一人暮らしで犬を飼いたい方必見!!おススメ犬種や注意点など徹底解説

ペット
スポンサーリンク
 

【結論】良いドッグフードはコスパも良い。

ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫、鳥さんや小動物まで!オススメ臭いケア↓



カンファペット

これからの季節にピッタリ!管理人のまめこも使っています

ペットの目や口に入っても安全な消臭スプレー♪

強力な除菌・除ウイルス効果と安全性に優れているのでペットサロンや動物病院はもちろん、日本の大手食品メーカーでも使われています。ペットのいるご家庭に1本あると便利ですよ。人間にも使えます♪今なら詰替用が無料で、さらにお得に!

 

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス



一人暮らしだけどを飼いたい。でも自分が外出中犬は一匹、常にそばにいてあげられたら心配無いんだけど、無理だよなあ・・・。』

こんな悩みを抱え、犬を飼うことを諦めている人はたくさんいますよね?ですが、対策をしっかり考え、犬が安全にすごせる環境を整えてあげることで一人暮らしでも心配無く飼うことがでしょう。

単身の場合でも犬が飼える条件、犬の種類を紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしに適した犬の種類

一人暮らしとなると室内で飼うケースがほとんどです。選択肢としては小型犬に絞られるでしょう。

大型犬は絶対無理という訳ではないですが、飼うとなるとそれなりの広さが必要です。食費の面でも結構な費用がかかってしまい、運動量も相当なものです。

帰ってきたら家の家具などが壊れていた、という事態も起こる可能性があります。なので室内では小型犬が適していると言えるでしょう。

ではどのような小型犬が一人暮らしに合っているのでしょう。

毛の抜けにくい犬種

室内で飼うため抜け毛の多い犬種はなるべく避けたいところです。毎日の手入れが苦ではない自身があるなら問題ありませんが、なるべく抜け毛の少ない犬をチョイスしたいですね。

では抜け毛の少ない犬種と、犬種ごとの大まかな性格を見ていきましょう。

ヨークシャーテリア

個体差によって毛量の多さは多少異なりますが比較的抜け毛の少ない犬種です。毛が長いためブラッシングはこまめにしましょう。負けず嫌いで主張の激しい性格が多く、厳しくしつけないと大変ワガママな犬になってしまい、電話の着信に吠えたり知らない人を威嚇したりする場合があります。

しっかり躾けて飼い主の立場が上だと認識させましょう。

ビションフリーゼ

アフロのような頭で真っ白な毛が特徴です。絡まりやすい毛質のため毎日のブラッシングはかかせません。陽気な性格で誰とでも仲良くなれます。室内飼い限定の犬種です。

毛玉ができないよう1か月ごとのトリミングとシャンプーは欠かせません、手入れはプロのトリマーに任せましょう。

トイプードル

ビションフリーゼほどではないですがトリミングとシャンプーは1か月弱の頻度で必要です。毛の抜けにくさではトップを誇る室内犬。性格は色やオスとメスで違うとも言われています。

どちらも甘えん坊ですが若干メスの方がオスより気が弱い個体が見られます。甘やかしすぎると飼い主に依存したりワガママに育つこともあるので怒るときは怒る。褒めるときはおもいきり褒めてあげると良いですね。

シーズー

長い毛のわりに抜け毛の少ない犬種です。毛が絡まないよう週3以上のブラッシングが必要になります。太りやすい体質で30分程度の散歩を心がけましょう

人だけでなく多種の犬とも好意的で活発な性格をしています。その反面プライドが高い一面もあります。

マルチーズ

こまめなトリミングとブラッシングが必要。長い期間放置していると、毛が床に着くほど伸びてしまいます。定期的なカッティングも忘れずに。

耳の病気にも気を付けたい犬種なので耳掃除をします。耳を触ることを嫌がらないよう小さいころから触って慣れさせましょう。

マルチーズも甘えん坊が多く、家族など日常で一緒に暮らす人には懐きやすいですが、来客など面識のない者には無駄吠えをするケースがあります。

こちらも甘やかしすぎると非常にワガママに育つ場合があるので、間違ったことをしたらキッチリ叱らなければなりません。

運動量は他の犬種より少なめで、室内での運動だけで良い個体もいます。

パピヨン

大きなたれ耳や立ち耳が特徴的な犬種、抜け毛は少ないですが週3程度のブラッシングを心がけましょう。

人が大好きで繊細な面があり、初めてのことには恐る恐る行動しますが色々なものに興味を示します。出来る限り近くで見守ってあげましょう。

食生活によっては虫歯になりやすく、日ごろから歯磨きの習慣をもたせると安心しますね。

まめこ
まめこ

室内犬にも色々な種類がいるんですね~。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

そうだねえ、しかしみんな抜け毛が少ないなんてうらやましいことこの上ないよ。見てよ先生のこの頭。暗い未来しか見えないよ。

旦那
旦那

何言ってんだよ先生、先生はその頭でみんなを明るく照らしてるじゃないか!

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

あ、うん・・・。そうね・・・。

まめこ
まめこ

(落ち込んじゃった・・・。)

 

犬の入手方法

犬を飼うというと基本ペットショップから購入するのが一般的です。しかし費用をかけずに手に入れる手段もいくつかあります。

ペットショップで購入

先程も説明しましたが、ペットを初めて飼う方の入手経路はペットショップで犬を見て決める。これがほとんどだと思います。

相応の費用がかかりますが比較的健康状態が良く、ワクチンは摂取済み。分からないことがあると店員が説明してくれます。店によっては人慣れしていない個体がいる場合も。

購入を決めてからの不妊手術は費用がかかります。動物保険が完備されている店もあるため、もしものために入っておくことをおススメします。一人暮らしで飼える静かな犬を選びたいですね。

 

保護団体から貰う

里親に出された犬や保護された犬、飼育が困難になり飼えなくなった犬など、様々な事情をかかえた犬がいます。そのためワクチンや不妊手術を済ませていないケースがあります。登録料がかかることもありますが譲り受けは無料のケースが主になります。

団体によりますが人慣れしている個体はやや少ないように見られます。トラウマを抱えている犬もいるので、気に入った犬がそうだった場合根気よく付き合って行きたいところです。

拾う

ごく稀に捨て犬を拾うケースもあります。一人暮らしでも飼える環境が整っていて、ちゃんと育てる気持ちと経済的余裕があれば飼うことを視野にいれても良いですね。

捨てられてからの放置期間が長い場合だと病気にかかっていたり、ひどく衰弱している可能性があります。飼うと決めたらすぐに獣医にかかり血液検査など、体に異常がないか確実な診断をしてもらいましょう。

ブリーダーから入手する

健康面での不安は無く、親もキッチリ躾けをされているためその遺伝を受け継いでいる落ち着いた個体が多いです。

ブリーダーの教育と手入れが行き届いた、健康で美しく、飼い主の言うことを聞く賢い犬を手に入れることができます。

ブリーダーは育てている犬種の専門家です。専門の犬種の知識はペットショップの店員よりあるため、分からないことがあったら何でも聞いてみましょう。

状態が良いのと血統書付きの個体が多いため、購入金額はペットショップより上になりそうです。

通信販売

ペットショップやブリーダーがネットショップやホームページで販売しているところもあります。

ネット上での取引のため足を運ぶ必要がないことはメリットなのですが、不安要素が多少ある購入と思われます。

正規の販売をしている店がほとんどですが、中には信用性の低い店舗があることもあります。

そんな店舗では犬の情報は画像や動画、本当かどうか分からない健康状態の記載のみ。実際に見て購入を決めた訳ではないので、個体が届いてから『画像で見ていたのと違う・・・。』といったことが起きるかもしれません。

できる限り自分で足を運んで、見て触れて、出品元に話を聞いて購入したほうがよいでしょう。価格は店舗により差が生じます。

 

知り合いから貰う

不妊手術代は約3万以上かかるケースが多いので行っていない可能性があります。譲り受ける場合は犬の状態をよく聞いておくと良いでしょう。

犬の入手方法についていくつか例を出しましたが、数ある販売業者の中には過酷な飼育環境の中繁殖をし、これらを売っている悪質な業者がいるのも事実です。

ここで育てられた親犬はひどい生活環境のなかで出産をしているため子犬の健康状態も良いとは言えない個体が多く、まともな飼育もされていないので無駄吠えや最悪、人に害をなす子犬もいます。

飼うことが決まったら犬の下調べはもちろん、徹底的な店舗のリサーチを心がけましょう。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

どこから譲り受けるかによってワンちゃんの状態と費用もだいぶ違うんだよ。

まめこ
まめこ

購入費をかけたくない人は里親探しのホームページを見てみるのもありですね。

 

飼育できる環境

犬を飼うにあたって飼育できる環境は事前に整えておかないといけません。自分以外にも住人がいるアパートでの飼育はまず不可能だと考えて下さい。稀に犬OKのところもありますが、本当に少数です。

周りの了解を得ずに犬を飼い始めたらトラブルが発生したケースはたくさんあります。室内飼いでも散歩で外に出る機会が必ずあり、フンの始末を忘れたりすると飼い主の評判が悪くなるかもしれません。飼う前に近所の住民に犬を飼う予定があることを話しておきましょう。

犬がストレスなく生活できるよう事前の準備はしっかり済ませてください。餌、キャリー、爪切り、ペットシーツなど飼育に必要なものは数多くあります。

連れてきてから『あれがなかった!』なんて慌てたくはないですよね。

 

犬を飼う経済的余裕はあるのか

購入費など初期費用だけ払って先を考えた経済的余裕がないのにも関わらず犬を飼ってしまうと後々大変なことになってしまうことも。

万が一病気になってしまうと、治療費は高額になってしまうことがあります。そんな時に『お金がない・・・。』となるとなにも対策がとれませんよね。そうなると日々衰弱していく犬を見ているだけで何もできず、最後には失ってしまうという悲しい結末を迎えかねません。

病気だけではなく事故で大けがする可能性もあります。その時十分な治療費はありますか?

生きている限り何かしらお金はかかってしまいます。

『金銭の余裕がないので手放すしか・・・。』

そんな人は犬を飼う資格はありません。ただ犬を不幸にする道を作った酷い人です。

犬の幸せを願うなら、これから先何があっても飼育費には困らない経済的余裕をもってから飼う予定をたてましょう。それが犬と飼い主にとっての幸せです。

 

まとめ、注意点

  • 一人暮らしで飼うなら小型犬がおすすめ
  • 一人暮らしで飼うなら抜け毛が少ない犬種がいい
  • 犬を飼う時はペットショップやブリーダー、保護団体から引き取れる
  • 犬を飼う時は飼育できる環境か確認する
  • 犬を飼う時は経済的余裕があるかどうかも確認する

一人暮らしで犬を飼うということは飼い主が命を預かるということです。なので注意しなければいけないことはたくさんありますよね。

犬の環境を整える。周辺住民など周りへの配慮。犬の状態、犬種は何にするのか、飼育グッズの準備は済んでいるか、など事前のチェックは相当しなければなりません。

他にも犬を一匹にしても大丈夫なのか、犬との時間を設けることができるのか。欲しいから買うのではなく、その先の面倒をちゃんと見れるのかを考慮した上で決断しましょう。

以上のことに問題が無く、犬を幸せにできる準備はもう出来ているなら心配はありません。これから起こる素敵なペットライフへと歩みを進めてください。

きっと楽しい生活があなたの一人暮らしを輝かせてくれることでしょう

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険

コメント