マンチカンの飼い方はどうしたらいい?注意点など徹底解説!

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

ちょこちょこと短い足で走り回る姿が可愛らしく、人気のあるマンチカン。大好きな方・飼ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

可愛いけれど、どんな種類なのか、飼い方はどんな感じなのか?飼うとなると必要になるグッズや家具、費用など気になることがいろいろありますよね。

今回は、そんなマンチカンの飼い方を調べてみました!ぜひ、最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

マンチカンの性格

猫を飼うとなると気になってしまうのが、その猫の性格ですよね。今回はマンチカンの性格について詳しく見ていきましょう。

穏やか

穏やかでおとなしい猫が多いと言われています。そのため、他の猫との飼育もしやすく、しつけもしやすいです。初めて猫を飼う方も多頭飼いしたい方にも嬉しい部分ですね。

好奇心旺盛

子猫の時はもちろんですが、成猫になってからもマンチカンは好奇心旺盛です。部屋の中の様々な家具・おもちゃに興味を示し、臭いをかいだり、乗ってみたり、走り回ったりします。

マンチカンって足が短いから、おっとりしていそうなイメージですよね。しかし、短い足でも他の猫と変わらないくらいに元気に走ることができちゃいます。

木登りや走ることも得意ですが、マンチカンは、足が短いので、ちょっとジャンプは苦手です

なつきやすい

猫は警戒心が強いため、いつも一緒にいる家族に懐くことはあっても、知らない人や初めて会う人には怖がってしまったり、逃げてしまったりすることも多いです。

しかし、マンチカンは、警戒心が比較的強くなく、人になれやすくて、なつきやすい猫と云われています。こちらからマンチカンに対して嫌がることをしなければ、多くの場合はあまり人見知りすることなく、なついてくれます。

 

マンチカンは3種類

足長・中足・短足の3タイプ

可愛らしく、胴が長く足が短いことで有名なマンチカンですが、実は短足の子が生まれる確率は2割程度です。それは、短足の子同士でかけあわせてしまうと、死産が増えてしまうためです。

そのため、マンチカンには、足長・中足・短足の3種類が存在します。

足長…他の猫と変わらない足の長さのマンチカン

中足…短足と足長の間位、やや短めの足のマンチカン

短足…足が短くて胴長のマンチカン

個体差がありますが足が長くなるため、足長と中足のマンチカンは短足のマンチカンに比べてヘルニアになるリスクが低い…と云われています。マンチカンの歴史についても興味がある方は、下記の記事をご覧ください

マンチカンはどうやって生まれたの?歴史や祖先について徹底調査!
マンチカンと言えば、クリクリの目に丸い顔、そして何といっても短い足が特徴的ですよね。あの愛くるしい雰囲気や短い足で歩く姿にはとっても癒されます。 そんなマンチカンですが、どうして足が短いのでしょうか?また、一体いつどのようにして生まれ...

 

注意点

マンチカンを飼う上で注意すべき点はどのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

ジャンプ力に配慮する

飼っているマンチカンが短足の子の場合、他の猫と比べてジャンプ力がありません。マンチカンの足が短いのが影響して、高いところへは爪や足を使って登らないといけません。

そのため、運動用のキャットタワーなどを購入する際もステップが緩やかなものや高さ1メートル程度の幼猫・老猫用を購入するのがおすすめです。

じゅうたんを引く

マンチカンは、足が短いのもあって歩いたり走ったりするときも歩幅が他の猫に比べて小さいです。

ツルツル滑る床だと、走っている時に踏みとどまるのが他の猫以上に難しいので家具にぶつかったり、滑った先が階段だったりしてしまうと転落事故につながってしまうこともあります。

大切な猫が怪我をしてしまうのは、飼い主にとってもとても辛いことです。事故を防ぐためにもできるだけ床にはじゅうたんを引いたりして、マンチカンが踏みとどまれるようにしてあげてくださいね。

まめこ
まめこ

短い足でちょこちょこ走り回る姿は可愛いけど、いいことばかりじゃないのね

旦那
旦那

飼うからには楽しい生活をさせてあげたいから、おもちゃとかキャットタワーとかも遊びやすいものをそろえてあげなきゃいけないね。

太りやすい体質

マンチカンは、他の猫に比べて太りやすい体質といわれています。子猫の内であれば、体が成長していく時期なので、欲しがればたくさん食べても大丈夫です。

しかし、成猫・老猫に成長してからは、太らないように気を付けていく必要があります。体重が増えすぎてしまうと足や腰への負担もその分増えてしまいます。

そうなると関節痛や腰痛で大切な飼い猫が苦しんでしまうきっかけにもなってしまいかねません。飼い主としても飼っている猫にはいつでも元気でいてほしいものです。

エサをあげる量やどのようなエサを選ぶかは、マンチカンの体重と標準体重を参考にしながら考えてみたり、心配な場合は獣医さんのアドバイスも参考にしてみたりしましょう。

下記の記事も参考にされてみてください。

マンチカンのかかりやすい病気は?これを覚えておけば安心まとめ!
猫ちゃん人気ランキングでも、常連になってきたマンチカン。愛らしい見た目と、人懐っこい性格で、多くの飼い主さんに愛されていますよね。 同じマンチカンでも、短足や足長の子、垂れ耳や立ち耳の子、毛の長い子もいれば、短い子もいて、色々な種類が...
マンチカンおすすめキャットフード!安全、美味しいごはんを愛猫に
愛猫がごはんやおやつに目を細めて美味しいよ!ともぐもぐ食べている姿はずっと見ていられますし、もっと欲しいアピールされたら根負けしてついついあげてしまう飼い主さんも多いのではないのでしょうか。 このついついあげてしまう気持ち、凄くわかり...

しつけのコツ

マンチカンは、比較的賢い猫です。そのため、一度しつけたことは守ってくれることが多いと思います。

しかし、気を付けたいのが、いたずらやしつけが上手くいかない時に感情的になってしまい、大きな声を出したり、叩いてしまったりすることです。

他の猫にも共通したことですが、マンチカンは少し怖がりなところもあるので飼っている猫に対して大きな声を出したり叩いたりしてしまうと、猫は攻撃されたように感じて恐怖心を抱くきっかけになってしまいます。

猫との信頼関係を築けなくなってしまうきっかけにもなってしまいかねませんので、しつけは一度で上手くいかなくても根気よくやってみましょう。きっといつか覚えてくれると思います。

 

準備するもの

猫をお迎えするのが決まったら、準備するものはどんなものがあるのか、気になっちゃいますよね。今回は、飼う上で準備するものをまとめてみました。

 エサ・水を入れるお皿

猫の背の高さ・成長に応じてエサや水を入れるお皿を選んであげましょう。飲み水やエサを入れるお皿なので倒れにくいかどうか、というのを重視して選ぶのがおすすめ。エサやお水をあげるアイテムとして、自動で測った量のエサが出てくるものや循環式の給水器もあるので好みに応じて選びましょう。

子猫の内は、まだ体が小さいので子猫用のお皿や高さの低いお皿を使ってあげてください。まだエサやミルクをお皿であげはじめて日が浅い場合や良くこぼしちゃう子の場合は、下に汚れてもいい布やキッチンペーパーなどを引いておいてあげると汚れても安心で、片付けも簡単です。

エサ・水など

猫のエサや水などを準備しましょう。猫の健康を維持したり、成長を支えたりするにはエサや水などの食料はとても重要です。子猫の間は、子猫の用のエサを用意してくださいね。

猫一匹ごとに「魚派」「○○のまぐろ味」などの好みがありますので、いろいろな味や種類を与えてみて、好みを見極めてあげましょう。毛玉ケアや尿路ケアなどに対応しているものもありますので、気になる方は使ってみてもいいかもしれませんね。

トイレ・トイレの砂

猫が生活していく上でトイレは必要不可欠です。トイレ本体(トイレトレー)もトイレの砂も様々な種類が販売されています。

初めて買う際には、どのようなトイレが良いのかを迷ってしまったり、わからなかったりする方も多いと思います。猫のトイレの種類は、大きく分けて3種類あります。

紹介していきますね。 

箱型タイプ

砂場のような箱の形をしたトイレで、その中に猫の砂を入れるタイプです。猫のトイレと聞くとこのタイプをイメージする方も多いかと思います。

一般的な形でどんな猫も使いやすいですし、砂の入れ替えやトイレ掃除をするときもすぐに取り掛かれます。しかし、猫がトイレ後に砂をかけたり、移動する際に砂が散らばってしまったり、トイレ周辺の物が何かの拍子に落ちてしまうこともあったりして、トイレ周辺が汚れてしまいやすいので注意が必要です。

屋根付きタイプ

ドーム型トイレで個室のような感じのタイプです。落ち着いた場所が好きな子はこのトイレが好きです。トイレ後に砂をかけたり移動した際に、外に砂がこぼれたり飛び散る心配はなく、トイレ周辺の汚れはあまり心配要りません。しかし、中の様子は見えにくいですし、トイレ掃除をする際も一旦屋根を外すなどの作業が必要になります。

すのこ型タイプ

すのこ()を挟んで上下に分かれていて、下におしっこが落ちるタイプのトイレです。片付ける際に分かれていた方が良い場合はこちらの方が良いかもしれません。

すのこは、引出タイプと取り外すタイプに分かれています。固まる砂は使用できないタイプが多いようです。

選ぶポイント

初めて買う場合は、どのトイレにするか、どの点に注意してトイレを選んだらいいか迷っちゃいますよね。

選ぶうえで重要なポイントは、下記の3点です。

  • 体全体が余裕をもって入り、トイレの中で体の向きを変えることができる位の十分な広さがある
  • 猫が出入りしやすい高さのもの
  • 多頭飼いの場合、トイレは一匹につき一個が基本 

トイレは、猫が生活する上でも大切なものです。狭すぎたり、出入りしにくかったり、数が少なかったりして猫が困ってしまわないように気を付けてみてくださいね。

爪切り・爪とぎ

猫の爪を伸ばしたままにしておくと猫も人も怪我をしてしまう可能性があります。また大切な家具などにも傷がついてしまうのもちょっと嫌ですよね。

爪が伸びないように切ったり、ケアしたりする時に大切なのが爪切りと爪とぎです。爪切りは、爪の根元にあるピンクの部分から2mmほど離して切ります。

このピンクの部分には神経が通っていて、傷つけてしまうと痛みがありますし、出血もしてしまうので切る時は慎重に行いましょう。爪切りは、嫌がる猫もいますが、普段から猫の足に触れるようにして足を飼い主に触られることに慣らしておいたり、猫の体をバスタオルで包んであげたりすると、猫も落ち着いて爪切りをしやすくなります。

爪とぎは、爪のケアもできますし、猫にとってストレスを解消するアイテムでもあります。壁に立てかけるタイプやベッドとしても使えるタイプなど、様々なものが販売されています。猫の好みに合った爪とぎを是非探してみてくださいね。

ブラッシンググッズ

猫の毛も人間の髪の毛のようにケアが必要です。ネットやペットショップ・ホームセンターのペット売り場にブラシやコームといったブラッシンググッズが販売されているので揃えておきましょう。

猫の毛が生え変わる春・秋の時期は特にこまめにしておきましょう。ダニやノミの早期発見や毛球症の予防、スキンシップをとる上でもブラッシングは大切です。

猫にずっと元気でいてもらうためにも、ブラッシンググッズは、揃えておきましょう。

毛球症

グルーミング(毛づくろい)をする際に毛を飲み込んでしまい、お腹の中に毛が溜まって毛玉になってしまい、起きる病気。軽度な場合は、猫が吐き出すことで解消できますが、重症化すると腸に詰まってしまうことなどもあり、手術や投薬治療が必要になることもあります。ブラッシングの他に腸を刺激する猫草を用意するのも対策としてお勧めです。

キャリーケース

キャリーケースは、猫を病院やお出かけ先に連れて行くときに必要になるので揃えておきましょう。普通のバッグのような布製のもの、天井が明けられる箱型のもの、背負えるリュックタイプのものなど、様々なタイプが販売されています。

使いやすく、猫を運びやすそうなものを選びましょう。猫がいつも出入りできるようにしておくと、実際に使う時もスムーズに入ってくれるのでお勧めです。

 

まとめ

  • マンチカンの性格は、「穏やか」「好奇心旺盛」「なつきやすい」
  • 賢い子が多いため、しつけもしやすい。
  • 3種類存在し、長足・中足・短足が存在する。私たちがよくイメージするのは、短足の子。
  • 足が短く、太りやすい体質なので、飼う上では、その点を考えてエサや環境を整える必要がある。

今回は人気の猫種のマンチカンの飼い方をご紹介しました。マンチカンは、比較的飼いやすい猫でしたね。

しかし、体調管理やオモチャ選びには、マンチカンの足の長さや体質に配慮してじゅうたんを引いてあげたり、キャットタワーの高さを考える必要がありそうです。

ぜひ、飼った子に合う素敵なグッズを探してみてくださいね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント