ミニチュアダックスフンドってどんな性格?習性や困った時の対処法も

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



室内飼いでお勧めの小型犬ランキングで必ず上位に入ってくるミニチュアダックスフンド。実際飼おうと考えている方にとって、ダックスがどんな性格なのか…。気になりますよね。

ここではダックスの性格や習性などを簡単にお話ししていきたいと思います。参考にしていただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

ダックスのルーツから探る性格

犬は賢く、よく人の話や感情を理解します。ダックスももちろん、嫌な話は知らん顔したり怒られると分かるとハウスに入ってしまったりします。「ごはん」や「お散歩」など嬉しい言葉が聞こえてくると、お目目をキラキラさせながら走り寄って見上げてくる様子は何とも愛らしいです。

一方でダックスのルーツは狩猟犬。もともとは巣穴にいるアナグマを追い立てたり、野山で獲物のにおいを追うなど、勇敢で敏捷な犬でした。今でもその面影は残り、ワイルドな魅力も持っています。

旦那
旦那

『可愛さ』と『ワイルドさ』!

この相反する二面性を持っているなんて!

まめこ
まめこ

これでダックスが人気ランキング上位にくるのも納得ですね。

 

ダックスの習性と本能

椅子や机の脚をかじったり、ソファを掘ったりして一見「イタズラかな?」と感じる行動の多くは、生まれ持ったダックスの本能です。やみくもに叱ったりイライラしても仕方ありません。

旦那
旦那

大切な家具を破壊されるのは悲しいけど…。

本能だったら「仕方ない」と思えるのかも。

まめこ
まめこ

この記事を読んでダックスの習性や本能を知り、

毎日の生活に活かしていきましょう。

広いスペースを動きたい

犬の祖先であるオオカミは、一箇所に留まらず群れで広範囲を移動しながら生活します。犬も同じように、広いスペースを動き回りたいという本能を持っています。

サークルに入れっぱなしにせず、自由に動き回れる時間と、散歩に行く時間を必ず確保しましょう。ダックスは小型犬の中でも運動量の多い犬種になります。

動くものを追いかける

ダックスは元々、獲物を追いかける目的で改良されてきた狩猟犬のため、動くものを追いかける本能は強く残っています。おもちゃを投げて追いかけさせる遊びで、この欲求を満たしてあげましょう。

お散歩中にカラスや鳩に反応して走り出すこともあるのでリードはしっかり持ちましょう

マーキング

犬は自分のテリトリーを主張するために、電柱などに少しずつおしっこをかける「マーキング」という行為をします。この行為の多くはオスに見られ、片足を上げできるだけ高い位置におしっこをかけることによって、自分の優位性をアピールしています。去勢手術によってマーキングしなくなるオスもいます。

かじる

人間が手を使うのと同じように、犬はまず口を使います。何か興味のあるものを見つけた時、くわえてみる・かじってみるといった行動は犬らしい自然な行動と言えます。狩猟本能の一つでもあり、とにかく犬は「かじりたい!」という欲求が強いのです。

まめこ
まめこ

人間の赤ちゃんも同じよね。気になるものがあったらかじってたってお母さんが言ってたし。

しかし椅子や机の脚をかじられるのは困るので、かじってもよいおもちゃを与えましょう。

おもちゃを振り回す

おもちゃを振り回したり壊したりするのも狩りの行為の名残です。獲物にとどめを刺し、仲間と取り合ったり肉を食いちぎったりという(ちょっと残酷ですが…)行為の名残なのです。

この本能を生かした、引っ張り合いっこなどの遊びは、狩猟犬出身のダックスの力強い能力を見せてくれるでしょう。

掘る

犬の穴掘りは、オオカミが土を掘って住処にしたり、穴に逃げ込んだ小動物を捕まえたりしていた頃の名残です。土だけでなくソファやカーペットを掘る子もいます。

ほほえましい仕草ですが、度を越すような場合にはストレスが溜まっている場合があります。お散歩などで気分転換させてあげましょう。

狭いところが好き

広いスペースを動き回りたいという欲求が強い一方、狭いところが落ち着くという習性もあります。オオカミが巣穴で寝ていた頃の名残で、ダックスは特に狭い穴のような場所に入りたがることが多いです。ぜひ自分だけの空間(ゲージやクレートなど)を与えてあげましょう。

ひとりは不安

群れで過ごす犬は、ひとりぼっちが苦手です。常に飼い主さんと一緒に行動したがります。また、犬はとても社会的な動物なので、家族以外の人間とも関わり合いを持ちたいのが普通です。

たとえお家の庭が広くて十分運動できるとしても、他者と関わり合って社会的刺激を受けるためにも散歩が必要となります。

旦那
旦那

へぇ〜。いろんな習性があるんですね。

「掘る」という行動は僕たち人間にとってはあまり理解できないことかもしれないけれど、

「ひとりは不安」っていうのはよく分かるな〜。

 

困った時の対処方法

まめこ
まめこ

ここでは、ダックスの飼い主さんが悩みがちな内容をお話しします。

対処法も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

吠えグセ

人間の「話す」と同様、吠えることは犬のコミュニケーション手段の一つです。ダックスは体の割に声が大きく、警戒心が強いほうなので、テリトリーを守るために吠える子も多いです。

飼い始めは吠えなくても、生後5ヶ月くらいになると外から聞こえる車の音や人の声、チャイムの音などに警戒吠えを始めることがあります。

▶︎ 十分に社会化させる

「そんなに警戒しなくても大丈夫だよ」ということを理解させるため、なるべく小さいうちから人や外の物音に慣れさせましょう。

▶︎ おねだり吠えは無視

おねだり吠えを承認すると、飼い主と犬の立場が揺らいでしまいます。「構ってよ〜」「ご飯ちょうだい〜」などのおねだり吠えは無視し、吠えずに落ち着いているときに遊んだりご飯をあげて、飼い主主導で行うようにしましょう。

このときの無視の基本は、見ない・声をかけない・触らない、です。

▶︎ エネルギーを発散させる

運動不足やコミュニケーション不足で吠える場合もあります。お散歩などで十分に運動させ、ストレスを溜めさせないようにしましょう。

拾い食い

ダックスは食いしん坊な上に、短足なぶん頭が地面に近いので、あっという間に拾い食いしてしまいます。

▶︎ ハーネス(胴輪)ではなく首輪を使う

ハーネスだと、拾い食いを阻止しようとリードを引いても、首が自由に動かせるのでそのまま拾い食いしてしまうことがあります。首輪の方がいざという時に制御しすいと言えるでしょう。

▶︎ 一緒に歩くトレーニングをする

お散歩デビュー時にはおやつなどを使い、飼い主の真横を歩き続けられるようトレーニングしましょう。地面だけを見て歩くより、飼い主を見ながら歩いた方がいいことがあると教えましょう。

飛びつき

興奮してじゃれついてきたり、顔をなめたくてピョンピョン飛びついてくることがあります。可愛い仕草ではありますが、胴長のダックスにとっては身体(特に腰)への負担がとても大きくなってしまします。

▶︎ ダックスに合わせ、低い位置を心がける

一緒におもちゃで遊ぶ時やおやつをあげるときは、ダックスに合わせた低い姿勢になりましょう。

▶︎ オスワリをさせる

オスワリをマスターしている場合は、飛びついてきたときにオスワリさせ、座ったら褒めてあげましょう。

参考:ミニチュアダックスフンド飼い方、しつけ、お手入れ(発行元:西東社)

 

まとめ

  • ダックスは可愛いだけではなく、狩猟犬出身のワイルドさも兼ね備えている
  • 祖先であるオオカミの習性も持つ
  • 困った行動があった時には、習性を理解した上でしつけをしましょう

愛犬が困った行動をすることがあっても、犬本来の習性であり仕方のないことが多くあります。視野を広くしてお世話をしましょう。

しつけがきちんとできていれば、お散歩以外でも一緒に出掛ける機会が増え、とても楽しいドッグライフを過ごすことができるでしょう。また、犬も人間と一緒で個体個体で性格が異なります。

ダックスだから…や、プードルだから…といった括りで考えることができない行動もあります。愛犬の可愛い習性やキラリと光る個性を見つけるのも、ドッグライフの醍醐味ですね。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント