可愛さは外見だけじゃない?!ラグドールの性格を徹底解説!

ペット
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

ラグドールは人気猫ランキングTOP10に入るほど日本中で愛されている猫です。ふわふわの毛におおわれた大きな体はとても魅力的ですよね。そんなラグドールと一緒に生活してみたいと考える時、その性格がどんなものかとても気になるところだと思います。

ラグドールとは一体どんな性格の猫なんでしょうか?今回はラグドールの性格について調査してみました。ラグドールと生活するための工夫も合わせてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ラグドールってどんな猫?

ラグドールは1960年代にアメリカのカリフォルニア州で生まれたとされる、比較的新しい猫種です。「ペルシャ猫」と「バーマン」から生まれた子猫に、「バーミーズ」をかけあわせて出来た猫だと言われています。

長毛種に分類され、絡まりにくいふわふわの被毛を持つことが特徴です。ブルーの瞳もラグドールの特徴の一つとされています。最近ではグリーンのオッドアイの報告もあるようです。

大柄で、体型はロング&サブスタンシャルタイプに分類され、骨太でがっしりとした筋肉質な体を持ちます。メインクーンに次ぐ大型猫で、「世界一重い猫」と言われています。体重は平均して5.5kg8kgになり、中には体重10kg以上に成長する子もいます。10kgと言うと23歳の子どもと同じ体重ですから、かなり大きい事が分かりますね。

英語で「ragdoll=ぬいぐるみ」という意味の名前をつけられたラグドール。その名前の由来は大きな体やふわふわの被毛だけでなく、その性格にもありました。では、ラグドールの性格を詳しく見ていきましょう。

 

ラグドールの性格

「ぬいぐるみ」と呼ばれるラグドールの主な特徴は、以下のものです。

  • 抱っこが大好き
  • 懐が深い
  • 物静かでおっとりさん
  • 帰巣本能が強い

では、それぞれについて紹介していきます。

抱っこが大好き

「ぬいぐるみ」という名前の通り、抱っこされる事が大好きです。抱っこされると飼い主だけでなく、例え相手が知らない人であっても相手を信頼して本物のぬいぐるみのように全力で体を預けます。

知らない人にも抱っこされるなんて、とても人懐っこい猫なんですね。他の猫は抱っこされても嫌がったりする事が多いですが、ラグドールはむしろ喜んで抱っこされる事が多いようです。抱っこされるとじっとして動かないので、おとなしく従順な猫だと言うこともできます。

人とのスキンシップがとにかく大好き。飼い主さんのお膝に乗ったり常にさりげなく人のそばにいたりと、甘えん坊な側面もあります。飼い猫にはぴったりな性格です。

動画内でも女の子に長い間抱っこされているのがわかります。

まめこ
まめこ

ほんとうに長い間抱っこされても平気なのね!

旦那
旦那

友達の家にいた猫は3秒でギブアップだったなぁ。

懐が深い

おだやかな性格で、子どもがちょっかいを出してもすぐに「シャー!」と怒ったりする事はない懐の深さも持ち合わせています。もちろん本気で嫌な時は抵抗しますが、少々のことは耐えられる忍耐強さを持ち合わせています。

その忍耐強さは、「ラグドールは痛みを感じないのか?」なんて説が出来上がるほどです。

まめこ
まめこ

本当にラグドールは痛みを感じないの?!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そんな事はないと思うよ。

ただ、ラグドールの親になったペルシャ猫は一度事故にあったそうで、その後生まれてきた子どもたちは痛みに疎かったという話があるね。

少し無茶をしてもじっと耐えられるラグドールは、小さなお子さんにとっても良き隣人となってくれそうですね。既に他に飼っている犬や猫とも仲良くすることが出来るので、多頭飼いにも向いている猫と言っていいでしょう。

物静かでおっとりさん

ラグドールはほとんど鳴く事がなく、用がある時に小さな声で鳴くような物静かな性格をしています。無駄鳴きなどの心配もないので、集合住宅でも飼いやすい猫と言えそうです。

また、狩猟本能が薄いため、ソファでくつろいだり飼い主さんのお膝の上にいる事を好むおっとりさんでもあります。大事な家具やソファーで爪をパリパリ…なんてことも、ラグドールでは少なそうですね。

狩猟本能が薄いためか、ラグドールは少々鈍臭いところがあるようで、普通猫は高い所を好みますが、キャットタワーの一番高いところに上ったことがない子や、猫じゃらしに反応しない子もいたりするようです。

キャットタワーの一番上に上ってもなかなか降りられなかったり、おもちゃへの反応が鈍いなんておよそ猫らしくないエピソードが聞かれますが、そんなところもラグドールの魅力の一つなんですよね。

あまりにおっとりさんなので、気をつけていないと運動不足になってしまうこともしばしば。飼い主さんが出来るだけ一緒に遊んであげるようにしたいですね。

帰巣本能が強い

猫は「家につく」と言われますが、ラグドールも自分の周りの環境が変わってしまうことを好まない猫です。引っ越しや模様替えなどでもストレスを感じやすい性格のため、ラグドールの生活環境を変えてしまうときには過度なストレスを与えすぎないように注意する必要があります。

ペットケージを用意するなどして、日頃から安心して生活が出来る環境を整えてあげることもラグドールと生活するためには必要なことなんですね。

 

ラグドールと生活するには?

実際にラグドールをお迎えしたら、次はどのような事を工夫したらいいでしょうか。気をつけたいポイントをまとめました。

食事

ラグドールは3~4年ほどかけてゆっくりと成猫へ成長していきます。子猫の間は体を作っているため、高カロリー高たんぱくの食事を与える様にしますが、大人になってからは運動不足にもなりやすいので肥満にならないようなフード選びをしましょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

肥満は腎臓病や尿石症などのリスクを上げるので、注意が必要だね。

まめこ
まめこ

可愛いおねだりについついあげちゃくなっちゃうけど、美味しいものばかり食べていてはいけないのね。

運動

ラグドールはおっとりとした穏やかな性格のため、運動量はあまり多くありません。ですが、運動不足やストレスの解消のために飼い主さんが気をつけて遊んであげる事が大事になります。

まめこ
まめこ

あんまり運動は得意じゃないんでしょ?どうやって遊んであげたらいいの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

体重が重いから、心臓や手足に負担のかかる激しい運動を避けて、1日10分くらいを目安に遊んであげると喜ぶよ。

運動不足解消にキャットタワーを設置するのもいいですね。その場合はラグドールの重さを支えられるしっかりした、高さの低めの物を選ぶといいでしょう。

こまめなブラッシング

ふわふわでシルクのような被毛は、ラグドールの魅力のひとつですよね。その美しさを保つためにも一日一回以上のブラッシングはかかせません。

ラグドールは毛量が多いため、毛づくろいの時に飲み込む毛の量が多くなってしまうため、「毛球症」にかかりやすくなっています。

美しい外見を保つためだけでなく、健康管理のためにもブラッシングは習慣化したいですね。

 

まとめ

  • ラグドールは抱っこが大好きな従順な猫
  • 子どもと一緒に成長が出来るほどの懐の深さをもつ
  • 物静かでおっとりとしていて、運動はあまり得意ではない
  • 環境の変化に敏感で、ストレスに感じることがある。
  • 一緒に生活するには、適切な食事・適度な運動・こまめなブラッシングに気をつける

ラグドールはとても賢く、しつけもほぼ手がかからないため初心者の方でも安心して飼うことができる猫種です。よきパートナーとして、また家族の一員としてお迎えして頂けるきっかけになれればと思います。

最期までお読みいただきありがとうございました。良きキャットライフを!

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント