ジャックラッセルテリアの子犬の迎え方と準備グッズを徹底調査!

ジャックラッセルテリア
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

ジャックラッセルテリアといえば、映画「マスク」でも登場してその可愛い魅力のとりこになってしまった方もいるのではないでしょうか。

パワフルなジャックラッセルはドッグスポーツなどで活躍する子も多く、一緒に暮らすと生活の場も広がりそうですね。

そんなジャックラッセルテリアの子犬をお迎えしたい!という方のために、どこで出会えるの?何を準備したらいいの?お迎えしてからどうしたらいいの?といったことについて調べてみました。

スポンサーリンク

ジャックラッセルテリアってどんな犬なの?

とても明るく活発で元気いっぱいのジャックラッセルテリア好奇心も強くて活動的運動能力も抜群だから、アジリティ水遊び・雪遊びなど、ワンちゃんと一緒にアクティブに遊びたい!という方にもおすすめの犬種なんですよ。

ジャックラッセルテリアはとても頭が良いワンちゃんなので、子犬のころからしっかりとしつけをしていないと問題行動に悩まされてしまう場合もあります。飼い主さんがリーダーとなり、愛情をもってきちんとしつけをすることが大切です

まめこ
まめこ

運動量が多い子というイメージだわ。

やっぱりお散歩もたくさんしないとダメ?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

活発で体力もあるジャックラッセルは

十分なお散歩が必要ですよ。

1回60分以上のお散歩を1日2回ぐらいしてくださいね。

ジャックラッセルテリアの子犬はどこで出会えるの?

ジャックラッセルテリアの子犬をお迎えしたいと思ったときは、どこで出会うことができるのでしょうか。もっともポピュラーなのはペットショップブリーダーです。

保護犬を迎えるという方法もありますが、事情があって飼えなくなってしまったり飼育放棄されたワンちゃんが多いため、ジャックラッセルテリアで子犬限定となるとちょっと難しいかもしれませんね。

ここではペットショップとブリーダーに的をしぼって、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ペットショップ

ペットショップへ行くと可愛いワンちゃんが展示販売されていることがあります。お迎えする予定はなくても、つい眺めてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

週末ともなると家族連れでにぎわっていることもあります。尻尾をふって愛想をふりまいたり、おもちゃで遊ぶワンちゃんの姿は見ていて微笑ましいですよね。

では、そんなペットショップで子犬を迎えると、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まめこ
まめこ

ペットショップには子犬がいっぱいいて

見ていて飽きないわ。

旦那
旦那

でもあまりジャックラッセルテリアは

見たことがない気がするぞ。

メリット

  • 気になる子がいたら抱っこできる
  • 気に入った子に出会えればすぐにお迎えできる
  • 飼育に必要なものがあれば、すぐにペットショップで買うことができる
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

N.Tsukasa(@n.tsukasa58)がシェアした投稿

 

デメリット

  • ジャックラッセルテリアがいるとは限らない
  • 店員さんがジャックラッセルテリアに詳しいとは限らない
  • 子犬の両親に関する情報が少ない
  • 早い時期から親犬や兄弟犬から引き離されることが多い

ブリーダー

インターネットで調べるとジャックラッセルテリアを繁殖・販売しているブリーダーを探すことができます。でも、残念ながら中には悪徳ブリーダーもいるのが実情です。

家族の一員をお迎えするのですから、インターネットのやり取りだけでお迎えしたりせずに、実際に子犬を見せてもらうのはもちろんのこと、できれば飼育環境を見学させてもらったり、親犬に会わせてもらえると安心です

メリット

  • 飼育環境を見学できる
  • 子犬の親犬にも会えることがある
  • お迎えまで親犬や兄弟犬と一緒に過ごせる
  • 専門のブリーダーならジャックラッセルテリアに詳しい
  • 子犬が安心できるように親犬のにおいがついたものをもらえることがある
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ペットハウスYu- moin(@yu.moin)がシェアした投稿

 

デメリット

  • 優良ブリーダーを探すのに時間がかかる
  • 中には劣悪環境で飼育している悪徳ブリーダーもいる
  • 飼育に必要なものはあらかじめ用意しておく必要がある
まめこ
まめこ

ブリーダーならお迎えに

行けるところがいいわ。

旦那
旦那

遠いと空輸になるのかな。

ちょっと心配だな。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ほかにも陸送、中間地点での引き渡し、

ブリーダーが直接引き渡しに来てくれるところもあります。

子犬の安全を考慮したうえで、トラブル防止のためにも

ブリーダーとよく相談してくださいね。

ジャックラッセルテリアの子犬を迎える前に何を準備する?

ペットショップで「抱っこしてみませんか」と店員さんに声をかけられて、「ちょっとだけ」のはずがあまりの可愛さに連れて帰ってしまった、という話はよく聞きますよね。

でも、何も準備しないままお迎えするとあとが大変です。お迎えするのはワンちゃんを飼育する環境をととのえてからにした方が安心です。では、何を準備したらいいのでしょう?

迎える前にリサーチしておくこと

近所の動物病院

お迎えしたあとであわてないように近所の動物病院をリサーチしておきます。珍しいペット、いわゆるエキゾチックアニマル専門でない限り、たいていの動物病院はワンちゃんを診察しています。

予防接種や定期検診、急な病気やケガで通院することもあります。無理なく通える範囲の病院で、できればご近所でワンちゃんを飼っている方の口コミも参考にしてみます

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LiLi 🐾(@lili_191217)がシェアした投稿

 

ペット保険

ペットショップでお迎えする場合は、その場でペット保険の加入をすすめられることもあります。そこで加入してもいいのですが、前もって複数の保険会社や保障内容をリサーチしておくといいですね

ペット保険についてはこちらに詳しくご紹介していますので、宜しければ参考にしてみてくださいね。

必要?不要?気になるペット保険について知っておきたいこと

迎える前に購入するもの

サークル

子犬のうちはお部屋で一日中フリーにせず、サークルの中で過ごす習慣をつけることが大切です。サークルは、寝るスペースとトイレを置けるスペースがあるものを選びます。

こちらはトイレやベッドも置けるゆったりタイプのサークルです。ワンちゃんの成長にあわせてサークルの幅を変えられるのも嬉しいですね。

 

ベッド

ワンちゃんはベッドが大好きです。サークルの中にはくつろいだり休んだりできるようにベッドを入れてあげましょう。夏はクール素材、冬はあったか素材など、季節によってベッドの素材を変えてあげるといいですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

우주와 달(@uju_taru)がシェアした投稿

 

フード

ドッグフードもたくさんあって迷ってしまいますが、ワンちゃんの月齢にあった良質なものを選びます。ブリーダーでお迎えした場合は、それまで食べていたドッグフードを教えてもらうと安心です。

ドッグフードについてはこちらで詳しく説明しています。宜しければ参考にしてみてくださいね。

ドッグフードで愛犬大喜び!ペットのプロが教える選び方&食べ方

食器、水入れ

ドッグフードを入れる食器水入れを用意します。食器は出しっぱなしにせず、毎回下げるようにし、お水はいつでも飲めるようにしましょう。子犬の場合は床置きの水入れはこぼすことがあるので、ケージに取り付けられるタイプのものがおすすめです。

こちらの水入れは、500mlのペットボトルに入れたお水をアダプターにつけてサークルに固定するタイプ。飲んだぶんだけ自動的にお皿の中にお水が出てくる便利な水入れです。

 

トイレ

初めておうちへ来たときはトイレの場所を教えてあげましょう。ブリーダーからお迎えしたワンちゃんは、トイレのしつけが済んでいることもあります。でも、慣れない環境ではとまどうかもしれませんね。

トイレの粗相をしたときに叱ってしまうと、隠れてするようになることがあります。長い目で根気よく教えるようにしてくださいね

こちらの壁付きトイレは子犬のトイレトレーニングもおすすめです。トイレの中に入っていてもお尻だけはみ出してお掃除が大変になることも軽減されますよ。メッシュつきでいたずら防止にもなります。

 

首輪、リード

お散歩デビューのときに初めて首輪とリードをつけると嫌がる場合があります。お散歩デビューの前に、おうちでつける練習をしておくといいですよ

また、子犬の成長は早くアッという間に大きくなります。初めて買った首輪とリードが合わなくなることもあるので、こまめに体のサイズをはかってくださいね。

クレート

普段はサークルで過ごすワンちゃんですが、病院へ行くときやお出かけには持ち運びに便利なクレートを準備しておきましょう

また、いつ起こるかわからない災害時のときのためにも、クレートの中で落ち着けるように慣らしておきます

こちらのクレートは上からも横からも開けられるタイプです。動物病院に行くと横から出てこなくなってしまうというワンちゃんもこれなら安心ですね。

 

おもちゃ

元気いっぱいのジャックラッセルテリアはおもちゃで遊ぶのが大好き。ワンちゃんとのコミュニケーションや運動不足解消のためにも、おもちゃでいっぱい遊んであげてくださいね

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LiLi 🐾(@lili_191217)がシェアした投稿

 

お手入れ用品

ブラッシングに必要なコームやスリッカー、歯のお手入れに必要な歯ブラシや犬用の歯磨き粉なども準備しておきましょう

自宅でシャンプーをしてもいいのですが、慣れないうちは美容院でやってもらった方がいいかもしれません。美容院ではシャンプー・トリミングのほか、爪切りや肛門絞りもしてもらえます

こちらの記事では、自宅でできる簡単なお手入れ方法についてご紹介しています。毎日のお手入れはワンちゃんとのスキンシップにもなりますので、是非参考にしてみてください。

犬のお手入れ方法を大公開!お家で嫌がらないお手入れ方法も!

 

ジャックラッセルテリアをお迎えしてからどうするの?

新しい環境になれるまでそっとして

新しいおうちにやってきたワンちゃんは、新しい飼い主さんとおうちにとまどっています。遠いところからお迎えした子は疲れもたまっているでしょう。

トイレとお水の場所を教えて最低限のお世話をするにとどめ、新しい環境になれるまではよく眠らせ、そっとしておきましょう

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LiLi 🐾(@lili_191217)がシェアした投稿

 

ワンちゃんの名前を決めましょう

ワンちゃんの名前はもう決まっていますか?これからずっと呼ぶワンちゃんの名前だから、素敵な名前をつけてあげたいですね

名前のつけ方はワンちゃんのカラーや雰囲気、生まれた月にちなんだ名前、洋風、和風の名前など色々あります。あれこれと名前を考えるのも楽しいものです。ぜひご家族全員で決めてくださいね。

病院で健康診断を受けましょう

おうちにお迎えして、新しい環境にも慣れてきたら念のため病院で健康診断を受けておくと安心です

初めて病院へ行くときには、前もって電話で子犬の初診であることを伝えてくださいね。検査のために便を持参、朝食抜き、診察後の急変にそなえて午前中の来院など、注意点もよく確認しておきます。

病院ではワクチン接種のスケジュールなども相談しましょう

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

家の店長(@uchino.ten.chou)がシェアした投稿

 

しつけを始めましょう

しつけというと何を思い浮かべるでしょうか。色々ありすぎて何から教えていいのか迷ってしまいますよね。

あまりいっぺんに教えようとするとワンちゃんは混乱してしまいます。まずは名前と「トイレ」を教えることから。「オスワリ」「マテ」「フセ」「オイデ」「ハウス」「チョウダイ」など、その子にあわせて段階的に教えていきます。

しつけのご褒美にはこういったおやつを少量あげると効果的ですよ。

しつけについてはこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ジャックラッセルテリアのしつけは難しい?基本のしつけ方を徹底解説

お散歩デビューの練習をしましょう

ワンちゃんとのお散歩デビュー、ワクワクしますよね。でも慣れない首輪とリード、外の音などにビックリして中には歩かない子もいるんですよ。

お散歩デビューの前に、まずは家で首輪とリードをつける練習をしておきましょうつけても嫌がらないようなら、飼い主さんと一緒に家の中で歩く練習をしていきます

また、お散歩デビュー前に外の音などに慣れさせておくことも大切です。ワクチンが終わるまでは地面におろしたり他の犬との接触は避けるようにして、抱っこして近所をお散歩しましょう。

まとめ

  • 子犬に出会えるのはおもにペットショップとブリーダー
  • ペットショップとブリーダーにはそれぞれメリットとデメリットがある
  • 動物病院とペット保険のリサーチをする
  • 飼育環境をととのえ、ペット用品を準備する
  • お迎えして落ち着いたら病院で健康診断を受ける
  • しつけとお散歩デビューの練習を始める

これからジャックラッセルを迎える予定の方は、どんな子に出会えるか期待で胸が膨らみますね。

ペットショップもブリーダーもどちらもそれぞれにメリット・デメリットがあります。どちらでお迎えしても、飼い主さんにとってのたった一匹の「運命の子」に出会えるといいですね。

これからのジャックラッセルテリアとの新しい生活が豊かで楽しい時間になりますように。最後までお読みいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント