ラグドールの寿命はどれくらい?愛猫の長生きに繋がる秘訣をご紹介!

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ふわふわでその名前の通りぬいぐるみのように可愛いラグドール。そんなラグドールの平均寿命はどれくらいなのでしょうか?

愛猫と1分1秒でも長くそばにいるために、私たち飼い主ができることがたくさんあります。愛猫の長生きは飼い主なら誰もが目指すところだと思います。

今回はそんな長生きの為に出来ることをご紹介しますので、ぜひ取り組んでいただければと思います。そして後悔のないように、愛猫とのキャットライフをお過ごしくださいね。

 

スポンサーリンク

ラグドールの寿命は何年?

結論から言うと、ラグドールの平均寿命は14〜16年とされています。純血種の中では比較的長い傾向にあります。

ラグドールの性格が懐が深くて優しい子が多い事も、この長寿の秘密かもしれませんね。ラグドールの性格について詳しく知りたい方は下記の記事をお読みください。

可愛さは外見だけじゃない?!ラグドールの性格を徹底解説!

そんなラグドールがもっとご長寿を目指せるように、毎日の生活で私たちが気をつけれることがたくさんあります。簡単にできることばかりなので、愛猫と過ごす時間を少しでも長くするために、取り組んでみましょう。

 

長生きするためにできること

完全室内飼いをする

昔は猫ちゃんは外飼いが主流でしたよね。しかし今現在、外飼いの猫ちゃんは少なくなってきましたが、それでもまだ完全に室内100%飼育ではないご家庭があります。

ここで知っておいて欲しいことは、外飼いの猫ちゃんと完全室内飼いの猫ちゃんとでは寿命に5〜10年もの差が生まれるということです。この差はとても大きいと思いませんか?

旦那
旦那

そんなに違うのか⁉︎

まめこ
まめこ

そうよ。外に出る猫ちゃんは交通事故や咬傷事故などで亡くなるケースが後をたたないのよ。

旦那
旦那

そうだったのか。

まめこ
まめこ

それに外に出る事で感染症や寄生虫などのリスクも格段に上がるのよ。

旦那
旦那

怖いなぁ。でもベランダとかに出る猫って結構多いよなぁ。

まめこ
まめこ

そうなのよね。ベランダがどうしても好きならしかたないけど、外には一切出さない事をオススメしていきたいわね。

毎日ブラッシングをする

ラグドールの飼い主のみなさん、毎日ブラッシングしていますか?ブラッシングを欠かさず行なう事は、綺麗好きな愛猫の為でもあり、かつ病気の予防にもなるのです。

その病気とは毛球症(もうきゅうしょう)です。毛球症とは、セルフグルーミングで飲み込んだ毛玉を吐くことが出来ず、排便に出すこともできず消化管内に停留する状態のことです。病気についての詳しい記事は下記に記載しております。

ラグドールのかかりやすい病気は?これを覚えておけば安心まとめ!

またブラッシングの必要性やほかのお手入れについては下記のページをご覧下さい。

ラグドールのお手入れは大変?毎日のスキンシップでお手入れをしよう!

毎日ブラッシングを怠らない事は、毛球症予防に大切な事であり、抱っこ好きの甘えたさんな性格の子が多いラグドールにとっては、大好きなスキンシップの時間になります。毎日のスキンシップで病気予防ができてしまうのです。

これって素敵な予防方法だと思いませんか?愛猫の長生きのためにも是非ブラッシングをしてあげてくださいね。

適度な運動•食事管理

まず、運動に関してですが、ラグドールはあまり身体を動かすことが好きでない子が多いとされています。ですが、あまりに寝てばかりだと将来の老化が早まってしまいます。

人間も同じで、普段の生活で運動をしていると足腰が鍛えられ、歳をとってからも元気に歩けるかなど決まってきますよね。猫ちゃんも同じです。

ラグドールも歳をとると見た目から少し若さがなくなります。ヒゲが真っ白になっていったり顔から徐々に白髪が増えていったりと変化は起きます。

老化を少しでも遅めたり和らげたりする対策として、若いうちから運動をしておくこと足腰を弱くさせない事が重要になってきます。また、お年寄りになると毛繕いや爪とぎをしなくなったりします。

その場合は、ブラッシングと爪切りをいつも以上に気にかけてしてあげましょう。また、老化のスピードを緩める為には食事管理も大切になってきます。

みなさんも愛猫の身体を作るご飯に関しては知識がたくさんあると思います。そんな中でどんなご飯を選んでいますか?

食事管理は長生きのために外せない、とても大切なことになってきます。成分やカロリー、原材料など気にするべき事はたくさんあります。

もちろん、費用の面でご飯を決定しているご家庭も少なくないと思います。しかし、スーパーマーケットで購入可能のようなあまりに低コストのご飯だと、愛猫の長生きを考えるとおすすめできません。コスト的な考慮ももちろん大切ですが、それ以上に愛猫に合った質の良いご飯を選んでみませんか?

高タンパク食

ラグドールは体格が大きめな猫種ですよね。その為、子猫から成猫になるまでに普通の猫ちゃんよりも時間がかかると言われています。

普通の猫ちゃんと同じで、1歳になる頃に成猫用に変えるとラグドールにとっては少し早いかもしれません。タンパク質が制限されると成長期に体が未熟なままで、将来弱くなってしまいます。高タンパク食は愛猫のライフステージに合うように心がけましょう。

低脂肪・低カロリー食

完全室内飼いの猫ちゃんは、やはり少し太り気味な子が多いですよね。痩せすぎもよくありませんが、肥満は病気のリスクがかなり高くなります。

特に怖い病気が糖尿病です。糖尿病になると通院入院は必須になってしまいます。そうなると愛猫のストレスはかなりかかってしまいますよね。

タンパク質の制限も気にしなくてはいけませんが、肥満にはさせないように注意しましょう。肥満を改善するために効果的なご飯も発売されています。療法食で、痩せやすい体へと体質改善させるようなご飯や、根本から低カロリーなご飯など愛猫の体型にあったご飯を選んでみましょう。

毛玉ケア

先ほど明記した、毛球症を防ぐために効果的な毛玉ケアというご飯も発売されています。こちらのご飯は食物繊維が豊富に含まれており、毛玉を便として排出しやすくなっております。

毛球症のリスクが高いラグドールにとっては毎日のブラッシングに加えて、予防的にご飯で補助するのもいいかもしれませんね。毛玉ケアの中でもライフステージにあった毛玉配慮のご飯がありますので、選択する際はそちらも確認しましょう。

室内の温度•湿度調整

室内の温度湿度調節は熱中症を予防するために大切なことです。みなさん猫ちゃんは寒いのが苦手というイメージがあると思います。しかし、猫ちゃんの熱中症にかかる率は年々上昇しています。

エアコンは24時間消さずに温度を一定に保ちましょう。また、きちんと24時間エアコンをつけていても26〜27℃くらいの高めの設定で熱中症になる猫ちゃんが多発しております。目安としては、人間が半袖一枚では過ごせないくらいの寒い空間を作ってください。

私たち人間は寒ければ上を着れば済みますが、あなたの愛猫は暑くても毛皮を脱ぐことは不可能です。とくにラグドールは長毛種なので注意が必要です。部屋を寒くして猫ちゃんも寒ければ毛布にくるまれるような環境づくりが欠かせません。

熱中症は毎年、何頭も命を落としてしまう本当に怖い病気です。万が一熱中症かなと思ったらすぐに動物病院を受診しましょう。

熱中症で亡くしてしまうのはもったいないです。必ず後悔してしまいますので、室温管理はバッチリしましょう。

ノミダニフィラリア予防

フィラリアは犬の病気というイメージがとても強いかと思います。しかし、実は猫ちゃんにも寄生するのです。

旦那
旦那

フィラリアってなんだ?

まめこ
まめこ

フィラリアは犬の病気でよく説明されてるじゃない。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうだね。フィラリアに感染した蚊が犬や猫の血を吸ってしまうとその子に感染しまうんだ。

まめこ
まめこ

それから血液内でミクロフィラリアっていう子供の虫が大人になって、最後には心臓に寄生するのよ。

旦那
旦那

心臓に?それは怖いな。蚊なんかその辺にたくさんいるしなぁ。

まめこ
まめこ

そうよね。だから予防は必須なの。

なおかつ、このフィラリア症の怖いところは兆候なく突然死を引き起こしてしまうということです。それも1〜2匹の寄生でも命を落としてしまいます。こんな怖い病気ですが、簡単に予防することができます。

毎月1回、皮膚にお薬をつけるだけ!簡単ですよね。こちらのスポット剤は市販のショップなどでは売られていないのでかかりつけの動物病院に相談しましょう。

今では1本でフィラリアもノミダニもすべてに効果があるお薬も出ています。費用は病院ごとで異なりますが1,500〜2,000円ほどで可能です。予防はするに越した事はありません、是非愛猫にもしてあげてくださいね。

健康診断を定期的にする

若くても最低年に1回は健康診断を行なうことをおすすめします。猫にかかりやすいとされる腎臓病やシニア期の猫ちゃんに多い甲状腺機能亢進症の早期発見のためです。

7歳を超えたあたりからは年に2回は健康診断をしましょう。動物は1年で4歳も歳をとります。人間で考えてみてください。

お年寄りになっても4年の間に1度も検診をしなくても健康な自信がありますか?人間でいう2年に1回の検診と同じペースになる、半年に1回は検診を受けに行きませんか?

人間だと体調不良を訴えることができますが、猫ちゃんはしんどいことを隠す習性にあります。気づいてやれなかったと後悔する前に定期的に健康診断をして愛猫のSOSに気づいてあげましょう。

混合ワクチンを接種する

混合ワクチンは周知率の高さ故か、比較的打っている猫ちゃんが多いのではないかと思います。カリシウイルスなど、猫ちゃんにかかりやすい病気の予防のためにはとても重要な予防接種になります。

子猫の間は1年に2回打ちをします。母親から受け継いだ移行抗体というものがワクチンの効果を阻害するためです。子猫のワクチン接種は1回では足りないと考えられており、成猫になるの年に1回の接種となります。また、混合ワクチンについて知りたい方は下記のページをご覧くださいね。

猫のワクチンは毎年打つの?その理由についても徹底解説!!

旦那
旦那

外に一切でないのに打たないとダメなのか?

まめこ
まめこ

混合ワクチンは義務ではないんだけどね…

旦那
旦那

じゃあ完全室内飼育なら心配ないんだな。

まめこ
まめこ

いいえ。私たち飼い主が外へ出入りする時点で病原体を家に運んでしまう可能性だってあるのよ。

旦那
旦那

俺たちのせいで感染してしまうってことか?

まめこ
まめこ

そうね。だから予防はするに越した事はないわ。

 

まとめ

  • ラグドールの寿命は14~16年
  • 食事管理をする
  • 完全室内飼いをする
  • 毎日ブラッシングをする
  • 室内の温度と湿度を調節する
  • ノミダニフィラリア予防をする
  • 混合ワクチンを接種する

ラグドールの平均寿命が比較的長いとはいえ、もっと長く生きるために、できることがたくさんある事がわかっていただけたと思います。どれも簡単にできることばかりですので、是非愛猫との生活に取り入れていただければ嬉しいです。

1つずつでも確実に成果は出ると思います。諦める前にできることを探してみてください、そして後悔のないように愛猫との時間を大切に過ごしてくださいね。お読みいただきありがとうございました。

 

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント