イモリとヤモリの違いは?知ってびっくり!驚きの大発見を徹底解説!!

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

イモリヤモリって聞くと、皆さんはどんなイメージが湧いてきますか?パッと頭にイメージする姿はトカゲみたいなヤツだけど、違いについてはあまり詳しく知らないという方も多いと思います。我が家でも時々、窓や壁にピタッと張り付いているヤモリを見たりします。でも生態については詳しく知りませんでした。

そしてイモリは、ビルの屋上に生物空間(ビオトープ)のハート池を作った話題のテレビ番組でも一時取り上げられました。観ていた方も多いのではないでしょうか。よくお腹が赤いのがイモリとか、赤くないのがヤモリとか聞いたこともあると思います。この二匹ってよく似ているけど、どこがどう違のでしょう。その生態系についても調べてみました。

スポンサーリンク

イモリとヤモリは全く違う種類に分類される

イモリとヤモリについて調べてみると、この二つの生物は全く別の種類に分類されることが分かります。代表的なアカハライモリは両生類カエルの仲間です。そしてニホンヤモリは爬虫類の仲間でトカゲやカメの仲間なんですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

イモリとヤモリをイラストでわかりやすくしてみました。これを見ると大きな違いを知ることができますね

まめこ
まめこ

イメージでは同じ様な生き物だと思っていたけど、こうして見ると随分と違うのね

 

イモリは両生類

水中や水辺に住んでいるイモリはカエルと同じ両生類です。泳ぐのが得意なだけに、その姿は確かにカエルのようにも見えますよね。イモリは井戸を守るからイモリとよく言われます。漢字でかくと「井守」となるのです。

現在では井戸がある家はほとんどなく、田舎へ行くと田んぼや田畑の近くに井戸を見かけたりします。「井」は田んぼを意味するとも言われ、「田を守る」という意味の由来もあるようです。まるで水の番人のようですね。

イモリは本州から九州にかけて分付しています。北海道にはいません。昭和の頃、日本の田舎風景の中には自然と馴染んでいた存在だったのでしょうね。

今でほとんど見られなくなったイモリですが、人気テレビ番組の新宿のビルの屋上に作ったハート池(ビオトープ)に二匹のイモリがいるのが発見されました。昔、田んぼだった場所の土をすくってきた中にいたのではないかと言われています。

メスの「みゆき」とオスの「タモさん」と名前が付きましたが、うまく恋が芽生、赤ちゃんが生まれたら素敵だねと期待していました。

それから約3ヶ月後、本当に赤ちゃんが生まれたのです。水草のシャジグモの下にひっそり体長約1センチのイモリの赤ちゃんが発見されました。イモリは赤ちゃんの時はエラがあるのですが、その姿はまるでウーパールーパーみたいなとっても可愛い姿をしています

池の水を循環して酸素を増やした事と水草があったことで繁殖の環境が整って無事に育ったようです。なんだか心がほっとする温かい話題にとても癒されますね。

まめこ
まめこ

私もこの番組見てたけどほんとに赤ちゃん生まれたのね!

すごい〜なんだか嬉しいわね。

イモリはどんな姿なの?

イモリの代表的な「アカハライモリ」は見た目は真っ黒で皮膚はザラザラとしています。お腹は赤い色をして斑点模様があります。赤いお腹って見た瞬間とてもインパクトがあるのですが、これはがありますよという警戒色なんです。

ウロコはなく乾燥から身を守るためにいつも湿った粘膜に覆われています。そしてこの赤い肌はフグと同じテトロドトキシンというを持っています。危険を感じると体を反らせ毒を出しますので、触る時は十分に気をつけて下さい。そして必ず手を洗うようにすることです。

こちらの画像から見ても、イモリってやっぱり雰囲気がカエルに似ていますよね。しっぽの辺りはサンショウウオみたいですが、大きな違いは皮膚感です。カエルやサンショウウオの様にツルンとした皮膚ではなく、ザラザラした皮膚をしています。

イモリは何を食べているの?

イモリは自然豊かな池や川、田んぼを住処にしています。水草が豊かなきれいな場所にいるヤゴや水中昆虫などを餌にしています。今では自然環境が汚染され、なかなかきれいな水辺に住む水中昆虫も少なくなった中、イモリもほとんど見かけなくなりました。

普段は水中や水気の多い草むらや枯れ葉などに潜み、冬場は水辺の近くの枯れ葉や木くず、石の下などで冬眠します。

イモリの繁殖行動

春になって気温が上昇してくるとイモリも恋の猛烈アタックが始まります。オスはメスの行く先に回りこみ、尾を大きく曲げて小刻みにふるふると振るわせて求愛行動をします

イモリの繁殖行動はまずオスが精子の入った袋を出します。その精子の袋をメスが拾って自分の体内に入れてお腹の中で受精させるのです。なんとも不思議な話ですよね。

メスは水草にまるで一つずつ大切に包む様にして寒天質のプヨプヨした卵を産みます。一つずつ水草に包むようにするなんてお母さんの愛を感じますね。

卵から孵った幼生はエラがあり足も生えていません。そして前足から生え始め後ろ足も生えます。カエルのオタマジャクシは後ろ足から生え始めるので、そこが同じ両生類でも違う所ですね。

幼生は手足も生えそろい十分成長すると、陸の上に上がってきます。森林などで小さな昆虫やミミズなどの土壌動物を捕食して3〜5年かけて成長し、再び水域に戻ってきます。

 

ヤモリは爬虫類

ヤモリは夜行性の爬虫類です。夜間によく窓や壁にペタッと張り付いているのを見たことはありませんか?爬虫類嫌いの人なら思わず悲鳴を上げてしまうかもしれませんね。ヤモリは漢字で「家守」「屋守」と書きます。その名前通り家を守ってくれる存在として、古くから縁起が良いと大切にされてきました。

ヤモリは家にとってよくないシロアリなどの害虫を壁に張り付きながら食べてくれます。更に夜間の家の灯りによってくる虫や、ゴキブリやハエなどの害虫も食べてくれるとてもありがたい存在なんですね。頼もしく家を守ってくれるヤモリはとても縁起の良い生き物と言われています。

ヤモリはトカゲやヘビと同じ爬虫類ですが、人に噛み付いたりもしませんし何の害もありません。むしろ家でヤモリを見たら、縁起が良いと言われる特別な存在です。

旦那
旦那

「白ヤモリ」は特に縁起が良いと言われているらしいよ

まめこ
まめこ

あー知ってる「白ヤモリ」は金運アップって言われているのよね

旦那
旦那

宝くじまたハズレたけど、うちにはヤモリがいないから金運が悪いのかな‥泣

まめこ
まめこ

あまり関係ないと思うけど‥‥

ヤモリはどんな姿なの?

ニホンヤモリは全身が白っぽいグレーで覆われ不透明な暗色の斑紋が見られます。環境に応じて体の色を濃淡に変化させることができます。外敵から身を守るために色を変化させます。トカゲの仲間のカメレオンなどは体の色を変化させたりすることで知られていますが、そんな所はやはりトカゲの仲間なんですね。

体には細かいウロコがあり、背面には少し大きめのウロコと小さなウロコがバラバラに混じり合って散在しています。

指のウロコで壁やガラスに登ったりします。体は平ぺったく壁の隙間や狭い場所には入り込むことができます。体はぷにぷにととても柔らかくて、よく見るととても可愛い顔をしていますよ。特にまだ小さな赤ちゃんのヤモリは、姿形は親と同じで小さくてとても可愛いです。

ヤモリの繁殖は?

ニホンヤモリの繁殖形態は産卵です。暖かくなる初夏の5月〜9月にかけて1回〜3回に分けて2個ずつ卵を産みます。

粘着質に覆われた卵はカチカチで、木や壁面に産みつけます。大体1ヶ月半から2ヶ月ほどで孵化します。産まれた赤ちゃんはお母さんにそっくりの姿形をしています。

ヤモリは冬になると壁の隙間や縁の下などで冬眠をします。寒い時期、鉢物を片付けているとじっと動かないでいるヤモリを見つけたことがあるのですが、もしかして冬眠していたのかもしれないです。思わずそっと鉢を元に戻した事があります。

旦那
旦那

つるちゃん先生、イモリとヤモリの違いをわかりやすく言うと?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

イモリは皮膚呼吸をするために体を湿らせ水辺に住んでるけど、肺呼吸をするヤモリは水が苦手で、乾燥している家の中に住んでいるんだよ

旦那
旦那

へーそうなの。他には?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

イモリはまぶたがあるんだけど、ヤモリはまぶたがないから目を開けたまま寝るんだよ

まめこ
まめこ

えー!!目が乾いちゃって大変じゃないの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ヤモリは自分でぺろっ舐めて湿らすんで大丈夫なんです

アカハライモリ ニホンヤモリ
全身が黒くお腹は赤く黒い斑点模様 全身が灰色で暗色の斑紋が見られる
まぶたが有る まぶたが無い
爪が無い 爪が有る
危険を察知すると毒を出す 指のウロコを使って壁や窓に張り付く事ができる
イモリとヤモリのこんな楽しい絵本もありますよ。生物好きなお子さんにぴったりです。
興味のある方は是非どうぞ。

イモリとヤモリの驚く能力

イモリの不思議能力

トカゲのしっぽ切りは有名ですが、ヤモリもトカゲと同じようにしっぽが切れると一年後には再生します。しかし骨までは再生できず、元どおりには再生しません。しかしイモリの場合は本当に元どおりに再生するのです

しかも手足や目などを再生する能力があり骨まで再生するのです。例えば足が切断すると切断した部分の細胞が再生芽という特別な細胞に変化し、「足になれ」と命令がされると大体半年で骨も含めて再生すると言うのです。

もう、びっくりです!! まるで夢みたいな話ですよね!! 将来「再生芽細胞」が見つけられれば人でもこれが活用して臓器移植が不要になるかもしれないと、とても期待されています。

旦那
旦那

すごいなぁー! 手足が骨ごと再生できるなんて、早いとこ研究して欲しいよね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

「再生芽に指令を出す物質」は判明しているから、あとは「再生芽に変化する細胞」が発見されれば将来人にも活用できる期待ありですよ

まめこ
まめこ

すごーい!! ピッコロ大魔王みたいー!

ヤモリの不思議能力

ヤモリは壁やガラスにもペタッと張り付いて歩いているのは、足の裏に吸盤でもついているのかしら?と思ったことはないですか?まるで忍者みたいですよね。実は吸盤などついてなくて、代わりにシマシマ模様のウロコがあるのです。

そのシマシマ模様のウロコには細い毛がたくさん生えていて、その数数億本にビッシリ。その毛の先端は枝分かれしていて、毛を構成している分子と壁を構成している分子がお互いに引き合う、分子間力という現象が働くことで壁やガラス窓、天井などを自由に移動しているのです

壁には多少のざらざら感がありますが、ツルツルしたガラスの場合は、普通に考えたら滑ってしまうのではないかと思いますよね。しかし、たとえガラスでもプラスチックでも私たちの目では滑らかな凹凸がないと思っている物でも、分子レベルで拡大して見て行くと必ず凹凸はあるのです

ヤモリの足の裏にはナノメートルレベルの毛が密集しており、電子顕微鏡でないと観察できないレベルの毛が、ガラスの表面の凹凸に噛み合った時に、引っ張り合う力が働き、まるでスパイダーマンのように自由自在に張り付いて動くことができるのです。

                          引用 夢ナビ

そして離れる時はヤモリが単純に毛の生えている角度を自由に変える事で接着面から離れると考えられています。

将来分子間力を使えば、空気がない宇宙でも使う事ができるとても期待されているのです。分子間力が解明されて活用できれば、無重力の宇宙船の中や表面を移動するロボットなどにも使うことができますね。

また、医療の現場でも手術用のテープなど広い分野で期待がされています。知れば知るほど興味が湧いてくるこのヤモリの能力についてこんな本を見つけました。ちょっとした物知りになりそうで面白そうですよね。

ペットとして飼う場合は

イモリもヤモリもペットして飼うことができます。最近ではネット通販で、手軽に飼育に必要な物も簡単に揃えることができるようになり便利になりました。

しかしいい加減な軽い気持ちで飼うのはやめましょう。ペットで飼う場合のそれぞれの注意や、飼育の仕方をそれぞれ簡単に見ていきたいと思います。

イモリの場合

イモリの寿命は10年〜15年です。とても長生きなので、最後までしっかりと責任を持って育てるという強い気持ちが必要ですね。アカハライモリのお値段は、おおよそ平均800円前後で売られていることが多いようです。しかし珍しい種類になると、かなり高額な物もあるようです。

そして飼育するために必要なものは

  • 飼育するケージ(蓋付き)
  • エアーレーション・フィルター
  • 底砂
  • 流木などのレイアウト商品など

飼育ケージは蓋がしっかりと閉まるものを用意します。イモリは脱走の達人でもありますので、蓋のしっかりしたものや脱走防止用のネットなどをつけるようにします。お勧めは爬虫類専用ケージが良いですね。

そしていつもきれいな水を保てるように、水の管理を楽にするためにフィルターを付けます。また底砂を入れる事で、水質を保つ働きとバクテリアがフンや餌の食べ残しを有機物に分解する働きがあります。底砂は陸地を作ったり水草を植えたりするのにも使います。

イモリの飼育に適している水温20度〜27度を保つのが大切です。餌は冷凍の赤虫や乾燥イトミミズ、人工餌料をピンセットで週に2回ほど与えます。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

イモリは毒を持っています。人の命を奪うほどの毒ではないですが、触った後は必ず手を洗うことを忘れずにしましょう。

ヤモリの場合

ヤモリの寿命はおおよそ10年と言われています。やはりとても長生きしますので、飼う場合は責任を持って飼ってあげましょう。ヤモリはたくさんの種類があり、お店やインターネットで買う場合は、種類によってお値段はかなりの差があるようです。ニホンヤモリの場合は1000円〜2000円ほどで売っています。

そしてこちらも飼育するために必要なものは

  • 飼育するケージ(蓋付き)
  • パネルヒーター
  • 底材
  • 水飲み場や隠れ家となる物

ヤモリもイモリと同じく脱走の名人です。必ず蓋の付いたケージを用意します。ヤモリは夜行性で日中は薄暗い所に隠れて過ごします。そのために隠れ家となる流木や石などを入れてお家を作ってあげます。

そして水飲みを入れるか、霧吹きでケージに吹き付けてあげる事で水を舐めます。適度な湿度を保つためにも、霧吹きは定期的に行うのがオススメです。

ヤモリは寒いのが苦手なので、冬場はパネルヒーターを入れてあげます。ケージの半分を温めるように入れてあげます。床材としてキッチンペーパーを敷くとお手入れが簡単ですよ。

ヤモリは基本的に生き餌しか食べません。コウロギやミルワームなどが良いでしょう。コウロギをうまく食べられない場合は、後ろ足をとって動けなくします。

ヤモリはカルシウムが不足して骨が変形してしまうくる病にかかりやすいので、ペットとして飼う場合はサプリメントをあげることも必要です。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

冬眠させるとそのまま死んでしまうこともあるので冬場は

パネルヒーターを必ず入れてあげましょう

イモリもヤモリも共通して言えるのは、脱走の名人であり達人ということです。ペットとして飼う場合は、きちんとした爬虫類専用のケージをオススメします。こちらに紹介しておきますので参考にして下さい。

 

イモリの黒焼きは媚薬の惚れ薬?!

ジブリのアニメ映画「千と千尋の神隠し」の中でイモリの黒焼きが出てきますが、本当にそんな黒焼きが存在するのかと調べてみると、漢方薬のサイトで「イモリの蒸し焼き」が結構なお値段で売られていました。

どうやら中国では漢方薬として昔から媚薬や精力剤とされている様です。イモリの黒焼きを粉にして少量を好きな子の食べ物にパラパラと振りかけて食べさせると、その子は自分にラブラブになるという惚れ薬として有名の様です。さて本当に惚れ薬の媚薬としての効果はどうなんでしょうか?

旦那
旦那

そんなモテモテになる媚薬があるなんてなんて羨ましい〜まめこに内緒で俺が欲しいよ

ヤモリはというとやはりトカゲの種類の爬虫類だからでしょうか、流石に薬になるとか食すという話は全く聞かないですね。

ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」の中ではリンがイモリの黒焼きの匂いで欲しがる相手の目の前でパクッと食べちゃうシーンがあるますが、いったいどんな香りがするのでしょうか?

確かにとても元気にはなりそうですが‥‥味が気になりますが、美味しいのでしょうか? 気になる方はもう一度映画を観てみると面白いかもしれないですよ。

まとめ

  • イモリはカエルの仲間で両生類。ヤモリはトカゲの仲間で爬虫類
  • 見た目は似ていても生態は全く別物
  • ヤモリは家の害虫を食べてくれるありがたい存在であり縁起が良いとされる。
  • イモリもヤモリも長生きする生物なのでペットとして飼う場合はしっかりとした強い気持ちで。
  • イモリとヤモリには未来に期待される驚きの能力がある。

イモリとヤモリの違いについて観てきましたが、知れば知るほどこの二つの生物の違いの大きさに驚きです。そしてイモリもヤモリも将来人の為に活用できるかもしれない驚きの能力を持っているんですね。

イモリは環境破壊によりほとんど見られなくなったのはとても残念です。人も生物もみんなが共存できる地球の豊かな自然を、人は未来の子供達にどれだけ残して行ってあげられるのでしょうか。私たち大人の大きな課題とも言えるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント