犬のしつけの必要性について!いつから始めるべきか徹底解説!

ペット
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

と一緒に暮らす中でしつけはとても大事なことで、しつけをすることは飼い主の責任でもあります。しつけは飼い主・家族と犬との間によい社会関係や信頼関係を築くことが大切です。

人間社会の中で犬が暮らしていけるよう最低限のマナーを学ばせ周りの人に迷惑をかけず、犬も飼い主も楽しく幸せになるために正しいやり方でしつけをしていきましょう。

スポンサーリンク

犬のしつけはいつからすればいいの?

「成犬になったからしつけできないよね」と考えている方も多いと思います。しつけはいつからでもできます。いつからしてもいいのです。

もともとの性格を変えることは難しいですが、マナーを学ばせたりすることはいつでもできます。人も大人になったから覚えないわけではないですよね。犬も同じで、しっかりと教えてあげればきちんと覚えることができます。

旦那
旦那

子犬はまだ早いよね?

まめこ
まめこ

子供だからまだいいんじゃない?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

いやいや。子犬には子犬のしつけがあるのよ。

しつけといっても教える内容は様々です。その犬の成長に合わせて教え方を変えたり教える内容を変えたりしてあげてください。子犬でも十分覚えることができます。

 

そもそもしつけってなに?

トレーニングをすることにより人が好ましいと思う方向に犬の行動を変容させていく学習の過程をいいます。犬のしつけでは二つの学習がとても大事といわれています。

まず一つが、飼い主・家族と犬との間に適正な社会関係を築き、飼い主が犬を常にコントロールできるようにし家庭犬としてのマナーや行動パターンを身に着けさせる学習です。

もう一つが犬の社会化。犬が見知らぬ人やよその犬・猫など他の動物に出会っても平和的かつ友好的に共存していけるように犬に好ましい社会的反応性を身につけさせる学習です。

まめこ
まめこ

しつけと訓練て何か違うのかな?

旦那
旦那

言いまわしが違うだけ?

「しつけ」と「訓練」では教える内容とその目的が違ってきます。しつけでは社会化やマナー・ルールの事を教えているのに対し訓練ではその犬の能力や特性を活かし犬に特定の分野の作業をさせるために一連の行動パターンを学習させています。

警察犬や麻薬探知犬などその作業における行動の確実性が大事になるため訓練士という専門家がいます。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

ペットとして可愛がられる家庭犬は「しつけ」をしなきゃね。

 

犬の社会化

臆病な子や攻撃的な子など犬の性格は、遺伝の影響も受けますがそれだけではなく、子犬の時期の社会的経験がとても重要です。子犬の時期に多くの犬たちや人と接する機会が多くあった子は将来、外交的で友好的な犬になる傾向があり、逆に少なかった子は他の犬や人に対して臆病で怖がって逃げるなど友好的なふれあいができない子になりやすいです。

子犬の頃にたくさん他の犬や人と接していてもそれが怖い経験や嫌な経験だった場合、逆に怖がりの犬になってしまうこともあります。より好ましい社会的反応を身に着けさせるためには、社会化期に見知らぬ人やほかの犬と良い経験や楽しい経験ができる機会を多く作ってあげることが大切です。

成犬になったから社会化はできないわけではありません。成犬でもたくさんふれあうことで心を開き友好的なふれあいができるようになります。ただ、子犬の頃よりも時間がかかることがほとんどですので根気強くゆっくりと時間をかけてあげてください。

なぜ「オスワリ」「フセ」を教えるの?

皆さんはなぜ「オスワリ」「フセ」を一番に教えるのでしょうか?無難なとこだから。みんな教えてるから。簡単だから。理由はいろいろだと思いますがそこまで考えたことがない方がほとんどだと思います。ではなぜ多しえるのでしょうか??

旦那
旦那

みんな教えてるみたいだし、俺もやっとくか・・・的な?

まめこ
まめこ

ん~。基本だし、簡単だし?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そう!簡単だから教えるの!!

わんちゃんにとって単純な行動でわかりやすいの!

昔は「オスワリ」や「フセ」は服従訓練とよばれていて飼い主が犬より優位に立ち、犬の服従心を養うためといわれていましたが、最近ではこのようなリーダー理論は否定されるようになってきています。今では犬に望ましい行動を引き出すことや望ましくない行動を止めさせるために教ているというのが多いです。

「オスワリ」や「フセ」は何をすればいいのかが明らかですし非常に単純明快で犬にとってもとても分かりやすい行動です。例えば犬が人に飛びつきそうになった時、飼い主は「ダメ!」「いけない!」といいますが犬にとっては何がダメなのかよくわかりません

しかし「オスワリ」といえば犬は「座ればいいのか」と何をすればいいのか明確にわかります。このように、「オスワリ」「フセ」をまず初めに教えておけば犬がしてはいけないことをしたときにすぐに止めさせ、どう行動したらいいのかすぐに引き出してあげることができるのです。

 

リーダーとリーダーシップ

まず注意してほしいことはここでいう「リーダーシップ」とは教えて導いていくことで、けして「支配者」や「絶対者」という意味ではありません。どちらかというと「保護者」や「親」という意味に近いかもしれません。犬は人間社会のルールやマナーは知りませんが犬社会ではなく人間社会で生きる動物です。

人間は犬に対して人間社会のルールを教え、人間社会で生きていき、生きやすいように導いてあげる必要があります。飼い主はその犬の親・保護者の役割をしないといけません。

また、犬は人間社会で自立をすることはできませんので人は犬に対して一生、親の役割をしていく必要があります。

しつけの基本は褒めて伸ばす

犬に何かを教える時に褒めてあげると何がいいのでしょう。

褒められることによりその行動の頻度が上がります。

②怒って行動の制限をするよりも、褒めて行動の制限をしないことにより犬は考えて自発的に行動をするようになります。

③褒めることにより「オスワリ」など号令自体が好きになり犬はうれしくなり行動をよくしてくれるようになります。逆に叱ることでその行動(号令)が嫌いになります。

④みんなが同じように叱ることは難しいですが褒めることは高齢者でも子供でも、ほとんどの人ができる方法です。

⑤褒めることはリスクが少ない方法です。叱って教える方法は多くのリスクがあります。

⑥周りの人に不快を与えない。たとえしつけであっても大声で叱って怒鳴ったりすることは見ている人はいい気にはなりませんが褒めている姿は不快感を与えることはありません。

上記のように褒めてあげると犬はとてもうれしくなり、行動を多くするようになります。

犬自身も楽しいですし、喜んで望んでいる行動をしている犬を見て飼い主もいい気持ちになりますよね。犬との信頼関係にもつながります

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

犬のしつけも人の子供のしつけも同じですよね。

「褒めて伸ばす」皆さんはやれていますか?

まめこ
まめこ

うちの子たち、褒めて教えると

覚えがはやかったです!!

旦那
旦那

俺も褒めて伸ばされたいなぁ

犬を叱るリスク

叱ることで恐怖心が強くなり攻撃性を引き起こすこともありますし犬に怪我をさせてしまうこともあります。叱ることのリスクは何があるのでしょう?

①叱って罰を与える時は行動が起きてから1秒以内に行わなければ犬はどの行動がダメだったのか正しく理解する事はできませんし毎回叱らなくてはいけませんので、とてもタイミングが難しいです。

②不適切な行動すべてに罰を与えなければいけませんので、見逃しや罰を与えられない時があると結果として不適切な行動が続き増えてしまいます。

③罰の刺激の強度が不十分だった場合、犬は慣れてしまいその後は同じ罰では効果が得られなくなります。そうなるとたいていの飼い主は罰の強度を強め、悪循環に陥り、どんどん罰の強度が高くなってしまいます。また初回から強すぎる罰を与えた場合はほんの些細いな刺激にもパニックを起こしてしまうようになります。どちらにしても罰は動物虐待につながる可能性が高いのでおすすめはしません。

④罰により怪我をすることがあります。よく使われるチョークチェーン(引っ張るときゅっと締まるチェーンの首輪)などは気管の障害やホンネル症候群、眼圧の高い犬は緑内障の悪化など様々なことに考慮してあげる必要があります。

⑤犬が恐怖や不安によって起こした行動に罰を与えた場合、罰の強度に関わらず恐怖反応が倍増される可能性があります。

⑥罰により犬の攻撃性が倍増する可能性もあります。犬が噛みついた場合それに怒ると犬は身を守ろうともと噛みついてくる場合があります。また、犬は罰から逃れようと攻撃してきますが、通常攻撃前の威嚇行動をほとんど出さずに瞬発的・突発的に攻撃を起こすようになることがあります。

⑦罰を与えた人や周囲の状況と罰刺激を関連付け、犬はその人が現れたりその状況が近くなっただけで恐怖反応や攻撃行動を示す可能性があります。またこの関連付けを犬が正しく理解していないと、おトイレを失敗してしまった場合「トイレをした事に怒られたのか」などと勘違いをし犬はトイレ自体できなくなる可能性もあります。

罰だけでは好ましい行動を教えることはできません。

まめこ
まめこ

大好きな愛犬に怖がられたくないよね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

恐怖心での支配は決していい関係ではないものね。

 

しつけで最も重要なこと

犬のしつけでとても重要な事は、犬が喜んで飼い主の指示に従うことです。罰を主体としたしつけではリスクが大きく教える人やレッスンそのものが嫌いになってしまい犬は喜んで指示に従わなくなります。

指示に従わないからといってむやみに叱っては逆にうまくいかなくなってしまいます。望ましい行動を引き出し褒めてあげることが犬のしつけで最も大切なことになります。

まとめ

  • しつけはいつからでもできます。
  • 家庭犬としてのマナーや行動パターンを身に着けさせる。
  • 犬の社会性を身に着けさせる。
  • 「しつけ」と「訓練」では教える内容とその目的が違う。
  • 子犬の時期の社会的経験がとても重要。
  • 「オスワリ」「フセ」を教えておけば犬がしてはいけないことをしたときにすぐに止めさせられる。
  • 飼い主はその犬の親・保護者の役割をしないといけない。
  • しつけの基本は褒めて伸ばす。
  • 罰を主体としたしつけではリスクが大きい。
  • 犬が喜んで飼い主の指示に従うことがとても大切。

これを読んで、飼い主さんもしつけという愛犬とのコミュニケーションを楽しんで素敵なワンライフを過ごしていただけたら嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント