犬の飼育にかかる1ヶ月の費用は?また生涯かかる費用徹底解説

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



こんにちわ。飼育にかかる費用がどれくらい必要か知ってますか?これから犬を飼育しようと考えている方たくさんいらっしゃると思います。

ペットショップから?知り合いから?保健所から?方法は様々です。しかしどんな方法で犬を迎えるにあたっても日々のご飯代、病院代、その他諸々に費用はつきものです。

ここでは元気に健康に、そして幸せなワンちゃんライフの為に基本的な飼育費用についてお話したいと思います。(※犬1頭に掛かる費用として見てください。)

スポンサーリンク

迎え入れの方法

犬を迎え入れる方法はおおまかに3つあります

①保健所から引き出す

②ペットショップから購入

③動物ボランティア団体さん、もしくは知り合い等からの譲渡

①の場合は基本的に費用はかかりません。

②の場合は個体、犬種、ショップ等によって大きく価格幅が変わりますので約5万円~50万円以上になります。

③の場合も基本的に費用はかかりません。が、ボランティアさんによっては先駆けて行った手術代等は請求される事もあるので、そこは後にトラブルが起こらないようしっかり話し合いをしましょう。

迎え入れからするべき事

犬は猫と違い必ずやらなければならないことがあるって知っていましたか?

①居住している各自治体への飼い犬として「登録」‥録料3000円

②年一回の狂犬病予防注射が義務付けられており、自治体によって違いはあります‥約3000円前後

+注射済票発行手数料550円

上記2点は必須事項です。

※その他に混合ワクチン摂取もありますが、こちらはあくまで任意になります。

譲り受けた犬が子犬だった場合は親からの受動免疫が低下している場合が多、それにより感染症にかかりやすくなります。

ワクチンの種類にもよりますが、5000円~10000円です。将来を見据えた上で犬のが健康で長生きしてくれる事を願うならば、ワクチン摂取は必然と言えるかもしれませんね。保険は多くても命には代えられませんからね。

 

フード代・トイレ・その他

フードの選び方

犬の飼育にもちろんフードはもちろん欠かせません。身近なところでホームセンターで手軽に購入できます。

ネット販売も豊富で購入方法も様々です。種類もレトルト・ドライフード・おやつ等豊富です。

値段もバラバラで、初めて犬を飼育するという方にはどれがいいのか悩みますよね。

安価な物だと10キロで1000円代、高価な物いわゆるプレミアムフードと言われるものになると1キロ約2000円する物があります。

その差は内容物によりますが、安価な物には穀物が多く含まれます。そして添加物等も多く含まれます。

人間同様、健康を考えた上で添加物が多く含まれる食品は健康には良いとは言えません。

そしてプレミアムフードはかんたんに言えば高品質な原材料、必要最低限の添加物で作られています。

その為高価な品にはなりますが、大事なパートナーの事を思えば「安心なフード」として選ぶ選択もあります。

いずれにせよ価格や品質も考えた上で、その子に合ったフードを色々試してみる事のもいいでしょう。一般的な平均値として1ヶ月のフード代はおおよそ小型犬で3000円大型犬で7000円は最低限見ておきましょう。

トイレ・その他

★犬を飼育し始めるとトイレも、外と室内では変わってきます。パターンと室内飼い•トイレとしてトイレシーツ、トイレトレーは必然的に必要になります。こちらも身近なホームセンターで購入できます。

シーツも種類多数で、薄型厚型、大きさもレギュラー、ワイド、匂いも無香料の物、フレグランス入り、炭消臭等など豊富です。シーツを敷くトレーもベタな平底タイプ、枠有りタイプ等あります。

一般的なシーツなら100枚前後入って約1500円前後になり、小型犬ならば1日トイレ3回でこれくらいで済みます。

ただし大型犬になるとワイドタイプになるので50枚前後で約1500円なので必然的に小型犬の2倍なります。

ワンちゃんのサイズに合った物を購入するようにして下さいね。

★犬に散歩させてあげることは必須です。となるとリードも必要になります。

スタンダードなタイプから機能性を備えた物もありますが、1000~3000円未満で購入可能です。

★ケージ、もしくはドッグハウスも必要に応じて購入を検討する方もいるかと思います。

ケージもサイズ等で価格も変わります。約3000円~20000円と価格幅は広いので、利用用途を吟味し購入する事をオススメします。

まとめ

・犬を迎え入れる方法をよく考えよう。

・人間同様、可愛い家族の一員である犬の健康を考え病院での検診を。

・フードをはその子に見合った物を食べ健康で長生き。

・個々の飼育状況において、必要な物資を用意し、人間も犬もストレスフリーな快適生活を。

こちらでは価格面に重点を置き、おおまかな話をさせていたただきました。

現実現代ではフード・医療と格段に進化しワンちゃんの健康面を支えてくれる体制が整っています。その反面、犬の寿命も必然的に伸びているのも事実です。そして当然費用も掛かります。

メディア等でペットブームと人気に火がつき、“可愛い可愛い”と画面の子に食い付き、その子と同じ「可愛さ」を求めペットショップへ。

いざ飼い始めると以外と手が掛かる、お金もかかる、面倒くさい、最終的に飽きた、可愛くない等と次第に飼育放棄になる方がたくさんいるのが現状です。

人間よりも小さい犬達。しかし「犬1頭」飼育する事、決して簡単なことではありません。それなりの「覚悟と自覚」が必要不可欠です。

犬にも感情はあります。鳴きます、泣きます、喜びます、甘えます。それらを理解し、人間もそれに応えなければなりません。

飼育したい!と思って行動したならば、そこで一度踏みとどまってみてはいかがでしょうか。

自分にはその覚悟があるのか。飼育にはお金はもちろん掛かります。それは覚悟してください。しかしそれ以上に大切な物をきっと得ることができます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント