犬のお葬式の依頼方法や費用について徹底解説。笑顔でお別れするために

ペット
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

私たちに日々の癒やしや喜びを与えてくれるペットの愛犬。しかし、悲しいことですが、いつかその子が死を迎え、お別れをしなければならない日がやってきます。

そんなことなんて考えたくない、と思うかもしれませんね。でも、いざその日を迎えたときに何もわからず慌ててしまっては、最愛のワンちゃんと満足のいくお別れができないかもしれません。

ここでは、葬儀について、ペット葬祭業者の探し方、依頼方法、どんな葬儀の種類があるのかをご紹介します。その日が来たとき、自分は愛犬とどうお別れをしたいのか、ぜひ考えてみてください。

スポンサーリンク

ペット葬祭業者を探そう

ペット葬祭業者の探し方

かかりつけの動物病院に紹介してもらう

まずはかかりつけの動物病院の先生にペット葬祭業者について聞いてみるのが、一番簡単な方法です。動物病院はその地域のペット葬祭業者もたいてい知っていますし、信頼している先生からの紹介であれば安心感もありますよね。

犬の散歩友達の飼い主さんや、犬を亡くした経験のある知り合いに聞いてみる

実際に犬を亡くした経験を持ち、ペット葬祭業者を利用したことがある人の話を聞くことができれば、葬儀の様子や葬祭業者さんの雰囲気などを知ることができて、選ぶときの参考になります。

また、犬友達と愛犬の葬儀について情報交換ができれば、自分がどんな葬儀を望んでいるかをより考えるきっかけにもなります。なかなか話しづらい話題かもしれませんが、たとえば愛犬がだんだん年をとってきて先のことを心配している、という風に自分の不安を打ち明けてみると、相談もしやすいのではないでしょうか。

ネットで地域のペット葬祭業者を検索する

ネットで検索して、ペット葬祭業者の公式ホームページがあれば、葬儀の内容やプラン、料金について確認ができます。また、クチコミがあればそれも参考にしてみましょう。自分の住んでいる地域に対応している業者を複数確認し、サービスや費用についても比較してみましょう。

ペット葬祭業者に依頼しよう

ペット葬祭業者を探したら、まずは業者に電話をかけましょう。葬儀や火葬の日時の予約が必要になるので、事前連絡は必須です。電話をすることで、スタッフの雰囲気を知ることもでき、その業者を選ぶかどうかの判断材料とすることができます。

また、葬儀のプランも業者によって様々なものがあります。電話の際には気になることはしっかり質問して説明を聞き、自分の希望が叶うかどうか検討しましょう。

葬儀は大切な愛犬とのお別れの儀式です。自分が納得できる方法でお別れするのが一番ですから、たとえ人から紹介された業者であっても自分には合わないと感じたら、他の業者さんを探してみましょう。複数の業者さんの話を聞くことで、より自分の希望にそったお別れの仕方を考えることができるはずです。

旦那
旦那

うちのワンちゃんが元気な間は、葬儀のことなんて想像もできないけど…。

まめこ
まめこ

そうよね。でも、いざその時になってから複数のペット葬祭業者を比較するとなっても慌ててしまうかも。

住んでいる地域にどんなペット葬祭業者があるのかだけでも、あらかじめ知っておいた方がいいかもね。

犬の葬儀にはどんな種類がある?


犬の葬儀の内容は、ペット葬祭業者によって様々なものがあります。
ここでは一般的な葬儀の種類についてご紹介します。

個別立会葬

個別に愛犬のお葬式を行い、その後飼い主さんが火葬場に立ち会って愛犬をお見送りします。火葬後は飼い主さんがお骨拾いをし、骨壺にお骨を納めます。時間をかけて、ゆっくりお別れできる方法です。

お葬式は、人のお葬式のように、お坊さんが読経をあげ、お焼香をするのが一般的です。お葬式の宗派にこだわりがあれば、対応してもらえるか葬祭業者に確認しましょう。

合同火葬

他のワンちゃんネコちゃんなどのペットの遺体と一緒に火葬を行います。お骨の区別はつかなくなるので、お骨は手元に戻りません。ペット霊園の共同墓地などに埋葬されます。霊園に行けばお墓参りができますし、他のワンちゃんたちと一緒に眠ることになるので、お墓の中でも寂しくないと感じることができます。

業者に火葬をお任せする

ペット葬祭業者に犬の遺体を引き渡し、その後の火葬に飼い主さんは立ち会わず、業者スタッフにお任せする方法です。愛犬の火葬を見るのがつらいときに、この方法を選ぶ人もいます。個別火葬に対応していれば、お骨は骨壺に入れられ手元に戻ってきます。合同火葬になる場合は、お骨は戻らず、共同墓地などに埋葬されます。

移動火葬車による火葬

ペット葬祭業者が火葬設備がついた専用車で自宅などに来て、火葬を執り行う方法です。思い出のある自宅付近の場所でお別れをすることができます。火葬後は、お骨を骨壺に納めます。

個別火葬で手元に戻ったお骨はどうするか

個別火葬を選ぶと、お骨は骨壺に納められ手元に戻ってきます。その後については、まずペット霊園の共同墓地や納骨堂に納める方法や、ペット霊園に愛犬の個別墓地を用意する方法もあります。霊園に行けば、お墓参りをして、愛犬を弔うことができます。

骨壺をペット霊園に納めず、自宅で供養する方法もあります。自宅に祭壇などを用意して安置しておいたり、自分の家の庭にお墓を作ったりします。亡くなった愛犬のことを身近に感じられる方法です。

犬の葬儀費用はどのくらいかかるの?

犬の葬儀の費用は、犬のサイズや、葬儀の内容によって大きく変わってきます。ペット葬祭業者によく確認しましょう。一般的に合同火葬よりも、個別火葬を行う方が費用がかかります。

一般的な相場としては、個別立会葬の場合は小型犬・中型犬で3~5万円、大型犬で5~8万円、業者に一任する個別火葬の場合は小型犬・中型犬で2~4万円、大型犬で3~6万円、合同火葬の場合の小型犬・中型犬で1~2万円、大型犬で2~4万円程度となっているようです。

旦那
旦那

一言に犬の葬儀と言っても、色々な方法があるし、それによって金額が変わってくるんだね。

まめこ
まめこ

そうね。どんな方法がいいのか、業者さんのサービス内容をよく調べなきゃね。

旦那
旦那

そういえば、友達が飼っていたハムスターが亡くなったとき、自分の家の庭に埋めてお墓を作ってあげたって話していたことがあったけど、犬の場合はどうなんだろう?

まめこ
まめこ

たしかに、犬の場合もそういった弔い方ができるのか気になるわね。

ペット葬祭業者を利用しない愛犬の弔い方

ここまで、民間のペット葬祭業者に依頼して葬儀を行う方法を紹介しましたが、次はその他に愛犬を弔う方法があるのか、紹介します。

自治体に火葬を依頼する

自治体でペットの遺体を焼却してもらうことができます。費用は千円前後から1万円程度と、民間のペット葬祭業者を利用するのに比べて費用を安くおさえることができます

自治体によっては個別火葬に対応しているところもありますが、たいていは合同火葬となり、お骨は戻ってきません。また、民間のペット葬祭業者のようにそのお骨を共同墓地などに埋葬するということも一般的にはありません。

自治体の火葬は、ペットの葬儀のサービスを提供するものではなく、遺体の焼却を行うものと考えておくのがよいと思います。自治体によっては、ペットの火葬というよりは、動物の死骸として一般廃棄物で処理される場合もあります。

費用を安くおさえることはできますが、自分が住んでいる自治体はどんな内容なのかをよく確認し、そのお別れの方法で自分が納得できるのかをよく考え、利用を検討するのがよいと思います。

土葬にする

自分の土地であれば、遺体を土に埋めてあげる土葬も可能です。例えば自分の家の庭に埋めてあげるなどですね。愛犬の遺体を燃やしたくない、自分の近くにいてほしいと思うとき、この方法を考える方もいると思います。

他人の土地(借りているアパート、マンションの庭など)や公共の場所(公園や河川敷、街路樹の根元など)に動物の遺体を埋めることは法律で禁止されています。ですから、愛犬の散歩の思い出の場所だからといって、公園に埋めたりなどはできないので注意してください。

また、自分の土地に埋める場合でも、臭いなどの衛生面で近所に迷惑をかけたり、埋める場所が浅いと野良犬・野良猫や野生動物に掘り返されたりするおそれもあるので、土葬は慎重に行う必要があります。

 

結局どんな葬儀を選べばいいの?

ここまでご紹介したように、ペットの葬儀の内容には様々なものがあります。個別にお葬式をしたいのか、火葬に立ち会いたいのか、火葬後に愛犬のお骨を手元に残したいのかなどの点から内容を選びましょう。

お別れの葬儀は一度きりです。後悔しないよう、自分が愛犬とのお別れ方法として納得できるかどうかを一番に考えて選ぶことが大切です。そういう葬儀ができれば、愛犬を失った悲しみの中でも、今までありがとうという感謝の気持ちをもって愛犬とお別れができるはずです。

私もこれまでに大事な家族であるペットを亡くしたことがあります。その時は本当に悲しくて涙がとまりませんでした。でも、葬儀の手順をふんでいくうちに、うちの子はちゃんと天国に旅立っていったんだという安心感を得ることができ、今まで一緒にいてくれてありがとうという感謝を伝えながら見送ることができました。お骨は持ち帰り、家に安置しています。今でもたまに声をかけたりなでたりして、天国にいる子とつながっている気持ちになります。

まとめ

  • ペット葬祭業者は、かかりつけの動物病院、犬友達、ネットなどで探そう。
  • 犬の葬儀には、個別立会葬、合同火葬、業者に一任する火葬などの種類がある。
  • 犬の葬儀の費用は、犬のサイズや葬儀の内容によって変わってくるので、ペット葬祭業者によく確認をしよう。
  • 民間のペット葬祭業者を利用しない弔い方もあるが、方法によっては注意が必要になる。
どんなお別れの方法が一番なのかは人によって様々です。愛犬とのお別れは、事故などである日突然来たり、病気や年老いたりでゆっくりと別れを覚悟する時間があることもあります。

どのような別れの迎え方にしろ、その時が来ると本当につらく悲しくて、飼い主さんの心も平静を保てないものです。しかし、その時に慌てて葬儀方法を決めてしまい、後からもっとこうしていれば…と悔やむことになっては、悲しみもいつまでも癒えずつらいものになるでしょう。

ですから、いざその日が来たときに慌てないよう、あらかじめお別れの方法について考えておくことは大切だと思いますし、家族と一緒に飼っている人は、家族の方たちとも話し合ってみましょう。

お別れのときのことなんて考えたくないかもしれません。しかし、いつかお別れの日が来るとわかっているからこそ、愛犬と一緒に過ごす今日この日が、よりかけがえのない大切な時間になるのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険
ペット
スポンサーリンク
sakuseisyaをフォローする
幸せなペットライフを過ごすために

コメント