ラグドールの子猫と出会える場所は?飼い方やおすすめ商品もご紹介!

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

猫の中で一番綺麗な猫ラグドールをご存知ですか?数年前に美猫としてテレビで紹介されたのをきっかけに多くの人に知られるようになりました。今ではたくさんの愛猫家たちに大切に飼われています。

そんなラグドールの子猫って見たことありますか?成猫は美形ですが、子猫の時期はあどけなくて可愛いんですよ。ラグドールの子猫に出会える場所や飼い方、注意点などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ラグドールの子猫と出会える場所

ラグドールという名前は聞いたことがあってもラグドールの子猫を直接見たことがある方は少ないのではないでしょうか。ラグドールは知名度や人気度は高いですが、頭数が少ないということもあり、いつもでもどこでも会えるというわけではないようです。

ではそれぞれの出会う場所のメリット、デメリットはどういったものがあるのか見てみましょう。

ペットショップ

みなさんにとって一番身近なのはペットショップではないでしょうか。大型商業施設やホームセンターの中にはほとんどと言っていいほどありますよね。買い物ついでについついのぞいてしまいます。

メリット

最近ではチェーン店であればビデオ通話などで他の店舗にいる子猫も見ることができるショップが多いです。近くのショップに行くだけで希望の子を連れてくることができるのは助かりますよね。

旦那
旦那

確かに遠くで気に入った子がいても迎えに行くことが難しい人も多いよね

まめこ
まめこ

未来の家族のためならどこまでも・・・って言ってもすぐに時間が作れるとは限らないからね

デメリット

ペットショップはさまざまなところを通して店舗に来ることが多いため、価格が高くなります。また生体代金に加えて諸経費がかかるペットショップが多いので考えていた金額よりも大幅にオーバーしてしまうこともあり得ます。

お迎え前には生体代金だけでなく全て含めてどれくらいの金額になるのかを確認した方が安心ですね。

ブリーダー

子猫を安心してお迎えしたいという方におすすめなのはブリーダーからお迎えすることです。

メリット

ブリーダーからお迎えするメリットは子猫が育った環境を見ることができることです。ラグドールぐらいの人気な猫種だと比較的金額も高価になります。

そうなるとどうしても出てくるのが悪徳ブリーダーと呼ばれるお金儲けしか考えていないブリーダーです。悪徳ブリーダーの飼育環境というのは汚れていたり、猫たちのことを考えていないような環境がほとんどです。

良いブリーダーの多くはアポさえとれば飼育環境の見学ができます。自分の目で見たほうが安心できますよね。

ブリーダーの見分け方についてこの記事でも詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

子猫を販売しているのはどこ?悪徳と優良ブリーダー見分け方!

デメリット

ペットショップとは違いブリーダーさんは個々でお仕事をしていることがほとんどです。もし気に入った子に会えなければまた移動して違うブリーダーさんのところに見に行く必要があります。

違う都道府県に行かなければならなかったり、地方すらも越えなければならないかもしれません。どうしても時間がかかってしまいますね。

まめこ
まめこ

もしお迎えする場合はそこのブリーダーさんにはどんな子がいるのか調べてから行ったほうがいいと思うわ

旦那
旦那

ある程度どんな子が良いのか決めておいた方が良いのかもしれないね

里親

最近ではネットで里親情報を見ることができます。動物愛護に関心が高まっている今、里親という選択は重要な役割を担っています。とても良い社会傾向であると思います。

メリット

これは人と言うよりも子猫たちにとってのメリットですが、安定した環境が整っていることが挙げられます。里親になろうと思った時、多くの場合は審査があります。ちゃんと安全に過ごせるような環境であるかなどを調べます。

そのため子猫にとっては過ごしやすい環境で育つことができます。お家の子がのびのびと幸せそうに育ってくれることが飼い主さんにとっても幸せなことではないでしょうか。

デメリット

里親としてラグドールの子猫と出会うことは難しいでしょう。もちろん里親サイトでラグドールと検索するといくらかヒットします。ですがほとんどが成猫です。

ラグドールの子猫はその可愛さや人気さですぐにお家が決まるのでしょう。子猫にとっては嬉しいことですが、里親になりたいと考えている方はこまめにチェックして連絡を取る必要がありますね。

成猫からと子猫から、どちらが飼いやすいの?

ラグドールの場合、成猫からでも子猫からでも飼いやすさにそこまで大差はありません。ですがどちらかというと子猫からのほうがおすすめです。

ラグドールの基本的な性格はその名の通り”ぬいぐるみ”のように抱っこ好きで、落ち着いた子が多い猫種です。そのため成猫から飼ったしても力が強すぎて大変とか、極端に人嫌いということはあまりないかと思います。

ただ子猫から飼うメリットとしてその子の性格を1から見ることができたり、風邪を引きやすい子なのか下痢をしやすい子なのかなどを成長の段階で知ることができます。

その子の年齢ではなく、運命を感じるかどうかでお迎えすることが幸せなペットライフに繋がります。

旦那
旦那

ラグドールは成猫でも子猫でも飼いやすいんだね

まめこ
まめこ

見た目良し、性格良しってラグドール最強ね

猫人気ランキングで10位以内に入るだけあるわね

 

ラグドールの子猫をお迎えするときの注意

実は他の猫種と違いラグドールの子猫で注意しなければならないことがあります。それはカラーです。

ラグドールのカラーはホワイトとの組み合わせ、そして模様の入り方で何通りもあります。こちらの記事では様々なカラーを写真を用いて紹介しているので興味のある方は見てみてください。

ラグドールのカラーは何色?人気カラーや呼び方は?色別の性格も調査

ラグドールの子猫はもっと全身がホワイトに近い子がほとんどです。ペットショップやブリーダーで見ることができる子猫は約2か月齢以降の子たちですが、ふわーっと模様が見えるぐらいでそこまではっきりとしていません。

濃淡はその子によって違いますが、成長するにつれて少しずつはっきりしてくるので心配はいりませんよ。

 

ラグドールの子猫の飼い方

ラグドールの子猫も他の猫の飼い方と大きく違うことはありません。産まれてすぐから、ある程度手がかからなくなる生後半年までの育て方はこちらの記事を参考にしてみてください。

子猫の飼い方ってどうしたらいいの?笑顔で一緒に暮らすために

まめこ
まめこ

大人になると落ち着きのあるラグドールだけど、子猫の時は

他の猫と同じでやんちゃらしいわよ

旦那
旦那

そっちのほうが子供らしくて可愛いね

まめこ
まめこ

私のお客さんでラグドールを飼ってる人がいるんだけど、

どんなに落ち着きのある子でもキャットタワーは必須って言ってたわ

旦那
旦那

やっぱり猫だから性格に関係なく爪とぎとかキャットタワーは必要なんだね

子猫がお家に来てワクワクする気持ちはわかりますが遊びすぎは禁物です。子猫が疲れ切って体調を崩してしまっては元も子もありません。

1日のうち18時間以上はゆっくり休めるように配慮してあげましょう。人間の子供と同じで自分自身で遊ぶ時間の制限ができないので飼い主さんが制限してあげなければいけません。これから10年以上一緒にいられるので遊び急ぐ必要はないですよ。

ラグドールの子猫におすすめの用品

トイレやフードボウルなどは他の猫種と同じようなものでも全く問題ありません。ここからはラグドールの子猫だからこそおすすめしたい用品を紹介します。

キャットフード

用品の中で一番重要なものがキャットフードです。子猫の時から質のいいフードを与えることで、体の中も外も健康で綺麗に保つことができます

おすすめフードひとつめは「モグニャン」です。モグニャンは全年齢対象なので子猫から老猫までフードを変える必要がありません

ラグドールの綺麗な被毛を保つために必要なオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が十分に入っています。これらは子猫の成長にも欠かせない栄養素なので子猫から与え続けることがおすすめです。

プレミアムキャットフード『モグニャン』

どうしてもネットのみの販売だと購入に勇気がいるという方も多くいると思います。そんなかたにおすすめのフードが「ニュートロワイルドレシピ子猫用」です。

このフードはペットショップであれば置いているところが多いかと思います。ワイルドレシピは猫にとって消化しにくい栄養素である穀物が不使用のため子猫でも消化不良を起こさず食べることができます。

また高たんぱくのため大型猫種であるラグドールの子猫の成長に効果的です。もちろんオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸もバランスよく入っています。

しなやかな筋肉と上質な被毛を持つラグドールにはぜひ食べさせたいフードですね。

子猫に与えるフードはお迎え先と同じものを!

おすすめのフードを2種類紹介しましたが、子猫をお迎えしたときはまずお迎え先で与えていたフードと同じものを購入しましょう。いきなり環境もフードも変わってしまうと食欲不振になったり、体調を崩してしまう原因になります。

切り替える際は、今まで食べていたフードにこれから与えたいフードを少しずつ混ぜていき、2週~1か月ほどかけて完全に切り替えましょう。

生後4か月頃まではフードをふやかします

子猫の時期は歯が生えそろっておらず、硬いものを食べることができない子もいます。ドライフードの量を量った後に同じぐらい水やお湯を入れてふやかすことで、柔らかくなり食べやすくなります。

また若年期に発症しやすい”尿路結石”という石ができてしまう病気は水分接種が少ないと発症リスクが上がります。そのためご飯と一緒に水分を補給できるふやかしご飯がいいでしょう。

ウェットフードであればふやかす手間がなく与えられますが、開封後の保存期間が短かったり、成長しても缶詰しか食べなくなってしまうこともあるのでよく考えて与えましょう。

旦那
旦那

俺だったら時間がない時用にウェットフードも買いだめするなぁ

まめこ
まめこ

もしあげるならドライフードと同じメーカーのウェットフードのほうが

偏食せず食べてくれそうね

成猫になるとホワイトを基調とした長毛がふわふわと美しいラグドールですが、子猫の時期はそこまで毛量が多くありません。とはいえブラッシング兼マッサージで健康な被毛を育てる必要があります。

子猫の時期からブラッシングに慣れさせると成猫になっても嫌がらずやらせてくれます。ブラッシング好きでお腹を出して甘えてこられたら堪らないですよね。

そんなラグドールの子猫におすすめのブラシは「ピロコームE1(やわらかめ)」です。ブラシ部分がとても優しい硬さでブラッシングとマッサージを一度に行うことができます。

飼い主も握りやすい設計になっているため、ブラッシングしている方もされている方も心地よい気持ちになれますね。

じんわりとした優しい色のラグドールですが、淡い色であるがゆえに涙やけが目立つことがあります。涙やけとは涙が目の周りに付くことで菌が繁殖し、毛が赤黒くなったり、皮膚が炎症を起こしたりするものです。

子猫は成猫に比べ涙の量が多いので小さいうちからしっかりとお掃除をしましょう。しかし涙と併せて目ヤニもたくさん出るようだと目の傷や猫カゼの可能性のあるので病院に診てもらいましょう。

この商品のようなシートタイプであれば他に何も用意がいらないので楽ちんですね。涙やけは一日で出来るものではありません。毎日の涙がどんどんと染みついてなるのです。だからこそ涙やけができる前の予防が大切です。

こちらは私が大好きな商品です。きっとみなさん気にいると思いますよ。ウィンドウベッドとはその名の通り窓に取り付けるタイプのベッドです。

吸盤タイプのものがほとんどなので使用方法は間違っていないか、体重制限に引っかかっていないか、吸盤が劣化していないかなど落下防止のために気を付けることはたくさんあります。ですが、家の中からでも外からでもお家の子の可愛さが堪能できますよ。

おっとりラグドールだからこそおすすめです。子猫のうちは低い位置に設置してあげたり、下にクッションなどを置いてあげると安心ですね。

 

費用

用品などもすべて含めてだいたいどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

ブリーダーからラグドールの子猫をお迎えするとなった場合の平均は諸費用込みで15~35万円ほどです。ペットショップからですと諸費用込みで25~45万円ほどになります。

生体価格の差もありますが、保障面などの諸費用の差も大きく感じます。運命の子なら金額なんて関係ないと思う方もいるかと思いますが、生体価格に合わせて用品代もかかるので注意しましょう。

猫用品をすべてそろえる場合の平均金額は約2万円です。内訳は下記のとおりです。

猫砂・トイレ 約5,000円
キャットフード 約5,000円
食器・給水器 約2,500円
爪とぎ 約2,500円
おもちゃ 約1,500円
お手入れ用品(爪切り、ブラシ等) 約3,500円
合計 約20,000円

キャットタワーやゲージも合わせて購入する場合、用品で5万円程度かかるかと思います。用品の買い物はネットや他のショップと金額を比べながら行う方が、安く良いものを手に入れることができるかもしれませんね。

旦那
旦那

俺はあんまり買い物得意じゃないなぁ

まめこ
まめこ

どうして?プレゼントとかもそうだけど誰かのことを考えながら

買い物をするのは楽しいわよ?

旦那
旦那

まめこは買い物上手だからなぁ

まめこ
まめこ

でも初めて飼う人なら人気商品をスタッフさんに聞いて、

気に入ったら購入する方が安心かもね

また実際にその場で購入してかかる費用だけではありません。ブリーダーやペットショップではペット保険に加入することができます。いざというときの備えのために保険料も考えておきましょう。

保険料はピンキリで補償内容によっても変わります。手術だけの保証なら月500円からとか通院、入院、手術全て対象で月2500円などさまざまです。

いろんな会社のペット保険を比べることをおすすめします。ですが、ネット保険の場合資料請求をして隅々まで読んで、わからないところはコールセンターに電話して…と大変です。

ちゃんと全て理解しないと、治療したのに補償の対象外で保険が適用にならなかったということもあり得ます。最初のペット保険はブリーダーさんやスタッフさんが説明してくれたものに加入した方が、その場で質問できるので安心かもしれないですね。

そもそもペット保険になじみがない方もいらっしゃると思うのでこちらの記事も読んでみてください。治療費って想像以上に高くなることも多いんですよ。

ペット保険に入る?入らない? 愛猫の医療費への備え方を見直そう

 

ラグドールの子猫を迎え入れるための環境作り

可愛いラグドールがいた!運命の子だわ!と思ってもできればお家の準備をしてからお迎えしたいですよね。整った環境を作ってから子猫ちゃんを連れて帰った方がバタバタせず、子猫にとってのストレスも減らすことができます。

子猫の生活スペースを決める

まずはどこにキャットタワーやゲージを置くか考えましょう。1番のおすすめはリビングです。常に人から子猫が見える為安心ですよね。

子猫は家中フリーにしていると迷子になってしまったり、怪我をする恐れがあるので最初は一部屋だけで飼いましょう。生活スペースのおすすめはリビングですが、違う部屋でももちろん大丈夫です。

ただ、玄関までに扉がある部屋を選びましょう。若いうちはラグドールといえど遊びまわったりするので、扉がないとなにかの拍子にそのまま玄関から飛び出してしまうかもしれません。

もしリビングを生活スペースにしたいけど玄関まで扉がないということであれば、フェンスを設置しましょう。子猫のうちはそこまでジャンプ力もありませんが、成猫になると簡単に1m以上飛びます。驚きですよね。

そのため、上から下までカバーできるフェンスゲートがおすすめです。

配線を片付ける

配線と言うのはコードとコンセントです。どちらもいたずらをすると感電して命にかかわる危険があります。

コードはカバーをつけて壁に寄せるようにしましょう。もしテレビの裏だけと言うのであれば裏に入らないようにフェンスを設置しましょう。使わないコードは抜いておくことも大切です。

使わないコンセントにもコンセントカバーをつけましょう。猫ちゃんが気になって爪を入れてしまったりすると大事故に繋がります。あまり馴染みのないものだと思いますが、デザインも可愛いものがたくさんあります。猫デザインのものもありますよ。

小物は引き出しの中や違う部屋に片付ける

小さいものは誤飲の危険があります。また口に入らないくらいの小物だとしても、棚の上に置いていると落下の危険があります。

子猫と言えど結構高い棚にのぼってしまうこともあります。猫ちゃんにとって危険なものもそうですが、落として壊されたくないものなどもちゃんと片付けるようにしましょう。

まめこ
まめこ

よくテレビで飼い主の顔色をうかがいながら

ものを落とそうとする猫を見るわね

旦那
旦那

子猫のためにも人のためにも引き出しの中とかに片付けなきゃいけないね

観葉植物にも注意!

観葉植物は癒し効果があったり、インテリアとしても部屋の印象がパッと明るくなるため置いている方も多いのではないでしょうか。ですが観葉植物の中にはがあるものもあります

子猫はなんでも口にしてしまう危険があるため観葉植物も片付けるか、フェンスで囲んだ方がいいでしょう。猫は犬と違いジャンプ力があるのでそれなりの高さが必要です。また、登れないタイプのフェンスでなければ意味がないのでそれなら観葉植物を他の部屋に移動する方が楽ちんです。

棚などが階段状になっていて上まで登れたりしないか

猫はしなやかな筋肉を持っています。そのため少しの凹凸でもよじ登ることができます。ジャンプ力もあるのでテレビの上から棚の上、カーテンレールの上のようにぴょんぴょん飛び乗ってしまいます。

猫と言えど子猫の時期は着地が上手にできない子もいるので、そんな高いところから落ちたら大変です。落下事故や怪我を防ぐためにも家具の配置を変えたり、よじ登れないように装飾品を外すなどの工夫が必要です。

 

まとめ

  • ラグドールの子猫とは「ペットショップ」「ブリーダー」「里親」などで出会える
  • ラグドールの子猫は、全身が真っ白に近く、成長につれて色がはっきりしてくる
  • 飼い方は他の猫種の子猫とほとんど変わらなく、1日18時間以上の睡眠時間が必要
  • 子猫の時から健康のために厳選した用品を使用することが重要
  • 費用はどこからお迎えするかでも大幅に差が出が、用品のみであれば5万円程
  • お迎え前に子猫が安全に過ごせる環境を用意することが幸せなペットライフにつながる

美形でたくさんの人を魅了するラグドールの子猫時代は他の子猫と変わらず遊び好きです。十分な睡眠時間も確保しながら、短時間で子猫が満足できるような遊びができたら完璧です。ボールや猫じゃらしなどいろんなおもちゃで遊んでみてください。

またラグドールは大型猫種のため成猫になると6kg以上になる子もいます。小さい時の写真はたくさん撮っておきましょう。

1か月違うだけでだいぶ大きさが変わります。我が子の成長は嬉しくもあり、ほんの少し寂しくもありますよね。きっとお迎えして1年後には、子猫の時は可愛かったけど今はその時の3倍可愛いなんて言うようになってるかもしれませんよ。成長が楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント