メインクーンにしつけは必要?一緒に遊ぶためにはどうしたらいいの?

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



猫のしつけは犬とは違い、おトイレや爪とぎのしつけが主に覚えてもらうことです。犬のように一緒にボール遊びができるようには一般的にはなりません。

ですが、賢いメインクーンとの暮らしにおいては、もしかしたら、飼い主と面白いゲームを覚えて、いろいろしてくれるもいるかもしれません。

あなたと一緒に過ごすメインクーンはいったいどんな風にすごしてくれるようになるでしょう。楽しみですね。

 

スポンサーリンク

猫のしつけは何をするの?

旦那
旦那

猫はしつけなんて必要なの?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

必要ですよ。飼い主と一緒にマナーをまもって過ごさないとお互い快適には過ごせないよ。

まめこ
まめこ

家のルールはお互い守るから快適なのよね。

旦那
旦那

え!!なんで僕をみつめて言うの;;

猫のしつけは、トイレと爪とぎが主となります。また、噛み癖や、引っ掻きグセはその猫の性格を把握して、適切に対応すれば、それほどひどく飼い主が傷つけられたりはしないでしょう。

とにもかくにも自由気ままにすごすのが猫です。飼い主がしてほしくないことや、ダメなことはしっかりと伝えることが重要です。現場を抑えて、その時に伝えるようにしましょう。遅れて伝えることも猫にはなんのことかわからなくなってしまうので、気をつけましょう。

子猫のうちから飼う方は、まずはトイレのしつけをしっかりとしてあげます。それでは、メインクーンのしつけについて詳しく見ていきましょう。

 

メインクーンのしつけについて

メインクーンも基本的なしつけは他の猫と変わりません。賢いと言われる分他の猫より楽なことがあるかもしれませんね。

気ままな猫との暮らしは、飼い主さんとのコミュニケーションが鍵を握ります。まずは、トイレトレーニングからです。

トイレトレーニング

トイレは猫の習性を利用するので、比較的覚えてくれやすいトレーニングです。大昔の猫は砂漠で過ごしていたので、体が砂の上ですることを覚えているのです。

問題なく、数回案内をしてあげると自然としてくれるようになります。基本的に猫がトイレでしてくれないのは、トイレがすこしでも汚れていることです。できるだけ、トイレに行った後はすぐに片付けてあげたいですね。

また、猫が寂しい時や、何か主張があったりヤキモチを焼いたりすると、時々飼い主の布団ですることもあるので、気をつけてみてあげましょう。

賢いとされるメインクーンです。おトイレのしつけはまず困ることはないようです。体が大きいので、トイレも大きいサイズのものを選んで、快適にできるようにしてあげましょう。

トイレはいつ教えるの?

子猫から飼うか、生後数ヶ月から飼うかでも時期は変わってきます。すこし成長してきている猫と一緒になるのであれば、トイレトレーニング自体は終了しているので、新しいお家でのトイレの場所を教えてあげるだけで、自分でできるようになるでしょう。

生まれて数週間くらいの猫や生まれたての猫を飼うことになるときは、赤ちゃん猫がお尻を叩かなくても、自力でおしっこができるようになってきたら、トレーニング開始の合図です。

鼻で床を嗅いで、ぐるぐる回ったりしていたら、トイレのサインです。見逃さないようにして、トイレの中に連れて行ってあげましょう。他の場所でしそうになることも子猫はありますので、常にみているか、ゲージを用意すると、困ることが少ないですね。

トイレから遠い場所にいるときは、子猫の時は見つけられなくて困りますので、遊ぶ時なども気をつけてあげましょうね。

爪とぎ

猫は爪が伸び始めたら、自然と爪とぎをするようになります。長すぎると天敵から逃げるときに木に登れなくなったりと、命の危険に晒されてしまうからです。

子猫のうちに爪をきるようにしていれば、慣れてきらせてもらえますが、肉球を触られるのを嫌がる子もいるので、無理矢理には爪を切らないようにしましょう。嫌なことすればするほど、飼い主から、猫は離れてしまいます。

大きいメインクーンがのびると、おもった以上の場所に手が届きます。その猫がすきな爪とぎを見つけて、よくする場所に置いておけば、壁などですることはなくなるはずです。

爪とぎされたくないところは、もっと気持ちよく爪とぎできるものを与えたりと工夫をこらします。ハーブの匂いやその猫が好きでない香りをつけてみたりするのもいいかもしれませんね。

ちなみによく売っているダンボールの爪とぎで気をつけたいことがひとつあります。猫も大好きな子が多いのですが、なにせダンボールですので、ぼろぼろになって、爪とぎができなくなるのも早いです。

気がつくとまた壁でといでしまう子もいるかもしれません。時々、減り具合を確認するようにしてあげましょう。

猫の爪切りを初めて行う方は、獣医さんに切り方を教えてもらうとよいでしょう。毛も長いメインクーンの爪は一見埋もれてわかりづらいかもしれないです。深爪してしまうと、爪にも血管があり、猫が痛がります。気をつけましょう。

噛み癖

噛み癖の強い子には、噛むおもちゃをあげたり、遊ばせる時に、あまり興奮させないようにして、噛まれたら痛いことを認識してもらいましょう。

オモチャでたくさん遊ばせて、興奮しているところに怒っても猫もパニックになるだけです。せっかく楽しんでエキサイティングしているのところに怒られたって、なんのことだかわかりませんよね。

メインクーンもおとなしい猫ですが、子猫の時に遊ぶのは普通です。なにも知らない子猫には痛いと伝えることや、興奮させすぎないように間をとって遊ばせてあげましょう。案外興奮せずにゆっくりと過ごしてくれるメインクーンが多いのも事実ですね。子猫の時代は貴重かもしれませんね。

大きくなると、意外とそっけなくなるかもしれませんが、運動能力は高いメインクーンです。スイッチが入った時には、たくさん遊んでストレスを解消してあげたいですね。

行動範囲

猫は高いところに登ることが好きです。まさか登れないよね?と思うところにも、登っているものです。冷蔵庫の上や、本棚の上など、荷物を置いていて、のぼったら危ないものが置いてあるところは、物を片付けて落ちてこないようにしたり、登れないように工夫をしておきましょう。

大きなメインクーンです、思ってもいないところで猫の痕跡をみつけるかもしれませんね。通常の猫でも戸棚や天井近くへの道をみつけて登っているものです。

ドアの開け方も覚えてしまうメインクーンもいます。簡単に回せるドアノブなどはストッパーを購入してかけておくのもよいと思います。

 

猫を叱る時

猫は叱るときは、その場その時が大事です。後から怒っても知らんぷりされるのが当たり前です。しっかりと目をみて、ダメだと口調を変えたりして伝えましょう。猫だって、飼い主の様子も意外としっかりと見ているものです。

まめこ
まめこ

猫もいけないことすると、あっ!て顔するのよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

見つかると、しまった!って顔に書いてあるね。ごまかしてゴロゴロ甘えるふりしたり、面白いよ。

まめこ
まめこ

障子を破っている時と、ティッシュを箱から出して遊ぶことは見つかると隠れるわ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

隠れて様子伺うのも、猫らしいよね。

猫だって、飼い主のことをみて、怒られたことを覚えています。嬉しい時甘えたい時一緒にいて欲しい時、一緒に過ごす時間が増えれば増えるほど、お互いがわかってくるものです。

悪戯のあとは怒られるのわかっていると、隠れて出てこないこともあるかもしれません。飼い主と一緒の空間を楽しむメインクーンは、比較的悪戯をすることはすくないようです。

それでも、隠れて何かをしている子がいる時は、現場をおさえましょう。きちんと伝えることで、より快適な時間をお互いすごせるようになりますね。

猫との関係

気まぐれな猫たちは、自分が快適に過ごすためにどこがよいか、どこが気持ちよいかを考えています。私たちが大事にしている家具だとか、お部屋だということはあまり関係ありません。

でも、自分が大事にしている場所だからこそ、猫ともうまく過ごせるよう工夫をしましょう。かじられたりしたくないもの、爪とぎされたくないところなどは、保護をしたり、香りをつけて、そこでの行動は快適ではないと猫に思わせたりすることが必要です。

遊ぶ部屋を決めておくのも、猫もそこでなら遊んで良いと認識するので、効果的です。日向の気持ちの良い部屋に爪研いでも良いものを置いてあげると自然とあつまったりとします。

お互いが楽しく過ごせる空間をつくると思って、方法を探してみていただければおのずと答えも見つかるかと思います。飼い主と同じ空間を共有することが好きなメインクーンなら、お互いの気持ちを伝えやすいかもしれませんね。

キャットタワーには爪を研いでも良いように、縄をまいてあったりするので、遊ぶ時もこの周りで遊んであげるのも良いかもしれませんね。上下運動も加わり、猫も楽しんでくれます。

 

メインクーンとの遊び

さて。メインクーンは犬のように遊んでくれる子もいるかもしれませんとお伝えしました。

実際にお手やハイタッチを楽しんでしてくれる子もいるようです。英語で、”main coon”high-five” “shakes the paw”と検索すると面白い動画もでてきます。

ボール遊びは犬のようにとまではいかないかもしれませんが、飼い主さんと一緒に遊んでいると認識するメインクーンが多いようです。好きなオモチャは遊ぶ合図になります。また、他の動物同じようにご褒美を用意するのも効果的です。

飼い主を喜ぶことがわかると思いの外、猫だってお手やハイタッチをしてくれるものです。メインクーンは賢いので比較的他の猫より覚えてくれるようですね。

また、外への散歩もリードを用いて、十分に楽しんでくれます。一緒に広いところにいっても楽しめますね。もちろんその猫の性格もあるので、好きそうでない子を無理やりつれていくのは逆効果となりますので、ご自身の猫ちゃんをしっかりと観察してみてくださいね。

メスの方がクールで猫らしいので、気まぐれです。一緒に遊ぶにはオスの方が向いているかもしれませんね。

猫はもともとなわばり意識が強いので、都内の近所で散歩したりしても、怖がって出かけない子もいるかもしれません。メインクーンはそんな時、抱っこして外をあるいたりできるようですよ。

ハーネスをつけて、飼い主さんと外にでるのが、楽しみでしようがない猫さんもいるようです。あなたとの時間、どんな風に過ごしてくれるかわくわくしてきせんか。

 

まとめ

  • メインクーンのしつけは主にトイレと爪とぎである
  • メインクーンは大きいので、爪とぎする高さには注意
  • メインクーンは大きいので、ドアや重たいものでも開けることができる
  • ハイタッチ、お手やおかわりを覚えてくれる子もいるかも
  • リードで外に遊びにいける子もいる

メインクーンは大人しく飼い主と過ごす時間を大事にしてくれる猫です。遊んだり、散歩したり、まずはスキンシップを増やして、どんな性格をしているか、どんな風にすごしてくれるか、みていきましょう。

外で声をかけながら一緒に過ごすことができたら、素敵な時間になりますね。長い時間一緒に過ごす猫です。お互いが良い空間、良い時間をつくれるよう心がけたいですね。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント