シーズーの洋服事情を徹底調査!選び方やオシャレ服も大公開!

シーズー
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ふわふわのぬいぐるみのような被毛に鼻ぺちゃで親しみやすいお顔。少し胴長の体型、クルンと上にあげてヒラヒラさせてる長い尻尾。永遠のパピーフェイスはお洋服を着せたら本当にお人形さんみたい。でもを着せるのは可愛いからだけじゃないんです。

シーズーは寒い国原産だからダブルコートで寒さには強いはずなのに冬服を着せる?暑さに弱く熱中症にかかり易い夏にはどんな服を着せればいい?服を着せる時には何に気をつければいいの?様々なシーンで活躍できる洋服事情を紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

シーズーに服を着せる理由

服を着せると可愛いからというのはもちろんですね。あとは寒さ対策。シーズーは寒さに強いと思われがちです。でも現在は空調の効いた室内で暮らしているますし、ペット用に繁殖されてきているのでご先祖のように寒さに強くありません。寒さに弱い子が増えています。その為、お外に出る時などに服を着せます。

そして暑さ対策。熱が逃げにくい被毛な上に、鼻ぺちゃ犬は暑い空気が直接入ってしまう事、呼吸が浅い事などから口を開けて体温調節をするのが苦手です。そのため涼しくできる服を着せます。

もう一つは保護の為。お散歩の時に害虫や汚れが付くのを防ぐ、長く伸ばした被毛を保護する、手術後の傷や皮膚炎の患部の保護などのために服を着せます。

では用途別にオススメの服はどのようなものがあるか見ていきましょう。

シーズーにオススメのオシャレ服

シーズーはオシャレしがいのある犬種ですよね。顔が可愛いらしいのでふんわりヒラヒラのレース系もよく似合います。男の子ならトラディショナルなシャツを着ると気品ある少年になります。がっしりしていてちょっと足が短めで湾曲しがちなので、個人的には袖なしの方が似合うような気がします。

シーズーは帽子もとっても似合います。大きめの髪飾りやヘアバンドをつけると今にも言葉を話しだしそうなくらい人間っぽいですよ。今まででシーズーが着けていてすごく可愛いと思ったのはキャップです。お洋服に合わせて髪飾りや帽子でオシャレしたら注目度が断然上がりますよ。

シーズーにオススメの夏服

近頃では夏の気温がどんどん上がっています。お散歩は朝や夕方に行かれると思いますが、日が沈んでも気温が高いですよね。そこで暑がり屋さんのシーズーにぴったりの夏服が色々あります。

  • メッシュ素材をたくさん使用して通気性がよくて涼しい服。
  • 濡らしてから着せると気化熱で涼しい服。
  • 接触冷感素材で涼しい服。
  • ポケット付きで保冷剤を入れられて涼しい服。

その上に虫除け効果のあるものも出ています。デザインも豊富にありますので似合う服を選べていいですね。

まめこ
まめこ

本当に年々暑くなってるように感じるわ。

地面に近い所を歩くワンちゃんたちは人間よりもっと暑いはずよね。

熱中症対策は万全にしてあげないとね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

動物病院やメディアで暑い時間帯の散歩の危険さをお話ししているんですけど・・・暑いのに散歩している方をまだ見かけますね。

足の裏を火傷してしまうこともありますからね。注意しましょう。

旅行などでどうしても熱いアスファルトに降ろさないといけない時などは、犬用の靴を履かせるのもやけど防止に効果的ですよ。

シーズーにオススメの冬服

見た目には暖かそうなシーズーも冬にお外にでる時はやっぱり寒いです。そしてシーズーの毛はもつれやすいので短くカットしている子をよく見ます。寒がりな上にカットすると寒さも感じやすくなります。

お散歩の時などは防寒のために服を着せてあげましょう。防寒用の服もどんどん新しくオシャレなものが増えていますから飼い主さんの好みやお住いの地域の気温に合ったものを選ぶと良いと思います。

  • 服の内側が起毛やボアになっていて暖かい服。
  • 中綿キルティングや羽毛が入ったダウンベスト風で暖かい服。
  • つなぎのように足の方まで長めにカバーできる暖かい服。
  • 回りがタートルネックになっていて暖かい服。
  • 革ジャン風の素材で風を通さないので暖かい服。

どれもお散歩で外出する時に着せる為のものが主流です。シニアになってお家でも寒がる時は薄めのニットなどを着せて方が圧迫感がなくて良いかもしれません。

シーズーにオススメの保護服

一番よく使われる保護用の服といえばレインコートでしょうか。雨降りの日のお散歩で被毛が濡れて汚れるのを防ぐ大事なアイテムです。マントのような形のものやオーバーオイルのような形のものなどありますがシーズーは被毛が汚れやすいので足までカバーできるオーバーオールタイプがオススメです。

被毛を長く伸ばしている子は、お散歩の時に被毛が擦り切れたり汚れたりしないように服を着せることがあります。被毛が長めの子は静電気が起きないように、静電気防止加工がされているものか、素材が化繊ではなく100%自然素材のものをオススメします。

外出する時に害虫から守るための服もあります。蚊は夏だけのもののように思われがちですが、平均気温が上がってきているので蚊もマダニも春から秋まで注意が必要です。草が生えているところに行くようなら防虫用の服は着せてあげた方が安心ですね。

少し特殊ですが手術後の傷舐め防止や傷口の保護のために着る服があります。エリザベスカラーだと動きにくくご飯も食べにくい上に、カラーがあちこちぶつかったりしますが保護服でしたら普段通りに生活できます。

シーズーは脂漏性皮膚炎や皮膚アレルギーの症状が出る子が少なくありません。皮膚アレルギーの子は痒くて痒くて熟睡することも出来ないですし血が出るまで掻いてしまいます。見ていて本当に辛くなります。

皮膚を掻いてしまったらそこから細菌に感染して余計に悪化してしまいます。自分で掻いて傷をつけることを防いで出来るだけ早く皮膚の状態を改善できるように、皮膚を保護する為の服も出てきています。

シーズーに服を着せる時の注意

装飾品の誤飲

可愛い洋服にはボタンやレースなど装飾品が付いている事がありますよね。知らない間に噛んで飲み込んだりしたら大変です。服についている装飾品は取れかけていないか、レースや紐が噛みやすいところに来ていないか。飼い主さんが十分注意する必要があります。

服を着るのを嫌がる

初めて服を着せる子や服嫌いの子の場合は無理に着せ続けるのではなく、少しづつ慣らしていくようにしましょう。服を噛んでしまう子は服を着せられる時に嫌な体勢か痛い事がある、服を着たら嫌な所へ連れて行かれたというような事があったのではないでしょうか。

その場合は服をお部屋に出して服の上におやつを置いて食べたら喜んで褒めるなどして、服が悪いものではないと認識させる事が大切です。服を攻撃しなくなったら首だけ通してみておやつをあげる、次に足を通してみる。決して焦らない事です。そして出来るだけ着せやすい服を選びましょう。

服を着たら固まってしまう子の場合は服を着せてすぐにお散歩に行くなどの行動を起こさずに、自分の臭いがついた寝床やソファーなどで落ち着くまで待ってあげましょう。初めは袖なしの柔らかい服が抵抗がなくていいと思います。

服のサイズ

サイズのあった服を選ぶ事です。ピチピチでは窮屈で動きずらいです。大きすぎても足が抜けてしまったり服を踏んだりして危険です。サイズを測るのは大きく3箇所です。

首回り=首の根元の一番太い部分、胴回り=前足の少し後ろ側で胸の一番太い部分、着丈=首の付け根から尻尾の付け根まで

です。シーズーは個体によって体型の差が大きい犬種ですので必ずサイズを測ってから買うようにしましょう。タグの適用犬種にシーズーと書かれていても合わないものもしばしばあります。

シーズーは少し胴長なのでミニチュアダックス用のものがぴったりな時もあります。袖付きの服の場合、胴回り着丈がちょうど良くてもお袖が余ってしまう事がありますので、試着できるお店であれば試着させてもらいましょう。

服を脱がせた後に

出来るだけ室内では空調で気温を調節して服を着せなくても快適に過ごせるようにしてあげましょう。冬の室内は18度〜22度くらいにしておけば服は必要ありません。夏は25度前後でクールマットがあれば快適でしょう。

シーズーの被毛は柔らかく大変毛玉が出来やすいです。長時間服を着ていると毛玉だらけになってしまいます。特に服が擦れる尻尾から少し前の辺りと脇の辺りは毛玉が出来ています。服を脱がせた後はブラッシングをして毛玉はしっかり取り除いておきましょう。

 

まとめ

  • シーズーに服を着せる理由はオシャレや暑さ対策、防寒、傷や皮膚の保護のため。
  • シーズーに服を着せる時に注意する事は装飾品などの誤飲無理に着せない体型にあったものを選ぶ脱がせた後はブラッシングをする。

犬の服も用途やデザインがとても豊富になっています。実用性重視のものからコスプレ衣装まで選ぶのが大変です。お値段も驚くほど高いものからお手軽に購入できるものまであります。服を選ぶときは服を着せる目的、季節、着心地、サイズ、予算を考えて絞って行けばぴったりのものに出会えるのではないかと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。大切なワンちゃんのお洋服選びの参考にして頂ければ嬉しいです。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント