ペット保険に入る?入らない?愛犬の医療費への備え方を見直そう

ペット
スポンサーリンク
 

除菌スプレー、こちらにございます!



除菌スプレーが無くて困っていませんか?このページに辿り着いたあなたは、とてもラッキーです!当サイトにて購入していただけます!

普段はペットの消臭スプレーとして使っているウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」は、除菌スプレーにもなり、とても助かっています!【↓購入はこちら↓】



キノットはお水と塩を電気分解して作られた次亜塩素酸水なので、ペットはもちろん人間にも安心して使って頂けます。安全性に優れているのでクリニックや介護の現場でも使われています。赤ちゃんにも使用可能な程ですので、ウイルス対策に役立つアイテムでもあります!

使い方は一般的なアルコール抗菌剤と同じです
  • 手指の消毒に・・・手に揉み込むように使用するのが一番効果的!(中性なので安全)
  • 帰宅時や通勤通学時に・・・着ていた服にそのままスプレーOK!(脱色しません)
  • トイレや寝室、人の出入りの多いお部屋に・・・空間中のウイルスを除去!


【購入はこちら】↓今なら34%OFFスプレーボトル付きで、さらにお得に!



現在、大変人気です!除菌スプレーはドラッグストアなどで入手困難となっている為、こちらもメーカーさんで欠品する前にお早めにどうぞ。当サイトへお越し下さる読者様にも、連日お買い求め頂いております!

大切なご家族やペットを守る際にはウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」を、ぜひお役立てください。みんなで乗り越えましょう!!

---

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

- - -

鳥さんや小動物の飼い主さんも楽しめる♪↓

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE

ステイホームでお家にお花を飾る人が増えています。【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFEなら、自宅のポストに届くので、外出が難しいご時世にも安心して可愛いお花を楽しむことができますよ♪

Pocket

普段私たちが病院を受診すると大体の方が健康保険のおかげで3割負担の支払いで済んでいます。その感覚だと動物病院での支払いに驚きますよね。10割負担これは結構お財布に響きます。

しかもどんなに高額な治療費になっても人間のように公的な制度はないので全額飼い主の負担になります。そのような経験をしたり、話を聞いたりすると保険に入った方がいいのかな?とふと考えます。今回はのペット保険についてどのように捉えていくか、最近の保険事情もお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

ペット保険に入らない

まず保険に加入しない、もしくは解約したという意見をまとめたいと思います。

  • 特定の病気にかかると、その病気が次の更新の際に保険対象外となるから。
  • 保険金の請求方法が難しい。
  • 100%補償プランでも上限があり自己負担額が増えた。
  • 高額な保険料で生活に支障が出た。
  • 計算すると動物病院での10割負担分の金額と保険金の支払いを受けてその分を引いた自腹の金額とそれまでの毎月の保険支払額との比較をしたら同じような金額だった。
  • 備えたい病気が保険対象外だったから地道に貯金することにした。

保険に対する考え方は愛犬に対する治療費だけでなく、ペットが他人を怪我をさせたり物を壊してしまったときの備えには、すでに加入している自動車や火災保険の特約に個人賠償責任特約をつければ十分という意見もあります。

そして治療費が高くて払えないというときには「ペットローン」というものがあります。これは様々なペットにかかる費用をローンで組めるものです。いろいろな会社のローンがありますが低金利の銀行系のペットローンは審査が厳しいので時間がかかります。

万が一に利用したいということでしたら、あらかじめ申し込みをしておいて使える状態にしておくといいかもしれません。ですが返済日や返済方法はローン会社によって違うのでそのあたりも要チェックになりますね。

 

まめこ
まめこ

万が一の備えが保険だもんね。義務じゃないから個人の考え方がでるとことね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうですね。高額な治療費が絶対かかるとも言えないし、かからないとも言えないですからね。

まめこ
まめこ

あら、今回はビシッと先生っぽいお言葉。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

私はいつもこんな感じですが。

まめこ
まめこ

あ、そうですか。(?調子狂うな)

 

ペット保険に入る

では保険に加入するという意見はどうでしょうか?

  • 体が弱いタイプの子だから、もしくは保護犬で育ってきた環境が分からず病気になる前に備えておきたい。
  • シニア犬になって病気のリスクが上がる前に加入しておく。
  • 2歳くらいまでは頻繁に病院に通うことがあるから備えておく。

漠然と備えるだけでなくその子の状態を見て決めている方もいますね、そして2歳前くらいから5歳くらいまでは病気にかかることが少ないからその期間は入らないというやり方もあるようです。

どのように選ぶか

まずペット保険はどのような内容のものでしょうか?

  • 保険料は犬の大きさ、年齢で変わります
  • 掛け捨てで自動更新
  • 保険料は上がっていく

ざっくり3つあげてみました。さまざまな保険商品があるので一概には言えないのですが、ランク付けがない保険会社もありますが、だいたいそのようなものが多いです。

ニーズはそれぞれかと思いますのが選ぶ際、愛犬が小型・中型犬なら膝蓋骨脱臼・椎間板ヘルニア・アレルギー・皮膚炎・外耳炎が保険対象であること。大型犬なら心臓病・関節系疾患が保険対象であるかどうかを確認したいところです。

犬種によっても注意しておきたい病気は変わってきます。備えたいと思っている病気が保険金の支払いを受けられるのかどうか、とても大事なところですね。

保険の対象になるのは病気や怪我です。それ以外は保険の対象とされます。どんなものかというと

  • 予防接種
  • 予防薬
  • 去勢・不妊手術
  • 獣医師から勧められたシャンプーなど

保険会社によっては加入条件があり高齢なシニア犬や病気のある子は入れないことがあります。そして特定の病気になると次の更新の際にその病気が保険対象外になる可能性があります

 

まめこ
まめこ

家計では病院にかかるお金は全部医療費だけど保険会社だと違うのねー。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうなのよー!保険会社には支払いの対象にしてるものとそうでないものと分けているから確認が必要よ。

まめこ
まめこ

!!先生、さっきとテンションだいぶ違いますね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

どうしたの?今来たところだけど。

まめこ
まめこ

え??……どうしたんだろ、私疲れているのかしら?

愛犬の為にも自分の目で比較検討してから納得して保険に入りたい方には、資料請求がオススメです。こちらの会社では無料で一括資料請求ができます。1回で済みますし、無料なのが嬉しいですよね。今なら図書カードも当たるチャンスも!

ペット保険の資料一括請求サービス

 

ペット保険について知っておくべきこと

保険契約の内容を定めた「保険約款」という言葉はご存知でしょうか?保険契約者と保険会社の間で締結する保険の内容が書かれた文章の事です。この約款の内容を知らずして契約を結ぶのは危険です。約款を理解しなかった結果の体験談を紹介します。

  • 保険適用と思っていた治療が保険適用外だった。
  • 保険料の値上がりを確認しないで加入し解約した。
  • 支払われる保険金の上限を確認せず後悔した。

保険契約が始まったからと言ってその日から動物病院で受診した分が保険会社からの支払いを受けられるわけではありません。保険契約が始まると「待機期間」という期間が設定されています。

中にはこの期間がない商品もあります。待期期間中に発生した医療費は支払いの対象にはなりませんのでよく確認しないといけません。まだまだ約款を読むと詳しく書いてあります。

一番最初に目にしたパンフレットを見るとカラフルな大きな文字や、お得をアピールする数字に目を奪われがちですが、保険を決める目安にすべきは一番読みにくい約款だと思います。

パンフレットと違って堅苦しく書いてあり流し読み出来る内容ではありませんが、保険会社が何に支払い、どういう状況では支払いをしないのか、何が保険対象なのかという大事なことが書いてあります。必要な時にしっかり保険金を受け取るためには加入者側の意識が大切になりますね。

今後心配される病気が保険適用外だったり、更新の際に免責事項が増えていたりすると本当に犬の事考えている保険なの?と思えるところかもしれません。ですが保険会社も運営して利益を出していかねばなりません。

契約者間の公平性が保たれるように「告知義務」があったり、免責事項があります。そのあたりも踏まえてよく読み込んでいきたいですね。告知義務では報告を怠ると後々困ることになります。

告知義務

保険に加入するのに今の健康状態や、これまでの病歴を申告する必要があります。ちょっとくらいなら隠せるんじゃないかと思うかもしれませんが、バレてしまいます。それは加入の際、支払いの際に受診した動物病院へ調査をするからです。

大きな怪我や病気でなくても通院歴があった場合は獣医師に相談して申告すべきかどうか検討した方がいいでしょう。もしも告知が漏れていると「告知義務違反」ということで保険会社からの支払いを受けられなくなってしまいます。嘘の報告は収めてきた保険料を無駄にしてしまうので注意が必要です。

 

まめこ
まめこ

契約するってことは、お互いが約束するってことだもんね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうですね、じっくり向き合って内容を把握する必要があるでしょう。

まめこ
まめこ

あれ?口調がさっきと違いますよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

え?私は変わりませんが……

まめこ
まめこ

え?え?病院行かなきゃならないのは私か?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

病院へ行く?最近は病気に対する保険だけでなく予防に注目した保険も出ましたよ。

まめこ
まめこ

(もう何でもいいや)新しいタイプの保険ですね!気になります。

 

予防保険

2018年12月から予防保険という商品が出ました。この保険では無料で腸内フローラが測定でき、病気のリスクを判定しリスクが高いと判定されたときには指定の動物病院で無料で健康診断を受けられるというものです。保険会社が持つ独自の研究機関で研究されてきたデータと疾病データをもとにリスク判定を行います。

病気になるタイミングや確立のデータを持っているという保険会社の強みを生かした予防に着目した内容になっています。予防保険を作った社長はペットの生活環境や食事を決めるのは人間なので飼い主にペットへの知識を持ってほしいと伝えています。それではもっと身近に予防できることも考えてみたいと思います。

自分でできる予防

犬を飼っている保険契約者へのアンケートでは88.7%の犬が異物誤飲をしてしまったという結果があります。何を食べてしまうかというと、ペットボトルのキャップ・電池・ボタン電池・糸・ティッシュ・たばこ等。散歩中では飼い主がしっかりと周りにあるものを確認しなければなりません。

ゴミが多い場所には注意が必要です。家の中では家族が食事中に食べこぼした食べ物を誤食することもあります。テーブルに食事を置きっぱなしにしたものを食べることもあります。人間の食事は犬の体には負担になるものが多く体調を崩すことにつながります。

そのためにも飼い主がしっかりと意識をし誤食をしないよう愛犬に人間の食べ物を食べてはダメなんだというしつけをすることが病院に行かなくてすむ予防策の一つにもなるのではないでしょうか。

まめこ
まめこ

うん、生活環境を整えておくのも大事だし、動画みたいに日ごろから体のお手入れをしていれば異変があってもすぐに気づけそうね。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

お手入れ大事よねー、特に毛並み…

まめこ
まめこ

今回先生の気分の変化激しいですよね?

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そう?実はさっき入る部屋間違えて弟のクライアントの所へ行っちゃったんだよね。

まめこ
まめこ

兄弟で先生されてたんですね、顔が似すぎてて怖いです。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

あはっ僕たちなんでも答えられるからどうにかなっちゃうんだよね。

 

まとめ

  • 医療費に備えるにはペット保険だけでなく地道に積み立てたり、ペットローンを利用することも可能
  • 加入するタイミングは飼い主次第
  • 保険約款を理解し、保険の支払いを受けられるかよく確認する
  • 病歴などウソの申告はそれまで支払ってきた保険料を無駄にする
  • 病気の予防を目的とした予防保険がある

まだ歴史の浅いペット保険。それだけに加入した時とは違う条件になっていたり、どんなことが保険の中の常識なのか短いキャッチフレーズを見ただけでは理解できません。契約書に書いてあると言われてしまうとそれまでなので、根気強く読み込んで納得できるのかできないのか判断してペットの医療費にどう向き合っていくか考えておきたいですね。

 

▼▼▼ペットにも人間にも使える除菌スプレー▼▼▼



ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」



▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼





≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】



コメント