メインクーンの子猫はいつから大きくなるのか?徹底解説

ペット
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

大型猫として有名なメインクーンですが、赤ちゃんのときはもちろん小さいです。かわいい鳴き声とおとなしいメインクーンの子猫大きくなるまでどのくらいかかるのか、興味がわきますよね。

初めの1年で普通の猫くらいのサイズになります。犬よりも大きくなると言われるメインクーンがその後どのように成長するか楽しみですね。成長しきるまで3〜5 年かかるメインクーンの子供時代について調べました。

さらに、どこで出会えるのかなども徹底解説しますよ。

 

スポンサーリンク

メインクーンの子猫はどこで手にいれられる?

日本でも人気がじわじわと出てきているメインクーン、すぐに手に入れようとするなら、購入がよいですが、20万以上するのが当たり前です。ペットショップやブリーダーさんから購入が可能です。

ブリーダーさんからでしたら、両親がはっきりしているので、大きくなるか親猫さんの様子も伺え、書い始める準備もできますね。

それ以外にも、一般の方からの里親募集でも検索するとでてきます。保護猫のシェルターや譲渡会などお住いの近くでやっているところを探していってみるのもいいと思います。

それぞれに譲渡に条件があったり、ずっと飼っていられることを条件となるので、安易にはもらいに行くことはできません。しっかりと準備が必要です。

子猫の目やにや鼻の周り口の匂い、歯や舌口の中がきれいかどうか皮膚や毛の様子や歩く様子に気になることがなければ、大丈夫でしょう。ワクチン摂取去勢手術についても話を伺いましょう。

購入する場合は、純血種にこだわるのであればというところでしょうか。安い値段ではないので、あなたが一目惚れする子が現れるといいですね。

旦那
旦那

可愛い子猫をみかけたよ。

まめこ
まめこ

なんていう猫だったの?

旦那
旦那

メインクーンて書いてあったよ。

まめこ
まめこ

メインクーンは大型の部類だから大きくなるわよ

旦那
旦那

へえ。大型の種類も猫ってあるんだね。

 

メインクーンの世話について

メインクーンの餌について

体が大きくなるメインクーンは筋肉質で、高タンパク、高カロリーな食事を気をつけてあげたいところです。メインクーン用のカリカリがロイヤルカナンから発売されていたり、大型猫用の餌も売っているので確認してみましょう。
また、長毛種でもあるので、毛艶よくしてくれるものや、毛玉ケアの餌も検討してあげるとよいでしょう。

食べる量は普通の猫よりも多くなるので、7000〜8000円くらい1ヶ月にかかると考えておきましょう。給餌量はパッケージに体重などに合わせて記載があるので、メインクーンも子猫の重さで給餌量を変えてあげます。1kgで45gくらいなど、体重が増えれば食べる量も増えるので、必然と普通の猫よりえさも多く必要だと思っておきましょう。

グルーミング

だんだんと毛が長くなってくるメインクーンはグルーミングが必ず必要です。最低でも1日に2回は必要になります。怠ると、毛を食べ過ぎて、消化できずに体の中で詰まってしまうこともあるので、注意が必要です。

フケやダニは毛が長いと見つけづらく、気づかないこともあるかもしれません。毛が絡みついて皮膚が弱ってしまうことだってある長毛種、気持ちよく過ごせるようにケアを大事にしてあげたいですね。

運動について

船にのって、ネズミを倒したりしていたメインクーン。おとなしいとはいえ、好奇心もしっかりと持っています。上下運動も好きなので、運動できる場所を確保してあげましょう。大きく育った子が運動できる場所は限られてしまうことが多いので、よく検討しておきましょう。

メインクーンの子猫時代

 

View this post on Instagram

 

A post shared by こりん (@korin9373) on


ここからは、メインクーンの成長のお話です。どのぐらいのスピードで大きくなるか、見ていきましょう。

生まれたて

生まれたてのサイズは140〜170gぐらいです。ちょうど1週間くらいの普通の子猫同じサイズなので、普通の猫よりも一回り大きい赤ちゃんです。でもこの頃は、もちろん手乗りサイズです。可愛いくてたまらない頃です。

生まれたてから1年くらいの大きくなるスピードは、普通の猫同様に早いです。小さな子猫時代の写真を残しておきたい方は、初めの一年が重要ですね。

鳴き声はもともと甲高い声ですが、子猫の時もです。他の猫でも子猫の時は甲高いのですが、メインクーンの方が高く聞こえます。子猫時代は、おとなしい性格とはいえ、もともとネズミをとったりしていたので、もちろんおもちゃでも遊べますよ。可愛い盛りですね。

生後1ヶ月

1月で500g〜1kgくらいには成長します。猫の初めの一月は本当にあっという間に成長するので、毎日が見逃せないです。このころすでに普通の猫の1ヶ月(400〜500g)より大きくみえるメインクーンの子猫もいるかもしれませんね。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kudou Tomoko (@fuigwaru) on

生後2〜3ヶ月

この頃になると1kg〜2kgになります。普通の猫の3ヶ月〜5ヶ月あたりのサイズでしょうか。まだまだ子猫らしい可愛いサイズです。

急に大きくなってしまわないで可愛い時代を長くみたいものが親の心情でしょうか。

生後4〜6ヶ月

サイズは2.5kg〜4.5kgくらいまで大きくなります。だいたい一月に1kgくらいは増える感じですね。
子猫から普通の猫のサイズといいましょうか。育つ子は他の猫とかわらない大きさに見えてくるかもしれませんね。ちょうど半年経つ頃には、毛も長くなり初め、他の猫と比べるとより大きくなったようにみえるかもしれません。だんだんとメインクーンらしい風貌になってきます。

毛づくろいは子猫の時から、きちんとしてあげましょう。毛づくろいで抜け毛をたくさん食べてしまうと長毛種は毛が体に残りやすく、手術になることもあります。

生後6ヶ月〜8ヶ月

ついに半月が過ぎましたね。この頃には4.5kg〜5.5kgまで成長します。尻尾もふさふさになり、調度一般的な猫のサイズになりますね。他の親猫と比べてみるとわかりやすいですね。もちろん個体差はあると思いますが、この辺りが猫らしいサイズといえるのではないでしょうか。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ☘️Mill♂☘️ (@mill301103) on

8ヶ月〜12ヶ月

1年経つ頃ですが、メインクーンはまだ成長が続く子がいます。5.5kg〜7.5kgまで成長します。オスの猫で大きく成長する猫ぐらいのサイズといえましょうか。だんだんとメインクーンらしさが出てきましたね。

ただ、大きく育たないメインクーンもいることを忘れてはいけません。メスのメインクーンは4kgくらいの猫もいるので、他の猫とすごい違うとは言えません。焦らずに一緒に過ごすメインクーンをみてあげてくださいね。

 

メインクーンの成長:1歳〜2歳

1年〜2年目にかけて、骨格や毛質が変わってきます。大型猫は体を支える骨格も重要になり、この時期に骨が成長します。かわって体長の成長はゆっくりと進みます。

成長がおちついてくるこの時期はえさの量も気をつけてあげたいですね。子猫の時と同じようにあげていると、太り過ぎになってしまうこともあるので、1日2回にしたり、餌をかえたりして適正量をあげれるよう、獣医さんなどに相談するのもよいでしょう。

 

メインクーンの成長:2歳以降

メインクーンの成長ははじめに書いた通り3〜5年かけて大きくなります。2歳すぎるとさほど変化に気づかないかもしれません。骨や筋肉がしっかりとしてくるので、ここから隊長がのびるかは、その猫さん次第です。

大きくなるとはいえ、個体差があるので、平均的にはオスが6〜8kg、メスで4〜6kgです。10kgをこえるメインクーンはそんなに多くはありません。

あなたと過ごしているメインクーンがどのくらいまで大きくなるかは、5年ほど待ってのお楽しみです。大きくならないからといって、ストレスや心配しすぎないように一緒に楽しく過ごしてあげましょう。

メインクーンの生涯

メインクーンの生涯は12歳〜14歳と一般の猫の寿命より少し短くなります。
遺伝的な病で、肥大性心筋症脊髄性筋萎縮症を発病することがあるので、一緒に過ごしはじめてなにかいつもと違うことがあれば、すぐに獣医さんに相談しましょう。

 

まとめ

  • メインクーンの子猫は保護猫や里親探しの譲渡会で出会う、または、
    ペットショップやブリーダーさんから直接購入
  • 高タンパク、高カロリーな餌で筋肉質なメインクーンの成長を助けよう
    毛玉ケアの餌もあげよう
  • 長毛種なので、ブラシは1日2回はしてあげよう
  • 大きくなるメインクーンのために上下運動もできるスペースを用意しよう
  • 子猫の成長は1年目までは早く、その後は3〜5年かけてゆっくりと成長する

メインクーンの子猫時代、1年目は手乗りサイズから、普通の大人の猫のサイズまで、成長の速さはあっという間です。写真や様子をみたり見逃せない時が多いですね。

さらにおおきくなるメインクーンは8kgぐらいさらに10kgと超えることがあるメインクーンは、本当に成長が楽しみですね。
あなたと一緒に過ごすメインクーンが幸せでありますように。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント