犬のおすすめおもちゃをタイプ別に紹介!進化した最新おもちゃも!

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

みなさんはおもちゃと聞いてなにを思い浮かべますか。ロープですか?骨ですか?プピプピ鳴るボールなどもありますね。誰もが考える定番のおもちゃです。

それらはなぜ他のおもちゃよりも人気なのでしょうか。また犬用おもちゃは日々進化しています。

この記事ではおすすめおもちゃや最新グッズを紹介していきます。実は犬のおもちゃは奥が深いんですよ。

 

スポンサーリンク

犬のおもちゃの役割

某アニメーション映画ではおもちゃたちがトラブルに巻き込まれながらも、持ち主に遊んでもらうために必死に家に帰ってくるという作品があります。簡単に言うとおもちゃの役割は「遊んでもらうこと」です。当たり前ですよね、遊ばなかったらおもちゃの意味がありません。

しかし、ただ一言に「遊んでもらうこと」と言っても実はもっと深い役割を持っています。

旦那
旦那

人は子供の時期だけおもちゃで遊んだら終わりだけど

犬は一生おもちゃで遊び続けるもんな

まめこ
まめこ

そうね、おもちゃは犬の性格を左右すると言っても過言ではないかもしれないわよ

ストレス発散

犬におもちゃを与える一番の目的は「ストレス発散」をさせてあげるためです。もともと犬は狩りをしたり、外で自由に暮らしていました。

それが時代の流れとともに仕事のためではなく癒しのために人と生活を共にするようになったのです。そうなると様々な弊害が生まれます。

「自由に外に出たいのに出られない、走り回りたいのにリードに繋がれている、動くものを見ると追いかけたいけど追いかけさせてもらえない」といったものです。これは犬が人間社会の中で暮らすためにはしょうがないことです。

飼い主は犬を守るためにしつけますがそれが犬にとってのストレスになってしまうのは悲しいですよね。そこでおもちゃの出番になります。

例えばおもちゃを投げて取って来いをする遊びは犬の狩り本能を満足させてくれます。またお留守番の時も噛み応えのあるおもちゃや、音の鳴るおもちゃがあれば飽きずに飼い主さんの帰りを待つことができます。

おもちゃではなく、いつでも飼い主さんが遊べばいい?

飼い主さんが専業主婦や在宅勤務などでずっとお家にいるご家庭もありますよね。その場合はいつでも遊んであげられるからおもちゃはいらないのか、というともちろんそうではありません

犬には「分離不安症」というものがあります。簡単に説明すると飼い主さんが離れたときに不安になり、問題行動を起こしてしまうものです。

原因はさまざまありますが、その1つとして普段から飼い主さんと1日中ずっと一緒にいることが当たり前の環境が挙げられます。理由は単純で一人の遊び方を知らないからです。

遊びたいときには飼い主さんが構ってくれる。だからこそ飼い主さんがいない時間がとても長く感じられ、問題行動に走ってしまいます。

人間も極限まで寂しくなると食欲がなくなったり、逆に暴飲暴食になったり、身の回りのことに気が向かなくなります。動物も同じです。だからこそ一人でおもちゃで遊ぶ練習が必要になります。

まめこ
まめこ

構いすぎも良くないのね、おもちゃとの役割分担が必要ね

健康維持

今では「健康維持」もおもちゃの役割になってきています。一番わかりやすいのは歯の健康維持です。

子犬の時期には歯の成長を助けるもの、成犬になったら歯磨き効果のあるものがいいですね。おもちゃを噛むだけで少しでも歯のケアにつながるなら使用しない選択はないですよね。

他にもおもちゃの取って来い遊びや引っ張りっこをすることで足腰などの肉体強化の効果もあります。シニア犬の場合でも、興味のそそられるおもちゃを使って遊んであげることで、五感を使ったトレーニングにもなるのでおすすめです。

しつけ

おもちゃは「しつけ」にも有効です。よくご飯よりも遊んでもらう方が好きな犬がいます。私のイメージだとチワワやトイプードル、ポメラニアンなどの甘えん坊で小柄な犬種に多い気がします。

そういう子たちはしつけをするときに、ご飯やおやつで釣っても中々興味を示してくれなかったりします。そんなときにごほうびをおもちゃにしてあげると良いでしょう。

大好きなおもちゃで誘導してあげたり、上手にできたらそのおもちゃで一緒に遊んであげる。ごほうびをおやつではなくおもちゃに変えてあげるだけでしつけがスムーズにできる子もいます。

人間も最近知育おもちゃというものが出てきていますが、犬もおもちゃを使うことで学習することができます。楽しく学ぶことができるので人もわんちゃんも飽きずに覚えられますよ。

旦那
旦那

確かに人でも欲しいごほうびは違うもんなぁ

俺は断然食べ物が良かったけど

まめこ
まめこ

私はテストを頑張ったごほうびに着せ替え人形のお洋服をおねだりしてたわ

コミュニケーションツール

おもちゃは「コミュニケーションツール」としてもとても優秀です。それは犬同士はもちろん、人と犬であっても大きな効果をもたらしてくれます。

人の子供たちも公園で「そのおもちゃ貸して」とか「一緒にボール遊びしよう」、「そのおもちゃ僕も持ってるよ」なんて場面がありますよね。あれはおもちゃがあったからこそ生まれたコミュニケーションです。

犬たちも同じで、一つのボールをみんなで追いかけたり、ロープの引っ張り合いをすることでコミュニケーションになります。人と犬であってもロープの引っ張り合いなどはお互いの信頼関係を深めることのできる遊びになります。

上級者になると人と犬でリフティングのラリーができたりします。それは絶対なる信頼感があるからこそなせる業ですね。

 

犬のおもちゃの選び方

おもちゃが犬にとってどれだけ重要なものかは伝わったのではないでしょうか。では実際に犬のおもちゃを購入する際、どんなことに着目すればいいのか紹介します。

丈夫さ

一番に挙げられるのが丈夫さです。丈夫さはもちろん使ってみなければわかりません。とはいえ使用中に破損し、誤飲などにつながることは何としても避けたいですよね。

まずどんな犬種、年齢であってもすぐ取れそうなパーツがついたものは避けましょう。よくぬいぐるみタイプのおもちゃがありますが、目や鼻は別付けのパーツではないか、リボンなど簡単に取れそうな装飾品がないか確認しましょう。

また力の強い犬におもちゃを選ぶ場合は硬めの布、もしくは硬めのゴムのおもちゃを選ぶようにしましょう。その際にできるだけ立体的なおもちゃを選ぶことで噛みちぎりにくくすることができます。

まめこ
まめこ

ぬいぐるみの目や鼻が刺繍されているものが安心ね

旦那
旦那

俺も服選びは丈夫さで選ぶぞ!破けたら嫌だからな

まめこ
まめこ

いつもぱつぱつだものね

硬さ

次に硬さです。噛む力の強い犬に柔らかいおもちゃを与えても満足しません。逆に2か月ぐらいの子犬に硬いおもちゃを与えても、歯を悪くしてしまう危険があります。

成犬や大型犬など噛む力の強い犬には硬めのおもちゃ、子犬や小型犬などの噛む力がそこまで強くない犬にはそこまで硬くないおもちゃを与えましょう。

また硬さと言っても、縄おもちゃの硬さとゴムおもちゃの硬さは噛んだ時の感触に違いがあります。人で言うとするめとフランスパンのようなイメージでしょうか。どちらも噛み切りにくいですが、食感は違いますよね。

犬にも好きな食感があるので、試しに何種類か購入し、どんな硬さを好んで噛んでいるのか観察することをおすすめします。

大きさ

大きさ事故防止のためにとても重要なポイントになります。小さすぎると誤飲の可能性がありますし、あまり多くはないですが大きいと顎が外れてしまうこともあるようです。

犬は口の中に入る大きさのものは丸飲みすることができます。ご飯なども噛まずに飲み込む子も多いですよね。

そのため口にすんなり入るような小さいおもちゃだとそのまま飲み込み、腸閉塞などを引き起こす可能性があります。せっかくお家の子が喜んでくれると思って購入したおもちゃなのに命の危機にさらしてしまったらと考えるととても恐ろしいですよね。

だからこそ犬の口の大きさにあったおもちゃを選びましょう。また子犬や小型犬にぬいぐるみタイプのおもちゃを与えたいと思った時には、ぬいぐるみの胴部分は太くて噛みにくいことが多いです。

ぬいぐるみの手足部分や、しっぽ部分など噛める部位はあるかということも確認して選んであげるといいですね。

用途

おもちゃは2通りの用途があります。ひとりで遊ぶ用であるか一緒に遊べるものであるかです。

骨のおもちゃは噛んで遊ぶことを前提とされているため、ひとり用です。また知育おもちゃと言われる中におやつを入れるタイプのおもちゃもひとりで頭を使って遊ぶためのおもちゃですね。

ロープやボールのおもちゃは引っ張り合いをしたり、取って来い遊びができるためひとりでも複数でも遊ぶことができます。お留守番の時に使うのか、ドッグランで使うのかなど用途に合わせておもちゃを選びましょう。

旦那
旦那

ほーおもちゃを買うときには何人で遊ぶのかも考えたほうがいいのか

まめこ
まめこ

複数人用だとしても、犬同士なのか人と犬なのかでも遊びやすさが違いそうね

おもちゃは色も大事?

犬から見た世界は何色かご存知ですか。白黒ではありませんよ。犬の見える色は人の赤緑色盲の見え方に似ていると言われています。

赤緑色盲とは、赤と緑が茶色や黄土色に見え、黄色はくすんだ黄色のように見え、青は一般の人が見ている青とほとんど変わらない色で見えるという色覚です。大雑把に言えば、ほとんど黄系と青系の色で世界が構成されているということです。

そこで考えてほしいことが、ドッグランで使うボールの色です。人からすれば緑の芝生に赤いボールはとても目立ちます。でも犬にとっては濃淡が違うとしても緑も赤もほとんど茶色に見えるため同化してしまい見えにくくなってしまうのです。

そのため芝生や砂広場で使うおもちゃは青色のものが見えやすくておすすめです。とはいえ犬は動体視力が良いので同系色だと取って来れないというわけではありませんよ。ぜひ色もおもちゃ選びで気にしてみてください。

においや音などの付加価値

最近ではにおいや音などで犬の興味を引くようなおもちゃも増えてきています。チキンなどの美味しいにおいがあることで初めて見たおもちゃでも遊んでみようかな、噛んでみようかなという気持ちになります。

最近はプピーという音ではなく、ガーガーというアヒルの鳴き声のような変わった音がするおもちゃもあります。噛むと不思議な音が鳴るので一心不乱に遊んでくれる子もいます。

口が大きな犬はしっかりとくわえて噛むことができるのですが、口が小さな犬は端っこしか噛めなくて音が上手く出せないこともあるので、どこに音が鳴る袋があるのかを触って確かめてから購入しましょう。

まめこ
まめこ

ぬいぐるみタイプは真ん中あたりに音の鳴る袋が入っているから

小型犬や子犬は鳴らしにくいわね

 

おすすめ犬のおもちゃ

犬も人と同じでずっと同じおもちゃだけでは飽きてしまうと言われています。そのため違う形、違う素材、違う大きさのおもちゃを全部で10個ほど用意するのがベストです。

もちろん一気に購入する必要はありません。徐々に数を増やし、3つずつぐらいでローテーションして飽きないような工夫をしてあげましょう。

では早速おすすめのおもちゃをタイプ別に紹介します。

旦那
旦那

10個も必要なのか!でもご近所さんは10個以上持ってたような…

まめこ
まめこ

私のお客さんもそうだけど、見ると良いかもって思うらしくてなんだかんだ10個は余裕で超えるそうよ

旦那
旦那

へー、まぁその中でも好き嫌いがあって一度も遊んでくれないおもちゃもあるんだろうね

ロープタイプのおすすめおもちゃ

ロープタイプのメリットと言えばシンプルで耐久性があり、ひとりで噛むこともできるし、引っ張り合いをすることもできるところです。また縄を編み込んでいるため噛むだけで歯磨き効果を得ることができます。

コットンボーン

やはり一番のおすすめはシンプルな骨型ロープです。真ん中の部分を噛むも良し、結び目部分を噛むも良し、両端のぱやぱやを噛むも良しで引っ張り合いもできるので飽きずに遊ぶことができます。

においや音が出たりはしないですが、硬さは噛む場所によって3通りありますし、大きさに関しても超小型犬用のSSサイズから大型犬用のLサイズと幅広いのでお家の子に合ったものを選ぶことができます。

おもちゃの中では頑丈で長持ちする方ですが、何本もの縄を組み合わせて作られているため、ほつれてきて糸を飲み込んでしまうこともあります。壊れそうではないか定期的に確認して買い替えてあげましょう。

スリンキーロープおもちゃ

こちらはロープとぬいぐるみが一体化したおもちゃです。ロープ部分とぬいぐるみ部分で噛み心地が違うため、飽きずに遊んでくれます。

ぬいぐるみの手足や耳などは小さめなので子犬や小型犬におすすめです。しかし、ぬいぐるみ部分の布がそこまで頑丈ではないため力の強い犬の場合すぐ壊れてしまうかもしれません。

しっぽがロープではなく紐のため、遊んでいる時は十分に注意して見てあげましょう。可愛く、飼い主さんも楽しめる見た目のためおすすめです。

コスゲデンタルトイ

紹介します、コスゲさんです。可愛いですよね。こちらもロープとぬいぐるみが一体化しているおもちゃです。

ぬいぐるみ部分(コスゲさん)はプピーという音が鳴るようになっています。なので音で興味を引いて引っ張り合いをすることができますね。

綿100%で出来ており、ひとつひとつ手作業で作られているのも安心ですよね。ただコスゲさんは少し毛が抜けやすく、壊れやすいため使用前に洗濯をしたり、基本的にロープだけを噛ませるようにした方が長く使うことができます。

見た目も名前も愛嬌があって、飼い主さんもお気に入りと言う方が多いおもちゃです。

ボールタイプのおすすめおもちゃ

ボールタイプは噛んで遊ぶこともできるし、取って来い遊びにも使えます。またボールタイプのおもちゃは音が鳴るものが多くあります。

基本的に装飾品も少なく、安心して与えられるおもちゃが多いです。

まめこ
まめこ

犬と言えばボール遊びよね!フリスビーも楽しそうだけど私が投げるの下手だからボールが良いわ

スマイルエッグ

小型犬へのおすすめはスマイルエッグです。卵型のソフトゴムに顔が書いており可愛いデザインになっています。

下は平らになっているので使わないときには飾っておくこともできますよ。少し押しただけでプーとしっかり音が鳴ってくれるので、犬にとっても鳴らしやすいおもちゃです。

サイズはS/Mがあり、それぞれ小型犬と中型犬用になります。大型犬はすぐ壊してしまうかもしれませんが、中型犬以下であれば耐久性も問題ありません

かなりプープー大きな音が鳴るので夜は与えない方が良いかもしれません。

ジョリーボール

このジョリーボール実は馬用に開発されたおもちゃなんです。ただその丈夫さから動物園の動物たちや水族館のイルカなど様々な動物に愛用されています。

取っ手付きで人も投げやすく、犬も噛みやすいデザインです。また噛んで穴が開いても空気が抜けたりすることがないので長く遊ぶことができます。

中型犬や大型犬を飼っている方の悩みはせっかく買ったおもちゃもすぐに壊されてしまうことではないでしょうか。サイズが大きくなると価格も高くなりますが、頻繁に買い替える必要がないとなるとお得に感じませんか。

投げて遊ぶも良し、吊るして遊ぶも良し、サイズ展開も豊富で小型犬から大型犬まで全犬種におすすめです。

アミーバーボール

小型犬や子犬におすすめのボールをもう1種類紹介します。小型犬や子犬の悩みは口が小さくてボールをくわえることができないことではないでしょうか。ボールを追いかけることが好きなのにくわえられないから持ってこれないなんて悲しいですよね。

アミーバーボールは完全にゴムで覆われているのではなくあみあみになっているため、歯に引っかかりくわえやすい構造になっています。中におやつを入れ知育おもちゃとしても使うことができるのでお留守番の時などにもおすすめです。

ぬいぐるみタイプのおすすめおもちゃ

ぬいぐるみタイプのおもちゃは噛みやすかったり、ぬくもりがあって気に入ってるわんちゃんも多いですよね。音が出たり臭いがついていたりとオリジナリティのある商品がたくさんあります。

お家の子がぬいぐるみと添い寝なんかしていたらもう堪らないですよね。ですが破れやすく、すぐに綿が出てしまうのがネックです。今回は丈夫さに重点を置いてピックアップしてみました。

旦那
旦那

犬がぬいぐるみを抱きしめて寝てるのほんとに可愛いよな

テレビで小さい時に買ってもらったぬいぐるみを5歳になっても使い続けている大型犬を見て嬉しい気持ちになったもん

まめこ
まめこ

あなたが買ってあげた訳じゃないのに涙ぐんでたものね

コング ダイノス Tレックス

丈夫なおもちゃと言えばコング製品です。その中でもぬいぐるみタイプのおもちゃは他のおもちゃと比べとても壊れにくいです。

このダイノスシリーズは他にもトリケラトプスやプテラノドンなどがありますが、どれも中に綿は入っておらず、穴が開いても誤飲の危険はありません。顔は硬めで胴は音が鳴るようになっており、しっぽや手足は布のみなのでいろいろな噛み心地を楽しめます。

こちらは小型犬から大型犬まで安心して遊べるぬいぐるみおもちゃです。

タフィーズ Jr.タイガー

タフィーズは「虎が使える丈夫なおもちゃ」を売りにしているぬいぐるみメーカーです。何層にも生地が重ねられて作られているため、とても頑丈な作りになっています。

大型犬サイズのぬいぐるみもあるためお家の子に合ったサイズを与えることができますね。丈夫なだけでなく硬めにできているので噛みたい欲求も満たすことができます。

「うちの子破壊神だから」という方も是非試してみてください。これほどの頑丈さなら与えたままお留守番させられるという方もいるぐらい壊れにくいんです。

ボンビアルコン アニマルミトン

こちらは小型犬向けの一緒に遊べるパペットです。音の鳴る笛も入っているため犬の興味を引くことができます。

耳や手など噛みやすいパーツもありますし、顔周りは厚手で噛み応えのある硬さになっているので、飼い主さんも手を痛めることなく遊べます。丈夫さは普通程度なのでやはり子犬や小型犬におすすめです。

おすすめ知育おもちゃ

ここ数年犬のおもちゃ業界でぐーんと需要が高まっているのが知育おもちゃです。知育おもちゃは犬自身が頭を使って遊ぶため、ひとり遊びが上手になったり集中力があがったり、遊び終わったあとはぐっすり寝てくれたりと良いことづくしです。

まめこ
まめこ

知育おもちゃってすごいわよね

そもそも知育おもちゃを作れる頭がないわ…

旦那
旦那

知育おもちゃで問題行動が減ったわんちゃんもいるみたいだね

まめこ
まめこ

頭を使って慣れないことをするからいたずらをする体力も残ってないのね

コング

一番有名な知育おもちゃといえばコングです。硬めの100%天然ゴムで出来ており、適切なサイズを使用すれば小型犬でも大型犬でも安心して遊ことのできる丈夫さです。

中にフードを詰めるだけという簡単さとすぐ出せるようで出せないチョココロネのような形状で飼い主もわんちゃんも満足することのできるおもちゃです。

またコングの素晴らしいところは大きさだけでなく、パピーコングやシニアコングといったライフステージに合わせたコングがあるところです。中に塗るチキンペーストなども売っているので併せて使ってみてもいいですね。

リッチェル ビジーバディー ツイスト

こちらはコングと違い、ねじを緩めたりきつくしたりすることで難易度を変えることができます。最初は緩めからスタートし、簡単に出すようになって来たら少しきつめにすることで飽きずに時間をかけて遊んでくれます

大型犬が噛んでも丈夫なハードゴムになっているため、お留守番の時に置いていくこともできます。上下を分解することもできるので、中まで洗いやすく清潔に保つことができますね。

飼い主さんが簡単に難易度調節を行えることで、一生懸命開けようと頑張る姿をほほえましく見ることができますよ。あっという間じゃつまらないですからね。

ノーズワークフードボウル

こちらはおもちゃと言うのかわかりませんがとても良い知育グッズなので紹介します。犬はノーズワーク(においを嗅ぐトレーニング)を行うことで、集中力が高まったり、健康な状態を保つことができます。

こちらのフードボウルはご飯を入れる穴がいくつも開いており、そこにスライド式のふたがついています。ご飯が入っているところのふたを犬が開けると食べられるしくみです。

知育にも有効ですし、早食いを抑制することもできます。手を使うことでさらに脳みそをフル回転させるのでいい具合に疲れさせ、質の良い睡眠につなげることができます。

プラスチック製品なので目の届く範囲でのみ使するように注意しましょう。

 

犬用最新おもちゃ

ここからは斬新なアイデアがきらりと光る最新のおもちゃを紹介します。

まめこ
まめこ

今や最先端のおもちゃはテクノロジーを使ってたり、人でも難しかったりするものなのよ

動くおもちゃウィキッドボール

これは全自動で動くボールです。アプリなども不要でボール内部にある電源部を操作しモードを選ぶだけでボールが勝手に動いてくれます

10分動くと30分は停止し、また犬から接触があれば動き出すという犬の体調にも配慮されたおもちゃです。中にはフードを入れるスペースもあるため簡単に興味を引くことができます。

今はまだ見かけることが少なく、取り扱いショップも限られていますが、底なしの体力を持つ犬にはおすすめのおもちゃです。防水加工がされていたり、作りも丈夫だったりと大型犬でも安心して遊べるおもちゃになっています。

ワンダーボール

ウィキッドボールに似たおもちゃでワンダーボールというおもちゃがあります。こちらは単三電池1本で自走するしくみになっています。

ウィキッドボールに比べると耐久性や操作性はやや劣りますが、目の届く範囲で遊ばせる分には問題ないでしょう。家で少しゆっくりしたいときに飼い主さんはソファでコーヒーを飲んで、わんちゃんはそばでワンダーボールで遊んでもらうというのもよさそうですね。

レベルいろいろスライドパズル

人でも悩んでしまうスライドパズルが犬用になりました。犬の前でどこかにおやつを隠します。それを鼻や手を使って必死にスライドさせ見つけ出す知育おもちゃです。

こちらの商品は「アドバンス」というレベルで6枠になりますが、さらに上級者になると「エキスパート(9枠)」「ジーニー(16枠)」と難易度の高いものにも挑戦することができます

上手に見つけられたら褒めてあげることで愛犬と良いスキンシップをとることができますよ。

犬の手作りおもちゃ

おすすめのおもちゃや最新おもちゃを紹介してきましたが、お家にあるものでも簡単に犬用おもちゃが作れるってご存知ですか。不用品で作れるおもちゃがあれば低コストで人も犬も嬉しいですよね。

例えば靴下をリメイクして作ることができます。いらなくなった靴下にボールを入れて入口を結ぶだけです。簡単ですよね。

犬ってなぜか靴下が好きなのでボール単体では遊ばなくても靴下で包むことで遊んでくれるようになるかもしれません。また口の部分が伸び縮みするのでいろんな食感があって夢中になって遊んでくれます

他にもいらなくなった衣類を細く切って三つ編みをしてロープにしたり、段ボールを切って小さい箱をいくつか作り、そのどれかにおやつを入れて部屋に置きノーズワークを行うこともできます。

工夫次第で飽きずに楽しく遊ぶことができますね。

まめこ
まめこ

細く切った服を三つ編みにしたのを3本用意してそれらをもう一度三つ編みにすればさらに丈夫にできそうね

旦那
旦那

いらないもののリメイクで出来るとなるとあまり遊びに行けない期間は飼い主さんもわんちゃんもいい暇つぶしになりそうだね

 

まとめ

  • おもちゃには「ストレス発散」「健康維持」「しつけ」「コミュニケーションツール」といった役割がある
  • おもちゃ選びのポイントは「丈夫さ」「硬さ」「大きさ」「用途」「付加価値」である
  • 犬は二色型色覚であり判別しにくい色もあるため、色選びにもこだわってみる
  • タイプの違うおもちゃを10個ほど用意し、3個ずつローテーションで遊ばせる
  • 最新のおもちゃは飼い主と犬の満足度を上げてくれるものになっている
  • 気に入ったおもちゃが見つからなければ靴下や服で手作りしてみる

犬のおもちゃについてたくさんご紹介しました。ですがおもちゃが好きな犬ばかりではありません。

おもちゃよりも飼い主さんに撫でてもらうことのほうが好きだったり、寝ることが好きだったり、走り回ることが好きな子もいます。せっかく買ってきたおもちゃで遊んでくれないのは寂しいですよね。

だからこそ普段からよく観察してあげて、お気に入りのおもちゃを見つけてあげてください。そしてまずは飼い主さんがそのおもちゃで楽しく遊んでいる姿を見せてあげるときっとわんちゃんも興味を持ってくれますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント