ラブラドール・レトリーバーはどうやって生まれたの?歴史に迫る!

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ラブラドール・レトリーバーってどうやって名付けられたのかご存じですか?調べてみると、ラブラドールはカナダにある地名。レトリーバーはレトリーブ=回収するを意味しており、獲物を回収することが得意な犬(狩猟犬)につけられている名前だということがわかりました。

では、なぜこの名前を犬に?誰が付けたのか?祖先は?どうやってラブラドール・レトリーバーが生まれたのか?ラブラドール・レトリーバーの歴史についてさらに詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

カナダ・ラブラドール

ラブラドールは、カナダの北大西洋岸グリーンランドに近い半島一帯のことです。ニューファンドランド島とともにニューファンドランド・ラブラドール州を形成しています。

北極圏に近い気候で、冬は長くて寒く、夏は短く気温もあまり上がりません。漁業が盛んでラブラドールの祖先も狩猟犬として活躍していたようです。

1498年にポルトガルの探検家が発見し彼の名前が半島名となりました。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

その探検家の名前が、

ジョアン・フェルナンデス・ラブラドールというのだよ。

まめこ
まめこ

発見した人の名前が半島の名前になり、

犬の名前にもなっているんだね!

 

祖先とされているのは

ラブラドール・レトリーバーの起源は定かではありませんが、祖先とされているのは、イングランドからニューファンドランド島へ入植した人々が持ち込んだ使役犬とニューファンドランド島原産のニューファンドランド犬との交配種のセント・ジョンズ・レトリバーです。

セント・ジョンズ・レトリバーは、凍てつく寒さの中でも獲物の回収作業を行い、丈夫な体と扱いやすい気質を持っていたため、猟師や漁師に重宝されていました。

そして、その高い能力はニューファンドランド島を旅していたスコットランド人探検家のウイリアム・コーマックやイギリスの有名な狩猟家のピーター・ホーカー大佐も評価しています。

後にセント・ジョンズ・レトリバーは逆輸入されたラブラドール・レトリーバーにおされてしまったり、むやみに行われた異種交配により雑種化が進み、純血種が減少し絶滅寸前になりました。1980年代にカナダで数頭の純血種がみつかり、本種の再生活動が行われていますが、復刻版の頭数は少ないようです。

 

ラブラドール・レトリーバーの誕生

ラブラドール・レトリーバーの存在がはっきりしてきたのは、19世紀頃です。1820年頃にニューファンドランド島と交流があったイングランドのプールハーバーへラブラドール・レトリーバーの祖先といわれるセント・ジョンズ・レトリバーが輸入されたことがはじまりです。

なぜ、輸入されたかと言うと、ニューファンドランド島で水中作業犬として漁師の手伝いをしていたセント・ジョンズ・レトリバーは、魚網からこぼれ落ちた魚の回収の作業をしていました。

その姿を見たイングランドの貴族である初代マームズベリー伯爵が能力の高さを評価してすぐに輸入することにしました。

初代と2代目のマームズベリー伯爵は、鴨猟のため猟犬の繁殖を行っていたため、そこでセント・ジョンズ・レトリバーの能力を高めたトリーバーを作り出す試みを他の伯爵たちと始めました。そして改良され誕生したのがラブラドール・レトリーバーです。

では、なぜラブラドールと名付けられたかと言うと、改良に携わっていた3代マームズベリー伯爵が、すでにイングランドに輸入されていた、より大きいサイズのニューファンドランド犬と区別するため犬の出身地の地名にちなんで、”ラブラドールドッグ”と呼んでいたことが始まりです。

 

犬種として確立

ラブラドール・レトリーバーは現在ブラック、イエロー、チョコレートの3色の被毛が認められていますが、犬種として確立された当時はブラックのラブラドール・レトリーバー以外は認められておらず、イエローやチョコレートの被毛を持つ犬が生まれても間引かれることもあったそうです。

  • 1880年代にラブラドールの直接の祖先が誕生
  • 1899年に黒色の両親からイエローのラブラドール・レトリーバーが誕生
  • 1903年イギリスのケネルクラブで黒いラブラドール・レトリーバーが公認(イエローやチョコレートが犬種として認められたのは、その約30年後)
  • 1917年アメリカのケネルクラブで公認
  • 1960年代後半に日本のケネルクラブで公認

 

まとめ

  • ラブラドールレトリーバーはカナダのラブラドールという地名から名付けられました。
  • 祖先は、カナダで活躍していたセント・ジョンズ・レトリバーです。
  • 能力を評価されたセント・ジョンズ・レトリバーがイングランドで犬種改良されラブラドール・レトリーバーが誕生しました。
  • 1903年にイギリスのケネルクラブが黒いラブラドール・レトリーバーがを犬種として公認しました。
  • イエローやチョコレートのラブラドール・レトリーバーが公認されたのは20世紀に入ってからです。

歴史を調べることで、わんちゃんの特性も知ることができます。その特性を伸ばす遊びを一緒に探すのも楽しいですね。ラブラドール・レトリーバーは、やっぱりボールや物をくわえて遊ぶことでしょうか。わんちゃんと一緒に楽しいペットライフを。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント