ポメラニアンはどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



こんにちは!真っ白な綿あめにくりくりのお目目をつけたぬいぐるみのような可愛い犬種、ポメラニアン

そのままでも十分に可愛らしいのにまん丸にトリミングされたポメラニアンが走っていた日には胸を射抜かれること間違いなしです!

そんなポメラニアンですが、実は紆余曲折を経て現在の見た目になっていたということが判明しました。今回はポメラニアンの歴史について詳しく解き明かしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

大型犬から中型犬へ

まずポメラニアンの祖先から辿っていきましょう。ポメラニアンの祖先はソリ犬として有名な大型犬のサモエドです。ここで一応サモエドとポメラニアンの大きさを比較してみます。

サモエド…体高48~60cm、体重16~29kg

ポメラニアン…体高13~28cm、体重1.9~5.0kg

 

旦那
旦那

結構な体格差だね!

まめこ
まめこ

体高の最高値で比べても約2倍、体重の最高値だと約6倍の差があるね。

数字で表してみると差は歴然ですね。人間で例えるなら小学生低学年の子と力士くらいの体格差があると考えて差し支えないと思います。

ではここからどうやってポメラニアンになるのでしょうか?実をいうといきなりサモエド(大型犬)からポメラニアン(小型犬)になったのではなく、間に中型犬の時期を挟んでいます。

そのサモエドから更に中型犬のジャーマン・スピッツと呼ばれるドイツ系のスピッツ犬が生まれました。

スピッツというのはドイツ語で「鋭利な、尖った」という意味で、口吻(こうふん)と呼ばれる場所が尖っている為そのような名前がつけられたそうです。口吻というのは簡単に言うと犬の口周辺のことで、英語だと”マズル”と言います。犬を飼っている方や犬に詳しい方だとこちらの方がなじみ深い呼び方かもしれませんね。

そのジャーマン・スピッツがバルト海南岸のポメラニア地方というところで立派な働きをしたことから彼らを総称してポメラニアンと呼ぶようになったと言われています。

ちなみにジャーマン・スピッツと一口に言っても様々な種類がいて、ポメラニアンの直接的な祖先となるのはジャーマン・スピッツ・ミッテルと呼ばれる犬種になります。祖先、と呼ぶとすべてのジャーマン・スピッツ・ミッテルがポメラニアンに進化してしまったように聞えますが、現在でも存在している犬種です。

引用:ジャパンケネルクラブ

イラストにはなってしまいますが、ジャーマン・スピッツ・ミッテルの画像です。確かに大きなポメラニアンって感じの見た目をしていますね!

 

中型犬から小型犬へ

では次にポメラニアンが何故中型犬から小型犬へと姿を変えたのかという疑問に迫っていきます。この疑問を紐解くにはまず18世紀頃まで時を遡らなければなりません。

18世紀、英国王ジョージ3世の王妃シャーロットはイングランドに二頭のポメラニアンを持ち込みました。このポメラニアンは当時の肖像画にも綿密に描かれており、今のポメラニアンを二回りほど大きくした見た目になっています。

更にこの王妃シャーロットの孫である英女王ヴィクトリアも祖母同様ポメラニアンを可愛がっていました。特にヴィクトリア女王はポメラニアンに対する愛が強く、ヨーロッパ各地から色々なポメラニアンを集めては自ら繁殖を繰り返していたほどです。

まめこ
まめこ

繁殖までするなんて凄い愛だね!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうだね。彼女は自分が亡くなる最期の時までポメラニアンと一緒だったそうだよ。

彼女が行った繁殖の中で中型犬だったポメラニアンは当初の半分以下、5kgほどの小型犬になるまで小さくなりました。なかでもヴィクトリア女王が寵愛していた”ウィンザー・マルコ”という名前のポメラニアンを展覧会に出したところ、見事優勝を果たします。

そこからブリーダーたちはこぞって”ウィンザー・マルコ”のような小型のポメラニアンを目指して繁殖しだし、これが現在のような小型犬のポメラニアンになるきっかけとなりました。

 

そして日本へ

そうして英国での人気を獲得したポメラニアンは明治末期の頃に日本にも輸入されるようになりました。英国王室が惚れ込むほど魅力的な犬ですから、日本に来た時も一目で人々を魅了しただろうということは想像に難くないですね。

ポメラニアンと時同じくしてマルチーズ、ヨークシャー・テリアも輸入されましたがこの三頭をまとめて”座敷犬御三家”と呼びます。

座敷犬というのは今でこそ犬を室内で飼うことは珍しくないですが、当時犬は屋外で飼うものという認識だったためこのような呼ばれ方をされました。

そうして座敷犬御三家の一頭として日本でも人気になったポメラニアンを英国のブリーダー同様、日本のブリーダーもすぐにポメラニアンの繁殖を始めます。そのブームに便乗してお金を稼ぐために繁殖に対する知識のない素人も繁殖に加わりました。

そうして正しい方法で繁殖されなかったポメラニアンの中には“ペーパーボーン”と呼ばれる骨格の虚弱なものや、サイズが一定でないもの、性格に難があるものなどが生まれてくるようになってしまいました。

現在ではブリーダーではない一般人が営利目的で繁殖できないよう罰則が設けられるようになったので当時と同じようなことが起きる心配はありません。

 

まとめ

  • サモエド→ジャーマン・スピッツ→ポメラニアンの順で進化した。
  • 英国王室の女王ヴィクトリアの手によって中型犬から小型犬にまでなった。
  • 明治末期に輸入し、マルチーズ、ヨークシャー・テリアと”座敷犬御三家”と呼ばれ人気者になった。
  • 素人ブリーダーにより、ペーパーボーンなどの問題のあるポメラニアンが多く作られてしまった。

いかがでしたか?今回はポメラニアンの歴史について迫ってみました。あんなに小さくて愛らしいポメラニアンの祖先が雄々しく格好良いサモエドだとは筆者も想像出来ませんでした。

英国女王に寵愛を受けていたというのも驚きですが、女王陛下自ら繁殖していてそれが現在のポメラニアンの礎になっているというのが更に驚きでした!王室に愛されるほど気品が高いと考えると今後見る目が変わりそうですね。

それでは最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント