体重マンチカンの理想体重は?素敵体型を維持するための秘訣を大公開!

ペット
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

皆さんはマンチカンといえば、足が短くてとてもかわいい猫のイメージがありますよね。好奇心旺盛で活発に動くよちよち歩きの姿に魅了される人が多く、人気猫種ランキング上位に入るほどの人気があります。

足が短いイメージを持たれているマンチカンですが、中には足の長いマンチカンも存在します。短足なマンチカンはマンチカン全体のおよそ2割程度しか存在しません。

そんなマンチカンですが、足の長さによって適正体重が違うことをご存知でしょうか?短足と長足ではなぜ適正体重が違うのでしょうか。今回は足の長さによって違うマンチカンの適正体重をご紹介します。

 

スポンサーリンク

マンチカンの年齢と足の長さによる適正体重

下記の表はマンチカンの短足と長足の適正体重を年齢別に記したものです。

年齢 短足 長足
生後3か月 1〜1.3㎏ 1〜1.5㎏
生後6か月 1.7~2.0㎏ 2.5㎏〜3.0㎏
生後9か月 2.6~2.9㎏ 3.0㎏〜3.5㎏
生後12か月 3.0~3.4㎏ 3.5~4.5㎏

長足のマンチカンは普通の猫と体型はあまり変わりませんが、短足のマンチカンは足が普通の猫より短い分適正体重が若干軽く小柄です。

生後12か月までは子猫なので、活発に動きたくさん運動するため太りにくいといわれています。生後12か月を過ぎると、代謝が落ち始め太りやすくなります。

マンチカンは太りやすい猫種と言われているので、普通の猫を育てるよりも体重に気を遣ってあげる必要があります。生後6か月目以降の2.0㎏以上の猫は去勢・避妊手術をすることが可能になります。

去勢・避妊手術をすることは、猫にとっても飼い主にとっても大切なことです。しかし去勢・避妊手術には、病気の予防や望まない妊娠を防ぐなどのメリットがある太りやすくなる傾向になってしまうデメリットもあります。

去勢・避妊手術をするかしないかは、家族や獣医師とよく相談して考えてから決めましょう。マンチカンを飼っている飼い主さんで去勢・避妊手術をする際は、術後の体重管理に気を付けましょう。また、足の長さに関係なく生後12か月目の体重を生涯の適正体重として維持することが良いでしょう。

まめこ
まめこ

マンチカンって足が短い猫のことかと思ってたけど、足が長いマンチカンもいるんだね!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

マンチカンの手足が短いのは突然変異によってできたものなんだよ。

 

マンチカンの肥満基準

やはり猫にも個体差があるので細かく「適正体重から何g太ったら肥満」ということは一概には言えません。

自分のマンチカンが肥満かどうか確かめたいという方は2通りの方法があります。1つはかかりつけの獣医師に相談することです。

獣医師に相談することが一番的確な方法ではありますが、どうしても今知りたい・自分で確かめたいという方はボディコンディションスコアという方法を使用してみましょう。

ボディコンディションスコアとは

ボディコンディションスコアとは、簡単に言えば自分で触っただけで肥満度が確認できるツールのことです。猫のボディコンディションスコアによる適正な体型の特徴は以下の通りです。

肋骨は浮き出ていないが脂肪の上からでも触ればわかる。

・腰に軽いくびれがある。

・触ると腰椎があるのがわかる。

上記と逆であれば、太りすぎや痩せすぎの可能性が高いです。その場合は直ちに獣医師に相談するか、普段のご飯の量や運動量の見直しを検討をしましょう。

 

マンチカンが肥満になる原因

マンチカンは短い足で動き回る姿が可愛らしく、その愛らしい姿におやつやご飯をあげすぎてしまうことも考えられます。子猫の頃はたくさん動き回りカロリーの消費をしてくれますが、成猫になると次第に運動量が減るため、カロリーが消費できずに太ってしまうことなどが肥満になる原因と考えられています。

マンチカンは個体差にもよりますが、食欲旺盛な傾向にあるため子猫の時と成猫になった時のご飯の量を変える必要があります。

 

肥満を予防するには?

愛猫の肥満を予防するには、食事量を変える・運動量を増やす。それ以外にも猫だけでなく飼い主自身も心を鬼にする必要があります。それはなぜなのでしょうか。

適切な食事量

猫も人間と同じで個体によって適切な食事量というものがあります。まず理想体重を知ることから始めましょう。そのあとに獣医師と相談して1日の食事量を決めることをおすすめします。どうしてもという方はコンディションスコアを使用すれば自分で計算することも可能です。

但し、自分で計算するとミスが出ることもあるので注意が必要です。

運動できる環境作り

猫に必要な運動は上下運動と言われています。そのため、部屋にキャットタワーなどの上下運動ができる環境を作ることが大切です。

キャットタワーも決して安くはありませんから、そのような場合はマンチカンの好奇心旺盛な性格を利用して猫じゃらしやボールなどのおもちゃを高い位置で手に持ちジャンプさせましょう。

飼い主の強い意志

どれだけ愛猫が肥満予防を頑張っていても、飼い主の気持ちが弱く甘やかしておやつや食事をたくさんあげてしまうと愛猫の努力も無駄になってしまいます。

可愛い愛猫を甘やかしたい気持ちはわかりますが、肥満は人間と同じで猫にとっても様々なリスクを負いかねません。本当に愛猫が大切と思うのなら心を鬼にして愛猫の健康に気を遣ってあげましょう!

 

マンチカンの体重と寿命は関係あるの?

もちろん体重と寿命は関係しています。マンチカンの寿命は11~13年程と言われているので、一般的な猫は15年程なので比べると寿命が短いことが分かります。

体重が増えれば増えるほど、腰や手足に負担がかかり椎間板ヘルニアや変形性関節症・糖尿病などの病気になってしまうことも考えられます。

それにより健康を損なってしまい寿命が短くなってしまうこともあり得ます。体重管理には気を付けて肥満にならないようにしましょう。

 

まとめ

  • 足の長さで適正体重は変わる。
  • 生後12か月目の体重が生涯の適正体重とするのが良い。
  • マンチカンは太りやすい猫種。
  • 肥満は予防することができる。
  • 体重と寿命は関係がある。

愛らしい姿で多くの人を魅了するマンチカンですが、肥満になってしまうと様々な病気になってしまうかもしれません。

愛猫のちょっとした体型の変化にいち早く気づき、肥満・病気の予防に努めましょう。それが、愛猫の大切な命を救う第一歩かもしれません。

最後までこの記事を読んでくださりありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント