“猫の王様”と呼ばれる気品あふれるペルシャ猫、その性格は?

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



みなさんは”猫の王様”とも呼ばれるペルシャ猫はどんな性格かご存知でしょうか。雰囲気や見た目も気品溢れるペルシャ猫は、性格も王様なのでしょうか。猫の俺様感てどんな感じになるか、想像すると面白いですね。

宮殿をゆったりと優雅にあるいているイメージですが、本人は実はなにを考えているのか、気になりますよね。のんびりと過ごす、雰囲気をもつ、ペルシャ猫の性格をみていきたいと思います。あなたのお家に迎えるのに、向いているか考えてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ペルシャ猫について

ペルシャ猫は、ペルシャ(現イラン)から来た猫として、その名前がつけられました。もともとは長毛種でその被毛が美しいとされたアンゴラターキッシュが、ペルシャ猫とよばれていたのではとも考えられています。

イギリスのキャットショーで猫種として登録されたので、原産国はイギリスとされています。ペルシャの原産国についてはヨーロッパやペルシャなど、諸説あります。成猫でも3.3キロ-5.5キロでサイズ的には、普通の猫とあまり変わりありません。

ペルシャ猫というと顔がペチャッとした猫を浮かべる方も多いと思いますが、古くからの顔の潰れていないトラディッショナルと、皆さんのよく思い浮かべる鼻のつぶれたエクストリームと顔の違いがあります。

トラディッショナルも、他の猫よりは鼻が短く、まるっとした印象の顔です。鼻のつぶれた犬種が流行り、猫でも同じような顔の猫をと交配がすすんだようです。

また、チンチラもペルシャ猫の一種で、毛色がゴールド、シルバーのもの、ブルー、ブルーゴールデンかつ、毛先の一部が黒くついてるもので、目の色がブルー、グリーンである猫がチンチラペルシャとされています。

さてそんなゴージャスな被毛と雰囲気をもつペルシャ猫はいったいどのような性格なのか、詳しくみていきましょう。

 

ペルシャ猫の性格

ペルシャ猫はその人気から、”猫の王様”とよばれるようになりました。昔はその気品から、絵画や本などにも描かれるほど、美しいとされていました。

旦那
旦那

猫の王様って、性格も凛としてるのかな?

まめこ
まめこ

あら、どうかしら?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

あの気品はいろいろ想像したくなってしまうよね。

それでは早速、ペルシャ猫の性格を大まかに特徴をあげていきましょう。

  • フレンドリーで愛情深い
  • 優しくて柔らかい声をしている
  • 大人しく、人との距離を上手にとる
  • のんびりしていて、よく寝ている
  • あまり鳴かず、目でコンタクトをとる
  • 過剰なスキンシップは苦手

ペルシャ猫はそのおとなしい性格から、部屋飼いにむいている猫です。ゆったりとマイペースで過ごすペルシャ猫がおうちにいたら、なんて素敵なのでしょう。それぞれを細かくみていきましょう。

フレンドリー•愛情深い

まずは人に懐いてくれるか心配してしまうほど気品を醸し出しているペルシャですが、その性格は、優しくフレンドリーです。
気がつくと家族のいるスペースで一緒に過ごしていたり、すみで寝ていたり、一緒にいるのを好む猫です。

他の猫のように、かまってとくるよりは、こっそりと近づき一緒の時間を共有してくれます。また、人を疑わず、常にあいしてくれる存在です。

優しく•柔らかい声

ペルシャ猫は自由きままな猫です。あまり鳴いてくることも少ない猫で、めったに大声をだしたりしないです。お子さんにも優しく、他の動物とも打ち解けやすい猫です。

寝ている時間が多いので、家族と一緒にお昼寝などしたら気持ちよく一緒に寝てすごしてくれますね。

大人しく•距離感がちょうど良い

猫をあまり飼ったことがない方でも、困らせることが少なく、うまく距離感を掴んでくれる猫であるといえます。
おもちゃでたくさん遊ぶより、ゆったりと寝ていたり、ごろごろしていることが好きなペルシャ猫です。

そっけないのではなく、撫でてくれるスキンシップは大好きです。顎の下や額を撫でてあげると喜んで、ゴロゴロとならしています。

のんびり•よく寝ている

ペルシャは部屋飼いにもむいているとお話しました。その理由の一つが、寝ている時間も多く自分のペースですごしていてくれることだともいえます。
飼い主のいない昼間は、お昼寝タイムで自分の好きな場所をみつけて眠って過ごしていることが多いでしょう。

どうか素敵な寝床をさがしてあげてくださいね。猫はお気に入りの場所が決まったら、ずっとそこにいますよ。

 鳴き声•アイコンタクト

ペルシャ猫が鳴くことは、あまりありません。構ってと要求に鳴いてくることもほとんどないといって良いでしょう。

では、どのようにコンタクトをとるかといえば、アイコンタクトです。何かあれば、目をじっと見つめて来てくれるでしょう。

飼い主がうっかりと餌をあげ忘れていたり、お気に入りのところにドアがしまってて行けなくなっていたり、出来るだけ様子に気づいて上げれるよう、普段から目にかけてあげましょう。

過剰なスキンシップ

ペルシャ猫があまり鳴かないことはお話しましたね。要求をしてこないかわりに、ペルシャもあまり構わられすぎるのも苦手とします。できるだけ離れて過ごそうとする時間もあります。

それでも、ペルシャ猫のような長毛種は、日に2回ぐらいは毛づくろいが必要になります。その時間は飼い主とのスキンシップの時間です。ほっておくと毛がくっついたりして、汚れてしまうので、出来るだけ毎日欠かさずにやってあげましょう。

一緒に頭や喉をなでてあげると喜んでいてくれますよ。

 

ペルシャ猫のオスとメス

さて、ここで少しオスとメスの性格の違いをみていきたいと思います。おとなしく懐いてくれるペルシャ猫、オスとメスとで違いはあるのでしょうか?

旦那
旦那

オスは俺様感ありそうだね。

まめこ
まめこ

それは、見た目ででしょう?笑

オス

さて、オスは比較的やんちゃな猫が多いといえます。ちょっとした悪戯や、逃亡をした時に冒険にでてしまったりと、少し元気な子が多いようです。

しかしながら、去勢手術をすると、オスでも落ち着きをもって過ごす子がほとんどです。男の子は特に猫でも甘えん坊です。膝の上に乗せたり、おもちゃで遊んだりと猫らしく楽しみたい人はオスでも良いかもしれませんね。

メス

メスは、どちらかといえば、ツンデレのさっぱりとした子が多いと言えるでしょう。ペルシャ特有のスペースを共有してくれやすいともいえます。近づき過ぎずに、家族との時間を大事にしてくれます。

しかしながら、すこし冷たいとツンとしてしまうこともあります。そんな時は無理に構ってしまうと、ストレスになってしまうので、気をつけましょう。

ツンのあとはデレ。甘えたい時はそっと寄り添ってくるので、その時に撫でたり、グルーミングしてあげましょう。

 

ペルシャ猫との過ごし方

ペルシャ猫の性格はだいぶ詳しくなったと思います。いかがでしょうか。部屋で飼う方にもおすすめ。まさにヨーロッパにいる様子をイメージして、ほどよい距離で一緒にいてくれるなんて、まさにナイトですね。

さて、もう一つ気をつけてあげたいことがあります。ペルシャは鼻ぺちゃのエクストリームは特に餌を食べるときにこぼし安いことを覚えておきましょう。

顔まわりの毛も長く顔が小さいので、あまりそこが深い餌入れは、餌を食べづらく、周りにこぼしてしまいがちです。顔まわりの毛に水がついても、部屋に散らばってしまいますよね。

その子が食べるときに負担にならないように、餌のボウルも飼うときに気をつけてあげましょう。比較的そこの浅いものがおすすめです。

まとめ

  • ペルシャ猫は優しく、愛情ある猫である
  • 大人しく、人との距離をすこしとって過ごしてくれる
  • 寝ている時間もおおいので、部屋飼いにも向いている
  • 長毛種なので、日に2回は毛づくろいを
  • オスは、やんちゃな面も。メスはツンデレで猫らしい
  • 餌のボウルや顔まわりの毛も気にしてあげよう

ペルシャ猫は、王様と言われる猫ですが、思った以上にのんびりとしているようです。大人しく、鳴くことがすくないので、一人暮らしの人にも向いているかもしれません。また、猫を初めて飼う方にも良い距離を取ってくれそうです。

家に帰れば、あの可愛いペルシャ猫が甘えに来てくれるなんて、素敵な時間です。その子の好きなことをたくさん見つけてあげましょうね。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント