メインクーンの飼い方はどうしたらいいの?楽しく快適に過ごすために

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



大きな体、つややかな毛並み、長くてフサフサのしっぽ。メインクーンは、まるでゴージャスなインテリアのような存在感のあるネコです。

また見た目だけではなく、その気質は穏やかでとても人懐っこいので、子供や他のペットなどともうまくやっていける子が多いのが特徴です。では、メインクーンを飼育するときに特別な配慮などは必要なのでしょうか?

実は、意外と気にしてあげたいポイントがいくつかあります。今回は、簡単にその飼い方をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

広めの空間を確保しましょう

メインクーンといえばやはりその大きさが魅力のネコですが、大型ゆえ動き回れる空間も広く用意してあげたいところです。ネコは、犬のような平面的な広さよりも上下運動のできる立体的な空間を必要とします。

家具などを使って高低差を作り、高いところへも移動出来るように工夫してあげましょう。また、キャットタワーなどを設置する場合は、メインクーンの体重に負けないような足場の安定したものを選びましょう。

我が家のネコ限定かもしれませんが、全力でタワーに突っ込んでくるメインクーンのパワーはなかなかのもので、軽めのタワーを押し倒す勢いがあります。

そのため、大型のネコが使用する設定で作られているタイプのものや、天井で固定できるような倒れにくいタイプのものがおすすめです。

 

食餌にも気を遣いましょう

メインクーンは、その大きさゆえ成長期も他のネコに比べると長めになります。普通のネコがおよそ1年くらいで大きくなるところを、メインクーンはおよそ1年半~2年くらいかけて成長し続けます。

個体差はありますが、それ以上の時間をかけて大きくなる子もいます。そのため、体の成長に必要な栄養価の高い食餌も、他のネコに比べて長い期間必要になります。

さらに、成猫となった後もその大きな体を維持するためによく食べます。また、大きな体を支えるための関節や、負担のかかりやすい心臓に配慮したフードを選ぶ必要があります。

最近では、メインクーンのために専用のフードが市販されているので、すでに配慮のなされた専用のフードを使うのはお手軽で良いかと思います。ただ、食餌はアレルギーなど、個体差による向き不向きがあるのでその子に合ったものかどうか、気をつけて見てあげてくださいね。

 

一緒に遊んであげましょう

メインクーンは、大らかで聞き分けの良い子が多いです。飼い主さんが忙しそうにしている時は、大人しく遊んでくれそうな時を待っています。

もちろん、ネコちゃんだけでも遊びますが、運動量は少なめになってしまうと思います。また、単純な運動量という観点だけでなく、一緒に遊ぶことでより仲良し度が上がります。

人が大好きで好奇心旺盛、頭も良いため、おもちゃを投げると犬のようにとってくることも出来ます。ただ、私見ですが、うちのメインクーンは他の種類のネコたちより、少し息が上がりやすいように感じました。

メインクーンには、肥大性心筋症という病気のリスクもあるので、心臓への負担も考慮して夢中で遊んでいるときでも、オーバーワークにならないように気をつけてあげてくださいね。

 

お手入れも外せません

被毛のお手入れ

これは、長毛のメインクーンには欠かせません。細くて柔らかな極上の手触りを誇る毛質ですが、ネコちゃんが自分でお手入れするのに任せていると毛玉になってしまいます。

極上の手触りをキープするためには、飼い主さんのこまめなブラッシングを必要とします。うちの子は自分だけでは足りていないのを自覚しているのか、ブラッシングを非常に喜びます。

是非ともコミュニケーションを兼ねてブラッシングの習慣をつけてあげて下さいね。

爪切り

爪は伸びすぎるとカーテンやカーペットなどにひっかかったり、歩きづらくなったりと、いらぬトラブルのもととなります。伸びた爪は、定期的に切ってあげましょう。

爪が透明な子でしたら、ピンク色の神経を切らないように注意しましょう。神経が透けて見えない子でしたら無理をせず、先端の尖った部分だけ切ってあげるだけで大丈夫です。

一度にたくさん切らなくてもよいので、こまめにチェックしてあげてくださいね。

まめこ
まめこ

やはり、お手入れは必要なのね。

旦那
旦那

ネコだからね。

 

まとめ

  • 広めの三次元空間を確保する
  • 大きな体を維持する食餌を用意する
  • 運動はコミュニケーションを兼ねて
  • ブラッシングや爪切りは必須

メインクーンは、とても魅力に溢れたネコです。大きな体に合った飼い方をすることで、ネコちゃんにとっても飼い主さんにとっても、快適でより良い関係を築いていけるのではないかと思います。

みなさんも是非、幸せなネコちゃんとの生活を満喫してくださいね。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント