マルチーズのおすすめカットは?カットの仕方や料金を徹底解説

マルチーズ
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



マルチーズの最大の魅力といえばやっぱりカットを色々楽しめる事ではないでしょうか。
頭でちょこんと結んだリボンとか全身伸ばしたフルコートなんてホントにかわいいですよね~!

でも実際にやってみようとすると思ったよりうまくいかないというのもマルチーズの飼い主さんのお悩みの一つかなと思います。
そこでおすすめカットとあわせ、わんちゃんや飼い主さん別のおすすめカットのコツ、注文のコツなどを画像と一緒にご紹介していきます。

スポンサーリンク

カットを楽しむ前に

カットの本来の目的を考えよう

まず、本来のカットの目的を考えてみましょう。飼い主さんのご事情や好みももちろんあるとして、マルチーズの被毛をカットする目的は大きく、この4つに分ける事が出来ると思います。

  • ニオイや病気・ケガの予防のため
  • 動きやすくしてあげるため
  • かわいらしくしてあげるため
  • 手入れを簡単にするため

マルチーズはシングルコート犬といって換毛期がないわんちゃんなので、被毛がどんどん伸び続けます。なのでそのまま放置しておくと動きにくくなったりケガや病気、ニオイの原因になったりもします。

マルチーズのカットを楽しもう

マルチーズは他の犬種とは少し違っていて、被毛が人間の髪の毛のように、下に向かって伸びていきます。そのため、人間のヘアスタイルのようなアレンジが出来るんですね。

 

ただ、他の犬のようにモフモフと毛が立っていないためにトリマーさんの中でも好き嫌いがわかれるようです。
せっかくマルチーズを飼うなら、マルチーズ好きのトリマーさんも見つけると良いかもしれませんね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

私は6Pより自分でカットする方が好きだなぁ

まめこ
まめこ

それ、マルチーズじゃなくてプロセスチーズだよね?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

てへ

旦那
旦那

てへじゃねーよ。てめ、一応先生だろっ!

まめこ
まめこ

まぁまぁ(笑)
一応お年を召した先生なんだから
優しくしてあげよう?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

笑わせてあげたかっただけなのに

わんちゃん別おすすめカット

犬の個性や飼い主の状況も考慮しよう

マルチーズは基本的に従順な犬種と言われていて、慣らしてあげる事でおとなしくしてくれやすいわんちゃんです。
と言ってもやはり元々の性格は個体差もあることですから、どうしても向き、不向きというのもあるんですね。

また、飼い主さんによってもお手入れにどこまで時間をかけられるかによっては、おすすめ出来ないカットもあります。人気のカットの中から、そんなわんちゃんの性格や飼い主さんの状況別のおすすめを見てみましょう。

子犬や活発な犬、忙しい飼い主さん向け

動きが激しく、なかなかじっとしていない子の場合には、被毛を長く伸ばすスタイルは毛玉が出来たりもつれやすいのであまり向いているとは言えません。
被毛を短くカットしてあげることで毛玉にもなりにくく、わんちゃんの元気さもアピールしてあげる事ができますね。

それに被毛を短くすることで飼い主さんのお手入れの時間も大幅に減らすことが出来るので、忙しい飼い主さんには短毛系のカットがおすすめです。

パピーカット

 

View this post on Instagram

 

モモマルペシュままさん(@momomarupeche__mama)がシェアした投稿

子犬風のカットで、とっても人気の高いカットです。毛を全体的にすいてふわっとした感じがかわいいですよね。
お手入れをするにもブラッシングをするにも手軽なカットと言えるでしょう。

ボブスタイル

 

View this post on Instagram

 

犬の美容室 ハッピードッグさん(@salon_happy_dog)がシェアした投稿

耳の毛だけを伸ばしたスタイルは女性のボブスタイルみたいでかわいいですよね。長耳系のわんちゃんの魅力を前面に押し出したタイプですが、他の場所に毛が少ないため、以外とお手入れは簡単です。
ただし、耳が蒸れやすいので耳掃除は少しこまめにしてあげた方が良いでしょう。

テディベア

 

View this post on Instagram

 

kiyomiさん(@fukukenchoro)がシェアした投稿


最近ほぼ定番といった形になっています。全体がまるっこくて本当にぬいぐるみみたいなかわいらしさにハートをわしづかみにされる方も多いのではないでしょうか。
垂れない程度の長さにそろえたモフモフ感が極上の癒しを与えてくれますね。

シュナウザー(テリアスタイル)

 

View this post on Instagram

 

かず と ?さん(@watosesame)がシェアした投稿


貫禄のあるおひげを蓄えたスタイルです。オスのわんちゃんにもピッタリですね。口元以外は全体的に短毛なのでお手入れもそこまで難しくはありません。

おとなしい子や手間をかけられる飼い主さん向け

お手入れ慣れしていてじーっとしていることが出来るタイプの子に是非チャレンジしてほしいのが長毛系カットです。
飼い主さんのお手入れ時間も結構かかりますが、毎日がんばった分だけどんどんエレガントになって行きますよ。

 

人間でもそうですよね。スーパーロングをきれいに維持するためにはどうしたって手間がかかります。
その手間をかけることが出来る方だけが見る事が出来る、最高のカット、といっても良いでしょう。

フルコート

 

 

View this post on Instagram

 

マルチーズモデル犬モコちゃんさん(@moko7amu)がシェアした投稿


全身の毛を伸ばした、昔から人気のあるフルコート。ドッグショーなどではフルコートのマルチーズが多いのも、エレガントさが群を抜いているから。
お手入れはかなり大変ですが、仕上がった時には本当にきれいですよね。

トップノット

 

 

View this post on Instagram

 

dog&cat space coroneさん(@corone_dog)がシェアした投稿


全体は無理だけど、せめて頭のあたりの被毛だけは伸ばしてあげたいという飼い主さんも多いですよね。ただこれもやはり長い分お手入れには時間がかかります。

メスのわんちゃんがやるとポニーテールにしたりツインテールにすれば、注目度も抜群です。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

頭と足だけ伸ばしたらJKみたいでかわいいかも

まめこ
まめこ

ごめんちょっとよく分からない

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

昔流行ったんだよ。ルーズソックス。
お母さんとか知ってるかもよ

旦那
旦那

(この流れで俺も好きって言うのはやばいよね)

高齢犬の場合のカットの注意点

マルチーズはとても長生きする犬種で、20歳以上の高齢犬になる事も少なくありません。高齢犬になってくると、若いころとはまたカットの意味が異なってきます
高齢犬独自の注意点も併せてみてみましょう。

トリミング自体が体力勝負になる

犬の生きる時間はざっくり考えて人間の4分の1程度。ということは、犬が体感している時間は人間の体感時間の4倍程度になると考える事が出来ますね。
高齢犬にとってトリミングは文字通り体力勝負になります。
大まかに、トリミングの所要時間を人間換算するとこんな感じ。

シャンプーの時間(10~15分)→犬の体感では45~60分
ドライヤーの時間(30~40分)→犬の体感では2~3時間
カットの時間   (約1時間)→犬の体感では約4時間

犬の20歳は人間でいうと90歳とか100歳といった高齢です。
90歳超えたようなおじいちゃんをお風呂に入れてあげると想像しましょう。

頭を洗うのに1時間、体を拭いたり乾かすのに2~3時間。そして髪を切ったり爪を切ったりする間、
「おじいちゃん悪いけど立っててね~」と、4時間くらい立ちっぱなしだとしたらどうなるでしょうか。

おじいちゃんは次の日から疲労困憊して寝込んでしまうかもしれませんね。高齢犬の場合もこういう事なのです。

動きやすさ、軽さを重視してあげる必要がある

これだけ体力勝負なトリミングなのになぜ必要かというと、目的はとにかくわんちゃんがより動きやすくなるため。これが最優先です。

人間でもそうなんですが、中高年になってくるとちょっとの刺激や重みにも耐える事が難しくなってきます。

 

おばあちゃんがサテンや透け感のある薄い生地のチュニックを着たがるのはそういう理由で、綿素材のトレーナーなどの重さに耐えられなくなってくるのです。

わんちゃんも同じ。自分の被毛とはいえ、やはり若いころには平気だった重さが辛くなってきます。
わんちゃん自身の年齢や体力をよく考えた上でより負担の少ないカットを選んであげると良いですね。

旦那
旦那

うちのオカンの服はそういう意味だったのか

まめこ
まめこ

私もおばあちゃんに聞いてビックリしたのよ

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

確かに疲れてくると
ポケットのペンすら重く感じる事あるからわかるよ

まめこ
まめこ

先生…(涙)

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

うん、そこまでショック受けられると

逆に傷つくからね(笑)

トリマーさんとよく相談

トリミングサロンによっては施術出来るわんちゃんの年齢制限をしているところもあります。そのため、いつも通っているサロンのトリマーさんにも、何歳まで施術してもらえるかを確認しておくのが良いかもしれません。

高齢犬でも対応可能だったり出張トリミングしてくれるお店もあるようなので、そろそろ年齢が…と感じてきたらあらかじめ高齢犬に対応してくれそうなお店を探しておくと良いでしょう。

分割作業のためにママカットも

いよいよ体力がなくなってきたわんちゃんの場合は、一度に全身のカットが難しくなりますから、一気に全身ではなく少しずつ分けて施術、となってしまう可能性もあります。
そうなるとサロンの金額もばかにならないですから、ママカットも覚えてみるとよいかもしれないですね。

 

ぶきっちょさんの場合には、比較的簡単な足の被毛カットだけでもご自宅で行う習慣をつけておくと良いでしょう。わんちゃんも大好きなご主人が少しずつカットしてくれる方が安心するかもしれませんよ。
仮に見栄えが悪くなってしまったとしても、わんちゃんが動きやすくなっていることが優先です。思い切ってカットしてみましょう。

ママカット・自宅お手入れのコツ

では、ママカットを簡単にご紹介しましょう。後半では長毛の子のお手入れに必須なリボンづけや被毛カバーのつけ方もご紹介します。

顔カットの注意点


顔カットは、主に目の周りを行います。ハサミをわんちゃんからも見えるように前から近づけ、櫛でとかした目の上の毛を少しずつカットしていきます。
わんちゃんが動いたりしたら、止まるまでハサミは動かさないで待ちましょう。

足カットの注意点

足は、足の裏の肉球部分はバリカンを使います。ハサミだとケガの元になるから。

足の毛は、わんちゃんに立ってもらった状態で毛をとかし、足元のはみ出した部分を切っていきます。カットしない方の足を持ってあげ、地面についた方の足の毛を切れば足も動きにくく切りやすいですね。

お尻カットの注意点

お尻は、わんちゃんの尻尾を持ち上げ、バリカンで肛門の周りの毛をカットしてあげます。尻尾の付け根あたりも切ってあげるといいですね。

全身カットの注意点

全身カットはわんちゃんに立ってもらった状態で少しずつ櫛でとかしながらカットしていきます。はみ出した部分をカットするだけでもスッキリしそうですね。
ママカットの場合はバリカンの方が良いかもしれないですね。

動画の中でも使っていた犬用バリカンはこちらです。

ちょこんとかわいいリボンのつけ方

リボンが耳のところなんかにちょこんと付いてるとすごくかわいいですよね。

でも実際にはわんちゃんが動いたりしてなかなかうまくつけさせてくれない…そんな方にコツを紹介した動画を貼りましたのでチェックしてみてくださいね。

前に垂れてこないトップノットの結び方

トップノットが前に垂れてこないようにするためには、しばる毛束を前側と後ろ側の二つにわけ、先に後ろ側をしっかりとしばり、後で前側を、後ろ側を軸にするようにしばります。
お好みのリボンをつけ、まっすぐ上にむいたちょんちょんの出来上がり。

長毛の子必須、被毛カバー

フルコートのわんちゃんの場合、日常生活やお手入れの時には邪魔にならないよう長い被毛をまとめておくことがあります。これがラッピング。

クリームもつけてあげるとまとめやすくなるし毛もきれいになって一石二鳥ですね。結び方はリボンの結び方と基本的には同じ。動画はマルチーズではありませんが参考にしてみてくださいね。

カット料金の相場・頻度

頻度と料金相場について

サロンは他の犬種の場合も同様ですが、基本的に月に1度程度は行った方が良いと思います。サロンでないと出来ないお手入れもありますし、トリマーさんと仲良くなって置く事はわんちゃんにとっても飼い主さんにとっても一石二鳥。では金額はどのくらいでしょうか。
お手入れの内容やコース、犬種によっても違ってきますが、小型犬の場合にはカット料金は4000~6000円程度が相場の様です。

希望のカットをうまく伝えるには

希望のカットを上手に伝える事が出来ずに結局はトリマーさんにお任せしてる、って言う人も実際には多いのではないかと思います。
では、希望のカットを上手に伝えるにはどうすればいいでしょうか。
それは希望のカットのわんちゃんの写真を見せる事。単純ですがトリマーさんもそれが一番わかりやすいのです。

また、見せる写真を選ぶ時のコツですが、なるべく自宅のわんちゃんと体型や顔つきが似た子の写真を選ぶといいです。トリマーさんもそれが一番わかりやすいし、なによりカット後のイメージのズレが起きにくくなります。

まめこ
まめこ

人間も月1程度、美容室にいくよね

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

私もそのくらいいくよ。
ヘアスタイルにもこだわりがあるからね~

まめこ
まめこ

一体どこを(汗)

かわいいおすすめカット画像集

では、有名なカットではないものの、個性的でとってもかわいいカットのお写真をご紹介しましょう。
どのわんちゃんも最高にかわいいですね。

 

View this post on Instagram

 

Yoshihisa Shimadaさん(@yoshikappa3)がシェアした投稿

トップノットだけ伸ばして三つ編み。アレンジが自由にできそうですね。

 

View this post on Instagram

 

@sandymama3125がシェアした投稿

お耳と足元、尻尾をのばしてエレガントな感じに

 

View this post on Instagram

 

さん(@dogsalonmoana)がシェアした投稿

アシンメトリースタイルは注目度高そうです。

 

View this post on Instagram

 

Trimming house Familleさん(@trimminghousefamille)がシェアした投稿

このわんちゃんは高齢犬のため汚れやすいところを短くしていますが、羊っぽくてこれもまたかわいいですね。

 

View this post on Instagram

 

kenkenさん(@kenken7727)がシェアした投稿

全身まんまるで、ぬいぐるみが走っているようです。

 

View this post on Instagram

 

o_kikuchikanaさん(@dogsalon.unity)がシェアした投稿

男の子ならこんなソフトモヒカンもアリですね。

 

View this post on Instagram

 

トリミングサロンbonbon Chie ☺︎︎さん(@bonbon.trimming)がシェアした投稿

胸元をもっさりとボリュームアップしたスタイルはライオン風?

 

View this post on Instagram

 

ドッグサロン/ PEACE DOGさん(@peacedog.dogsalon)がシェアした投稿

アフロ…というよりはキノコのようですがなんとも個性的です。

まとめ

  • カットは、動きやすくする・病気や悪臭の予防・お手入れを簡単にするためなどに行う
  • わんちゃんの性格や飼い主さんが確保できる時間を考慮しよう
  • カットのイメージは希望のカットの写真を持参して伝えよう

わんちゃんにとってカットは生活の邪魔にならないためにとても大切なもの。とはいえ、動きやすくしてあげることはともかく、半分以上は飼い主さんの満足のためとも言えます。

なのでわんちゃんにはお手入れが終わったらうんと褒めてあげましょう。わんちゃんは言葉は分からなくても気持ちはわかります。
わんちゃんと飼い主さん、お互いにスタイリングを楽しんでくださいね。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント