家族になろう!マルチーズの子犬の迎え方から飼い方まで徹底解説

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



白い毛並みが美しいマルチーズ。小型犬で、とても愛くるしい姿をしていますよね。そんなマルチーズの子犬を飼ってみようと考えているあなたにむけて、今回はマルチーズの子犬の飼育についてご紹介します。

子犬は見た目のとおりまだ小さく、これから成長していく子どもです。その分、様々なことを学んでどんどん吸収していきます。子犬の時の飼育しだいで、その先の愛犬との生活もより素敵なものになってくるので、今回の記事をぜひ飼育の参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

マルチーズの子犬との出会い方

ペットショップで購入する

子犬を飼おうと考えたとき、一番最初に思い付くのがペットショップで子犬を購入するという方法ではないでしょうか。ホームセンターなど訪れやすい場所に併設されていることもありますし、お店に寄りやすいですよね。

何度も通ってかわいい子犬を見ているうちに、「飼いたい!」という気持ちが具体化してくることもあるでしょう。そんな風に、気軽に立ち寄って子犬と出会えるのがペットショップのメリットです。

飼育に必要なグッズもあわせて購入することができるのも便利ですね。ショップの店員さんに気になることはどんどん質問してみましょう。

気を付けたいのは、気軽に立ち寄れる場所で子犬を購入できるとはいえ、衝動的な購入はしないようにすることです。ペットショップで、「まさにこの子がうちの子になるワンちゃんだ!」と思える運命の子に出会える場合は確かにあります。しかし、即断は禁物です。

同居する家族がいる場合は家族の間で犬を飼うことについて意思統一ができているかよく話し合うことが大切です。また、その犬種の性質、性格をよく知り、自分たちの生活スタイルがその犬種に合っているか、合わせることができるかということを十分検討してから子犬をお迎えしましょう。

ブリーダーから購入する

飼いたい犬種が決まっているなら、犬を繁殖しているブリーダーから直接子犬を購入する方法もあります。親犬の状況や育った環境を知ることができること、子犬も譲り受けるまではたいていの場合きょうだい犬と一緒に育っていることなどがブリーダーから購入するメリットです。

また、ブリーダーはその犬種の飼育のプロなので、しっかりしたブリーダーさんであれば子犬を譲り受けた後の飼育についてのアドバイスがもらえるのも飼い主として嬉しいポイントです。最近はインターネットでも多くのブリーダーの情報が掲載されているので、ブリーダーからの購入もしやすくなっていると思います。

一部では金銭目的で犬の乱繁殖を繰り返し、劣悪な環境で犬を飼育している悪質なブリーダーもいます。ブリーダーに、どんな環境で、またどんな方針で犬を飼育しているのかしっかり質問して、信頼できるブリーダーに出会うことが大切です。

里親制度を利用する

民間の動物愛護団体や自治体の保健所、動物管理センターなど、飼育放棄された犬の里親を募集している団体から犬を引き取るという方法もあります。保護犬は主に成長した犬なので、子犬に出会うのは難しいかもしれません。

また、保護犬の中には過酷な状況で育って人に対して恐怖心を持っている子も多く、犬を飼うのが初めてという場合は飼育が難しいことがあります。また、譲り受ける前に、里親になる人がしっかり犬の飼育ができる人かどうかの確認もされます。

里親になる条件は厳しいかもしれません。ただ、保護犬の里親になるということの社会的意義はとても大きいです。「犬を飼おう」と考えたときには、一度里親という方法を検討してみるのもいいのではないかと思います。

犬との出会い方、優良なブリーダーとの出会い方については、関連記事「犬を飼うならどこがいいの?悪徳ブリーダーと優良ブリーダーの見分けかた」でも詳しく紹介しているので、あわせてご覧になってみてください。

 

マルチーズの子犬を迎え入れる前に

子犬を我が家に迎え入れるのは、まさに家族がひとり増えるようなものです。そのことを、飼う人みんなが一緒に理解しておく必要があります。

マルチーズは人懐こく穏やかな性格で、かしこくて初心者でも飼いやすい犬と言われています。とはいえ、人間社会の中で一緒に生活していくためにしつけは必要です。散歩や餌やりといったお世話もかかせません。

そして、マルチーズの平均寿命は12~15年です。10年以上もの時間があれば、人だと赤ん坊だった子は中学生くらいになりますし、中学生だった子は社会人になるというように、ライフスタイルも大きく変わってきます。家族がある家庭で飼う場合も、一人暮らしで飼う場合も、その10年以上という年月を最後まで一緒にすごせるか、飼い始める前にあらためて考えておくことが大切です。

 

用意しておくもの

さて、マルチーズを飼うことを決め、いよいよ子犬を迎え入れることが具体化したら、迎え入れるための準備をしましょう。ここからはマルチーズの子犬を迎えるにあたって準備しておく物をご紹介します。

ケージ、サークル

マルチーズは昔から愛玩犬として室内で育てられてきた犬種で、暑さ寒さにも弱いので室内犬として飼いましょう。ですからあなたの家の中で飼うことになるのですが、その家の中にさらにワンちゃん専用のお部屋としてケージやサークルを用意してあげましょう。

犬はもともと縄張り意識がある動物なので、家の中全体をいつでも自由に動けるようにすると家の中すべてを縄張りと思ってしまいます。そして広すぎるその縄張りを守ろうと一生懸命になって、逆にストレスに感じてしまいます。

子犬の頃からケージで過ごさせ、そこが自分専用の安心できるスペースだと認識すれば、縄張りもケージの中だけになってワンちゃんも安心できます。ワンちゃんがゆっくりすごしたいなと思ったときにいつでもひとりですごせる専用のお部屋として、用意してあげてください。

サークルは囲いだけの物、ケージは屋根つきの物になります。マルチーズはジャンプ力もあり、成長すると体高は20cm程度なのに対して40cmくらいは飛ぶこともあります。人の大人のひざまでくらいの高さは飛び上がりますね。サークルの場合は乗り越えられない高さがあるといいですよ。

サークルの中では、トイレと寝床をなるべく離して設置したいので、幅は少なくとも90cm以上は欲しいです。新聞紙を広げたときの大きさよりも一回り大きいくらいの広さです。

ペットシーツ、トイレトレー

犬を室内飼いする場合は、ワンちゃんのトイレとして、排泄物を吸収するペットシーツと、トイレトレーが欠かせません。サークルの中に設置します。トイレトレーニングは子犬を迎え入れたその日から始めるので、あらかじめ用意しておきましょう

寝床用の毛布やタオル、ベッド

子犬の寝床として、サークルの中に設置します。トイレトレーニングがすむまでは、子犬にとっては寝床とトイレの区別がつきません。最初はしっかりしたペット用のベッドではなく、毛布やタオルなどトイレをしてしまっても洗いやすいものを寝床として利用するといいですよ。

ドッグフード

子犬を迎え入れたばかりの時は、フードはペットショップやブリーダーに飼育されていた時と同じ物を用意してあげましょう。新しい家に来たばかりで慣れない環境の中、ご飯までいつもと違うものだと食も進まなくなりますよね。ペットショップやブリーダーに、あらかじめどんなフードをどのくらいあげていたか確認しておきましょう。

食器

フードを入れる食器は、プラスチック、ステンレス、陶器など色々な素材の物があります。プラスチック製は安い物が多いですが、子犬の頃は噛んでしまってすぐ劣化してしまいます。ステンレス製は洗いやすくて耐久性もあります。

陶器製は重量感があって、ひっくりかえらないのでおすすめです。ひとまず用意した食器で、ワンちゃんが食べにくそうにしていないかなどよく観察してみましょう。食べにくそうにしていたら、他の食器を試していきましょう。

給水器

お水は、ワンちゃんが24時間いつでも飲めるようにしておきましょう。ワンちゃんは私たちみたいに、喉が乾いたらいつでも自分で蛇口をまわして水を飲むなんてことができないですからね。

お皿に入れる方法だと、ひっくり返して水が飲めなくなることもあるので、ケージやサークルに取り付けるタイプの給水器がおすすめです。

キャリーバッグ(クレート)

動物病院に行く時など、移動するときにワンちゃんに入ってもらうキャリーバッグ。災害が発生して一緒に避難するときなど、万が一の場合にも使ったりするので、子犬の頃からキャリーバッグに入ることに慣らしておくといいです

周りを囲われた小さな暗い空間はワンちゃんが安心してすごせる環境なので、ケージ内にドアを常に開放して設置して寝床として使うのもおすすめです。

首輪、リード

お散歩グッズです。実際に散歩で歩かせるのはワクチン接種がすんで、獣医さんに散歩をしてもよいと言われてからになります。しかし、家にいる時から子犬に首輪やリードのにおいをかがせたり触れさせたりして慣れておくと、実際に散歩に出るようになった時もワンちゃんが不安にならずにすみますよ

ブラシ

マルチーズの白いきれいな毛並みを保つためにもかかせないブラッシング。ブラッシングは子犬とのスキンシップの時間にもなりますし、小さい頃からブラッシングに慣らしてあげましょう。

私たちがブラシで頭皮をマッサージすると気持ちいいように、ブラッシングはワンちゃんの血行促進にもなりますよ。

おもちゃ

犬用のおもちゃは様々な物がありますが、子犬は物を噛むのが大好きなので、ひとまずは噛んで遊べる犬用のおもちゃを用意しておくといいですね。一緒に遊んでいる時に人の手を噛まないようにトレーニングする際にも、噛んで遊べるおもちゃは役立ちます。

すべりやすい床に注意

用意する物ではないのですが、ワンちゃんが立ち入る範囲の床はすべりにくいように対策をとっておきましょう。特にフローリングの床はつるつるしてすべりやすく、小型犬であるマルチーズは足の関節にダメージを受けやすいです。カーペットやコルクマットを敷いて、滑らないようにしておきましょう。

まめこ
まめこ

こうやって、犬の飼育グッズを用意していると、犬を飼うんだっていう実感が高まって楽しいのよね~。

旦那
旦那

遠足の前夜に準備している時の楽しさみたいな感じか。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ペットグッズは色々な物があるから、選ぶのも楽しいんですよね。でも一度にあれこれ用意するよりも、まずは必要最低限の物をそろえておいて、後は必要に応じて用意する、という感じがおすすめです。

 

子犬を迎え入れたらすること

最初はそっと見守ろう

マルチーズの子犬が家に来ると、そのかわいさから思わず抱っこしたり遊んであげたくなったりと、たくさんかまいたくなってしまいますよね。でも、最初の一週間はその気持ちをぐっとこらえて、子犬を静かに見守ることに徹しましょう。

新しい環境に入ったばかりの時って、すごく緊張しませんか。たとえば、学生の頃の新学期になった時。新しい教室、新しいクラスメイト、新しい担任、新しい授業。新しい情報を吸収するのにいっぱいいっぱいだし、まわりも慣れないことばかり、でも慣れようと一生懸命な気持ちや緊張が混ざって、最初の一週間はすごくぐったりしたことはないでしょうか。

新しくあなたの家にやって来たマルチーズの子犬も同じような状態なんです。新しい家で見知らぬ人たちが周りにいて、やって来たばかりの子犬はとても緊張、つまりストレスを感じています。

ですから、最初の一週間は食事やトイレの時以外はそっと見守り、子犬をゆっくり休ませてあげましょう。そうすることで、子犬の不安な気持ちもやわらいできますよ。

畜犬登録

こちらは少し事務的なお話になります。日本では、狂犬病という病気を防ぐために、「狂犬病予防法」という法律で犬の飼い主に対して次の3つのルールを決めています。

①住んでいる市区町村に飼い犬の登録をすること、②飼い犬に年1回狂犬病予防注射を受けさせること、③飼い犬に鑑札と狂犬病予防注射の注射済票を装着することです。

子犬を飼い始めたら、住んでいる自治体の市役所、町役場などで飼い犬の登録をしましょう。住んでいる自治体によりますが、手数料として3,000円程度かかります。

狂犬病の予防注射

狂犬病予防法で決められているルールの中のひとつ、狂犬病の予防注射は動物病院でしてもらいます。費用は3,000円程度です。最初に注射を打ってもらった後も、一年に一回毎年予防注射が必要になります。

狂犬病は、犬だけでなく人にも感染する病気で、かつては日本でも多くの犬や人が狂犬病によって命を落としていました。愛犬と自分とそして周りの人たちを守るためにも、犬の飼い主の責務として忘れないようにしましょう。

また、子犬には狂犬病以外にも色々な病気を予防するためのワクチンを接種するのが一般的です。ワンちゃんの健康のことを考えて、どんなワクチンをどのタイミングで打つか、獣医さんに相談しましょう。

ワクチン接種については、関連記事「犬のワクチンは毎年打つの?その理由についても徹底解説!!」でも詳しく紹介していますので、あわせてご覧になってみてください。

 

マルチーズの子犬の生活

食事

マルチーズの子犬は、まだ体の機能が十分に働かず、食事からとったエネルギーをうまく体にめぐらせることができません。そのため、空腹の状態になると低血糖症というエネルギー不足が原因の病気にかかりやすいです。

1回あたりの量は少なくてもいいので、食事の回数を1日3~4回程度にわけましょう。こうすることで、空腹になる時間が少なくなり、体の中のエネルギー不足を防ぐことができます。

睡眠

マルチーズは、子犬の頃は一日に18~20時間の睡眠を必要とします。一日24時間なので、ほとんど寝てるの?!と思ってしまいますが、そう、ほとんど寝ているんです。

子犬の頃は見るものふれるもの何もかもが新鮮です。起きている時は新しい情報を吸収しようと一生懸命に動いています。それにまだ体も未成熟で、ちょっと遊んだだけでもエネルギーをたくさん使ってしまいます。

その消費したエネルギーを回復させるためにも、長い睡眠時間がかかせないのです。人の赤ちゃんもたっぷり寝るのと同じですね。

寝顔もかわいくてついつい子犬に触りたくなってしまうかもしれません。でも、睡眠も子犬の成長にとって大切な時間なので、そっと見守ってあげましょう。

散歩

犬と一緒にお散歩に行くのも、犬の飼い主ならではの楽しみですよね。でも子犬とのお散歩デビューはちょっと待つ必要があります。家に迎え入れて最初の二週間程度は、外に出ることよりも、まずは家の中や家族とすごすことにゆっくり慣らしてあげましょう。

そして、実際に子犬を歩かせたり他の犬とふれ合ったりするのは、ワクチン接種がすんだ後になります。ワクチン接種がすむまでは病気にかかる可能性もあるからです。獣医さんに、散歩はいつからできるか確認をしましょう。

歩く散歩ができる前でも、地面におろさないように気を付けて抱っこをして外につれて出ることはできます。外の音を聞いたり、においをかいだり、景色を見ることで、子犬は人間社会の色々なものに慣れていくことができます。

獣医さんから散歩させてもいいとOKが出たら、実際に子犬を歩かせることになります。最初の頃は家の近くを少し歩く程度からスタートしましょう。また、子犬も最初は地面に触れることに慣れておらず、歩きたがらないこともあります。そんなときは、無理に歩かせようとせず、帰りたがるようなら散歩は切り上げましょう。

 

マルチーズの子犬のトレーニング

子犬を育てるとなったときに気になるのは、やはりしつけのことですよね。しつけは、ワンちゃんと人が人間社会の中でお互い気持ちよく生活していくためにもかかせません。ここからは、マルチーズの子犬のしつけについて紹介します。

マルチーズのしつけのポイント

甘やかしすぎないように気を付けよう

マルチーズはかしこくて物覚えがよく、しつけがしやすい犬種と言われています。しかし、かしこいからといってしつけをしないでもいいということではありません。かしこいからこそ、しつけをしないままだと吠えたり噛んだり、やってほしくないことまでやってもいいんだとすぐに覚えてしまいます。

ですから、しつけにあたっては甘やかしすぎないように注意が必要です。あの白くて小さなマルチーズの子犬を目の前にしたら、思わず何をされても「かわいい」の一言で許してしまいそうになります。しかし、やってはダメなことは「ダメ」とはっきり伝えることが大切になってきます。

家族全員でしつけのルールを統一しよう

しつけをするにあたっては、飼う人たち全員でしつけのルールを統一しておきましょう。「よしよし」というほめ言葉や「ダメ」という叱り言葉、その他「おすわり」や「待て」などの行動の言葉を統一しておきましょう。色んな言い方で言われると、ワンちゃんも混乱してしまいますからね。何がダメで何がいいことなのか、覚えられなくなってしまいます。

言葉だけでなく、ほめる行動、ダメという行動も統一しておきましょう。家族のひとりは許してくれたのに、他のひとりはダメと言う。そんなふうに統一がとれていないと、やはりワンちゃんを混乱させることになってしまいます。しつけの方針は統一しておきましょう。

ほめて伸ばすしつけをしよう

マルチーズのしつけのポイントは、上手にできたらほめて伸ばす、してはいけないことをしたときは静かに「ダメ」と言うなど、冷静に対応することです。

私とワンちゃんを比べるのもあれですが、でも私も単純にほめられた時ってすごくうれしいし、次もがんばろう!って気持ちになるんですよね。怒られても萎縮してしまって、次の時は上手にできるどころか怒られるのが怖くて余計にうまくできない、みたいな悪循環にはまってしまいます。

マルチーズも、愛情深くて飼い主大好き!という性格の子が多いので、その飼い主に怒鳴りでもされたらビックリしてできるものもできなくなってしまいます。上手にできたことをしっかりほめる、できなかったときは冷静に対応がしつけのポイントと覚えておきましょう。

しつけの開始は生後4~5ヶ月頃から

マルチーズを子犬の時から飼う場合、だいたい生後3ヶ月を過ぎた頃の子を家に迎え入れることが多いと思います。しつけは、トイレトレーニング以外は、子犬が新しい環境や家族に慣れてきた生後4~5ヶ月頃が開始の目安になります。

その頃までは、子犬と遊んだりスキンシップをとったりして、お互いに信頼関係を築いておくといいですね。子犬との信頼関係は、その後のしつけのしやすさでも大切になってきます。

トイレトレーニング

トイレトレーニングのポイント

トイレトレーニングは、生活の基本になる大切なトレーニングなので、家に迎え入れたその日から始めるようにしましょう。トイレトレーニングでも、大切なのは上手にできたときは声に出してしっかりほめることです

また、失敗したときに怒ってしまうと、子犬はトイレをすること自体が悪いことなんだと思い、怒られまいとトイレを我慢するようになってしまいます。失敗したときは、怒ったりなどこちらの感情を見せることはせず、さっとすばやく排泄物を処理して片付けるだけにしましょう。

ペットショップなどで「トイレトレーニングを済ませています」といわれている子犬もいますが、その場合でも最初は新しい環境で上手にできない場合もあります。そんなときでも、成功したらほめる、失敗したらすぐに片付けるの繰り返しで、辛抱強くトレーニングをしていきましょう。

トイレトレーニングの方法

サークルやケージの中全体にペットシーツを敷いておき、子犬を迎え入れたら子犬にはその中に入ってもらいます。こうすることで、サークル内のどこでもトイレをしても大丈夫ですし、子犬もトイレはペットシーツの上でするものなのだと覚えていきます。

だんだんと、ペットシーツの範囲を狭くしていきます。ペットシーツの上でトイレができたときは、「よしよし」とほめるときの言葉を声に出しながら、しっかりほめてあげましょう。

③子犬が家に来てから一週間くらいしたら、サークルの外にも出してあげるようにします。子犬が床のにおいをかぎながらうろうろしたらトイレの合図です。ペットシートの上に移動させてあげましょう。

④だんだんとサークルの外にいる時間を長くして、トイレをしたくなったら自分からサークル内のペットシーツの上に行くように練習していきます。

⑤ペットシーツの範囲が本来のトイレの大きさぐらいまで小さくなり、その上でトイレができるようになったらトイレトレーニングは完了です。トイレの位置とは離れた所に、寝床を設置してあげましょう。

甘噛み対策

甘噛みとは

子犬と一緒に遊んでいると、子犬が手などを噛んでくることがあります。それを「甘噛み」と言います。マルチーズの子犬が自分の手をかじかじと噛んでくる…その姿は、ほんととてもかわいいんですよね。

とはいえ、かわいいかわいいと甘噛みをそのままにしていては、マルチーズは人の手を噛んでもいいんだと覚えてしまいます。大きく成長したときに力加減もわからずガブリと噛んできて手に負えない…なんてことにもなりかねません。そこで、甘噛みの対策が必要になってきます。

そもそも、甘噛みは子犬にとっては自然な行動です。人間の赤ちゃんが色んな物に興味を示して、なんでも手に取ったり口に入れたりするように、子犬にとっては噛むことでその物がどんな物かを知ったり、噛むこと自体が楽しかったりするのです。

しかし、人と一緒に暮らすにあたっては、やはり人の手は噛んではいけないということを教えてあげる必要があります

甘噛み対策のポイント

①一緒に遊んでいる時に手を噛んできたら、「痛い」と言って手を隠し、遊ぶのをやめます。こうして、子犬に「人の手を噛む」=「楽しい遊びが中断される」ということを覚えてもらいます。

遊んでとせがまれるでしょうが、ここはぐっとこらえて、子犬にかまうのをやめましょう。その場から離れてもいいです。また、あくまで「痛い」ということを伝えるだけで、しかったりはしません。

②しばらく遊びを中断したら、噛んでもいいおもちゃを使って再び遊びをはじめてあげましょう。

③人の手を噛むたびに遊びを中断し、しばらくしたら再開する、ということを繰り返して、子犬に人の手を噛まなければ遊べるということを伝えていきます。

社会化訓練

犬を飼う上で、犬の吠える声も気になりますよね。特にマンションなど集合住宅で飼う場合は気になるところだと思います。

しかし犬も生き物ですから、当然吠えることはあります。吠える理由は様々です。おなかがすいた、遊んでほしい、見知らぬ人や物を警戒しているなどなど…。

中でも、恐怖心や警戒心から吠えてしまうことの対応として大切になってくるのが、子犬の社会化訓練です。社会化訓練とは、生後4ヶ月頃までの子犬に、生活の中で生じる色々な音や、様々な物、人、他の犬などとふれ合うことで、人間社会を学んでいってもらうものです。

社会化訓練を通して、例えば車の走る音や飼い主以外の人も怖くないと子犬は知ることができます。そして、生活のなかで不安を感じたり怖がることをおさえて、警戒の吠え癖を少なくすることができます。

社会化訓練でふれるものは例えば次のようなものです。

  • 家の外の色々な場所:公園、車道、電車の線路沿いの道、川沿いの道
  • 犬がふれる物:首輪、リードなどのお散歩グッズ、犬用の服、キャリーバッグ、ブラッシング用のブラシ
  • 家の中の生活音:食器を洗う音、ドアを開け閉めする音、掃除機、洗濯機の音
まめこ
まめこ

かわいいからってなんでも許してると、結局ワンちゃんにとっても飼い主にとってもいい結果にならないのよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

しつけは子犬の時だけではなく、飼っている間ずっと続いていくものなんです。ワンちゃんと生活しながら、一緒に日々しつけについて学んでいけるといいですね。

 

まとめ

  • マルチーズの子犬はペットショップ、ブリーダー、里親募集などの方法で探す。
  • 飼い始める前に、約12年というマルチーズの寿命を最後まで一緒にすごせるか考えておこう。
  • 子犬を飼うときにまず用意しておきたい物は、ケージ、ペットシーツ、給水器、ドッグフードなど。その他、必要に応じてそろえていこう。
  • 犬を飼い始めたら、住んでいる自治体での畜犬登録と、動物病院での狂犬病予防注射を忘れずしておこう。
  • マルチーズの子犬のしつけのポイントは、甘やかしすぎないこと、飼う人みんなでしつけのルールを統一すること、ほめて伸ばすしつけをすること。

今回はマルチーズの子犬の飼育についてご紹介しました。子犬の時から飼育していると、愛犬の日々の成長もしっかり見ることができます。犬の飼育をすることは大変なことも多いですが、それ以上に楽しいこと、うれしいことがたくさんありますよ。

あなたが、マルチーズと素敵なペットライフを始めることができますように!最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント