犬のタイプ別おすすめのケージは?ケージとサークルの違いも

ペット
スポンサーリンク
 


【結論】良いドッグフードはコスパも良い。



ドッグフード、なんとなく食べさせていませんか?

"毎日食べるものだから、なるべく良いものを。でも、費用もなるべく抑えたい"という飼い主さんは多いです。

安価なドッグフードは、かさ増しのための穀物(トウモロコシや小麦)が使用されていることがあります。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀物類はとても消化しづらいのです。穀物完全不使用のドッグフードで健康を維持することにより、ワンちゃんが本来持っている免疫力を保ちます。

愛犬の一生続く毎日のごはん。

大切なご家族(ワンちゃん)のために、良質なものにしませんか?

でも今食べているフードもあるし、うちの子に合うかわからない、、、

そんなあなたには、お試しがオススメです♪

【先着300名限定】今だけ100円でお試しできます▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】
  • グレインフリー(穀物完全不使用)!
  • 人間でも食べられる原材料を厳選!
  • 多くの獣医師さんが推奨!
愛犬を理想的なコンディションに整えてあげるのも、飼い主さんの腕の見せどころ。気づいた人から始めています。100円でお試しできるのは早い者勝ちなのでこの機会をお見逃しなく!愛犬とお互いに健康を保って、幸せな思い出をたくさん作ってくださいね。

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪↓



ペット保険の資料一括請求サービス

を家にお迎えするにあたって、ケージサークルの必要性についてを考えますよね。室外で飼うんであれば必要かもしれないけど、家の中で飼うんだから自由に家を居させたって良いじゃないか?と感じる方もいると思いますが犬の為にも飼い主さんの為にもケージやサークルは必要です。

ケージやサークルの必要性とともに、ケージとサークルの違いやタイプ別のおすすめを取り上げてみました。お迎えする犬を思い浮かべながら考えていきましょう。

スポンサーリンク

ケージとサークルの必要性とは

犬は家族同然だからと家族と家の空間を同じように自由にさせていませんか?犬はとても可愛く、どんなペットよりも人との結び付きが強い生き物です。しかし、犬と人は別の生き物ですから生活環境の線引きは必要不可欠です。犬の習性を知って、犬の家であるケージやサークルがなぜ必要なのかを理解していきましょう。

外敵から身を守るために犬は安全領域が必要

犬の先祖であるオオカミ。オオカミは斜面に穴を掘り寝床にしていたそうです。休息時に外敵から身を守るため、上側や側面を覆われる空間を作ることで防衛本能や警戒心から解放されて安心して休息することができるからです。これは犬にもある習性なんです。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

狭いところを好んで隠れたりする犬がいますよね~
身を守るための安全領域が犬にもある習性だからです

飼い主さんを信頼していても、突発的な出来事はいつでも起こります。来客や地震や雷などの自然災害、苦手なものから身を守るためにも犬にとっての安全領域を作ってあげることは必要不可欠なんです。

旦那
旦那

逃げてる逃げてる
ピンポーン!!ってチャイムが鳴っただけでもすかさず逃げてるよ俺の犬
苦手なんだよなぁ~

 

まめこ
まめこ

掃除機をかけている時なんて
どこに行ったの?!って思ったら、カーテンの裏にずっと隠れてこっちを窺ってるわ

縄張り意識を持ち、そこを守る習性がある

「フェンスもあるし庭は広いから自由に走り回ってほしいわ。」「ペット可能な家だし室中で飼うんだから檻に居させるなんて可哀想。」と考えて庭や家の中を自由奔放にさせてしまっては、危険です。犬が自由に歩き回れるところは言わば犬の縄張りとなります。自分の縄張りですから、その中で自由奔放にわがままになっていきます。縄張りを守ろうと来客に警戒を示し、威嚇や攻撃をすることもあります。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

犬のせいではありません。これは犬の習性から起こる行動なんです

群れで生きる習性がある

自然で暮らすオオカミは群れで生活をし、その中でリーダーを信頼し従順になることで餌を分けてもらい、安全安心を確保しています。犬にも群れの習性があります。犬にとっての群れは家です。飼い主さんが家のリーダーとなり、御飯を与え犬のスペースを与えることは犬から信頼と従順さを受けることに繋がります。大きな家という縄張りの中で犬だけのスペースを与えるということは、リーダーは飼い主さんであることを示す大切な準備になりますよ。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

リーダーである飼い主さんからスペースを得られたことで
犬はリーダーから守られているという安心を感じることが出来るんです

寝床を汚さない習性がある

トイレのトレーニングを終えた犬には寝床を汚さない習性があります。ケージやサークル内にトイレを置く際には、寝床とトイレを離して設置すると犬にとっては衛生的でストレスの少ない環境となります。

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

家を飼い主さんが留守にすることはありますよね…
ケージやサークル内にトイレをいれるときは、寝床とトイレを少し離すことを心掛けてみて下さい

トイレトレーニングを終えていない子犬はまだまだ粗相をしてしまいます。排泄したウンチを踏んでしまってケージやサークル内が不衛生になってしまったり、間違って食糞してしまう恐れもあります。犬のストレスや健康の為にも衛生に保つよう掃除はマメに行う必要が出てきます。

旦那
旦那

帰ってきて、ウンチまみれだったら可哀想だ
すぐに犬も洗わないと!!!

 

まめこ
まめこ

それに、ケージやサークルに入れるなら
トイレのトレーニングしてあげないと、ずっと可哀想なままだわ

日常にケージやサークルを用いて犬にとっての安全領域を作って慣れさせてあげることは、犬にとっても飼い主さんにとっても必要です。留守中に家を歩き回って電気コードを噛んでしまったりケガをさせてしまうこともあるかもしれません。

嫌がることなくケージやサークルの中に入ることが出来ていると、万が一にも避難場所へ避難しなければならなかったり引っ越しや通院などの移動が必要となる時にとっても安心ですよね。ケージやサークルは犬を周囲のストレスや留守中の危険から守ることに繋がります犬を家に迎え入れる際には犬のスペースを準備してあげてください。

ケージとサークルの違いや選び方について

ケージやサークルは犬の安全と安心のためにも必要不可欠です。家の事情や犬の成長や性格などにも合わせて選んでいく必要があります。ケージとサークルの違いやどんな種類があるのかを知って、どのタイプが飼い主さんと犬との生活に合うのかをじっくり考えてみましょう。

ケージとは?

ケージ(Cage)とは、四方を柵や壁で覆われた天井と床のついたハウスのことです。

引用 楽天市場

良い点と注意点

良い点

・全方面が囲まれているので、脱走はしにくいです。

・全方面が囲まれているので、犬は人の目を気にすることがなく休息できます。

・屋内用と屋外用と移動用と種類がありますので、布製のソフトケージと呼ばれるものや部分的に木製やプラスチックやステンレス製のものもあったりと素材は様々です。

・移動用のケージには折り畳みのものやキャスター付きのもの、スーツケースの取っ手に取り付けが可能なもの、リュックタイプのもの、シートベルトに固定できるものなどタイプは豊富。飼い主さんが用途によって選べるのが良いですね。

注意点

・全方面が囲まれているので、掃除がしにくいかもしれません。

・形状も様々ですが、公共の場での規定から外れてるものもありますので確認が必要です。

ここでおススメのケージもご紹介しちゃいます。

トイレと寝るところが別々に作られているのでとても使いやすいと思います。多頭飼いにもおススメということですね。

サークルとは?

サークル(Circle)は柵で側面だけを組み合わせた簡易的に犬のスペースを作るものです。

良い点と注意点

良い点

・天井がないので、餌の出し入れや掃除がしやすい。

・ジョイント式のものがあり必要に応じてカスタマイズがしやすく、天井をつけることや横に増やすことも可能である。模様替えがしやすいと思います。

注意点

・天井がないので、脱走がしやすい。

・天井がないので、落下物で犬がケガをする恐れがあります。

・側面しかないので強度には欠けてしまいます。

こちらのサークルは見ただけでもわかるくらいナチュラルでシンプルなので、組み立ても簡単で使いやすいですね。充分な広さも兼ね備えているので犬もストレスなく過ごすことが出来そうですね。

ケージやサークルのサイズ選び

・ケージを選ぶときは、犬にフセをさせた時に足が外に出ない奥行きと立った時のゆとりある高さ、ケージの中で方向転換出来る広さのある一回り大きいものが良いと思います。

・サークルを選ぶときは、犬が飛び越えてしまうような高さでないことが必須です。小型犬であっても犬種によってはジャンプ能力が高い犬がいます。脱走が癖になると、犬の首や足腰の負担がかかってしまいますので犬の犬種を知って観察して必要な高さを注意して選ぶと良いです。

・犬の成長とともに手ごろな価格のものを買い替えをして大きさを合わせても良いと思いますし、成犬になったときのことを考えて大きめのものを用意して子犬の時は毛布やクッションを入れて調整しても良いと思います。

カスタマイズできるものを選ぶと、犬の成長や犬を増やそうと思ったときにスペースを広げやすくて良いと思います。

選ばれるポイントとオススメ

引用:楽天市場

利便性折り畳みができ持ち運び可能な簡易的なものは人気が高いようです。屋内外どちらでも対応できるものはオススメですね。

掃除床がスライド出来きて掃除がしやすいものが次に選ばれるポイントですね。トイレと寝床の間に仕切りがあるものなどもあるので、ケージやサークル内にトイレを入れると考えている方は参考にされると良いと思います。野外のものですと丸洗いが可能な素材を選ぶと掃除がしやすいですね。

インテリア性…室内になじむものが選ばれているポイントようです。最近はカラフルなものもあるようですね。

素材が様々ですのでお値段はお手頃価格から高価なものまでありますね、木製のものだと値段は高いと感じました。

生後4,5ヶ月の子犬は歯の生え変りで歯がかゆくなったり甘噛みや硬いものを噛みたがります。トイレを入れるとトイレシートをボロボロにしてしまうこともあります。その際はメッシュ付きのトイレが良いと思います。噛み癖が多い犬にはケージやサークルの素材は錆びにくいステンレス製のものを選ぶと良い思います。ケージやサークルの中に犬が噛んでも安心で間違って飲んでしまうことのないおもちゃを入れて置くと良いかもしれません。

ケージやサークルの慣れ方と設置場所

犬の為に選んだケージやサークルですから、犬にぜひ愛用してほしいですよね。ケージやサークルを嫌がることなく愛着を持ってもらえるように、慣れさせてみましょう。

ケージやサークルの慣れ方

ケージやサークルは決して犬を閉じ込める檻ではありません。罰を与えるときにケージやサークルを使用すると入ること事態に怯え、嫌がります。お尻を押して無理やり入れようとしたり、ポンと入れてすぐにドアを閉めてしまったりしては、せっかくのケージやサークルが嫌いなってしまいますよ。

旦那
旦那

もどかしいなぁ〜
ついつい、急かしてしまうかもしれない

 

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

辛抱強く待ってあげましょう。犬とのコミュニケーションだと思って、楽しみながら褒めながら教えてあげて下さいね

犬にケージを好きになってもらうことが目的です。飼い主さんは犬に「楽しいところだよぉ~」と教えていきましょう。初めは大好きなおやつをもらえる場所として教えてあげると、喜こびながらケージやサークルの中に入ると思いますよ。ゆっくりと中で食べさせてあげて下さい。

まめこ
まめこ

ケージやサークル内で入った瞬間は
きっととっても嬉しくなっちゃうわ

 

ツルちゃん先生
ツルちゃん先生

飼い主さんが喜びすぎて
逆に犬を驚かせることのないように注意してくださいね

食事やトイレの為に、出たり入ったり繰り返しているうちに慣れてきます。入るのが自然になったら、扉を閉めてみましょう。けれど、犬が嫌がったらすぐに扉は開けてください。犬の様子に注意しながら焦らずに慣らしてあげることが必要になります。

ケージやサークルの設置について

落下物などの心配のない安全な場所であることは勿論ですが、ケージやサークルは犬の休息のためのスペースになります。聴覚の優れた犬が安心して休めるようにテレビの近くや人の出入りの多い場所は避けて設置してあげると良いと思います。また、犬は体温調節が苦手な生き物ですから夏は涼しく、冬は暖かく休める場所を選んで移動してあげると良いかもしれませんね

まとめ

・ケージやサークルは犬にとって安全な場所

・ケージは屋根がついているもの。サークルは屋根がついていないもの

・犬の大きさに合わせて用意する

・ケージやサークルは無理やり慣れさせようとしない

・テレビや人のあまり通らないところに設置するといい

ケージやサークルは犬にとっての安全領域です。犬に犬の安全領域をリーダーである飼い主さんが作ってあげることで、犬は安心し飼い主さんを信頼します。ストレスを感じない環境にいる犬は、必要以上に周囲に警戒や威嚇をすることもなく落ち着いた性格になると思いますよ。ケージやサークルが犬にとってここがとっても落ち着くワン!!」と思える環境になるように、犬に見合ったものを見定めて工夫してみて下さい。

けれど、ケージやサークルがいくら犬にとって寛げる場所だからと言っても、その中だけでずっと生活をさせては心と体の健康管理には良くありません。あくまでも、休息するところですので飼い主さんと共に走り回って遊んだり、散歩をしてリフレッシュさせる時間も設けてあげて下さいね。

▼▼▼【先着300名限定】100円で買える良質フードはこちら▼▼▼



≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

愛犬、愛猫ちゃんへ、こちらもオススメです♪ ↓



ペット保険
ペット
スポンサーリンク
sakuseisyaをフォローする
幸せなペットライフを過ごすために

コメント