ペット保険に入る?入らない?うさぎの医療費への備え方を見直そう

うさぎ
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

愛らしいお顔と仕草で私たちをなごませてくれるうさぎ。お迎えしたころは元気いっぱいでも、年とともに病気が心配になってきますよね。

万が一、病気になったときの備えはしていますか?もし、医療費が高額になったら?

そんなときのために、医療費の負担を軽くする保険に加入するのもひとつの方法です。ここでは、保険に入るか迷っている方のために知ってほしいことをご紹介します。

スポンサーリンク

ペット保険とは?

ペット保険をご存知ですか?人間の保険とちがって、あまり聞き慣れないかもしれませんが、ペットも保険に入ることができるんです。

私たちには健康保険があり、医療費の負担は3割ほどです。でも、ペットには健康保険がなく医療費は100%自己負担。そのため、通院だけでなく、入院したり手術をすると、高額の医療費がかかることも。

そんなとき、保険に入っていると飼い主さんの負担を軽減してくれます。

うさぎにペット保険は必要?

そもそも、うさぎにペット保険は必要なの?と思ってしまいますよね。実際はどうなのでしょう。

保険に入っていてよかったと思うとき

保険に入っていてよかったと思うときは、実際に給付金を受け取って、飼い主さんの負担が軽くなった時だと思います。

保険はいざという時になって初めて、ありがたみがわかるものです。でも本当は、保険を使うような事が無いにこしたことはないですよね。

保険に入らなくてもよかったと思うとき

保険に入らなくてもよかったと思うのは、「保険を使う機会がなかったから」という方が多いです。でも、保険対象外で給付されなかった場合を除き「保険を使う機会がなかった」ということは、うさぎが健康でいてくれたという事でもありますよね。それはそれで喜ばしいことです

もし医療費が高額になったら??

貯金でまかなえる範囲だったらいいのですが、医療費高額で支払えない場合は、治療自体をあきらめることになりかねません。保険に入っていれば、医療費の負担が軽くなります。

旦那
旦那

医療費が払えないからあきらめるっていうのは、かわいそうだな。

まめこ
まめこ

そうね。そうならないためにも、よく考えないとね。

結局は飼い主さんの考え方しだい

保険はおまもり代わりとよく言われますよね。保険に入っていれば安心ではありますが、どうとらえるかは、結局は飼い主さんの考え方しだいによるところが大きいです。

うさぎがかかりやすい病気

うさぎを飼ったことにない方は特に「うさぎも病院に行くの?」と思われるかしれません。うさぎも私たちと同じで、病気ケガをすることがあります。

昔に比べ、寿命が長くなったぶん、シニア特有の病気になることもありますし、うさぎがかかりやすい病気もあります。いくつか例をあげてみますね。

  • 毛球症
  • コクシジウム症
  • 皮膚炎
  • 斜頸
  • 緑内障
  • 白内障
  • 角膜炎
  • 熱中症
  • 生殖器の病気
  • 不正咬合
旦那
旦那

ともだちの家のうさぎは、高い所から落ちて骨折したんだって。

まめこ
まめこ

病気以外にケガの心配もあるのね。

うさぎの医療費はどのくらいかかるの?

同じ病気やケガでも、治療の日数や病院によって医療費は変わってきます。また、通院だけでも日数が多くなればそれだけ医療費はかさみます。

治療内容にもよりますが、入院・手術ともなると数十万円になることも多く、かなり高額になってきます。

うさぎの治療をしないとどうなるの?

治療をしないという選択肢もあります。手術になった場合は麻酔のリスクもありますし、麻酔で命を落とすこともあります。

手術をすれば100%完治するという保証もありません。それだったら、痛い思いをさせてまで手術をさせたくない、という方もいらっしゃいます。

かかりつけの病院ともよく相談し、うさぎと飼い主さんにとってのベストな選択をしてあげたいものです。

うさぎが保険に入るメリットとデメリット

保険に入ることのメリットとデメリットをあげてみます。

メリット

  • 医療費の負担が軽くなる
  • 突然の医療費にあわてなくてすむ
  • 治療の選択肢が広がる
  • 安心できる

デメリット

  • 保険料の負担が大きい
  • 払った保険料が掛け捨て
  • 補償適用外のものがある

こちらの記事では、補償対象外や難しい用語の既往症、告知義務などを詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

必要?不要?気になるペット保険について知っておきたいこと

うさぎが保険に入る場合はどうする?

既往症があると加入できなかったり、補償内容に制限がある場合があります。また、加入年齢に制限があるため、保険に入る場合はできるだけ早めに検討することをおすすめします。

補償内容保険料によってさまざまですので、飼い主さんの生活に負担がかからない範囲で加入しましょう。

うさぎが保険に入らない場合はどうする?

保険に入らないという選択肢もあります。ただし、入院・手術は高額になります。いざという時にあわてない為にも、病気や怪我に備え、ペット保険を支払っているつもりで、普段から貯蓄しておくといいですね。

うさぎが健康で長生きするために

早めに病院へ

うさぎは、我慢強く、様子がおかしいと思ったときには深刻な状況になっている場合があります。 病気が進むと、治りにくくなったり、治療が長引いたりすることも。 そうなる前に、早めに病院にかかるようにしましょう。

うさぎを診てくれる動物病院は限られています。できれば、お迎えする前に動物病院を探しておくと安心です。

避妊、去勢で病気を予防

女の子特有の病気、男の子特有の病気は、、去勢手術をすることで予防することができることもあります。かかりつけの病院で相談してみるといいでしょう。

毛球症対策

うさぎのかかりやすい病気のひとつに「毛球症」があります。これは、毛を飲み込んだことで、体内で毛が溜まってしまうことで起こる病気です。ときには命を落とすこともあります。

とくに毛がかわる換毛期は大量に毛が抜けます。予防のためにも普段からブラッシングをしてあげましょう。

まとめ

  • ペットの医療費は100%自己負担
  • 結局は飼い主さんの考え方しだい
  • 入院・手術は数十万円になることもある
  • 保険加入のメリットやデメリットも視野に
  • 保険に入る場合は早めに、入らない場合は貯蓄で
  • ふだんから病気の予防を心がける

ペット保険の加入について迷っている方が、少しでも考えるきっかけになればと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント