ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気は?長生きの秘訣は?

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

思わず「おじいちゃん」って、呼びたくなくような風ぼうのミニチュアシュナウザー
たくさんのワンちゃんがいて、その犬種ごとにそれぞれちがった特徴があり、私たちを癒やしてくれますよね。

そんなワンちゃん達にも、犬種によってかかりやすい特有の病気があることを知っていますか?
今回は、ミニチュアシュナウザーがかかりやすい病気について調べてみたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ミニチュアシュナウザーの名前の由来は?

ドイツ原産のミニチュアシュナウザー(Miniature Schnauzer)ドイツ語でひげを「シュナウツ」と言い、見た目のとおり眉毛や口の周りの長い毛があることから、この名前がつけられたと言われています。
ドイツではミニチュアシュナウザーを「ツベルグ・シュナウザー」(小さなひげ)と呼んでいるそうです。

体の特徴は?

小型犬で、四角ばったしっかりとした体つきをしてます。耳は前向きに折れています。
体高:30~35cm
体重:4~8キロ
毛色:ブラック&シルバー、ブラック、ホワイト、ソルト&ペッパー
口の周りや、眉毛の周りの長い毛が特徴です。

ミニチュアシュナウザーの性格って?

遊ぶのが大好きで、明るくて活発な性格です。愛情深く、飼い主によくなつく性質を持っています。小さな子供がいても、飼いやすい犬種であることが魅力です。

また覚えたしつけは、きっちりと従う頑固な面があるので、子犬の頃から一貫性をもってしつけましょう。
飼い主の行動などをよく観察していて、状況に応じた行動のできる、頭脳明細な犬種でもあります。

 

ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気は?

ミニチュアシュナウザー特有の病気やかかりやすい病気がいくつかあります。代表的なものを紹介してみましょう。

まめこ
まめこ

そんなに色々あるんだ。
せんせい、お願いしまーす。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

はいはい~。じゃあ説明しますよ~。

尿路結石(にょうろけっせき)

ミニチュアシュナウザーが最も注意したい病気でもあります。ミニチュアシュナウザーは、尿路結石の原因となるショウ酸カルシウムが他の犬種よりも11倍と多く、発症する可能性が高いそうです。

【原因】
尿路結石とは、カルシウム、ミネラルが結晶化して結石になってしまうことを言います。この結石が尿道に詰まってしまい、血尿になったり尿が出なくなってしまう症状がでます。

【症状】
水を多く飲むようになり、尿の色が濃くなってきます。また、一度かかると再発する傾向があります。

【治療法】
軽度であれば食事療法などですむ場合もありますが、重度で結石が溶解できない場合には、手術で結石を摘出します。

若年性白内障(じゃくねんせいはくないしょう)

この病気は、目のレンズの水晶体のタンパクが変性して、白く濁ってしまいます。犬も人間と同じように年をとってくると白内障にかかりやすくなりますが、ミニチュアシュナウザーは、5歳以下の若いうちから白内障にかかることがあります。

【原因】
遺伝性であることが多いようです。

【症状】
目のレンズの白濁が急速に進行してしまうので、短期間のうちに失明してしまうことがあります。

【治療法】
点眼薬で進行を遅らせることはできますが、完治は難しいようです。

まめこ
まめこ

人間の白内障は、手術で治るじゃない。犬の白内障は、治すことはできないの?

ねえ~。先生、何とかならないの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

今のところ、どうしようもできないんだよ。

どうにかしてあげたいのは、やまやまなんだけど

まめこ
まめこ

そのうちに、きっとよい治療法がみつかるはずだわよね。

進行させないためにも、しっかりとできるだけの処置はしてあげないとね。

シュナウザー面皰症候群(めんぽうしょうこうぐん)

シュナウザー面皰症候群は、皮脂の分泌が多くなりそれが毛穴に詰まって炎症を起こしてできる病気です。
人間で言うと、ニキビや吹き出のようなものを想像してもらうとわかりやすいかもしれませんね。

シュナニキビ」とも呼ばれています。病名のとおり、シュナウザーがなりやすく首や腰によくできやすいです。

【原因】
皮脂の分泌が多くなりすぎて毛穴に詰まるために起こります

【症状】
かゆみがあるようです。軽い場合にはかゆみも軽度ですが、重度になるとかゆみがひどくて掻いてしまうため、皮膚の傷から一気に広がり、二次感染を起こす場合があります。

【治療法】
ミニチュアシュナウザーの体質的な問題でもあるため完治はなかなか難しくはあるのですが、面倒でもなるべく皮膚の清潔を保ってあげる事が一番良いようです。

 

まめこ
まめこ

病名に名前が入るって凄くない?

旦那
旦那

それだけシュナウザーが、なりやすい病気ってことなんだろうね。

フォルビルブランド病

フォルウィルブランド病は、遺伝性止血異常症とも呼ばれている遺伝性の病気
フォルウィル因子とは、血小板の止血機能の因子ですが、この因子の作られる量が少なかったり、壊れたりして異常をおこす病気なんです。

【原因】
遺伝性の病気です。

【症状】
皮膚などに怪我をした場合、過度な出血をおこしたり、鼻出血や歯肉からの出血、また血尿や消化管からの出血があらわれて出血が止まりにくくなってしまいます。

結構ショッキングなのでいざ発生したときのために普段から応急処置を確認しておくのが良いですね。

【治療法】
遺伝的な病気なので有効な治療法はありません。過度な運動で怪我をさせないなど日頃から気をつけてあげる事で発症していても症状をなるべく軽く抑える事が出来ますよ。

 

旦那
旦那

ちょっとカタカナばかりで、言いにくい名前の病気だよな。

まめこ
まめこ

病名ってどれも難しいよね。
でもこの病気は症状がショッキングだから
そっちで覚えてしまいそう

クッシング症候群

この病気は、腎臓の近くになる副腎から分泌される「コルチゾール」というホルモンが出すぎて、体に異変を与えてしまいます。

【原因】
大きく分けて、2つあり脳下垂体の腫瘍による物と副腎そのものの腫瘍とがあります。ほとんどの場合、脳下垂体の腫瘍によるものだと言われています。高齢犬がかかりやすい病気です。

【症状】
水をよく飲み尿もふえます。毛が抜けたりもします。また、呼吸が速くなり、お腹がふくれるといった症状もあらわれます。

【治療法】
内科療法、外科療法、放射線治療があります。しかし、どれも症状を緩和するだけの治療であり、完治は期待できません。

 

まめこ
まめこ

普段から一日にどのくらいの水を飲むか
知っておくと早期発見につながるね

旦那
旦那

でもどうやって水を飲む量を測ればいいんだい?

まめこ
まめこ

一日に飲むお水の量を、ペットボトルに入れておいて
そこから容器に補給してあげるといいよ

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

さすがまめこさん! ナイスアイデアだね

門脈大動脈シャント

門脈とは消化管と肝臓をつなぐ血管であり、肝臓に栄養を送ったり、肝臓の毒素を代謝する働きをしています。その2つをつなぐ血管の間に、異常血管(シャント血管)が形成されて、この流れを壊してしまう病気です。

【原因】
肝臓の奇形によるものです。

【症状】
頭がふらついて歩けなくなる。ひどい場合には昏睡状態になることがあります。

【治療法】
この病気は、先天性のものと後天性のものがあり、後天性の場合には、内科治療が行われますが、先天性の場合には、外科治療が行われます。

停留睾丸(ていりゅうこうがん)

子犬の時には、睾丸はお腹の中にあるのですが、生後6ヶ月頃の頃には陰のう(精巣がはいっている袋)に降りてきます。

その睾丸が、片方または両方ともに下がってこなくて、腹腔内や鼠径部(そけいぶ、内またの中の部分)にとどまっている状態のことを言います。

【原因】
遺伝によるものが多いといわれています。繁殖をする場合には、片方が下がっていれば繁殖させることができますが、両方ともに下がっていない場合には繁殖できません。

【症状】
生後半年たってもタマタマが見えないようなら停留睾丸だと思った方がいいでしょう。

【治療法】
すぐに病気を引き起こすことはないのですが、腹腔内や鼠径部に残っている場合には、将来的に精巣が腫瘍化する恐れがあります。そのため、去勢手術をして睾丸を取り除くことが奨められています。

レッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)

大腿骨頭(太ももの骨の骨盤と連結している部分)への血行が阻害され、大腿骨の骨頭が壊死してしまう病気です。

【原因】
原因不明ですが、遺伝的なものと言われています。

【症状】
足を引きずる。足に力が入らない。ほとんどの場合、片足だけに見られますが、まれに両方に起こることもあります。

【治療法】
軽い場合には鎮痛剤などの内科的治療をしますが、一時的な治療になるので、最終的には外科手術をします。

進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく)(PRA)

網膜の細胞が、徐々に死んでいくことで網膜が萎縮していき、視力が徐々に落ちていく恐ろしい病気です。

【原因】
これも遺伝性のものが多いようですが詳しい事があまり分かっていません

【症状】
物にぶつかりやすくなる、階段を降りる時の動きが今までと違う、
暗いところでの動作がぎこちなくなるなどがあげられます。

【治療法】
残念ながらこれといった治療法はありません。ただ時間をかけて進行し、突然見えなくなるわけではないのでわんちゃんは意外と生活していくうちに慣れる事もあるようですよ。

生活の中では動線をしっかり確保したりぶつかって危ないものを置かないなど、わんちゃんが生活をしやすいように工夫してあげるのが良いでしょう。
お部屋の模様替えも控えめにしてあげたほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

元気に長生きさせるための秘訣は?

ミニチュアシュナウザーの寿命は、小型犬としては比較的長く12~15歳だと言われています。人間で言うと68~86歳位にあたります。

犬も個々によってそれぞれの特徴があるので一概には言いきれませんが、ミニチュアシュナウザーは神経質な性格でもあるので、規則正しい生活をさせてストレスを感じさせないようにすることが大切です。

人間社会と同じように、犬もストレスを感じると健康面に大きくかかわってくるのですね。

また、老犬になるとさまざなま症状が出てくるので、その症状にあわせて生活面でも、負担がかからないように変えていくことも大切です。

定期的に検診に連れて行き、病気の早期発見をすることが長生きの秘訣でもあります。

 

まとめ

  • シュウ酸カルシウムが他の犬種の11倍も多く、尿路結石にかかりやすい
  • 犬種の名前が入った、特有の病気がある
  • 遺伝性の病気が多い
  • ストレスの軽減と病気の早期発見が長生きのコツ

いろいろな犬種の犬がいるように、犬種特有のかかりやすい病気がそれぞれにあります。
愛犬のちょっとした、異変を見逃さず病気を最小限に防ぎたいものですね。

元気に長生きして、愛犬との幸せなペットライフを過ごすために!! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント