ミニチュアダックス子犬の探し方!どうやって自分に合う子を見つける?

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



「犬を飼おう!」と決めたとき、次に考えるのは「どの犬種にしよう?」ですよね。小型犬にするか、大型犬にするか…?室内で飼うか、お庭で飼うか…?

この記事を開いてくださったあなたは、ミニチュアダックスを候補にされているのではないでしょうか。ミニチュアダックスは小型犬で、室内飼いを希望されている方にお勧めです。また、カラーも豊富なため選ぶ楽しさも倍増です。

ここではミニチュアダックスの子犬との生活を始めるにあたっての心構えや準備についてお話しします。この記事を読んで、「ぜひミニチュアダックスをお迎えしよう!」と決めていただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ダックスと暮らす心構え

犬を飼うということは、楽しさも大変さも家族がひとり増えるのと同じです。ダックスは小型犬ですが、「小さいからお世話がラク」という訳ではなく、室内犬1頭飼うのにかかる手間は、大型犬でも小型犬でもあまり変わりありません。そして、愛情と手間をかければかけるほど、犬は必ずそれに応えてくれます。

旦那
旦那

家族がひとり増えれば、幸せ倍増!悲しさ半分!

 

子犬の入手方法

ダックスを迎える心構えができたら、次は入手方法を考えましょう。一番大事なのは、誠実な購入先かどうか?を見極めることです。……難しいですよね。

入手先別に重要ポイントを述べていきますので参考にしてみてください。

ペットショップ

いろいろなカラーを見比べることができ、最初に必要なペット用品についても含めて相談に乗ってくれます。売り場が綺麗かどうか、その子の健康状態をきちんと説明してくれるか、その子の仕入れ先の情報を教えてもらえるか、をチェックしましょう。

ブリーダー

ダックスだけ、もしくは数犬種だけ扱っているブリーダーを選びましょう。できれば親犬も見せてもらい、健康状態や性格を見ておきましょう。アフターケアや保証についての確認も必要です。

ネットショップ

最近はショップやブリーダー、一般家庭などがインターネットを通じて飼い主を探すケースが増えています。ネットはあくまでも最初の窓口ということで、ネット上のやりとりのみで購入手続きをしないようにしましょう。犬だけの輸送も心身に負担がかかるので避けたいところです。

一般家庭

親犬の健康状態やルーツ(血統)、性質などをチェックし、交配相手も慎重に選び、遺伝病などについて十分調べた上で繁殖に踏み切った家庭から子犬を購入するのは問題ないです。気をつけたいのは、知識もないまま繁殖させたケースです。遺伝病や性質、血統に問題があるなど、リスクが高くなるので気をつけましょう。

 

子犬の選び方

入手方法を決め、実際に子犬と対面した際、どんなところをチェックしたらよいかご存知ですか?ペットショップでガラス越しに目が合い、一目惚れしてしまった…という運命的な出会いもありますが、初心者の場合は一度冷静になって考えましょう。

自分とペットのためにも、初心者に向いている性格・性質の子を選ぶことが大切です。

まめこ
まめこ

性格は極端にやんちゃなタイプや臆病なタイプを避けるのが無難です。

ほどほどにバランスが取れた子が初心者向きです。

旦那
旦那

でも、性格ってどうやって見極めればいいの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その子に会った時、その子がどんな行動・反応をするかで見極めましょう。

性格

▶︎すぐに駆け寄ってくる子、元気に尻尾を振り、匂いを嗅いだり舐めたりする子

明るく好奇心旺盛で社交的。ただ、あまり激しくはしゃぐ子は、活発過ぎて初心者が飼うには苦労するかもしれません。

▶︎反応しなかったり、怯えてうずくまったり、吠え続けたりする子

神経質や臆病だったり、大事に扱われずに人間不信に陥っていることもあります。病気の可能性もあり、初心者には向きません。

▶︎他の子犬よりも遅れてきて、抵抗せずに機嫌よく抱かれる子

おとなしいけれど臆病ではないタイプで、初心者にはお勧めです。ただし、寝起きの場合はみんな大人しめなので、状況を踏まえて判断しましょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

メスの方がおとなしく初心者向きなどと言われることもありますが、犬の性質は持って生まれたものと、その後の環境によって出来上がるものです。人間と一緒ですね。

ですので、あまりオス・メスの性差は関係ありません。

避妊・去勢手術によっても行動に変化が出ることもあるので、性差についてはあまり考え過ぎずに好みで選んだ方がよいでしょう

旦那
旦那

あとは……直感??

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

直感も大切かもしれませんが、もっとも大切なのは健康面です。

生き生きとしていて、体はころりと丸く、抱くとずっしりと重みを感じる子がお勧めです。

旦那
旦那

なるほど!健康面はどうやって見極めれば…?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

見た目でわかるものは以下の通りです。

色の濃いアーモンド型の目がななめについている。生き生きと澄んでいて、目やにや涙目、充血がない。おもちゃ等を目の前で動かしてみて、きちんと反応するか見てみましょう。

黒くつやつやして、鼻水が出ていない。冷たく適度に湿っている。※睡眠中や寝起きは乾いているので状況を踏まえて判断を。

被毛

毛並みや色艶がよくハリがある。カラーは成長とともに多少変化することがあるので、成犬時のカラーにこだわる場合はスタッフとよく相談してから購入しましょう。

皮膚

被毛をかき分けて、湿疹などがないかチェックしましょう。

中が綺麗で悪臭がない。呼びかけや音に対して反応する。

歯が白くて硬く、噛み合わせが正常(下の前歯の外側が上の前歯の内側にしっかり触れているシザーズ・バイトであること)。口臭がない。可能であれば口の中を覗き、歯茎が綺麗なピンク色をしていることを確認しましょう。

四肢

関節の角度、歩き方が自然。しっかりと安定している

骨格

バランスが取れていて痩せ過ぎていない。背中が平らである。

睾丸

オスの場合、睾丸が外に二つあることを確認する。体内に睾丸がとどまっている(睾丸停滞)と、腫瘍化する恐れがあります。

肛門

締まっていて、周りが汚れていない。

しっぽ

長めで節がなく、元気に動いている。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

さてさて…、ここまできたらやっと後半戦に突入です。

子犬を迎え入れる前に、愛犬との生活に必要なグッズを揃えていきましょう。

 

子犬を迎えるにあたって必要なもの

サークル

できればリビングに置いて人の目が届くようにしましょう。

ハウス

ダックスは巣穴のような狭いところを好みます。持ち運びできるクレートをハウスとして使えば、移動も便利です。

トイレ、トイレシート

基本的にトイレはサークルの入口側に置きます。トイレシートのみで使用することも可能ですが、子犬の場合いたずらしてしまうことが多いので、トレー型のトイレを準備しておいた方がよいでしょう。

食器

ずれないように重めの食器がお勧め。フード用と水用の二つ用意しましょう。

フード

始めはペットショップやブリーダーさん宅で食べていたフードと同じものを準備しましょう。フードを変える場合は、一度に全部変えるのではなく、以前のフードと新しいフードを混ぜ、徐々に新しいフードの割合を増やしていくようにしましょう。

おもちゃ

どんなおもちゃを好むか分かりませんので、いくつか種類を用意してあげましょう。ゴム製のもの、ロープでできたもの、ぬいぐみ…など、ショップにはたくさん売っているので愛犬のことを考えながらおもちゃを選ぶのはとても楽しいです。

リード

予防接種が済むまでお散歩はできませんが、家の中でも使ってみて、リードに慣らしておくとよいでしょう。

消臭剤

犬用の消臭剤がショップに売っています。粗相をしてしまった時に必要になります。

お手入れグッズ

ブラシ、爪切り、バリカン、歯ブラシなど。

 

初日の過ごし方

旦那
旦那

準備は整った…!いざ、お迎え!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その前に、あと一つやっておくことがあります。

家の中の安全対策です。

  • コードは噛まないようにカバーをつける、もしくはソファの後ろなどに隠しましょう。
  • ゴミ箱に匂いが強いものが捨ててあると気になっていたずらすることもあるので、蓋つきのものに変えるか、届かない場所に移動しましょう。
  • 台所など、入られたくない場所には柵を設けましょう。
  • 机の上にお菓子が置いてあると、いたずらしてしまいます。人間の食べ物は届かないところに置きましょう。
  • フローリングは、足の裏にも毛がある犬にとっては滑りやすく歩きにくいです。毛が短いカーペットを敷くとよいでしょう。
  • ダックスは視線が低いです。ベッドやソファの下にヘアゴムやピンなどが落ちていませんか?一度確認してみましょう。
まめこ
まめこ

あとは、いざというときの動物病院を事前に探しておくといいですね。

旦那
旦那

準備完了!お迎えに行くよ〜!

お迎え

午前中に迎えに行き、昼間の明るいうちに新しい環境に慣らせるようにします。

到着

寄り道せずにまっすぐ戻り、リビングなど子犬のハウスやトイレを用意した部屋に連れて行きます。キャリーケースの扉を開けておき、子犬が自分から出てくるまでそっとしておきましょう。

トイレに連れて行く

子犬が出てきたらそっと抱き、サークルで囲んだトイレに連れて行きます。排泄したらすぐに褒めてあげましょう。さっそくトイレトレーニングです。生後2ヶ月の子犬であれば約1時間おきに排泄するので、遊んでいる途中や寝起き、食後などにトイレに連れて行きましょう。

自由に探検

家の中を自由に探検させます。じゃれついてくるようなら遊んであげましょう。

遊び疲れたら眠り、起きたら排泄というサイクルを短い時間で繰り返すのが子犬の典型的な過ごし方です。無理に遊びに誘ったり、寝ているところを起こしたりせず、まずは子犬のペースに合わせましょう。

一休みさせる

子犬にとって今日は環境が激変した日。元気そうに見えても、ストレスを感じていたり、まだ体力もあまりありません。ひととおり部屋の中を探検したら、ハウスの中で一休みさせてあげましょう。

常に自由にさせておくのではなく、初日から休むときはハウスという習慣をつけていくとよいです。ハウスでいつでも落ち着けるようになれば、お留守番の練習にもなります。

なお、子犬から目を離すときは必ずハウスかサークルに入れ、扉を閉めることを徹底しましょう。

食事をあげる

最初の食事はやや少なめにあげます。問題なく食べたら、少しずつ増やしていきます。食べなかったら一度捨てて、時間をおいてあげてみます。

それでも食べないときは購入先や動物病院に相談しましょう。※食べなかったフードは雑菌が繁殖するので必ず毎回捨てましょう。

コミュニケーションをとる

おもちゃで一緒に遊んだり、抱っこして優しく撫でてあげます。遊ぶ時間は子犬の体力次第です。パワーが余っているようなら相手をし、疲れが見えたら休ませます。

おやすみなさい

夜寝る時もハウスを使うのが基本です。子犬をリビングに残すのが不安な場合は、ハウスを寝室に持って行き、人の寝息が聞こえる場所で扉を閉めて暗くして寝かせます。ハウスの中にこれまで使っていたタオルやぬいぐるみなどを入れるのも安心させる方法のひとつです。

▶︎もし夜鳴きをしたら…?

夜鳴きをしてもひたすら無視しましょう。「鳴いても構ってもらえないんだ」と諦めてもらうしかありません。家に来たばかりの子犬は、不安で夜鳴きをすることが多いです。

予防策は、昼間に子犬とたっぷり遊んで疲れさせてしまうこと。もちろん子犬の体力に合わせる必要はありますが、疲れていればいつの間にかぐっすり眠ってくれるはず。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

子どもがいるご家庭は、子どもにも子犬の扱い方をしっかり教えてあげましょう。可愛くてついつい構ってしまいがちですが、子犬のペースに合わせるようにさせましょう。

旦那
旦那

これでやっと可愛い子犬ちゃんが家族の一員になったね!

 

毎日のお世話

可愛い子犬が家族の一員になった後は、どんなお世話をしたらよいでしょうか?ここまでは子犬を迎えるための準備についてお話ししてきましたが、迎えた後にも毎日しなければならないことは意外とたくさんあります。ひとつづつお話ししていきますので、ゆっくり読んでいってください。

食事をあげる

生後2〜3ヶ月の子犬は1日3〜4回に分けて与えるのがベスト。ドライフードを与える場合はお湯でふやかしてから与えると消化しやすくなります。

散歩、運動

ダックスは、小型犬の中でも運動量が多い犬種です。1日2回、1回30〜40分を目安にしてお散歩へ行きましょう。(お散歩は予防接種が終わってから始めます。)

天候が悪くてお散歩へ行けない場合は、ボールなどを使って部屋の中でも運動をさせてあげましょう。

遊ぶ

おもちゃを使い、遊びながらコミュニケーションをとっていきましょう。子犬は飼い主さんと遊ぶことがとっても大好きです。

しつけ

言葉で会話できない犬のしつけは大変ですが、愛犬のためにも根気よく続けましょう。しつけについてはこちらの関連記事に詳細が載っていますので、参考にしてみてください。

ミニチュアダックスフンドのしつけの必要性について!いつから始める?

トイレ、ハウスの掃除

免疫力の弱い子犬のために、雑菌が繁殖しないように毎日掃除しましょう。

体を清潔に保つ

子犬はまだ体力が十分ではないので、シャンプーするのではなく蒸しタオル等で体を拭いて汚れを落としてあげるのが良いでしょう。

健康チェック

うんちやおしっこの回数、色などをよく観察しましょう。

旦那
旦那

人間の赤ちゃんよりは負担が少なそうな気がするぞ…!?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうですね。

人間の赤ちゃんは産まれた瞬間からお母さんがお世話をします。しかしペットショップなどで購入する子犬は大体生後23ヶ月の子。

人間の年齢に換算すると35歳くらいです。

オムツがとれ始めていたり、補助箸を使い始めたりと、ある程度自分のことは自分でできるようになってくる年齢ですね。

まめこ
まめこ

だからといって油断は禁物ですよ…!

次は『定期的なお世話』についてお話しします。

 

定期的なお世話

爪切り、耳掃除、歯磨き

子犬の頃からお手入れに慣れさせておくことが大切になります。爪切りや耳掃除などはトリミングサロンに連れて行った際にシャンプーと一緒にしてくれるサロンも多いですが、自宅で行う場合は必ず犬用のグッズを使って行いましょう。

特に爪切りは初心者が行うと深爪してしまう可能性もあります。自信のない方はトリミングサロンか動物病院に連れていき、プロの方にやってもらいましょう。

シャンプー、リンス

犬と人間では皮膚や毛の性質が全く異なります。人間用のシャンプーを使うと皮膚や被毛を傷めてしまう可能性があるので、必ず犬用のシャンプー、リンスを使用しましょう。

人間と同じように毎日シャンプーする必要はありません。1ヶ月に1〜2回を目安としましょう。また、子犬の場合はまだ体力が十分ではないので頻回のシャンプーは避けましょう。

トリミング

特にワイヤーヘアのダックスは必須です。スムースヘア、ロングヘアのダックスは必ずしもカットする必要はありませんが、お尻や足回りのムダ毛はカットしてあげるとよいでしょう。

特に足の裏の毛が伸びるとフローリングで滑りやすくなり、腰に負担がかかってしまいます。足の裏の毛のお手入れは定期的にしてあげましょう

まめこ
まめこ

私たちプロの出番ね!

お任せ下さい。

お尻のお手入れ

うんちで汚れていないかチェックしましょう。また、肛門嚢に分泌物が溜まってしまわないように定期的に絞りましょう。

まめこ
まめこ

肛門腺を絞るのってとても難しいから無理せず病院やトリミングサロンにお願いした方がいいですね。

 

シャンプーやカットをしないで、肛門腺だけ絞ることもできるサロンが多いので安心してご連絡ください。

 

狂犬病などの予防接種

年1回の接種が法律で義務付けられています。畜犬登録をすると毎年ハガキが届きますので、期限内に接種させましょう。

混合ワクチン接種

法律では定められていませんが、愛犬の命を守るために必要です。混合ワクチンにはいくつか種類がありますが、獣医師と相談して決めるとよいでしょう。

フィラリア症予防、ノミ・ダニの駆除、予防

ノミ・ダニは人間にも悪影響を及ぼします。動物病院で予防薬をもらいましょう。

健康診断

年1回、定期的に検査をするのがお勧めです。

旦那
旦那

犬を飼うにあたって、法律で義務付けられていることがあるんだね!

それだけ責任重大ってことだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

命を預かるということはそういうことですね。

ヨーロッパ圏では犬の飼育に税金を払う必要がある国もあるんだよ。

参考:ミニチュアダックスフンド飼い方、しつけ、お手入れ(西東社出版)

 

まとめ

  • 『毎日すること』『定期的にすること』を理解しておく
  • 購入先は、誠実な対応をしてくれるかどうかで見極める
  • 子犬を選ぶ際は健康面をチェックする
  • 初心者は、あまりにもやんちゃだったり臆病だったりと極端な性格の子は避けるのがベター
  • お迎えの前に必要なグッズを揃える
  • お迎え当日は午前中に迎えにいき、子犬のペースに合わせて過ごす

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。何事も事前準備が大切です。子犬を迎えるにあたっても、必要グッズを揃えたり、家の中の安全対策をしたりと準備が必要です。

必要グッズを事前に揃えることによって、実際に子犬を迎え入れた際のイメージを想像しやすくなります。私自身も、子犬を選ぶより先に、まずサークルを購入しました。その次に食器やトイレを揃え、ちょっとずつ心の準備をしていきました。

実は、子犬用の洋服まで買っていました。ピンク色の洋服を買っていたのですが、実際にお迎えしたのは黒色の子だったので、ピンク色の洋服はあまり似合わず…(笑)洋服は友人に譲りました。

事前準備が整っていれば、子犬も飼い主も安心して初日を過ごすことができるでしょう。そしてお迎えしてからはたっぷりコミュニケーションをとって、ゆっくり信頼関係を築いていきましょう。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント