サソリの寿命ってどのくらいなの?長生きしてもらうには?徹底解説

サソリ
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

皆さんこんにちは早速ですがサソリ寿命ってどのくらいだと思いますか?1年から5年だと思う方が多数いらっしゃるようです。
私もそのくらいだと思っておりました。しかし驚くことに、サソリの生命力はずば抜けているそうで、放射線を浴びても冷凍されても生命を維持できるようです。
その点を踏まえ本記事では、サソリの寿命を根掘り葉掘り調べてみました。一緒に記事を覗いてみましょう。
 
スポンサーリンク

サソリはどのくらい生きるの⁉︎

旦那
旦那

サソリについては全く想像がつかないな

まめこ
まめこ

確かに、あまり関わることのない昆虫だもんね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

サソリについての情報も少ないですからね

ところでまめこさん、サソリは昆虫ではないんですよ。
ご存知でしたか?

まめこ
まめこ

え!?サソリって昆虫じゃないの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

昆虫は、足が6本ある事、羽がある事、体が頭と胸とお腹の3つに分かれている事が条件なんです。
だからサソリは昆虫ではなく、節足動物なんですよ。

まめこ
まめこ

そうなんですね!
全然知らなかったです!

 
結論から言うとサソリの寿命は、大体10年ほどの長さになるそうです。またサソリは、だいたい産まれてから約3年で成体になります。成体になるまでの年数を差し引くと約8年ほどと、サソリは意外にも短い寿命なのです。
もちろん個体差にもよりますが、きちんとしたケースや食事を準備する事で寿命の大小は大きく変わってきます。しっかりとした環境でお世話をする事で、過去には25年を生きたサソリもいるそうですよ。
まめこ
まめこ

私たちも健康に過ごすなら環境は絶対大事だもの。サソリの住と食は長生きさせる大きなコツなのね

旦那
旦那

でも25年は本当に凄いな〜こんだけ長く過ごしたら、飼い主とサソリの間にも絆が湧きそうだな

 

サソリに長生きしてもらうコツは?

サソリの寿命は個体差や飼育法によって大きく変わってきます。特に飼育の環境などがとても大事になってきます。
ある程度長い生きするから、放っておこうなんて考えは言語道断ですよ。サソリは見た目とは裏腹に、とてもシビアな生き物なのです。
しっかり餌を与え・水を与えて・お部屋のお掃除なんかもやらないと、長生きは疎かサソリを飼育することは難しいでしょう。
サソリは大きく分けて2つの環境に生息しています。サソリの生活環境をあらかじめ知っていれば、飼育する際にどのようなものを準備すれば良いのかが分かるので、覚えておきましょう。
ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

サソリには多湿系、乾燥系の2種のサソリが存在しますよ。

多湿系サソリの飼育

多湿系のサソリは熱帯雨林に生息している為、乾燥や低温に弱い種です。飼育する際には湿度を60%以上に保つ必要があります。そうすることで快適に過ごすことができます。

※湿度が高すぎるとケージが濡れてしまい死んでしまうこともあるので、通気性の良いケージを選びましょう
飼育の際にしっかり蓋が閉まるので、サソリが脱走してしまう心配もありません。蓋はメッシュ状になっているので通気性も抜群ですよ。
温度は大体28℃くらいを目安にしましょう。下がりすぎると弱ってしまいますので注意しましょう。冬場は冷え込むことも多いですよね。保温効果のある便利なパネルヒーターを使うことで、温度の低下を防ぐことができます。
ヒーターを敷く時はケースの床全体に敷くのではなく、半分だけにします。暑くなってきたらサソリが涼しい場所に移動できるように、全体を温めないように気をつけましょう。
ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ヒーターのサイズは飼育ケースの半分くらいが目安です。

冬場などはケース内の温度が上がらない場合もあります。パネルヒーターの下にアルミマットなどを敷くと改善することも多いです。ヒーターはかなり熱くなるので、蒸れ過ぎていないかをこまめに確認すると良いですよ。気になる方はチェックしてみてくださいね。

乾燥系サソリの飼育

乾燥系のサソリは砂漠などに生息しています。THEサソリという感じですよね。サソリと言ったら、砂漠という印象が強いと思います。

乾燥系サソリは乾燥を好み、ケージに砂を敷き詰めて飼育するようにしましょう。多湿系に比べると湿度や温度にそこまでこだわる必要がないので、気持ち的に少し楽になりますね。

サソリの種類について気になる方はコチラに詳しく書いてある記事がありますので是非見てみてください

『サソリの種類を徹底分析!怖い印象を払拭し正しい飼育をしよう』

 

そもそもサソリは何を食べるの?

サソリの餌は?生き餌って本当⁈

旦那
旦那

飼育するなら昆虫ゼリーとか?

まめこ
まめこ

サソリがゼリーを食べるとは想像つかないな

サソリの餌は主にコオロギやミルワームなどのいわゆる生き餌です。生きている餌をサソリ自ら仕留め食すのです。ですから餌は生きている餌を与えるようにしましょう。
成体のサソリはそのままの生き餌を捕らえて食べることができますが、幼体は自分で捕らえて細かくすることが困難なので、餌をあげるときは細かく肉片にしてあげるようにしましょう。そうしてあげないと餌を食べずに餓死してしまうこともあるので注意が必要です。

ところで餌の頻度は?

あまり活動をしないサソリに餌を与えるのはなんと1週間に1度の頻度で大丈夫です。(意地悪ではないですよ…。)普段は隅にジッとしているサソリなのでエネルギーを使うことのないサソリだからこそです。動くのは獲物を捕らえる時くらいだそうです。

全く動かないと言われるサソリですが、水分を良く摂取するので水の交換はこまめに(できれば毎日)するようにしましょう。

見た目とのギャップ!美食家のサソリ

実はサソリは節足動物界でもトップクラスの美食家なので、餌をあげる際には新鮮な餌を与えましょう。だからといって大量に餌を放置して、後はよろしくっていう状況はダメですよ。

生き餌なので腐りやすく、そのままにしておくとケース内の清潔感も損なわれてしまい悪循環になってしまいます。

旦那
旦那

私みたいに毎日カップ麺とはいかないのか

まめこ
まめこ

私がご飯を作ってないみたいじゃない

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

心の声(ケンカはしないでくださいよ)

また同じ餌を好まないので、は週によって変えるようにしましょう。毎週コオロギだと食べなくなってしまいますので、餓死に繋がってしまいます。少し贅沢ですが、大目に見てあげてください(ちなみに私は毎日カレーでも飽きませんけどね。)

 

まとめ

  • サソリの寿命は大体10年ほど
  • 成体になるまでに3年かかる
  • 飼育環境で寿命の長さは大きく変わる
  • 多湿系と乾燥系で気をつけることが違う
  • 餌の頻度は少ないが、水はよく飲むので毎日取り替える
  • サソリには新鮮な餌を、飽きないようにレパトリーも

サソリは意外にも長寿ではありませんでしたね。それでも育て方1つで25年を超えることもあるそうで驚きです。乾燥系や多湿系によって飼育する方法や必要な物が異なってくるので、飼育する際には十分に気を付けましょう。

サソリの主食は生き餌なので新鮮なもの毎週変えながら与えるようにしましょう。人間と同様に食や住はサソリとっても重要なことで、長生きさせるには大きなコツになるでしょう。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント