ペルシャ猫はどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

もっとも古い猫種と言われるペルシャ猫は、「猫の王様」とも呼ばれ、そのかわいらしい人形のような顔と滑らかな毛艶で、昔から慣れ親しまれている猫種です。

各国で最も人気のあるペルシャ猫の歴史を調べてみたいと思います。いったいどこからきたのか、いつ王宮に住まううようになったのか、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ペルシャ猫って?

ペルシャは品のあるおとなしい猫で、なによりも長毛種のうつくしい毛並みを持ち、昔から多くの人に親しまれています。
長毛種を作りたいブリーダーにも人気で、他の猫との交配も多く試された品種です。

みなさんがよくイメージする鼻ぺちゃのペルシャ猫。実は伝統的なペルシャ猫を他の猫と交配させることによって生まれたのはご存知でしょうか?

大昔からいるペルシャ猫は、Traditional persianと言われ、海外では元祖として扱われています。もちろん元祖ペルシャ猫も顔は他の猫と比べるとフラットな顔立ちです。

まめこ
まめこ

ペルシャって、昔は毛の多い猫って
印象が強かったわ

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

鼻ぺちゃな印象は、最近て感じがするね。

 

ペルシャ猫の祖先

ペルシャとキャットショーに出てきたのは、イギリスですが、ペルシャはもともとペルシャ地方からきた猫で、今のイランあたりが原産であると考えられています。

祖先はトルコの自然発生種”ターキッシュアンゴラ”であると言われています。このターキッシュアンゴラは、シルクみたいな手触りの長毛をもつ猫で、1500年頃から人々に知られるようになります。絵画や、本に描かれるようになってきます。

ちなみに、各国に残る絵や本にのっている姿が、ターキッシュアンゴラに似ていることから、ターキッシュアンゴラペルシャ猫と呼ばれていたのではという説もあります。

残念ながら、純粋な血統のアンゴラ猫は、ペルシャ猫の改良に使われ、衰退してしまったとされていますが、トルコでは、オッドアイの白い毛の長毛種が宗教的にも人気があり、現在のターキッシュアンゴラとして登録されている品種の猫がトルコで改めて、計画繁殖され、現在にいたります。

シルクのような手触りの猫なんて、聞いただけで一度は触れてみたいと思いませんか。そんな被毛を保てるか不安に思うかもしれませんが、手触りの良さや皮膚の健康についても考えられているペットフードもあるので、安心してくださいね。

 

ペルシャ猫の歴史

旦那
旦那

ペルシャ猫って貴族といるイメージだよね

まめこ
まめこ

エレガントな雰囲気が似合うわね

旦那
旦那

ヨーロッパの宮廷とかにいそうだね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

まさにその通りだよ。

ペルシャの始まりは、先ほどお話した、ターキッシュアンゴラが各地を移動した諸説あり、特定はされていません。一体どのようにペルシャ猫が過ごしてきたか、ミステリアスな部分もあり、そんな魅力も惹きつけているのでしょうね。

イタリア発祥説

一つ目は言語学者であるイタリア人のピエトロ・デル・ヴァッレにより、トルコからイタリアへ持ち込まれた説です。東の国々を巡り旅を続けたピエトロは、旅先からの手紙をまとめた本が出されています。
その中にアンゴラターキッシュをイタリアに持ち込んだという話があり、その後、交配させてペルシャ猫が生まれたとされています。

フランス発祥説

また、別の説では、かつてのペルシャ(イラン)からフランスの天文学者によってフランスに持ち込まれ、人気が出たという説もあります。
そのためにフレンチキャットと呼ばれていたこともあります。
フランスの宮殿も、ペルシャ猫に似合いますよね。
素敵な長毛をもち、おとなしい猫は宮殿の様相にとても似合いますね。

ペルシャ発祥説

最後は、ペルシャ地域などに生息する、リビアヤマネコがペルシャの起源だという説です。長毛種は突然変異で生まれた猫が発端で、もともとは短毛種であったのではないかと言われています。

リビアヤマネコはイエネコの始まりとして有名です。おとなしい性格や、生息地域がペルシャからアジアにかけてだったので、ペルシャの起源といわれるようになったようです。

性格を継いでいることでも起源がいわれることがあるのですね。ペルシャ地域から生まれたことは間違いがなさそうな感じですね。

その他

また、最近では、遺伝子学の解析により、西ヨーロッパで今のペルシャ猫として品種が確立したのではとも言われています。

ターキッシュアンゴラがいつからペルシャ猫と呼ばれはじめたのか、また、現在のペルシャとなったかははっきりとしていないのです。

はっきりとしていることは、イギリスのキャットショーにでた際にペルシャ猫とされていたことですね。中世のヨーロッパに似合う風貌は、今でも好きな方が多いようですね。

昔の人々は、毛づくろいなどはどうしていたものでしょうね?キャットショーの前には丁寧に手入れをしていたのでしょう。
ぜひ、あなたと一緒になるペルシャ猫もきれいに手入れしてあげてくださいね。

 

ペルシャ猫の人気

ペルシャ猫が広く知られるようになったのは、イギリスのキャットショーにでてからで、その後、アメリカにも輸出されるようになりました。
ビクトリア女王にも飼われていたようです。宮廷に過ごすペルシャ猫、考えるだけでも素敵ですね。

まめこ
まめこ

鼻ぺちゃなペルシャは、泣いてばかりいるのよ

旦那
旦那

え!猫って涙流すの?

まめこ
まめこ

目の保護に猫だって、涙はあるわよ

旦那
旦那

泣くわけじゃないんだね。

さて、現在のような鼻の短いペルシャに人気がで始めたのは20世紀に入ってからです。犬で鼻の短い品種が流行り、猫でも鼻の低い種を作ろうと、交配が試みが行われました。

しかし、鼻の短いペルシャは、涙が止まらなくなったり、呼吸困難に陥るなど、健康面で不安が残り、結局は、元のトラディッショナル・ペルシャが飼われることが多くなってきているようです。

涙がでないように、手術を試すこともあるようですが、うまくいくこともあれば、涙を流しつづける猫もいるので、選ぶときはきちんと心構えも必要ですね。

 

猫の王様


その美しい被毛や堂々とした雰囲気から、「猫の王様」と言われるペルシャ猫は、他の種を交配させてうまれた品種も多く、人気があります。ヒマラヤンエキゾチックショートヘアなどが代表です。

よく聞かれるチンチラペルシャは、ペルシャ猫の種類のひとつであるとされています。シルバーやゴールドの美しい毛並みをもち、目がグリーンかブルーグリーンのペルシャのことで、その美しさから人気を博しています。

こんなにも素敵な猫が、家でまっているとなると、毎日が嬉しくて仕方ありませんね。その綺麗な毛艶や手触りを大事に手入れしてあげてほしいです。

 

まとめ

  • ペルシャ猫は元祖といわれるトラディッショナル・ペルシャがいる
  • ターキッシュアンゴラが祖先であるといわれている
  • ペルシャ猫はイタリア、フランス、ペルシャが発祥といわれ、各諸説ある
  • ペルシャ猫はヨーロッパからアメリカに広がった
  • 「猫の王様」と呼ばれるほど、美しく人気を博している

いかがでしたでしょうか?美しい毛並みと目の色をもつペルシャ猫。自宅を少しゴージャスに飾り、ペルシャと一緒に過ごせば、あっという間に優雅な気分になれるかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント