マンチカンはどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!

ペット
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

マンチカンと言えば、クリクリの目に丸い顔、そして何といっても短い足が特徴的ですよね。あの愛くるしい雰囲気や短い足で歩く姿にはとっても癒されます。

そんなマンチカンですが、どうして足が短いのでしょうか?また、一体いつどのようにして生まれたのでしょう?そこで今回はマンチカンの謎を解き明かすべく、マンチカンの歴史や特徴ついて詳しく調査してみました。

 

スポンサーリンク

マンチカンの歴史

マンチカンの歴史は、他の猫に比べると比較的浅いようです。いつ頃どのようにして生まれたのでしょうか?まずは繁殖の始まりから紐解いてみましょう。

繁殖の始まり

繁殖の始まりは1983年。それ以前の1940年代から突然変異で足が短くなる猫は確認されていましたが、実際に繁殖が始まったのは1983に年アメリカのルイジアナ州で保護された足の短い野良猫がキッカケでした。

保護されたその野良猫は「ブラックベリー」と名付けられ、やがて子猫が生まれました。ブラックベリーから生まれた子猫の約半分が足が短く、そのうちの1匹がブリーダーに引き取られてマンチカンの繁殖が始まったのです。

新種としての認定

繁殖が始まった直後は突然変異は遺伝的な異常と捉える考え方もあり、なかなか新種として認定されませんでした。繁殖が始まってから約10年後の1995年、猫の血統登録機関TICAがマンチカンを新種として認め、少しずつ飼育数が増えていったといわれています。

新種として認められてからまだ数十年しか経ってないなんて驚きですよね。例えばシャム猫は14世紀には既に記録に残っていますので、マンチカンは随分新しい種類なのですね!

まめこ
まめこ

ツルちゃん先生よりマンチカンの歴史のほうが短いんじゃない?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

猫の歴史と一緒にされても…(笑)

まぁでも24年前というと平成の初め頃。本当に新しい種類なんだね。

名前の由来

みなさんは「オズの魔法使い」を知っていますか?この物語の中には「マンチキン」と呼ばれる小人が登場します。

「マンチカン」という名前は、この「オズの魔法使い」に出てくる小人「マンチキン」にちなんで名付けられたそうです。見た目と同様、名前の由来もとってもファンタジックで可愛いですね。

 

マンチカンの特徴

愛くるしい見た目のマンチカンですが、どのような特徴を持っているのでしょうか?

運動能力が高い

短い足でポテポテと歩くマンチカンの見た目はとても可愛らしいですよね。足が短いので、運動は苦手なのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。実はとってもばしっこく「猫界のスポーツカー」と呼ばれるほどなんですよ。後ろ足が短いため高いところへ一気にジャンプするのは少し苦手なようですが、キャットタワーへよじ登ったり木登りもお手のものなんです。

マンチカンは、猫の体形分類でもアメリカンショートヘアーと同じ「セミコビー」という引き締まった筋肉質なカテゴリーに分類されます。見た目とはうらはらに、とても運動能力が高い猫なのですね。

足の長さ

マンチカンといえば短い足!というイメージですが、意外にも短足ではないマンチカンもたくさんいます。一体どういうことなのでしょうか?

実はマンチカンには、短い足のマンチカンと、中くらいや長い足のマンチカンがいるのです。いわゆる短足のマンチカンの割合は全体の2割ほど。実際にはマンチカン=短足というわけではないのですね。

健康面の注意点

マンチカンは短足の特徴から、骨や関節に負担がかかりやすいと言われています。様々な意見がありますが、短足の子は椎間板ヘルニアに気を付けてあげた方がよいようです。

高いところから飛び降りないよう低めのキャットタワーにしてあげたり、特に肥満には気を付けてあげましょう。マンチカンは好奇心旺盛で遊ぶのが好きな傾向にありますので、おもちゃなどで誘って積極的に運動させてあげるとよいでしょう。

また、マンチカンには「長毛種」「短毛種」がいるのですが、長毛種の場合はブラッシングがとても大切です。毛づくろいの時に飲み込んだ毛が毛玉となってお腹に溜まってしまう「毛球症」になりやすいためです。

普段からブラッシングで抜け毛を減らして、予防してあげることが大切です。お腹に溜まった毛玉の排出を助けるような毛玉対策のフードもありますので、そういったフードを与えるのもよいでしょう。

肥満や毛玉対策に気を付けたいマンチカンにもおすすめのフードをご紹介しますね。

性格

マンチカンは人懐っこく穏やかな性格です。そのため、初めて猫を飼う人にも飼いやすい種類と言われています。また、好奇心も旺盛で活発に走り回ります。遊ぶのも大好きですので、おもちゃで積極的に遊んであげましょう。

個体差も大きいですが、性別によっても性格に違いがあるようで、オスの方がやや穏やか、メスの方が活発な傾向にあるようです。

一方でマンチカンは、臆病な一面も持っています。大きな音を出したり大声で叱ったりするのは避けましょう。人間を怖がってしまい、信頼関係が崩れてしまいます。基本的には大らかで明るい性格なので、人間もおおらかな気持ちで接してあげたいですね。

 

まとめ

  • 歴史は浅く、始まりは1980年代。足の短い野良猫がマンチカンのルーツ。
  • 実は運動神経抜群、「猫界のスポーツカー」とも
  • マンチカン=短足とは限らない
  • 肥満予防やブラッシングが大切
  • 人懐っこく好奇心旺盛な性格だが、臆病な一面もある

マンチカン=短足というわけではないのは驚きですね。歴史が浅いのも意外でした。
愛くるしい見た目とはうらはらに運動神経抜群なマンチカン。肥満予防のためにも、是非たくさん遊んであげて「猫界のスポーツカー」っぷりを発揮させてあげましょう。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント