スコティッシュフォールドのかかりやすい病気を徹底解説‼︎

スコティッシュフォールド
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



みなさんご存知、折れた垂れ耳がなんとも愛くるしいスコティッシュフォールド。しかし、残念なことにスコティッシュフォールドは決して強くない猫種である事を知っていましたか?

スコティッシュフォールドはかかりやすい病気が多いことが特徴です。今現在、どこのペットショップに行っても見ないことはないくらい人気の猫種ですよね。だからこそ、多くの家族がスコティッシュフォールドを迎えるのにあたって知っておいてほしい病気の知識を一挙ご紹介します!

 

スポンサーリンク

骨軟骨異形成症

スコティッシュフォールドといえばコレ!という代表的な病気が骨軟骨異形成症(こつなんこついけいせいしょう)です。遺伝性疾患で、関節軟骨に異常が生じる病気になります。

どんな病気?

関節は、関節軟骨という柔らかく弾力のある組織で覆われています。しかし、骨軟骨異形成症を患ってしまうと、この関節軟骨が成長の段階で異常が生じてしまいます。

そして骨瘤という、その名の通り骨に瘤のようなものができてしまい、関節が腫れて関節の可動域がかなり狭くなってしまうことです。そうなると慢性的な関節炎となり日々の行動に障害が生じてしまいます。

症状

先程も明記した通り、関節に腫れが確認できます。軽度な場合は無症状であることがありますが、重度になると高いところにのぼりたがらなくなったり、あまり歩きたくなくなったりします。また、跛行(はこう)といって足を引きずって歩くような仕草を日常的にするようになる場合があります。

予防・治療

骨軟骨異形成症は遺伝性疾患です。残念ながら確実な予防法はありません。

しかし、愛猫のためにしてあげられることはあります。愛猫の行動範囲内は緩やかなスロープを設置する、キャットタワーを撤去する、キャットウォークをなくすなど足への負担を軽減することができることの一つかと思います。また、ポインターなど激しい遊びは足への負担になるので優しい遊びへとシフトした方が良さそうですね。

あとは愛猫の変化に気づいてあげることが大切です。歩きたがらなくなったりと愛猫からの小さなSOSを見逃さないで下さい。少しでもおかしいなと感じたら動物病院を受診しましょう。

また、確実な治療法はなく、基本的には関節炎の緩和療法が選択される治療法になります。関節炎により痛みが生じている場合は痛み止めの処方などかかりつけの獣医師と相談しましょう。

 

外耳炎

 

スコティッシュフォールドは折れ耳が特徴ですよね。そのため外耳炎にかかりやすいと言われています。

治療

 

治療法は基本的に耳洗浄と点耳になります。スコティッシュフォールドは折れ耳な子がほとんどなので洗浄は少し難しいかもしれません。

しかし、小さい頃から耳を触られることに慣れさせておけば、特別苦労しないで治療ができます。病院でしか治療出来ない子に育ってしまうと、毎日の通院がストレスになってしまいます。

そうなると猫ちゃんにとってもよくないですよね。耳洗浄のやり方をきちんとマスターし、愛猫に最小限のストレスで治療しましょう。

 

腎臓病

腎臓病については、スコティッシュフォールドに限らず猫ちゃん全般にかかりやすい病気として有名です。腎臓病は初期に発見できると、ストレスのかかる通院がぐんと減り、食事療法や内服薬の投与だけで当分暮らせるようになるケースがあります。

予防・対策

予防としては、定期的に健康診断をすることが1番発見に近づく対策です。血液検査を行えば、腎臓がどれほど悪くなっているかをモニターすることができます。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

今や検査技術がさらに向上して腎臓病の早期発見が可能になったんだよ。

まめこ
まめこ

もしかしてSDMAの検査ができるようになったからですか?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

うん。昔は腎臓が75%機能を失うとようやく血液検査のデータとして数値で発見出来たんだ。

まめこ
まめこ

でも今は40%の腎臓へのダメージでも発見できるんですよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そのとおり。だから健康診断は定期的に行なうように心掛けないとね。

SDMAとは…

SDMAは腎機能のバイオマーカーです。腎機能の消失が75%を超えた辺りでようやくクレアチニンという数値が上昇し、腎臓病の発見に繋がります。

それに対してSDMAは25~40%の消失で数値の上昇が確認できます。つまり、慢性腎臓病のステージが比較的軽度な段階で発見し、治療を開始できます。数年前に検査が可能になり、腎臓病の早期発見率はかなり高まっていることが報告されています。

 

下部尿路疾患

下部尿路疾患とは、簡単に言えばおしっこに問題があることです。この病気もスコティッシュフォールドに限らずですが、猫ちゃんに多い病気として知られています。

なお男の子の猫ちゃんに多いのが尿路閉塞です。尿路閉塞は放っておくと死に至ってしまう怖い病気です。愛猫のおしっこが出てないと思ったらすぐに動物病院へ相談しましょう。

2日間おしっこがでていない場合は緊急疾患です。トイレに通っているのに出ない様子だと閉塞の可能性がかなり高いです。すぐに対応してください。

また、女の子の猫ちゃんで多いのが膀胱炎です。膀胱炎になるとおしっこの回数が多くなるサインが現れます。下記の記事には猫ちゃんにかかりやすい病気が記載されていますので、膀胱炎についても覗いて見てくださいね。

猫のかかりやすい病気は?普段から気を付けられることなど徹底解説

 

心筋症・甲状腺機能亢進症

こちらも上記の猫の病気についての記事に明記されておりますが、スコティッシュフォールドに限らず猫ちゃんに多い病気となっております。シニアの猫ちゃんになると気をつけたい病気です。

まめこ
まめこ

甲状腺機能亢進症も心筋症も今は血液検査で発見できるんですよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そのとおりだよ。甲状腺のホルモン値と心臓にどれほど負担がかかっているかが数値で出るんだ。

旦那
旦那

今はペット医療がどんどん進んでんだなぁ。

まめこ
まめこ

そうね。だから定期的に健康診断を受けに行く事の大切さが改めてわかるわね。

ただし、かかっている動物病院によってはホルモン値や心臓の数値を積極的に検査項目に入れない動物病院もあります。かかりつけの動物病院に健康診断で受診の際は、ホルモン値や心臓の数値を調べたい場合、獣医師さんに忘れず伝えましょう。

 

まとめ

  • スコティッシュフォールドは強くない猫種である
  • 骨軟骨異形成症が代表疾患
  • 猫にかかりやすい腎臓病や下部尿路疾患にも注意が必要
  • シニアになると心筋症や甲状腺機能亢進症の検査も取り入れる

ここまで読んでいただきありがとうございました。今やとても人気のスコティッシュフォールドですが、あまり強くない事を受け止めなくてはなりません。

かといって諦めなくてはならないわけではありません。病気の知識を身につけて愛猫の様子がおかしい時、すぐに対応できるようになりましょう。そして幸せなスコライフをお過ごしくださいね。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント