ロシアンブルーの目の色はグリーンだけ?子猫のときから色が変わる?

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

ブルーグレーの滑らかな毛並み、エメラルドグリーンの瞳が美しいロシアンブルー。この美しい瞳は成長にともない色が変化します。成猫のロシアンブルーの目の色はグリーンですが、子猫の時は青色をしています。

皆さんの中にはいつ目の色は変化するの?なぜ変化するの?と気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はロシアンブルーの目の色の秘密に迫りたいと思います。

 

スポンサーリンク

ロシアンブルーの目の色

ロシアンブルーの目の色はエメラルドグリーンです。ちなみに、キャットショーでの評価基準は、

眼はアーモンド型で色は可能な限り鮮明なグリーンです

引用:ピュリナ公式HP

とあります。宝石のような美しい瞳で高貴な雰囲気がありますね。CFA(キャット・ファンシアーズ・アソシエーション)によると、ロシアンブルーはロシア皇帝が飼っていた猫の子孫という噂もあるそうです。

「あれ、うちの子はロシアンブルーだけど目がグリーンじゃない⁈」と思った方もいらっしゃるかもしません。同じ日本人でも目の色や髪の色が違うのと同じように、ロシアンブルーの目の色も個体差があります。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ロシアンブルーの目の色は成長するにつれて変わっていくんですよ。

 

ロシアンブルーの目の色は変化する

目の色が決まる仕組み

黒目のまわりにある色のついている部分を虹彩(こうさい)といいます。目の色はこの虹彩に含まれるメラニン色素の量によって変わってきます。メラニン色素の量は遺伝によって決まります。

紫外線の少ない地域を原産とする猫は色素が少なく薄い色の目、紫外線の多い地域の猫は色素が多く濃い色の目になったと言われています。

メラニン色素の量

少ない 青色・緑色・黄色・褐色 多い

まめこ
まめこ

メラニン色素が少ないとなぜ青や緑の目になるのかな?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

わずかなメラニン色素が光の作用によって拡散される

レイリー散乱」という現象によって青や緑に見えるんですよ。

成長するにつれ虹彩の中にメラニン色素が沈着するので、本来の目の色に変化します。では子猫のときはどんな目の色をしているのでしょうか。

ロシアンブルーの子猫の目の色

「かわいいロシアンブルーの子猫!…あれ、でも目が青い?」と思ったことはありませんか?ロシアンブルーの子猫は、キトンブルーと呼ばれる澄んだ青色をしています。

生まれたばかりの頃は、目の表面にしか色素沈着がないため青く見えるのです。数か月から3年程度時間をかけて、ロシアンブルー本来のグリーンの目へ変化していきます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Russisch Blau in Düsseldorf(@kitten_von_mimimurr)がシェアした投稿

「子猫の時の写真を見たら今と目の色が違う!」ということはよくあります。ロシアンブルーに限らず、子猫の時はキトンブルー(kitten=子猫)の目をしているのです。

 

ロシアンブルーの目が黄色いことはある?

成猫のロシアンブルーの目はエメラルドグリーンで、子猫の時はブルー。「大きくなったらブルーから黄色っぽい目になってきた」と不安に思う方もいらっしゃいます。

当初ロシアンブルーの目は黄色だった

ロシアンブルーは原産国はロシアで、もともとの目の色は黄色だったと言われています。1800年代にヨーロッパに持ち込まれたあと、第二次世界大戦中に数が減り、一時は絶滅の危機に陥ります。

絶滅を危惧したブリーダーたちによって、ブリティッシュブルー(ブルーの毛色)やシャムネコ(青い目)との交配が行われました。数を回復することに成功するとともに、その時点からのロシアンブルーの特徴がスタンダードとなりました。

ブリティッシュブルーは光沢のあるブルーの毛並みが素敵です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ごま(@goma.nyan)がシェアした投稿

シャムネコは吸い込まれそうな青い目が印象的ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

射夢斗(@shemengdou)がシェアした投稿

ちなみに、ロシアンブルーの歴史についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ロシアンブルーはどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査

突然黄色になったときはこんなことに注意

光の当たり方やメラニン色素の量で黄色っぽく見えることもよくあります。ただし、突然黄色になったというとき注意が必要です。目やにがたまると黄色っぽい目に見えて目の病気の可能性があります。

また、白目の部分に黄疸(おうだん)がでたときも黄色っぽい目に見えて肝臓の病気の可能性があります。心配なときは獣医師に診察してもらいましょう。

ロシアンブルーのかかりやすい病気についてはこちらの記事でまとめています。ぜひチェックしてみてくださいね。

ロシアンブルーのかかりやすい病気は?これを覚えておけば安心まとめ

 

まとめ

  • ロシアンブルーの目の色はグリーン
  • 目の色は虹彩に含まれるメラニン色素の量によって変わる
  • 子猫の時の目の色は青色で成長とともに変化していく
  • 目の色には個体差がある
  • 目の色が急に変わったときは病気の可能性もある

今回は、ロシアンブルーの目の色について紹介しました。キャットショーなどではそれぞれの種類の基準が定められています。ただ猫と一緒に暮らすうえで、その基準は重要ではありません。

もともと猫の種類は歴史の中で、増加し常に変化しています。その子だけの美しさや可愛さを思いっきりかわいがってあげてくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント