賢いイメージのサルの飼い方!飼うのは大変?そんな疑問を徹底調査!

サル
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

テレビやイベントなどで人気のおサルさん。頭がよくて人懐っこく可愛いですよね。そんなおサルさんと一緒に暮らしてみたいと、1度は考えたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。

でもおサルさんを飼ってみたい!と思っても、どうしたら良いかわからないですよね?そこで今回は飼い方についてご紹介します。飼育するには何が必要で、どのような事に気を付けたら良いかを詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

初心者でも飼いやすいサルの種類は?

一口にサルと言っても種類がたくさんいます。チンパンジーやオランウータンみたいに人間に近い種類もいますが、パッと見てサルとわからない種類もいます。

人間に近いサルは体が大きく腕力が強い為、飼育するのは難しいと言われています。比較的飼育しやすいサルは小型のサルです。その中でも初心者でも飼育しやすいサルをご紹介していきます。

 

リスザル

リスザルはもっとも飼いやすいサルと言われています。好奇心が強くいたずらをしたりもしますが、頭がいいので教えたりすれば芸もおぼえます。

体の大きさは体長29cmぐらいで体重は1kg前後と、リスのように小さいのでリスザルと呼ばれています。エサはモンキーフード、おやつやご褒美に果物や野菜、コオロギやミルワームが最適です。

寿命は20年ほどです。

 

ピグミーマーモセット

ピグミーマーモセットは、とても小さいサルで少し前までは世界最小のサルと言われていました。とても小さいので、大きい飼育スペースが取れない方には適していると思います。

体の大きさは体長10㎝ほどで、千円札よりも小さいんです。手のひらにすっぽりおさまり、人の指に止まることも出来るそうですよ。尻尾は長く20㎝ぐらいあります。体重は100gと非常に軽いです。

エサはモンキーフードを主食に好みに合わせ果物、ミルワーム、コオロギをあげると良いでしょう。寿命は12年ぐらいです。

 

フサオマキザル

フサオマキザルは比較的大きめのサルです。人に懐きやすく、ペットとして飼えるサルの中では特に知能が高いサルと言われています。

まめこ
まめこ

介護用のサルとして注目を浴びるほど知能が高いんですって!

旦那
旦那

そんなに頭が良いんだ!


体の大きさは体長30~56㎝体重は2~4kgと、新生児の赤ちゃんと同じくらいの大きさです。リスザルやピグミーマーモセット よりは大きいですが、ヒョイっと抱っこできてしまいそうですね。

エサはモンキーフードに加え野菜、コオロギ、ミルワーム、ナッツ類やヒマワリの種などを食べます。

寿命は野生だと10~15年ですが、ペットとして飼育していると30年を超えるそうです。45年を超えた子もいるそうです。長生きですね。

フサオマキザルは体が大きいので、ケージを用意する場合は大きいケージが必要です。可能でしたら、一部屋を用意してあげるとストレスなどがなくて良いと思います。

 

ペットのサルを飼うために必要なグッズ

寝具

サルの種類によって夜行性だったりするので、昼間ぐっすり眠れるように暗くなる場所を用意してあげましょう。隠れる用と寝る用に木箱やハンモック、2つ用意してあげると良いでしょう。

止まり木

サルは木の上で生活をする生き物なので、止まり木などを用意してあげましょう。

照明器具

野生のサルは紫外線を浴びて育つので、家でも、日光浴をして紫外線を浴びせてあげてください。病気の予防にもなります。

なかなか日光浴の時間が取れない場合には、こちらのような太陽光に近いライトを使うと便利です。

ケージ

海外には専用ケージなどが市販されていますが、日本では一部の店舗で注文販売があります。飼育するサルの種類によって大きさが異なります。

上記の寝具・止まり木を入れられ、お迎えするサルにあった大きさのケージを用意してあげましょう。運動不足にならないよう、ケージの中で動き回れる広さにしてあげると良いでしょう。

エサ

サルのご飯にはモンキーフードがあります。このモンキーフードには大きく分けて「新世界サル用」と「旧世界サル用」があり、サルの種類の区分によって分かれています。

必要な栄養素も若干異なりますので、飼育するサルがどちらの分類のサルなのか確認をしてから購入しましょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

実は、食の好みも違うんですよ。小型のサルは新世界サルと言われていて、よりタンパク質を多く必要とします。

こちらのモンキーフードはタンパク質含有量が豊富で、新世界サル向けのフードです。飼育しやすい小型のリスザルやピグミーマーモセットにおすすめです。

おやつ

サルのおやつにはミルワームが最適です。良質なたんぱく質がたっぷりとれて栄養満点です。

それ以外にもサル用に作られたクッキー、犬や猫用のクッキーも与えられます。バナナやぶどうなどのフルーツも大好きなので、バランス良く与えられると良いですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ミルワームは小さい頃からあげていないと食べない子もいますので、子供の頃から様々なものを食べさせておきましょう。

まめこ
まめこ

健康のためにも偏食しないように、バランス良く食べさせてあげたいですね。

 

ペットのサルを飼育する中での注意点

湿度・温度

適温は18℃~27℃の間で、急激な変化がないようにする必要があります。湿度の理想は55%~70%です。私たちがわりと快適に過ごせる環境と同時くらいか、少し高めにするのが理想ですね。

エアコンやケージに入れられる冷暖房器具を上手に使い、快適な環境を保ってあげましょう。しかし、子育てをしている時は湿度を70%~80%とかなり高めが良いです。

トイレ

サルは排泄について、猫のように砂にする習慣や、犬のようにトイレの場所を覚えるのは難しいので、オムツをつけて生活すると良いです。トイレを我慢できないので、何処でもしてしまいます。オムツをしていれば、飼い主もサルも気持ちよく過ごすことができますよね。

小型サルには人間用の生理用のナプキンを改良してサル用にサイズを合わせて作ってあげてる人も多いそうです。ただし、小さい頃からオムツを付けていないと、外してしまうので注意してください。

旦那
旦那

人間の赤ちゃんも、結構オムツ剥がすよね〜やっぱり気持ち悪い感じがするのかな。早めに付けて、それが当たり前にしておくと、後々が楽なんだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その子それぞれの性格もありますからね。外し方も覚えちゃうんです。トレーニングして、オムツを付けておくと良いと覚えてもらうしかないですかね。

特に中型、大型のサルにオムツを付けるのはとても困難です。そのまま排泄してしまったり、手で遊んでしまうケースもあり、飼い主さんも悩んでいる方が多いです。嫌なことがあると、排泄物を投げてくるなんてこともあるので気を付けたいですね。

無理にオムツを付けることもストレスになります。難しい場合は、排泄したらすぐに片付けるようにしましょう。お掃除する際は、必ず除菌効果のあるスプレーを使いましょう。

どんなスプレーが良いか迷っていましたら、ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」がおすすめです。赤ちゃんにも使えるほど、安心安全な除菌スプレーです。間違って舐めてしまう可能性も考えると、有害な成分が使われていないものを使いたいですよね。

まめこ
まめこ

同じ空間で過ごすパートナーなので、衛生環境もしっかり整えてあげましょう。こちらからも購入できますよ。

 

ペットのサルのケアについて

シャンプー

水が嫌いでなければシャンプーや入浴は問題なくできるでしょう。苦手な子は最初は、飼い主さんがお手本になって入浴を見せてあげるのも手です。ただし衛生上、免疫力の弱い人や乳幼児は一緒に入ることは避けましょう。

まめこ
まめこ

人と同じものは刺激が強いので、必ず、犬や猫に使う低刺激のシャンプーを使ってくださいね。

ブラッシング

ブラッシングすることによって、皮膚を清潔に保ち血行促進にもなります。また、リラックスさせ、お互いに信頼感を得られるので、コミュニケーションのためにも是非してあげましょう。

日頃から体に触ることに慣れさせておくと、動物病院での診察もスムーズに行えますし、病気の早期発見に繋がりますよ。

 

サルの飼育の前に動物病院もリサーチ!

サルを診てくれる動物病院は多くはありません。お迎えするまえに、サルを診てくれる動物病院がどこにあるのかリサーチすることを忘れずに!

 

まとめ

  • 飼育しやすいサルは、リスザル・ピグミーマーモセット・フサオマキザル
  • 寝具・止まり木・照明器具・ケージが必要でエサはモンキーフードとおやつ
  • 温度、湿度管理に気を配り急激な温度変化がないようにする
  • トイレは我慢できないので、オムツを付ける訓練が必要
  • 定期的にシャンプーをしてあげて、ブラッシングはまめに、コミュニケーションにもなる
  • お迎えする前にサルを診れる動物病院をリサーチ

サルはペットとして改良されてはいないので、人に懐いてくれる子ばかりではありません。いざ飼ってみたら大変なことも多いと思います。しかし、しっかりと愛情をもって接してあげることで、他の動物とは違う親密な関係を感じられると思います。

可愛いからと言う理由だけで飼うことは難しいですが、決して飼育できないわけではありません。事前にしっかり準備をして、お迎えしてあげましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント