モモンガの種類は?アメリカモモンガとフクロモモンガの違いを比較!

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

小さな顔に大きな瞳。手足を大きく広げて飛ぶ姿が特徴的なモモンガ。人間の手のひらにしがみつく姿が愛らしいモモンガは、小動物のペットとしてもメジャーになってきているのではないでしょうか。

そんなモモンガにも様々な種類があることをご存じですか?今回はそれぞれの特徴と、ペットとして飼う際の違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

モモンガって?

モモンガはネズミ目リス科リス亜科モモンガ属に属するリスの仲間です。両手足をぴ〜んと伸ばして飛膜と呼ばれる皮膚のひだを広げ、ハンググライダーのように空を滑空します。実はコウモリの羽のようなものも、モモンガと同じ飛膜なんですよ。

そしてモモンガは森林地域に生息しています。樹から樹へとぴょんぴょんとすばしっこく動き回りながら生活し、一生のうちほとんどの時間を樹の上で過ごします。夜行性なので、私たちが目にすることはほとんどありません。

ちなみにモモンガによく似た動物にムササビがいますが、その違いは大きさです。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

空飛ぶハンカチと呼ばれるモモンガに対して、ムササビは空飛ぶ座布団と呼ばれているよ

まめこ
まめこ

ざぶとん!

旦那
旦那

見間違うことはまずなさそうだね

その大きさの違いから、モモンガは20~30メートルほどしか飛びませんが、ムササビは100メートル以上滑空できるようです。

モモンガとムササビには、大きさ以外にも違うところがたくさんあるんですよ。気になる方はこちらの記事も是非読んでみてください。

モモンガとムササビの違いとは?見分け方や何の仲間なのか徹底解説!

 

モモンガの種類

モモンガは45種類以上が存在しています。野生ではニホンモモンガ(ホンドモモンガ)エゾモモンガなどが日本に生息しています。

残念ながら保護対象動物に指定されているため、ペットとしての飼育は禁止されていますが、エゾモモンガは観察しやすい種類です。

ニホンモモンガ

  • 本州、四国、九州に生息する日本固有種
  • 体長:15~20センチ
  • 体重:100~200g
ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

北海道には生息していないんだよ

エゾモモンガ

  • 北海道に生息するタイリクモモンガの亜種
  • 平野部にも生息し、ニホンモモンガに比べ目にする可能性が高い
  • 体長:15~18センチ
  • 体重:80~120g
まめこ
まめこ

モモンガって、単行本より少し大きいくらいかな⁇大きなイメージがあったけど意外に小さいのね。

 

ペットとしてのモモンガ

45種類以上も生息しているとされるモモンガですが、日本でペットとして飼えることができる種類は限られています。今回は三種類を紹介していきます。

タイリクモモンガ

エゾモモンガの元とされるタイリクモモンガは、2006年に特定外来生物に指定されたことにより今では原則飼育できません

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

日本固有種を守るために決まったんだよ。

毛色は茶色とグレーのミックスした色で、体が大きめです。目の周りが黒く縁どられているのが特徴です。

性格は神経質でデリケートなため、モモンガの中でも飼育するのが難しいとされています。新たに飼うことはできませんが、以前から飼っている人は申請することで許可を得られます

アメリカモモンガ

別名”フェアリーモモンガ”とも呼ばれています。

毛色は背中が灰色がかった茶色腹部がクリーム色で、リスのような顔立ちをしています。体長13~15センチと千円札と同じくらいの大きさで、体重は55~100gと小柄です。

まめこ
まめこ

手のひらサイズでかわいい。

旦那
旦那

動きもすばしっこくて、まるで飛ぶリスだね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

*・* 夫婦は似てくると良く聞きますが、 モモンガにも当てはまるのでしょうか?💕 目の上の白ラインの違いが目印だったのですが、 気が付けば同じ太さになっていました🤭 *・* #小動物 #動物 #動画 #画像 #ペット #エキゾチックアニマル #アメリカモモンガ #アメモモ #モモンガ #モモンガのいる生活 #モモンガ好きと繋がりたい #ペア #夫婦 #似てる #そっくり #カメラ #photo #exoticpets #animals #pet #petstagram #animallovers #southernflyingsquirrel #squirrel #cute pet #lovely #lovelyday #pretty #날다람쥐 #작은동물

guri.gura_63(@guri.gura_63)がシェアした投稿 –

性格は神経質で警戒心も強く人なかなか懐かないのですが、比較的丈夫で飼育はしやすいです。自然界では単独行動を基本としているため、複数の飼育は向いていません

紫外線で照らすと、なんと⁉︎体がピンク色に光るという不思議な性質を持つモモンガです。

まめこ
まめこ

ピンクっていうのが、また可愛らしいね。暗やみの中で光っていたらまるでアニメで見る空を飛ぶ妖精のように見えそう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

偶然見つかった現象だから、まだ光る理由は解明されてないんだよ。

ちなみに、アメリカモモンガの倍程の大きさのあるオオアメリカモモンガという種類もいます。こちらもペットとして飼育は可能です。

フクロモモンガ

シュガーグライダー”という別名があります。

私も知らなかったのですが、実はこの子はモモンガではありません。フクロモモンガはコアラやカンガルーの仲間でその名の通りおなかに袋を持っている有袋類です(フクロモモンガ科フクロモモンガ属)。

腹部が薄いクリーム色か白色、背中は灰色に黒いシマ模様が入っています。子豚のような鼻と大きな瞳が特徴です。

体長16~21センチと500ミリのペットポトルくらいの大きさです。中には30センチと、更に大きい2リットルのペットポトルくらいになる個体もいるそうです。体重は100~150gでアメリカモモンガよりも少し大きめです。

性格は神経質で憶病ですが、比較的懐きやすい種類と言われています。野生では群れで生活しているため、複数で飼うこともできます。単独の場合は、コミュニケーションをしっかりとってあげることが重要になるでしょう。

まめこ
まめこ
 

飼い主さんにしがみつく姿がかわいい~!

 

ペットにするならどっちがおすすめ?

現在、日本でペットとして飼うことのできるモモンガはアメリカモモンガフクロモモンガに限られます。それぞれの項目に沿って特徴を見ていきましょう。

懐きやすさ

一匹オオカミのように単独で勇しく生活するアメリカモモンガに比べ、集団でみんなで仲良く生活するフクロモモンガのほうが懐きやすいと言われています。アメリカモモンガ知能が高いので、じっくり触れ合っていけば飼い主さんのことを覚えてくれる可能性があります。

またフクロモモンガは懐きやすい反面、コミュニケーション不足がストレスに繋がり、自傷行為をすることもあるので注意が必要です。

まめこ
まめこ

ストレスで、毛が抜けてハゲちゃうこともあるんだって〜

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

毛が抜ける…(ピクピク)

旦那
旦那

あ〜そんな大きな声で言ったら…。季節の変わり目で敏感なのに。

どちらにしても個体差によるところが大きいので、っくり時間をかけて接してあげることが重要です。

食べもの

モモンガは雑食です。植物性、動物性どちらもバランスよく与えましょう。

アメリカモモンガはリス科の中でも動物性のものをよく食べます。リス用のフードや果物、野菜の他に栄養豊富なのミルワームやコオロギなどもバランス良くあげましょう。 

フクロモモンガ野菜、果物が中心です。また甘い樹液や花の蜜も大好きです。飼育下ではなかなか用意が難しいですが、昆虫用のゼリーなどをあげるとよいでしょう。

まめこ
まめこ

昆虫は生き餌だとちょっと抵抗もありますよね。私も苦手です。便利な乾燥タイプや生タイプがあるので安心ですよ。保存もきくので便利ですよ。

旦那
旦那

ご飯食べてるとこってなんで可愛いだろな。

におい・鳴き声

においと鳴き声には大きな違いがあります。

アメリカモモンガの体臭はほとんど気になりません。糞のにおいも弱いです。鳴き声についても超音波で会話をするので、人間には聞き取ることが不可能です。気になる程ではないでしょう。

それに対しフクロモモンガ臭腺を持っています。マーキングしたり発情期になると特ににおいが気になるでしょう。手術で除去ができますが、モモンガは臭腺が多いので、個体にも費用的にも負担となってしまう可能性があります。

またフクロモモンガは犬のような甲高い声で鳴きます。犬や猫のように頻繁に鳴くわけではないので、それほど神経質になる必要はありません。しかし夜行性なので夜に良く鳴くため鳴き声に悩まされるかもしれません。

旦那
旦那

そんなに鳴かないとはいえ、鳴かれると気になるよな。寝不足になっちゃうかもね。

まめこ
まめこ

飼う前に注意しておきたいポイントですね。

温度管理

モモンガはどちらも室温管理が必要です。

アメリカモモンガは寒さには強いのですが暑さと湿気に弱いです。適温は18~23度です。夏は熱中症などの危険もありますので、エアコンを使って特に夏の暑さ対策はしっかりしましょう。

反対にフクロモモンガ寒さに弱いです。適温は18~28度に保ちます。冬場は比較的温度管理に気を配っていますが、春先の4〜5月の深夜や早朝もかなり冷え込むので冷えすぎないようにペットヒーターを使ったり寒さ対策をしてあげましょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

寒い時期から春先はぬくぬくのお家を作ってあげると中にデレデレのモモンガちゃんが見れますよ。

旦那
旦那

それは可愛いな〜。たぶんコタツから出てこないまめこみたいだな。

まめこ
まめこ

あ〜極楽♪ヌクヌク

寿命

フクロモモンガの寿命は5~7年と小動物の中では比較的長生きです。最近では餌の質も上がり、飼育方法も確立してきましたので、10年以上生きる個体もいるようです。

アメリカモモンガの寿命は平均12年と、フクロモモンガよりも長生きしやすい傾向にあります。どちらを飼うことになっても、飼い主さんがしっかり健康管理してあげることが大切ですね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

愛情をたくさんかけてくださいね。モモンガと長く楽しく暮らしましょう。

まめこ
まめこ

一緒に過ごす時間て、実は長いようで短い時間から、たくさん写真に残しておいくと良いですよ。

いつもお家に隠れちゃってなかなか出てこないかもしれないですが、毎月届くお花と一緒に大好きなモモンガの写真を残しておくと素敵な記念になりますよ。気になる方はチェックしてみてくださいね。

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

価格

ペットショップなどでよく見かけるのはフクロモモンガのほうでしょう。一般的に流通しており、価格も約1~3万円ほどです。

アメリカモモンガは国内繁殖が主流のため、流通が少なくなっており入手しづらい状況です。また繁殖自体が難しいため高額となっています。約10万円前後は見積もっておくと無難でしょう。

また、カラー成長段階によっても金額が変わってきます。一般に、ベビーのほうが高い傾向にあります。

旦那
旦那

俺のお小遣いじゃ買えないな〜。モモンガカフェみたいなのがあったら見に行きたいな。

まめこ
まめこ

予約制だったりするけどあるんだよ。飼えなくても触れ合えるって良いよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ぼくも連れてってくださいね。仲間はずれはダメですよ〜

その他の注意点

アメリカモモンガはげっ歯類なので歯が伸び続けます。歯切りをしたり、硬い木をケージへ入れる必要があります。フクロモモンガオスのほうが甘えん坊で懐きやすいですが、メスよりもにおいが強いので要注意です。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

メスは少し気が強いので、オスよりはなつくまでに時間がかかると言われていますよ。

 

まとめ

  • 野生のモモンガは45種類以上、日本にも2種類が生息している
  • 日本で飼えるモモンガはアメリカモモンガとフクロモモンガの2種類
  • アメリカモモンガより、フクロモモンガのほうが懐きやすい
  • においと鳴き声はアメリカモモンガのほうが気にならない
  • 飼育環境は寿命にも影響するため、特に室温管理は1年を通して重要
  • 価格は、フクロモモンガのほうが約1~3万円と手頃。アメリカモモンガは約10万円以上することもある

リス科のアメリカモモンガと有袋類のフクロモモンガ。別の種類の動物ですが、どちらも空中を滑空する不思議な生き物です。懐くと飼い主さんの元へ飛んできてくれたりして、とても可愛らしいです。

慣れるとベタ甘になるフクロモモンガもいいですが、賢く飼い主さんをちゃんと覚えてくれるアメリカモモンガにも惹かれますね。あなたは、どちらが気になりましたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント