ラグドールにおすすめキャットフード4選! フード選びのポイントは?

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



大人しく従順な猫種として知られるラグドール。日本でもその魅力で人気ランキング10位以内に入るほどになりました。ふわふわの被毛とと大きな体はとても可愛らしいですよね。

ラグドールの美しい毛並みと大きな体を作るのに大事なのが毎日の食事です。ラグドールの大きな体を維持するには、どんなキャットフードを与えるのがいいのでしょうか。今回はキャットフードについて徹底調査しましたのでお伝えします。

 

スポンサーリンク

1日に与えるキャットフードの目安

ラグドールに与えるキャットフードの量は、年齢によって変わってきます。

ここでは、年齢によるキャットフードを与える量の目安についてご説明します。

4歳までの子猫時代

生後すぐはミルクのみで成長しますが、歯が生え始める頃に離乳食を始めます。生後2ヶ月くらいになったら徐々に離乳食からキャットフードに切り替えるようにします。

子猫時代は多くのエネルギーを消費しますが、消化できる胃の量も小さいため、一回で与える量を少なくして、回数を一日3~5回と増やして調整することになります。食べられる量が増えてきたらだんだんと回数を減らしていきます。

4歳~6歳まで

体が大人になると、子猫時代に比べて必要なエネルギー量が減り、一回で食べられる量も増えるため、一日に2~3回フードを与えるようにします。

量は体重と比較しながら決めていくようにします。

体重 一日に与える量
3.5~5㎏ 48~63g
5㎏~6.5㎏ 63~76g
6.5~8㎏ 76~89g
8~10㎏ 89~105g

7歳から

7歳からのシニア猫になると、自分で自分の食べる量をコントロールできなくなり、量を多く食べ過ぎてしまうことがあります。

シニア猫のフードを与える回数は一日1~4回ですが、体重の変化をよく観察しながら与えるといいでしょう。たくさん食べるからと言って与えすぎると、肥満やそれにともなう病気の原因につながってしまい

また、15歳以上の高齢猫では食べるときと食べないときの差が激しくなってくるため、いつでも食べられる環境を整えることが猫のストレスを減らすことにもなります。

 

キャットフードの選び方

ラグドールに必要なキャットフードを選ぶためのポイントは以下の3つです。

  • 良質な動物性たんぱく質
  • グレインフリー
  • バランスの良い食物繊維

それぞれについて詳しく見ていきましょう

良質な動物性たんぱく質

猫は肉食ですので、どの猫種であっても基本的に良質な動物性たんぱく質が必要になってきます。

ラグドールの場合は、がっしりとした骨格と筋肉質な体を維持するためにたんぱく質を多く摂取する必要があります。

フードを選ぶときには成分表を確認し、たんぱく質量が25~35%以上のフードを選ぶと良いでしょう。

グレインフリー

穀物(グレイン)が入っていないフードは猫の消化を助けます。猫は肉食ですので、穀物からの栄養はほとんど取れないと思っていいです。

逆に、グレインが入っているものは、アレルギーの原因になる事もあります。ラグドールは皮膚病にかかりやすい猫種だと言われています。アレルギーの元であるグレインはできるだけ避けるようにしましょう。

バランスの良い食物繊維

どの猫種でも気を付けたい「毛球症」。毛球症は猫がグルーミングの時に自分の毛を舐めて、それがお腹の中にたまってしまうことで発症する病気です。長毛種であるラグドールは毛球症にかかりやすいと言われています。

お腹の中の毛球の排泄を促すのが食物繊維です。食物繊維には水分を腸まで運んできてウンチを柔らかくする水溶性食物繊維と、腸を刺激してウンチの体積を増やしてくれる不溶性食物繊維があります。

どちらもバランスよく入っているフードが猫の腸内環境を整えるために必要なものになってきます。

 

おすすめキャットフード

ラグドールにおすすめのキャットフードは次の4つです。

  • カナガン
  • シンプリ―
  • アカナ
  • ロイヤルカナン

カナガン

カナガンはイギリス原産のキャットフードです。放し飼いされた鶏を原材料として使用しており、グレインフリーをうたっています。たんぱく質も37%と高めでラグドールにはぴったりのフードになっています。

他にも、海藻やサツマイモ由来の食物繊維が配合されており、毛玉対策にも効果が期待できます。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

鶏肉にはたんぱく質、ビタミン、リンのほかに、抗酸化作用のあるセレンが含まれているよ。

まめこ
まめこ

尿路ケアにいいクランベリーやビタミンCも配合されているのね

 

この投稿をInstagramで見る

 

#カナガン のInstagram公式ページ見たら リニューアルしてフードの種類が増えてる! こっちだといつから販売するんだろう🤔?✨ 気になるから#レティシアン にお問い合わせしてみた🙈 昨日問い合わせたからまだ返事こないけど笑 今まで味がチキンのみだったから 種類増えるの凄い嬉しい( ´ω` )/💓 今まで色んなフードあげてきたけど 食い付きの良さはがちでカナガンがダントツ😂 最近はカナガンとシンプリー混ぜて上げてるけど3匹ともカナガンのみ食べてシンプリー残す🤦‍♀️モグニャンの時はもっと酷くてストライキ起こしてご飯食べなかった😂 新しいフード楽しみだなぁ😌💓 #キャットフード #キャットフードジプシー #グレインフリー #canagan #猫 #猫馬鹿 #ペットじゃなくて家族

NARUMIさん(@narumi_310)がシェアした投稿 –


価格は1.5㎏で3960円です。

シンプリ―

イギリス産のシンプリ―は動物栄養学者との共同開発で生まれたキャットフードです。

たんぱく質は37%と高く、原材料としては魚を主原料として製造されています。豆類などのグレインもフリーとなっているため、ラグドールにぴたったりのフードと言えます。

シンプリ―には人工的な添加物が一切使われていません。安いキャットフードでは香料や保存料が使われている場合がありますが、シンプリ―ではそう言ったものを使わず、天然の香料や保存料を使用しています。シンプリ―に変えて猫の食いつきがよくなったという声が聞かれますが、天然の香りに由来するものだったんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . . Symply🐹❤️. . . イギリス産プレミアムキャットフード ペットフードの達人でSランクの安心して与えられるご飯です☺️. . . 病気にならずに元気で長生きして欲しいから毎日食べる食事には気をつけてあげたいですね キャットフードの達人で検索したら与えてるキャットフードに使われてる原料や危険度が出てきますので検索してみて下さい 特に日本メーカーのペットフードガイドラインは危険すぎるので注意してね #Symply #イギリス産 #シンプリーキャットフード #キャットフードの達人 #4Dミートなし #保存料なし #着色料なし #グレインフリー #プレミアムキャットフード #レティシアン #カナガン #ジャガー #オスピュア #台風は大丈夫でしたか? #にゃんタッキーちゃん #ちかえりちゃん #早く戻っておいで❤️

#柚乃 もかさん(@yuzuno_moka)がシェアした投稿 –


価格は1.5㎏3960円です。

アカナ

アカナはカナダで作られているキャットフードです。原材料としては鶏肉、七面鳥肉、全卵、魚など、豊富な動物性たんぱく質を含む材料で作られています。たんぱく質量も37%となっています。

また、腎臓疾患に影響するリンやカルシウムの量に配慮がされている配合になっています。尿路結石の予防やむくみ予防に効果のあるクランベリーが含まれているのも特徴の一つです。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンはフランスの獣医師が作ったペットフードブランドです。ロイヤルカナンでは、ラグドール専用フードが製造されています。

ロイヤルカナンラグドール専用フードは鶏、七面鳥を主としてつくられており、たんぱく質量が30%以上となっています。

また、毛玉の排泄に配慮して、サイリウムという水溶性食物繊維が配合されています。そのほかに酵母及び酵母エキス、ラクトオリゴ糖という腸内環境を整え排便をスムーズにする成分が含まれていますので、ラグドールのお腹にたまったものを出しやすく考えられています。

まとめ

  • ラグドールに与えるキャットフードの量は年齢によって異なる
  • 幼猫期は1日3~5回、大人になってからは2~3回、シニア猫には1~4回体重に応じてフードを与える
  • キャットフードを選ぶときは、良質のたんぱく質、グレインフリー、バランスの良い食物繊維をポイントにして選ぶ。
  • おすすめのキャットフードはカナガン、シンプリ―、アカナ、ロイヤルカナンの4つ。

食事は体を作るとともに、ラグドールの健康を維持するために最も重要な要素になります。ラグドールが満足して健康にも配慮できるようなフードを選びましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。よいキャットライフを!

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント