ラブラドール・レトリバーのお手入れの仕方をトリマー目線で大公開

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



ラブラドール・レトリバーと言えば家庭でももちろん愛されていますが盲導犬としても幅広く活躍しています。目の不自由な方に代わって道案内や障害物の有無を教えてくれ、とても大人しく、心優しい犬種です。

さて、今回は日頃の癒しのお礼にご自宅でのマッサージやお手入れをトリマー目線で!お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

お手入れの基本

お手入れの方法は大きく2つに分けられます。「トリミング」と「グルーミング」です。トリミングは伸びてきた毛をカットしたり整えたりする事。グルーミングはシャンプーや爪切り・ブラッシング・歯磨き・耳掃除などをまとめた事を言います。ここ数年でトリミングという言葉はテレビ等でも紹介されており、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

プロの方にお願いするトリミングの時にカットや整えて貰うだけではなく爪切りやシャンプー・ブラッシングも合わせておこなってくれます。爪切りは怖くて苦手な方には安心ですよね。お返しの際にはお店にもよりますがバンダナを巻いてくれたりするお店もあり嬉しいサービスですね。

ブラッシング

やっぱり毎日欠かせないのは散歩とブラッシングです。ラブラドールは短毛なのに?と思われる方も多いと思いますが毛が抜けやすい犬種なんです。確かに中には抜けにくい犬種もいますが短毛でも長毛の子と同じく抜けるので出来れば毎日ブラッシングをするといいでしょう。

スキンシップも出来てわんちゃんもスッキリ、気持ちいいですしマッサージ効果もあり、抜け毛も減りますので掃除も楽になりメリットだらけです♪

ブラッシングの仕方

犬専用ブラシで毛並みに沿ってといていく…。実はこれだけでは全ての抜け毛は取りきれないのです。ここでお待ちかねのトリマーが行っている仕方をご紹介します。

まず、ブラシは3種類用意します。ゴムブラシ・コーム(くしのような長いブラシ)・豚毛のブラシです。どれもペットショップやホームセンターなどでお買い求め出来ます。

ゴムブラシで毛並みに沿ってとくのではなく、毛を逆立てながらしっかりとといて抜け毛を浮かせていきます。全身の毛がある箇所をくまなく逆立てましょう。お手てやおでこ・お腹・しっぽ全てです。出来たら今度は毛並みに沿って全ての毛の部分をといていきます。

次にコームを使います。皮膚に対してまっすぐにし毛並みに沿ってといていきます。このブラシは皮膚に近い毛をといてくれるものになるので奥まで入れたら優しく全身をといていきましょう。

最後に豚毛のブラシで毛並みに沿ってといていきます。ゴムブラシとコームで取りきれなかった細かい毛をとってくれます。豚毛のブラシに付いた抜け毛はコームを使って取り除くといいです。

この3種類のブラシを使いこなすとビックリするほど抜け毛が取れるのでわんちゃんも飼い主さんも気持ちいですよ。

もし余裕があればですがバスタオルを水で湿らせ、固く絞ったら目から全身へと丁寧に吹いてあげましょう。わんちゃんにとってはくすぐったり足の指や裏も!これでピカピカフルコース間違いないです。

換毛期のときは?

換毛期とは春と秋に夏毛と冬毛に生え変わる毛のことを言います。この時期は1ヶ月ほど大量に毛が抜け落ちるので極力毎日ブラッシングをしてあげるといいでしょう。

換毛期はふわふわとした毛質なので抜けたあと、落ちずに毛の中に残ってしまう毛もいます。そのままにしておくとフケがその毛に付いて溜まったり、臭いの原因になります。わんちゃんの衛生のためにもブラッシングはとても重要なお手入れですね。

余談になりりますがこの内側にあるふわふわの毛はアンダーコートと言って冬の時期に欠かせない、体を暖めるための冬毛になります。外側のサラサラの毛はオーバーコートと言って汚れや水などをはじいてくれます。

ラブラドールは泳ぐことが得意な子が多いのもこのオーバーコートによって他の犬種よりも早く乾き、水に濡れる事があまり気にならないからかもしれません。春に毛が生え変わるのはこのアンダーコートが不要になり抜け落ちるので大量の毛が生え変わる事に納得がいきます。

3種類のブラシおすすめ

1.ゴムブラシ。今人気を集めているのは手袋に突起のついた手で撫でるだけでマッサージとブラッシングをしやすくなっているゴムブラシですが、この王道タイプのゴムブラシの方がブラッシングがしやすいのでこちらをおすすめします。

ブラシによるマッサージ

マッサージは手で撫でるだけでも効果はありますが実はブラシによってもマッサージをする事が出来るんです。方法はとても簡単で、優しくブラッシングをするだけ

優しくブラッシングをする事により血行の流れが良くなり凝りや老廃物が改善されます。わんちゃんも気持ち良くリラックス出来る一時となりブラシを持った瞬間に走ってくるなんてこともあるそうですよ♪

わんちゃんも人も同じなんだと思うと更に親近感が湧きますね。飼い主さんも日頃の疲れをマッサージで癒された際には愛犬も一緒にされてはどうでしょうか?きっと幸せな時間になりますよ。

まとめ

  • お手入れの方法はトリミングとグルーミングの2つある。
  • ブラッシングは出来れば毎日行う。
  • ブラッシングで使用するブラシは3種類ある。
  • ブラッシングにはマッサージ効果もある

ラブラドールレトリバーは毛が抜けやすい犬種というのは驚きですよね。短毛ですが実は意外と首もとやしっぽの毛は長かったりします。良く取れるので本当に楽しいです。

トリマー目線でのお手入れの仕方は普段よりも工程が多いかもしれませんね。時間もかかってしまいますし。ですが愛犬の健康もわかり、スキンシップも取れるので是非試してみて下さいね。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント