っている方がいます。そういった方は何に気を付ければいいでしょうか?

まず、外をお散歩するような種類の動物の場合は犬のお散歩と同じ。それ以外の動物に関しては基本的にケージの中で室内飼いをしている限り外からウイルスを貰ってくる心配はありませんので、現状はそこまで大きく心配する必要はないでしょう。

コロナウイルスについては例えば、げっ歯類でもウサギの場合はガンマグループといって、人間とは別のコロナのグループになるので心配はありませんが、ハムスターなど、ネズミの場合は人間と同じベータグループになるため、飼い主さんが感染した場合には感染の危険がある事は覚えておきましょう。とはいえこれもまだ確認された事例はありませんので、餌の口移しといった危険な行為をしない限り心配はありません。

ただ、動物と人が共通して感染する可能性のある病気はコロナウイルスだけではありませんので、従来からの注意点をしっかりを守り、基本的な生活を心がける事が大事です。

 

ペットから感染はあり得る?

新型コロナウイルスに関しては、ペットから人への感染も今は確認されたケースがありませんので、心配はしなくてよいでしょう。
どちらかと言えば飼い主さんが感染してしまった場合の事を心配した方がよさそうです。

コロナ以外でペットからうつる病気

新型コロナウイルスの感染は確認されていませんが、元々動物から人へ感染する病気はいくつか確認されていますので、注意が必要です。これらの病気の事を人畜共通感染症といい、日本国内だけでも50種類以上の感染症が確認されているそうです。その中でも代表的なものをいくつか紹介してみましょう。

犬や猫から感染する病気

狂犬病
言わずと知れた有名な怖い病気ですね。狂犬病のウイルスを保有する犬や猫、コウモリなどに噛まれると発症しますが、発症した場合の致死率がほぼ100%という恐ろしい病気です。

犬・猫回虫症
犬や猫の口の中にある細菌が原因のため、かまれたり引っかかれることで感染します。人に感染すると傷口が腫れるほか、気管支炎や肺炎といった症状を引き起こしてしまう事があります。

パスツレラ症
これも犬や猫の口の中にいる細菌が原因となるため、引っかかれたり噛まれることで感染します。人に感染すると傷口が腫れるほか、気管支炎や肺炎といった症状を引き起こします。

トキソプラズマ症
主に猫からの感染症です。うんちなどに病原体が出てくる病気ですが、これが間違って人の口の中に入ってしまうと感染します。ほとんどは無症状でおわりますが、稀に目や脳の炎症を起こしたり、妊婦さんが感染した場合は赤ちゃんの先天性疾患の原因にもなります

Q熱
犬や猫などのうんちやおしっこ、羊水に病原体があるためご家庭でペットの出産をさせる時に感染してしまう危険があります。感染した人の約半分が発症すると言われています。症状はインフルエンザのような症状が主ですが、重症例の場合には肺炎や肝炎、心臓疾患に至るケースもあるようです

まめこ
まめこ

身近なペットだけに、

犬や猫からうつる感染症も沢山あるのね

旦那
旦那

意外といろんな病気があるもんなんだなぁ

鳥から感染する病気

オウム病
病原体は鳥のうんちなどにいるため、乾燥した糞が空気中に飛散し、それを吸い込むと感染します。感染するとインフルエンザに似たような症状が出たり、重症化した場合には死亡する事もあります

高病原性鳥インフルエンザ
ほとんどの鳥の糞便に病原体がいるため、人が吸い込むと稀に発症するインフルエンザです。

旦那
旦那

げ、鳥インフルエンザって

てっきりニワトリからしか出ないんだと思ってた…

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

鳥インフルエンザの病原体は、

実はほとんどの鳥がもってるんですよ。

まめこ
まめこ

これは意外と知らない人が多いかもね

げっ歯類から感染する病気

ペスト
ペストに感染している動物の血を吸ったノミが人を刺す事で感染します。動物はペストに感染していても何の症状もありませんが、人間がペストにかかると急激な発熱や敗血症などを起こし、死んでしまう大変恐ろしい病気です。

旦那
旦那

ペストって中世ヨーロッパで大流行した奴だよね。

今も存在するの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

日本では1926年から発見されていないんだけど、
今でも海外では流行している病気なんだよ。

まめこ
まめこ

1926年ってなに時代?

先生、わかりにくいよ

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

昭和元年だね。

だからもう日本では100年近く発生してない。

ただいまは輸入動物も多いから

気を付けるに越したことはないね。

まめこ
まめこ

なるほど!

ペットからうつる感染症の予防法

ペットからうつる病気を予防するために大事な注意点を見ていきましょう。みなさんのご家庭ではこれらの注意は出来ていますか?是非チェックしてみてくださいね。

過剰な接触を避ける

可愛いからと言って犬や猫などのペットに口移しでおやつを与えたり、顔を舐めさせたりしていませんか?感染症を貰ってしまう大きな原因になりますので、これはNGです。ペットと遊んだ後にはしっかりと手洗いをする事もわすれないようにしましょう。

ペットと同じ布団で眠ると言った事も避けた方が良いでしょう。冬の寒い時期になると、ついつい温かさを求めてペットを布団に入れてしまったりしていませんか?特に犬の場合にはしつけの上でもあまり好ましい事ではありませんので気を付けましょう。

まめこ
まめこ

ちょっと?

さっき布団に何かいれなかった?

旦那
旦那

あ、いやその…

ごめんなさい。

まめこ
まめこ

あれほど犬と一緒に寝ちゃダメって言ってるのに。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ごめんなさい、あったかくてついケージで寝てしまって

まめこ
まめこ

先生も何やってんですか!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

だって寂しいんだも~ん。

予防接種をする

動物からうつる病気で一番恐ろしいのは狂犬病。これは一旦発生してしまうと他の犬や人などにも感染を起こしてしまう危険があり、大変な事になってしまいます。
日本では50年以上発見されていないために、実際に狂犬病になったとしてもお医者さんもそれとわからない可能性があり、治療も困難なうえ、発症すれば致死率100%とも言われています。

そのため、狂犬病の予防接種は法律で定められているのです。それ以外の病気についても大事なペットと飼い主の健康を守るため、必要な予防接種は忘れずきちんと受けるようにしましょう。

ケージのお掃除はマスクを着用

鳥やげっ歯類の動物などの場合、糞便が病気の温床になる事が多いため、ケージは清潔に保ち、掃除をする時には糞便を吸い込まないよう、マスクをつけた方がいいですね。掃除のあとのうがいも忘れずにしましょう。

安易に野生動物を飼わない

よくありがちなのが、野生の鳥のヒナなどを拾ってきたり、野良犬や野良猫を拾ってくる事。しかしこれらは大変にハイリスクです。野生化している動物はどんな病原菌を持っているかも不明なうえ、しつけもされていませんから引っかかれたり噛みつかれて病気になる事もあり得ます。

そのため安易に野生動物を飼わないようにしましょう。特に野鳥に関しては保護目的であっても個人が自由に飼ってはいけない事になっています。見つけたり保護した場合には自治体や保健所に処遇の相談をしましょう。

 

ペットの予防対策は?

新型コロナウイルス以外の感染症のお話をしましたが、新型ウイルスのお話にもどしましょう。

現時点では感染は心配ないと言われているペットへの感染ですが、それでもわからないと言われている以上、当然予防対策も考えなければならないですよね。具体的にはどんな予防対策をすればいいでしょうか?現時点で考えられることを見ていきましょう。

ペットのための除菌グッズ

人間の場合には新型ウイルスには手洗い・うがい・咳エチケットが重要と言われていますね。しかしペットにマスクをつけられないしうがいも無理。となるとやってあげられるのは手洗いに該当する事だけになります。

でもアルコール除菌は犬や猫には心配ですよね。そこで、人間にも動物にも使える安心な除菌グッズを紹介しましょう。


カンファペット

カンファペットはアルコールを使わず、人間の除菌にも使われる次亜塩素酸ナトリウムと酸性剤を独自の技術で中和させ、ペットの目や口に入っても安全して使えるよう開発された抗菌剤です。

東京都からも表彰された安心で強い効果のある抗菌剤で、動物病院やペットサロンはもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われているほど信頼の高い抗菌剤です。強力な除菌・除ウイルス効果はもちろん、除菌だけではなく消臭にも高い効果があるので、普段使いの消臭剤としても家庭に一本あると便利ですね。今はドラッグストアでは除菌グッズは入手困難の為、良かったらカンファペットも試してみてください。

お散歩のあとの注意点

犬などのお散歩の後には、必ず四肢や被毛のケアを行いましょう。カンファペット のような安全な除菌剤を被毛にスプレーし、足や肉球などをよく拭いてあげましょう

お出かけ時には出来るだけ洋服を着せるようにし、外からペットの身体に付着するものを出来るだけ防いであげるのも安心ですね。犬のお散歩服についてはこちらのページも是非参考にしてみて下さいね。

似合う?似合わないではない!!犬服を着せる理由について

 

飼い主さんが感染してしまった場合

新型コロナウイルスはすでに外国に行った事がない人にも感染しているため、今はもういつ誰が感染してもおかしくありません

そうなるとペット以上に飼い主さん自身が感染してしまう場合もあり得ますよね。では、飼い主さんが感染してしまった場合にはどのような事に気を付ければよいでしょうか?

ペットはどうすればいい?

厚生労働省のガイドラインでは今のところ軽症の方は自宅療養という方向性が出ていますので、今後新型コロナウイルスに感染したことが判明しても軽症のため在宅療養とされる人も出てくる可能性があります。

その場合にはまずペットと触れ合う時には必ずマスクをする事が必要です。これは飼い主さんからペットへの感染を予防するためです。

預ける際の注意点

では、飼い主さんが入院しなければいけなくなった場合はどうでしょうか。この場合絶対に避けなければならないことは、『飼い主さんの住んでいた家でペットを見てもらう事』です。

ペットにしてみれば毎日過ごしている自宅の方が安心できると思うかもしれませんが、例えばお友達に来てもらうとした時に、新型コロナウイルスに感染した飼い主さんの自宅では、お友達まで感染してしまうリスクがあります。

そういた二次感染を広げないためにも、友達の家で預かってもらうか無理な場合にはペットホテルでの預かりをお願いしましょう。その際には、飼い主さんがコロナウイルスに感染してしまった事を事前にきちんと伝え、預かってもらえるかどうかを確認してくださいね。

動物病院への配慮

自分が感染してしまったけれどペットもなんだか元気がないといった場合はどうすればよいでしょうか。

まず、飼い主さんが感染している場合には飼い主さんが直接動物病院にはいかないよう、動物の状況がわかる友人などに行ってもらいましょう。大切なペットの事ですから自分が行けないのは心配かもしれません。

しかし、感染してしまった状況では一番大切なことは、まずは他の人に感染を広げない事です。そのためにも今の段階でいざとなった時に代わりに動物病院に行ってくれたり、ペットを預かってもらえる人を確認しておいた方がいいかもしれませんね。

まめこ
まめこ

ペットを飼っている人同士で、

いざという時に助け合える約束をしておくのもいいかもしれないね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そういうつながりは、

いざという時のために作っておけば今後も安心ですね。

 

今更聞きにくい、新型コロナウイルスって何?

ここまで、ペットと新型コロナウイルスについて解説してきましたが、では新型コロナウイルスについて、飼い主さんのための基本情報を簡単にまとめてみましょう。

なんだか怖いウイルスがあるらしい、といったような曖昧な方もまだまだ多いのではないでしょうか?

なぜ新型なのか

今回の新型ウイルスは正式名称を『COVID19(コビッドナインティーン)』と言います。実はコロナウイルス自体はこれまでにもたくさんの種類のウイルスが存在していて、人間に感染するコロナウイルスもこれまでにも6種類が確認されていました

今回発見されたCOVID19は6種類のどれにも当てはまらない、人に感染するウイルスとしては全く新しいものであることがわかったために、『新型コロナウイルス』と言われています。

コロナウイルスとはそもそも何?

コロナウイルスの仲間はとてもたくさんあり、これまでに分かっている中でも動物のコロナウイルスで200種類以上が存在すると言われています。

人間に感染するのは既存の6種類と今回の新型ウイルス、全部で7種類ですがそのうちの4種類は実は『風邪』の事で、一般的な風邪症候群の中の約1割程度がコロナウイルス感染症と言われています。

残りの2種類がSARSとMARSで、この2種類は致死率も高く怖い感染症とされています。新型コロナウイルスCOVID19は、今のところ致死率が約2%と言われていて、致死率はそう高くないのですが感染の速度が速い事からこれからも世界中で一気に感染が広がる事が心配されています。

また、新しく見つかったウイルスのため治療法やワクチンなどがありません。治療法がないと聞いてしまうととても怖いように感じますが、普通の風邪も治療法やワクチンがありませんので、それと同じで対処療法で治療していく、という事です。

旦那
旦那

え?

風邪には風邪薬ってあるじゃない?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

一般的に『風邪薬』と呼ばれているのは、風邪の症状を抑える事で休息をとりやすくしている事が目的で、風邪そのものを治療する薬ではないんだよ

まめこ
まめこ

そうなんだ!

じゃあ治療法がないって恐れる事はないのね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

だいたい8割程度は軽症で終わるといわれているので、極度に安心してもいけないけれど、過剰に恐れる必要もないと思っていいんだよ。

まめこ
まめこ

CIVID19の対処療法ってなにするんですか?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

軽症なら、休んで飯食って寝る!

まめこ
まめこ

え⁉ それだけなの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

栄養と睡眠をしっかりとって

体力を回復させていくことが最大の治療なんだよ。

あくまでも軽症の場合、ね。

重症の場合は保健所に相談しましょう。

 

コロナウイルスを正しく予防しよう

新型コロナウイルスの予防法は、基本的には風邪やインフルエンザと共通しています。今できる最大の予防は、うがい・手洗い・咳エチケットの3つ

インターネットやTVなどで必要以上に不安をあおるようなニュースが沢山流れますが、デマに振り回される事なく、まずは落ち着いて確かな情報かどうかを確認して基本的な予防法をしっかり行いましょう。

まめこ
まめこ

27度以上のお湯を飲めば予防になるって聞いたけど、あれはホント?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

全くのデマですね。

そもそも27度でウイルスが死ぬなら人間の体温で死ぬから病気にならないでしょ?

旦那
旦那

そりゃそうだ!

うーん、会社でも回って来たけど気を付けなきゃいけないね。

まめこ
まめこ

怖そうな情報ほど

よくよく確認してから、だね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

特にSNSやインターネットは

嘘の情報も多いので、騙されないように気を付けましょう

正しい手洗い方法

手洗いって、出来ているようで出来ていない人が多いんですよね。では、正しい手洗い方法を動画で見ていきましょう。

  • 手のひらをこする
  • 手の甲を洗い、指の側面や指の間も洗う
  • 親指と手のひらをねじり洗い
  • 手首を洗う

ここまでが正しい手洗いです。一口に手洗いといっても意外ときちんと出来ていない人が多いのではないでしょうか。手洗いをきちんと行う事で、コロナウイルスをしっかりと除去することが出来ますし、インフルエンザや風邪も予防することが出来ますので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみて下さいね。

正しいうがい方法

では、うがい方法も見てみましょう。うがいは特にうがい薬を使う必要はありません。真水でうがいすればOK。歯にしみる人などはお湯を使っても大丈夫ですよ。

  • ぶくぶくうがいを2回
  • ガラガラうがいを2回(1回につき約10秒)

これをきちんと行えば、歯磨きが出来ない時でも食べ物の残りを除去する事も出来るので、虫歯予防にもなりますね。

正しいマスクの装着方法

マスクの装着方法も正しくしないと効果が発揮できません。皆さんは正しいマスクの装着方法が出来ていますか? これも動画で見てみましょう。

  • 表裏を確認
  • ワイヤーを上にして顔にフィットさせる
  • 顎までしっかり覆う

よく、眼鏡の方がマスクをつけると曇るということで、マスクの上側を折る裏ワザを試すことがありますが、あれは実はNG。マスクはしっかりを顔にフィットさせると眼鏡が曇る事はありません。曇るということはマスクが顔にフィットしていないということなのです。

それでもどうしても曇る場合には、マスクの上側の部分にティッシュペーパーを挟んだり鼻の部分だけ両面テープを貼ると良いようですよ。試してみて下さいね。

手作りマスクには効果がある?

今、マスクが品薄ということで手作りのマスクに挑戦する方もとても多いですよね。キッチンペーパーや不織布、ガーゼなどを使った作り方が色々紹介されていますが、それらのマスクは実際にマスクとしては有効なのでしょうか?

マスクの機能という事も考えた時に実際にはマスクとして意味がない場合もあるようです。手作りのマスクにチャレンジする方は、まずはこの動画を見て、本当に有効なマスクが作れるかどうかを確認してみてくださいね。

 

まとめ

  • 現状、人からペットへの感染は確認されていないが絶対とは言えない
  • ペットから人へ感染する病気は沢山あるので注意が必要
  • 飼い主が感染した場合にはペットは自宅の外で預かってもらう
  • 散歩後は感染症予防のため足や被毛、洋服の清掃を忘れずに
  • 新型コロナウイルスについて正しい知識を確認しよう

長い記事になってしまいましたが、主にペットと飼い主さんの感染予防についてのお話をしてみました。新型コロナウイルスに限らず、ペットと人の間で起こる感染症は沢山あるので、これを機会に正しい感染症予防を心がけたいですね。

大事なペットちゃんの安心と飼い主さんの健康のため、基本的な知識を抑え、楽しく過ごしましょう。最後までお読みいただいてありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント