ロシアンブルーはどんな性格?大人しい?凶暴?真相を調査しました

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

特徴的なブルーグレーの被毛に、吸い込まれるようなグリーンの瞳のロシアンブルー。スレンダーでとっても美しい猫種です。

日本でも多くのロシアンブルーが飼われています。みなさんは、ロシアンブルーの性格をご存知ですか?今記事は、不動の人気を誇るロシアンブルーの性格について調査してきました。

 

スポンサーリンク

ロシアンブルーの性格

物静かで大人しい

キリッとした美しい姿からは想像しにくいかもしれませんが、ロシアンブルーはとても大人しい猫種です。落ち着いた性格で、個体差はありますがあまり鳴かない子が多いので「サイレントキャット」や「ボイスレスキャット」とも呼ばれます。

穏やかで優しいロシアンブルーですが、鳴いたり怒ったりなどの感情表現をあまりしてくれない可能性があります。嫌なことをされても、我慢してしまうかもしれません。

猫の感情は声だけでなく、尻尾や耳の動きでも分かります。例えば、尻尾を揺らすのは不快なとき、尻尾を立てて寄ってくるときは、かまって欲しいのかもしれません。耳が下がると嫌がっています。

臆病で人見知り

ロシアンブルーは怖がりです。初めて見るものや、初めて会う人にはあまり近付きません。新しいものを家に入れたときは、遠巻きに安全かどうかを確認しているでしょう。

臆病で人見知りの性格から、静かな場所を好みます。小さな子供の居るご家庭や、来客の多いご家庭には向きません。留守番は平気な子が多いので、外出の多いご家庭や一人暮らしのご家庭でも問題なく飼えるでしょう。

来客中は隠れてしまうかもしれませんが、そっとしておきましょう。隠れられるお気に入りの場所があると安心出来ます。快適な場所は時と場合で変わるので、複数ベッドがあるとより安心です。

中に入れるものもおすすめです。人の椅子としても使えるので、ロシアンブルーも慣れやすいです。

賢くて従順

非常に賢いこともロシアンブルーの特徴の1つです。言われたことをすぐに理解してくれるので、トイレなどのしつけに困らないでしょう。感受性が強く洞察力も優れているので、飼い主さんの感情や体調の変化にも気付いて心配してくれます。

遊び好き

ロシアンブルーは高い身体能力をもっているため、運動が好きです。ジャンプなどの上下運動も好きなので、キャットタワーは背が高いと喜んでくれるでしょう。

ロシアンブルーはひとり遊びが出来るので、飼い主さんと遊ぶおもちゃの他に、猫ちゃんだけで遊べるおもちゃもおすすめです。電動のものも増えていますが、臆病なロシアンブルーは怖がってしまうかもしれません。

お留守番中のひとり遊びにおすすめのおもちゃです。

愛情深く嫉妬深い

ロシアンブルーは人見知りで、飼い主さん家族でも、みんなを愛するのではなく、1人だけを深く愛する子が多いです。大好きな方にはたくさん甘えてくれます。

ロシアンブルーは大好きな人に愛されるだけで幸せを感じてくれますが、大好きな人が他の猫や人にかまうと嫉妬してしまいます。多頭飼育をする場合は注意が必要です。

食いしん坊

個体差がありますが、ロシアンブルーの食べ過ぎ問題はよく聞きます。食べることが好きな子が多いようです。

体重とカロリーの管理を徹底しましょう。体型維持に必要な量は猫ちゃんやライフスタイルによって変わります。愛猫ちゃんの適量を見つけてあげてください。

こちらの記事を参考にどうぞ。
ロシアンブルーの理想体重は?素敵体型を維持するための秘訣を大公開

プライドが高い

プライドが高いのは、とても猫らしい性格ですよね。堂々としたたたずまいと凛とした表情はこの性格から来ているのかもしれません。

まめこ
まめこ

大人しくて臆病でプライドが高いのね。育ちのいいお嬢様やお坊ちゃんみたい。

旦那
旦那

賢くて1人にだけデレる…

まめこ
まめこ

1番信頼する1人にしか弱さを見せないってことなのかも

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

とても遊び好きで食いしん坊な子が多いね

旦那
旦那

ロシアンブルーってギャップあるな

まめこ
まめこ

嫉妬深いお嬢様ロシアンブルーに溺愛されたいわ

繊細でこだわりが強い

ロシアンブルーはとても繊細な猫種です。騒がしい環境を嫌い、ひとりの時間を好みますが、全くかまわれないと不安に思ってしまいます。飼い主さんがお家に帰ったときや、ロシアンブルーが寄ってきたときは必ずなでるなど、ロシアンブルーにとって適度なスキンシップが必要です。

ロシアンブルーの大好きな1人を特に愛してくれる性格は、物に対しても同じです。気に入ったベッドやおもちゃを大事にしてくれますが、気に入らないと使わないことがあります。

新しくあげたものを使ってくれないときは、臆病な性格から近寄れないだけの可能性があります。ロシアンブルーにとってよく分からない新参者でなくなれば、使ってくれるかもしれません。

オスとメスの違い

猫のオスは本能的で元気な甘えん坊が多く、猫のメスは警戒心が強く慎重と言われています。ロシアンブルーはその傾向がとても反映されています。

ロシアンブルーのオスは、とても遊び好きで元気に走り回ります。甘えん坊なので、なでてと寄ってくることも多いでしょう。たくさん甘えてほしい方はオスを探してみてください。

ロシアンブルーのメスは、警戒心が強く気も強いですが、愛情深い性格はそのままなのでそっけなくてもいつの間にか寄り添ってくれるなど、控えめな愛情表現がかわいいです。綺麗好きでグルーミングをよくします。ツンデレな猫ちゃんと暮らしたい方には、メスのロシアンブルーがおすすめです。

 

凶暴化

ロシアンブルーは神経質な性格の個体が多く、ストレスを溜めやすいと言われています。あまり声を上げない大人しい性格から、ストレスをギリギリまで我慢してしまうかもしれません。ストレスの発散が上手く出来ないと、凶暴化してしまうことも考えられます。

凶暴化の原因と予防

猫が凶暴化してしまう原因の殆どがストレスです。猫は生活や環境の変化を嫌います。人間にとって些細な変化でも大きなストレスになることがあります。

ロシアンブルーにとって大きなストレスになりやすい状況をご説明します。

騒がしい

静かな環境が好きなロシアンブルーにとって、音は大きなストレスです。聞き慣れない音や掃除機の音、低い音を特に嫌います。少しでも静かに過ごせる環境を整えましょう。

1度の騒音でパニックになることは少ないですが、工事や赤ちゃんの声など長期間悩まされる場合はケアが必要です。静かな部屋に猫の居場所を設けるのが1番ですが、音が聞こえてしまうときは、ゲージやキャリーなどに毛布を掛けても騒音が緩和されます。無理に入れるのではなく、入るかどうかは猫ちゃんの判断に任せてください。

家族やペットが増えた

ロシアンブルーは嫉妬深い性格なので、特に注意が必要です。例えば、赤ちゃんが生まれて、大好きな飼い主さんが赤ちゃんにかかりきりになってしまうと、ロシアンブルーは嫉妬と不安を感じてしまいます。

新しい家族を迎える予行演習を行うことが対策になります。赤ちゃんを迎える場合、赤ちゃんの世話をする方は、猫ちゃんと関わる時間を少しずつ減らしてください。代わりに別の家族との時間を少しずつ増やします。

少しずつ赤ちゃんを想定した生活リズムにすることで、ストレスが緩和されます。赤ちゃんの声や匂いは猫にとって未知なので、赤ちゃんの居る部屋と離れた場所に居場所があると安心出来ます。

新しいペットを迎えるときは、必ずトライアルをして相性を確認してください。急に対面させず、まずは匂いに慣れさせて、扉やキャリー越しに会わせるなど徐々に慣れてもらいましょう。

コミュニケーションの不足

ロシアンブルーは、基本的に単独行動を取れる猫種ですが、大好きな飼い主さんにかまってもらえないことが大きなストレスになります。必ずコミュニケーションを取りましょう。

運動の不足

猫にとっておもちゃでの遊びは非常に重要なことです。食事が当たり前にもらえる家猫は、食事のための狩りが必要ではありません。しかし、猫は本能である狩りに成功することで自信をつけます。

自信がない猫ちゃんは、自分の縄張りであるお家にも自信が持てません。小さくなりながら歩いたり、外の野良猫に怯えてしまうこともあり、居場所がなくなる恐怖心から凶暴化してしまうかもしれませんおもちゃを捕まえて本能を刺激することが、家猫にとっての自信になります。

ロシアンブルーは身体能力が高いので、必要とする運動量が多いです。飼い主さんが遊べないときは、ひとり遊びアイテムを複数置いてください。

苦手な匂いがする

猫はみかんなどの柑橘系の匂いを嫌います。ミントなどのハーブは猫にとって毒になるものがあります。人間にとって身近なネギ類の玉ねぎ・ニンニクも猫にとっては猛毒です。

柑橘系やハーブ、ネギ類の匂いは近付けないようにしましょう。シャンプーやボディソープ、香水などの成分をお確かめください。

長い間ひとりにした

単独行動が上手でお留守番が得意なロシアンブルーでも、普段より大幅に長いお留守番は不安に思ってしまいます。お留守番出来るから大丈夫と思ってはいけません。ロシアンブルーも、いつもなら帰ってくる時間に飼い主さんが居ないと寂しいです。

頭の良いロシアンブルーは飼い主さんに何かあったのでは、と心配しているかもしれません。長期間のお留守番をさせるときは、いつものお留守番時間を少しずつ延ばして、あらかじめ慣らしておきましょう。

旅行や出張など長期間お家に帰れない状況ではペットシッターやペットホテルの利用をおすすめしますが、人見知りのロシアンブルーにとっては大きなストレスになり得ます。猫ちゃんが顔を知っているご友人に頼むのが1番ストレスを掛けずに済むでしょう。ロシアンブルーには、複数の猫や動物を預かるペットホテルよりは、ペットシッターの方が適しているでしょう。

お留守番中が気になる方はこちらの記事をご覧下さい。
猫の留守番カメラのおすすめは?お留守番中の愛猫を見たい方必見!!

模様替え

新しいものというだけでも、臆病なロシアンブルーには脅威です。大きな家具を買ったり移動させるときは、猫ちゃんを隔離して、見ていないところで行いましょう。

引っ越し

猫は自分の匂いが付いている場所に安心を感じます。匂いを付けた縄張りから、知らない匂いの新居に行くことは、猫にとってとても怖いことです。自分の縄張りではない上に、荷解きや生活環境を整えるときに聞き慣れない音もするので、引っ越しはとてもパニックを起こしやすい状況なのです。

新居で猫ちゃんをキャリーから出す前に、前のお家で使っていた猫ちゃんのお気に入りの家具を設置しましょう。自分の匂いのする家具があれば、居場所があると安心出来るので、安心して行動範囲を広げられます。荷物の整理が落ち着いたら、猫ちゃんの匂いのするものを各部屋に置くとより効果的です。

家具の移動や整理に大きな音が立つときは、模様替えと同様に猫ちゃんを隔離してください。猫ちゃんが怖がることを回避しましょう。安心出来る場所と認識してくれれば、すぐに新しい縄張りと思えます。

病気

心身の痛みから凶暴化してしまう場合です。生活に変化がなく、自信を失っていない猫ちゃんが凶暴化するときは病気の可能性があります。動物病院に連れていってください。

病気にまつわる記事です。
ロシアンブルーのかかりやすい病気は?これを覚えておけば安心まとめ

凶暴化状態からの改善

凶暴化には必ず何らかの理由があります。原因を解消出来れば、猫ちゃんの凶暴化も改善できます。

凶暴化の状態は、猫ちゃんにとっても飼い主さんにとっても辛いものです。健やかで幸せな猫ちゃんとの生活を守るために、予防を徹底しましょう。

 

まとめ

ロシアンブルーの性格

  • 大人しく人見知りであまり声を出さない
  • 賢く従順で洞察力に優れている
  • 特定の人だけを深く愛する
  • ジャンプなど遊びが好きな食いしん坊
  • プライドが高くこだわりが強い
  • 神経質でストレスには注意が必要

性格は育ってきた環境によって大きく左右されます。必ずしも猫種や性別で決まるものではありません。出会ったロシアンブルーの個性を愛しましょう。

多くのブリーダーが、ロシアンブルーの神経質な性格を改善しようとしています。ですが、神経質な性格の猫ではなくても凶暴化の危険は全ての猫にあります。ストレスや恐怖のケアが出来れば、凶暴化することはまずありませんので日頃からのケアがとても大切と言えますね。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント