メインクーンおすすめキャットフード!安全、美味しいごはんを愛猫に

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



今では人気猫ランキングにも登場するほど、メインクーンが人気となっています。そんなメインクーンを飼育している飼い主さんも多いことでしょう。

可愛がっている猫ちゃんには毎日のごはんは欠かせないものですね!飼い主さんからも、一緒に暮らす猫ちゃんにも栄養があって毎日を元気に暮らすためのごはんを食べてもらいたい!という声はたくさん聞こえてきます。

将来も猫ちゃんに元気で活発な生活を送ってもらえるよう、健康を保てるごはんをあげたいですね!それでは、身体が大きくてふさふさの毛並みが特徴であるメインクーンの猫ちゃんにオススメのキャットフードをご紹介します。

 

スポンサーリンク

メインクーンとは

大型種の猫ちゃんで、成猫となると体長は1メートルを超えることも珍しくありません

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

実は体長が最も長い猫としてギネスに認定されていたのも、メインクーンなんだよ。

まめこ
まめこ

えー!ギネスに認定されるほど大きくなるなんてすごい。

旦那
旦那

人間で言えば、5歳の男の子ぐらい大きくなるんだね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうです。体重もメスでは4~6kg、オスでは6~8kgまで増えるから、大きく成長することを見越して生活環境を準備してあげたいね。

まめこ
まめこ

抱っこするのも大変そう。

でもふさふさで大きいところが可愛いのよね。

一般的なメインクーンの特徴

子猫のときは他の種類の猫と比較しても、あまり変わりがありません。ですが、成長するとペットとして飼われている中で最も大きくなる猫ちゃんとされているのがメインクーンです。

毛長種ですからふさふさな毛並みも特徴的で、成猫になると特にしっぽがそのふさふさ感を際立たせてくれます。

猫の生活習慣病

メインクーンには遺伝性の疾患(肥大性心筋症、脊髄性筋萎縮症、多発性嚢胞腎など)があり、残念ながら防止が難しい病気になってしまうこともあります。

ですが、ごはんで少しでも予防できるものもあります。実は猫も生活習慣病になることがあるのです。

それは、毎日の積み重ねが原因となることが多いので、日々、猫ちゃんが口にするごはん選びも要因となります。慎重にごはんを選んで、肥満や塩分過多を防止したいですね。

また、メインクーンに限らず、飼育している猫のごはんを手作りしている方もいらっしゃるでしょう。

実は、それでは猫にとっての栄養素をカバーすることが難しく、せっかく猫ちゃんのために作ったごはんで病気になってしまうこともありますなので、ごはんはキャットフード。特に総合栄養食を与えることをお勧めします。

 

メインクーンの味覚

メインクーンも他の猫や人間と同じように、舌の上にあるボツボツした味蕾(みらい)で味を感じています。ですが、猫の味蕾は人間に比べてはるかに少ないので、自分で味を見て健康を考えることはできません。

猫は出されたごはんを全て食べてしまうことが多いので、飼い主である人間が気を付けてごはんを選んであげましょう。

 

他の猫との違い

通常、生後1年を過ぎたら成猫といわれています。しかし、メインクーンは1年を過ぎても成長を続けます。

そして成長が止まり、成猫となるまでには3~5年かかるとも言われているほどです。成長期間が長い分、キャットフードもいいものを食べてもらいたいですね。

 

キャットフードを選んでいくうえで

キャットフードを選ぶにあたっても、やはり個体によって好みに差があります。

好みを把握する

キャットフードは水分の含み具合によって、ドライ・ウェットとタイプが変わってきます。メインクーンという同じ種類の猫ちゃんでも好みのドライが好きな子もウェットが好きな子もいます。

それ以外にも、同じキャットフードをあげ続けると、別のキャットフードを食べなくなってしまう子もいます。

偏食を回避しよう

その子の好みに合わせてあげるのも大切なことですが、好みを把握したうえで食べられるキャットフードの種類をいくつか準備しておくことも重要です。メインクーンの寿命は12.5歳ともいわれています。

10年以上も一緒にいるのですから、災害や飼い主の長期外出といった緊急のときがやってくることが考えられます。

緊急のときに、いつものごはんが手に入らない!預け先でいつものごはんが準備できない!といった事態に備えて、子猫のころからなるべくドライタイプとウェットタイプの両方のごはんに慣れさせてあげましょう。

グルテンフリーについて

最近は、穀物を使用していないグルテンフリーのキャットフードも増えてきています。また、猫ちゃんが穀物をきちんと消化することができるのかも諸説あります。

しかし、猫ちゃんは人間と同じで適量であれば適切な調理がなされている穀物を消化することができます。

現在市販されているキャットフードは猫ちゃんが問題なく消化できることが分かっていますので、きちんとキャットフードをごはんとして与えていれば問題ありません。また、猫用のごはんに入っている穀物は良質なエネルギー源となります。

 

フード選びのポイント

メインクーンに必要な栄養素から見たキャットフード選びのポイントは以下のようになります。

  • 高い動物性たんぱく質
  • オメガ3・オメガ6系脂肪酸配合
  • 豊富な食物繊維

動物性たんぱく質

人間と同じで猫ちゃんも身体づくりに運動とたんぱく質が欠かせません。身体の大きなメインクーンには、良質な動物性たんぱく質を与えて筋肉づくりに役に立てたいところですね。

オメガ3・オメガ6系脂肪酸

オメガ3とオメガ6の脂肪酸がバランスよく配合されたごはんを選ぶことは、皮膚や被毛をはじめとした健康を維持するために大切です。

オメガ3系脂肪酸

オメガ3系脂肪酸の一部であるEPAとDHAは、人間にとっても心疾患の可能性を下げる効果があります。実は、メインクーンにとっても肥大型心筋症を発症する可能性を減らせるといわれています。

オメガ6系脂肪酸

オメガ6系脂肪酸に含まれる栄養素は、リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸があります。リノール酸・γ-リノレン酸は皮膚や被毛のコンディション・健康維持に、アラキドン酸は免疫系細胞のために必要となります。

しかし、摂りすぎは厳禁で、これらは猫ちゃんが体内で合成することができないので食事から摂取する必要がありますが、過剰摂取になると炎症疾患を発症する可能性があります。

なので、バランスが取れたキャットフードを与えてください。

豊富な食物繊維

メインクーンは毛長種の猫でもあります。なので、毛球症になることも考えなければなりません。

そのために、良質な食物繊維が豊富に含まれているごはんが適切となります。

 

おすすめキャットフード

メインクーンに限りませんが緊急時のことを考えると、ドライまたはウェットしか食べない猫ちゃんですと食べられるごはんが手に入るまでお腹を空かせてしまうことになります。

なるべく多くのリスクを回避するためにも、ドライ・ウェットの両方のごはんを食べられるように、普段からトレーニングをしておきましょう。

ドライタイプのオススメ

ロイヤルカナン メインクーン専用フード 成猫用

生後15か月~12歳までと長い間、安心して与えられます。特にメインクーンの顎の形状を考えて作られた粒の形は、猫ちゃんの食いつきに役立つのではないでしょうか。

ロニーキャットフード

最近発売されたもので、Amazonや楽天ではまだ取り扱いがありませんが、総合栄養食なので栄養バランス良く作られています。またグルテンフリーの方がよいという飼い主さんや穀物アレルギーの猫ちゃんにもあげられます。

カナガンキャットフード

全猫種・全ライフステージ対応の長い期間あげ続けられるキャットフードです。賞味期限も常温未開封で18か月とドライキャットフードの中でも平均的なので、非常時のストックにもいかがでしょうか。

ウェットタイプのオススメ

ロイヤルカナン インテンス ビューティー ウェット

猫ちゃんの被毛のことだけでなく、体重にまで配慮した商品です。100グラムあたり94kcalと低カロリーに抑えられているので、皮膚病以外にも肥満のことが心配であった飼い主さんも試してみてはいかがでしょうか。

ニュートロ デイリーディッシュ 成猫用 ターキー

バランス栄養食で、良質なフィッシュオイルを使用した製品。皮膚や被毛の健康維持に配慮しているほか少量の使い切りサイズなので、ごはんを小分けに食べる猫ちゃんは1回の食事を余らせることがありません。

冷蔵庫などで余ったごはんを保存することもないので、いつでも猫ちゃんが好きである常温の状態であげられるのがうれしいですね。

ヒルズ サイエンス・ダイエット アダルトシーフード缶詰 成猫用

成猫の骨や筋力の健康、活力の補助に配慮した総合栄養食です。注意点はサイエンス・ダイエットのシリーズは一般的な猫を基準として、ごはんをあげる年齢を定めているので、あげる前に獣医さんと相談してください。さらに猫ちゃんの様子を見ながらあげてください。

 

まとめ

  • メインクーンはギネスに認定されるほど大きくなる猫ちゃん
  • しっぽまでふさふさな毛長種
  • 遺伝性の病気は予防が難しいが生活習慣病はごはんで予防していける
  • 飼い主である人間がごはんを選んであげる必要があります
  • 他種の猫ちゃんより成長期間が長い
  • 10年以上も生きるのでごはん選びは慎重に
  • 非常時に備えてドライ・ウェットの両方を食べられるようにトレーニングしましょう
  • ごはんを選ぶときは、動物性たんぱく質、オメガ3・オメガ6系脂肪酸、食物繊維が含まれているものを!

大事な猫ちゃんと一生を過ごすためにも、その日を楽しく過ごすためにも、毎日のごはんを大切にしてあげたいですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント