柴犬のかかりやすい病気は?これを覚えておけば安心まとめ!

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



凛々しい立ち姿をしていると思いきや、くりくりの目で愛くるしい表情を見せてくれる柴犬。そんな柴犬と一緒に生活する上で、心配なのは病気です。

愛犬が病気になってしまうなんて考えたくないけれど、いざという時に慌てないために、日頃から知識を蓄えておきたいものです。今回は、柴犬がどんな病気にかかりやすいのか、どんな予防法や治療法があるのかなどについてまとめました。

 

スポンサーリンク

柴犬がかかりやすい病気

柴犬は、ほかの犬に比べて、体が丈夫だと言われています。けれども、どんなに丈夫な人も病気をするのと同じように、まったく体調を壊さない柴犬はいません。

しかも、柴犬は我慢強い性格のため、体調が悪くても、発見が遅れてしまうこともあるようです。普段から愛犬の様子をしっかりとチェックすることが早期発見に繋がります。

こちらでは、柴犬がかかりやすい病気をいくつかご紹介します。少しでも当てはまるものがあったら、早めに動物病院へ連れて行きましょう。

アトピー性皮膚炎

犬にもアトピー性皮膚炎があります。特に、マズル、目の周り、足の付け根、足首、指の間、お腹、肛門の周辺によく発症します。愛犬がいつもよりも体がかゆそうにしていたら、要注意です。

 

症状:しきりに体を引っ掻いたり顔を擦ったりする、皮膚が赤くなる

原因:花粉、カビ、ハウスダスト、ダニ、食物などのアレルゲン

予防法または治療法:アレルゲンを部屋から追い出すためにこまめに掃除する、体を清潔にする

食餌アレルギー

また、犬にも食べ物のアレルギーがある子がいます。症状が出たら、動物病院で診察を受けて、食事に関する指示をもらいましょう。

 

症状:体をかゆがる、顔が腫れる、下痢

原因:ドッグフードに入っているアレルギー物質

予防法または治療法:動物病院で診察を受けて、原因になっているドッグフードを変える

甲状腺機能低下症

甲状腺の機能が悪くなり、ホルモン分泌に異常をきたす病気です。

 

症状:食欲がないのに体重が増える、皮膚病になる、寒さに弱くなる、動きが緩慢になる

原因:甲状腺の機能の低下

予防法または治療法:甲状腺ホルモン製剤を使った治療をする

僧帽弁閉鎖不全

こちらの心臓の病気は、老犬に見られるものです。7歳を過ぎたあたりから発症しやすくなりますが、初期症状が見られないので、進行してからでないと気が付きにくい場合があります。

残念ながら、今のところ完治する病気ではありませんが、早期発見・早期治療できれば、進行を遅らせることが可能です。

 

症状:息切れ、呼吸困難、咳

原因:心臓の中の弁の変形や、つなぎの部分が切れることにより、血液の逆流を防ぎきれなくなり、血液を全身に十分に送れなくなる

予防法または治療法:動物病院で定期検診を受ける、薬の投与、運動を控える

乳び胸(にゅうびきょう)

リンパ液の一種である「乳び」が胸の中に溜まり、肺を正常に膨らますことができなくなってしまう病気です。特発性の原因不明のものが多いとされています。

 

症状:食欲不振、呼吸困難、咳

原因:腫瘍、心臓病、外傷、奇形 ※多くの場合が原因不明

予防法または治療法:薬の投与、胸に溜まっている水を抜き取る、手術

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

膝蓋骨という膝のお皿が、外れたりずれたりする病気です。発見が遅れると、足の形が歪んでしまうこともあります。できるだけ足に負担をかけずに過ごし、異常がないかを常に観察して、早期発見に繋げましょう。

 

症状:足を引きずる、スキップのように歩く、1本の足を上げて3本の足で歩く、内股で歩く

原因:打撲や転落などで強い衝撃がかかる、先天的に形成異常の場合もある

予防法または治療法:室内では床にカーペットなどを敷いて滑りにくくする、ジャンプや階段の移動をさせすぎない、太らない、動物病院で診察を受ける

股関節形成不全

股関節に変形や緩みが生じる病気です。痛みを感じるため、自分の体重を支え切れずに、歩くことが難しくなります。愛犬の動きに異常はないかをチェックしておきましょう。

 

症状:立つ・座る・歩く・走るなどの動きが正常でない

原因:ほとんどの場合が遺伝

予防法または治療法:手術、薬の投与、運動を控えめにする

白内障

犬も白内障にかかります。人間と同じで、その患者の多くは老犬です。今のところ完治する病気ではありませんが、早期発見・早期治療により、進行を遅らせることはできます。

 

症状:黒目の部分が白く濁る、症状が進むにつれ見えにくくなっていく

予防法と治療法:薬の投与

角膜炎

愛犬が目に入ったほこりやまつげなどを取ろうとして、目をこするときがあります。そんな時に運悪く、角膜に傷がついてしまうと、角膜炎を引き起こしてしまうことがあります。

 

症状:目やにが溜まる、目が充血している、涙が止まらない、目をこする

原因:角膜に傷が付いている、そこに雑菌が入り炎症を起こす

予防法と治療法:薬の投与、手術

外耳炎

愛犬の健康のために耳掃除をすることもありますね。けれども、その耳掃除で誤って耳の中を傷つけてしまうと、外耳炎を引き起こしてしまいます。耳掃除は細心の注意を払って行いましょう。

 

症状:耳の皮膚がただれている、耳垢が黒っぽい、耳垢が溜まりやすい、耳の後ろをかゆがる

原因:耳掃除で傷が付いている、汚れ、耳ダニ

予防法または治療法:こまめに耳掃除をして乾燥させる

タマネギ中毒

よく耳にするかと思いますが、犬には絶対にネギ類を食べさせてはいけません。中毒症状を起こし、最悪の場合は死に至ります。室内飼いの場合は特に、愛犬がうっかりネギ類を口にしないよう気を付けましょう。

 

症状:ぐったりしている、歯茎・舌が白っぽい、下痢、嘔吐、血色素尿(おしっこの色が赤くなる)、呼吸促拍(こきゅうそくはく:呼吸が異常に深くなったり呼吸の頻度が多くなる事)

原因:ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクなどのネギ類を食べる

予防法と治療法:愛犬の手の届くところにネギ類を置かない、早急に病院へ!

突発性前庭疾患

老犬が発症することが多い病気です。平衡感覚が失われ、体のバランスが保てなくなってしまいます。一過性であるものが多いのですが、まれに再発を起こすこともあります。

 

症状:斜頸、めまい、眼振、食欲不振、嘔吐

原因:原因不明

予防法と治療法:動物病院で診察を受ける

認知症

犬にも認知症があり、柴犬はかかりやすいとされています。普段から、遊んだりスキンシップをとったりと、刺激を適度に与えることが大切です。

 

症状:トイレを失敗しがちになる、生活が夜型になる、グルグルと同じ場所を行ったり来たりする、狭いところから出られなくなる、食欲不振または旺盛、無駄吠えをする

予防法または治療法:おもちゃで遊んで脳を活性化させる、散歩をして刺激を適度に与える、マッサージなどのスキンシップ、EPAやDHAの含まれたドッグフードや犬用のサプリメントを与える

 

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

人間と同じ病気もあるんだよ。

まめこ
まめこ

人間でも辛いのに、

犬は辛さを伝えられないから余計に辛いだろうな。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうだね。だからこそ飼い主が気を付けておかなきゃいけないよ。

まめこ
まめこ

日頃から健康チェックしなきゃだね!

 

健康チェックのポイント

病気を防いだり、早い段階で発見するためには、日頃の健康チェックが大切です。ここでは、柴犬の健康チェックのポイントをご紹介します。

【顔パーツ部分の注意点】

  • 目:充血していないか、まぶたの腫れがないか、目やにが出ていないか、黒目の色は濁っていないか、瞳孔の大きさが左右同じか
  • 耳:ピンと立っているか、中が赤くなっていないか、痛がらないか、かさぶた・湿疹・耳垢・異臭はないか
  • 鼻:適度に湿っているか、触っても嫌がらないか、腫れ物はないか、鼻水がでていないか
  • 口:歯茎の色はピンク色か、口臭がないか、歯石や歯垢がついていないか、口の中が熱かったり腫れがあったりしないか、歯が欠けていないか

【胴体パーツ部分の注意点】

  • 胸とお腹:脇の下やおなかが腫れていないか、しこりがないか、痛がる部分がないか、乳や周辺が腫れていないか、皮膚に湿疹や赤みがないか
  • 背中:痛がる部分がないか、骨が歪んでいるところはないか、湿疹や赤みがないか
  • 毛:パサついていないか、脱毛が気になるところはないか
  • しっぽ:垂れ下がっていないか
  • 肛門や陰部のまわり:炎症・汚れ・分泌物・腫れがないか

【食事・排泄の注意点】

  • 食欲:食欲が落ちていないか、過剰に食べ過ぎないか
  • 便:普段と色が違わないか、硬さは正常か、血が混ざっていないか
  • 尿:色が濃くないか、血が混ざっていないか、濁っていないか

 

旦那
旦那

柴犬は我慢して痛みを隠してしまうことがあるから

特に要注意だよ!

まめこ
まめこ

なんて健気なの・・・。

旦那
旦那

感動してないでしっかり実践してね!

まめこ
まめこ

もちろん!スキンシップにもなって、ますます愛犬との仲が深まるね。

 

まとめ

  • 柴犬がかかりやすい病気はたくさんある
  • 普段の生活の中で気を付けることで予防につなげよう
  • 日頃から健康チェックを行おう

 

比較的、体が丈夫で長生きしやすい柴犬ですが、かかりやすい病気はたくさんあります。先天的なものや遺伝的なものはありますが、その多くが普段の生活の中で意識することで、予防につながるものもあります。

 

また、日頃から愛犬の健康チェックを行うことで、早期発見・早期治療に繋がります。少しでも健康寿命を延ばすことができるよう、飼い主として責任を持って愛犬と触れ合いましょう。そのことで、愛犬との絆もより深まり、より豊かなペットライフを送ることができるでしょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント