パグにトリミングは必要?健康のために大切な事から料金まで

パグ
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

こぼれ落ちそうな大きな目とペチャっとしたお鼻がキュートなパグ 。初めてパグと一緒に暮らした飼い主さんは思った以上の抜け毛に驚かれたのではないでしょうか。

短毛種だけど暑そうに舌を出している姿を見ていると抜け毛対策や暑さに弱いパグのためにトリミングをした方が良いのかしら、と思ってしまいますね。悩んでいる飼い主さんの為に、パグのトリミングの必要性と被毛の役割について調べてみました。

 

スポンサーリンク

パグはトリミングしなくていい

まず初めに結論を言ってしまうと、もともと短毛種のパグにはトリミングはあまりお勧めできません。もちろん、飼い主さんの判断や好み、皮膚炎の治療の為にサマーカットなどトリミングをしているワンちゃんもたくさんいます。ではパグにはトリミングをお勧めしない点と、もしもトリミングをした時の注意点を確認しましょう。

パグの抜け毛対策とトリミング

パグは短毛種で、一見硬そうな被毛に見えますが、二重構造(ダブルコート)になっていて硬い目の上毛(オーバーコート)と柔らかい下毛(アンダーコート)があります。このダブルコートの犬種は季節の変り目、冬になる時と夏になる時には気温に合わせて体温調節しやすいように大量に毛が抜けます。

少しでも抜け毛を減らす為にトリミングをする飼い主さんもいますね。でも残念ながらトリミングしても抜け毛が無くなる訳ではありません。見た目に落ちている毛が短くなっているので目立たないだけですね。目立たないだけでお家の中には短い毛が舞っているのです。だったらお家に落ちている毛が目に見えて、取り除ける方が衛生的には安心な気がしませんか。

犬の毛が抜けるのは季節に合わせて人間が衣替えをするのと同じで、汗をかかない犬の体温を調節する為には必要なのです。どんどん出てくる抜け毛はしっかり取り除いてあげなければいけません。きちんとブラシをかけてあげれば家の中にまき散らす抜け毛も減りますよ。それでも気になる時やお出かけの時の抜け毛対策として洋服を着せるのもいいですよ。

まめこ
まめこ

家の掃除機を一回かけるだけで、パグがもう一匹できるんじゃないかってくらいパグの毛っていっぱい抜けるよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

パグ 1匹分‥それだけあれば、私の髪も‥

旦那
旦那

先生、いくら寂しいからって毛質が違うから!

パグの暑さ対策とトリミング

舌を出して「ヘッヘッ」と暑そうな姿を見るたびに少しでも涼しくしてあげたいと思いますよね。トリミングで全剃りまではいかなくても、もっと毛の量を減らしたら涼しくなるのでは?と思う方がいるかもしれませんね。

暑そうに見える被毛でも日差しから皮膚を守ったり、お散歩の時に虫や怪我から守る役割も持っているのです。短くカットしてしまうと光を直接浴びてしまうことになり逆に熱中症になりやすいのです。草むらに入った時に小枝で傷をつけたり、虫に刺されやすいと言う危険もあります。犬の皮膚は人間よりもずっと弱いので気をつけてあげましょう。

でもパグが暑さに弱いのは被毛のせいだけではありません。パグだけでは無いのですが、口の構造のでせいで鼻ぺちゃ犬はみんな暑さにとても弱くて、熱中症要注意のワンちゃんたちなのです。では、どうして鼻ぺちゃ犬が熱中症になりやすいかが、病気についての記事に詳しく書かれていますのでこちらを読んでみてくださいね。

パグのかかりやすい病気は?これを覚えておけば安心まとめ!

パグの暑さ対策にはトリミングよりも、室内では冷房をつけることや、お外に出るときは涼しい時間帯を選んでクールベストなどの冷却機能のある服を着せる、冷たいお水を用意するなど体温を下げる工夫をしましょう。

トリミングとグルーミングの違い

トリミングとグルーミングは何が違うのでしょうか。ブラッシングからシャンプー、爪切り、耳掃除、肛門周りや足の裏の毛のカット、肛門線絞りなどがグルーミングです。これに加えて体のカットをするとトリミングになるのです。

パグにトリミングは基本必要ありませんが、ワンちゃんの体を清潔に保つために1ヶ月に1回はトリミングサロンでプロのトリマーさんに隅々までお手入れしてもらうことをオススメします。やっぱりプロの手で丁寧にブラッシングしてもらうと綺麗に抜け毛も取り除いてもらえます。

体も清潔になって通気性も良くなり体温調節もしやすくなりますよ。ワンちゃんにとっても飼い主さんにとっても快適になると思います。グルーミングは全身をくまなくお手入れしてもらうので体の異変にも早く気付くことが出来ます。

お家でもお手入れ

お家でも欠かせないお手入れがあります。毎日のこまめなブラッシングで抜け毛を取ってあげる事で、お部屋に落ちる毛も減らすことができます。抜け毛が溜まったままだと体温調節の妨げや、皮膚トラブルの原因にもなります。暑さ対策の為にもいつもスッキリしておいてあげましょう。

皮膚を清潔に保つ為にも抜け毛を取るブラッシングはとっても大切なお手入れです。パグの為のお手入れの仕方がこちらに書かれていますので合わせて読んでみてくださいね。

パグのお手入れ方法を徹底解説!必要グッズやポイントなど

トリミングしたいとき

まず気になる料金ですが、パグで調べるとシャンプーコース(グルーミング)だけしか表示していない所も多いです。だいたい3500円〜4000円ですね。カットまでのトリミングの値段は平均5000円〜6000円という所です。金額については初めにちゃんと確認した方が良いですよ。

トリミングすると見た目が一回り小さくなった感じがして、涼しそうでもあるし、シャンプーなどのお手入れが楽皮膚炎の時もカットをすることがありますね。皮膚炎の治療で薬浴をする時に、毛が短い方が皮膚に直接お薬がつくので効果が出やすいという理由があります。

色々な理由があってサマーカットされる飼い主さんもいます。トリミングをするときの注意点として、短く刈り込んでしまうと毛色が変わってしまったり、伸びてきた時に毛の質が変わってしまうこともあります。バリカンで刈る時にはトリマーさんとよく相談しましょう。

体全体を短くトリミングした時は、皮膚を守るものが無くなってしまっているので洋服を着せて体温調節と皮膚の保護をしてあげなければいけません。特に暑い時期にお外に出るときは日差しの刺激と虫から守る為に薄手の袖付きのシャツなどを着せてあげましょうね。

パグのカットスタイル

パグは毛が短いので、ポメラニアンやヨークシャテリアのようにいろんなカットを楽しむということは出来ませんね。お尻周りや目の周りの毛だけカットしたりもしますが、多いのは顔まわりだけ残して身体は全部短くカットするスタイルです。

中には尻尾の先だけを残して尻尾だけライオンカットにしてちょっとしたバリエーションを楽しむ飼い主さんもいますよ。パグは皮膚が弱いので可愛くトリミングする時にも、信頼できるトリミングサロンでトリミングする方が安心ですね。

 

まとめ

  • パグのトリミングはオススメしません。
  • パグの抜け毛は体温調節を為には必要なこと。
  • トリミングすると余計に熱中症になりやすいことも。
  • トリミングするときはトリマーさんとよく相談してトラブルを防ぎましょう。
  • 月に1度はトリミングサロンでグルーミングがオススメ。

トリミングをするかしないかは飼い主さん次第です。どちらが良いかはお家の環境やワンちゃんの体質体調にも寄ります。どちらにしても飼い主さんが熱中症や様々な刺激から保護する工夫をしないといけないことに変わりありませんよね。何と言ってもワンちゃんの健康が1番です。飼い主さんもワンちゃんも抜け毛や暑さに負けないよう元気に過ごしたいものですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント